グルメgourmet

カフェ検索cafe

Journal Canteen

本や雑誌を片手にsip your coffee

2009年2月27日掲載

本や雑誌を片手にsip your coffee

 

 大きな長方形の机と天井からぶら下がったマガジンラック、焦げ茶色のシックなインテリアで統一されたお店はいつも満席。マガジンラックは照明の役割も果たしているのデザイン。席に着くと隣の人との距離が近くて、世間話も弾みそう。

 

 シティ・ライブラリー(City Library)の隣にあるこのカフェ。ちょっと図書館の雰囲気もインテリアに取り入れたのだとか。時々このカフェで図書館のイベント〝Book Club”なども開催されている。コーヒーを飲みながら、作家や作品、詩などについて真面目に語り合う。堅苦しいイメージのあるイベントがカフェというカジュアルな場所で行われるので、気軽に参加できそう。

 

 テーブルに置かれたリストはDIY rollsのリスト。自分でサンドする中身を選ぶことができるので人気がある。本日のスープ(Soup of the day)や黒板に書かれたスペシャル・メニューもおススメ。

 ガヤガヤしているけれど、なぜだか落ち着きを感じさせるカフェ。カフェを訪れる楽しみの一つは、マガジンラックから気になった雑誌を取ってページを繰ること。日が沈んでからはアンティパストやワインなどもサーヴしてくれる。

 

◇Espresso $3.00
個人的なおススメは、有無を言わさず一気飲みで全部飲む! 不思議とすっきりした味わいに。


『Journal Canteen』
住所:Shop 1, Level 1, 253 Flinders Lane, Melbourne, VIC 3000
TEL:
(03) 9650 4399
営業時間:月ー木 AM7:00-PM9:30
     金 AM7:00-PM11:00
     土 AM8:00-PM6:00

loading Google Map ...

関連記事

Cafe KAZARI

モダンなカフェで味わう‘和’とは…

CAVALLERO

あなたを潤すのがカフェならば。

最新記事

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....

船旅(15)

ニールは、重い腰を上げてドアを開けて、刑事たちが部屋に侵入するの.....

船旅(14)

ニールは、ビルを出たところで、携帯で話しながら歩いている男と衝突.....

船旅(13)

「プリンセス号の乗船まで、警護してくださるんですか?」 「二人で.....

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....

アクセスランキング

  1. 富久長 八反草 純米吟醸 無濾過原酒
  2. 2016 Dominio de la Abadia

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!