グルメgourmet

恵み物語megumi

キリン恵み物語 Vol.4 Wabi Sabi Garden

英語版、右上のEnglishをクリックしてご覧ください。

日本語  English

 
ひっそり、まったり、ゆっくり

 アクランド・ストリート(Acland Street)やハーバー・エスプラネード(Harbour Esplanade)など、セント・キルダ(St. Kilda)の繁華街からちょっと離れた場所にあるWabi Sabi Garden。閑静な場所柄、自分だけの秘密にしておきたくなるような隠れ家的な雰囲気も相まって、地元の人たちからも絶大な人気を得ている。

  

 懐かしい昭和の古い家屋を思い起こすような艶のある木を使用した内装や、オーナーの祖母から受け継いだ囲炉裏、‘手’をモチーフにしたスツール…、そして夕日が映える日本庭園はWabi Sabi Gardenの人気を呼んでいるものの一つ。

  

 レストラン・スペースの真ん中に佇む木には柔らかい赤やオレンジのシンプルなライトが吊られ、壁には日本人以外にもオーストラリアのアーティストによる現代アート絵画が展示販売されている。インテリア、エクステリアともにWabi Sabi Gardenにしか持ちえない個性が全面に溢れ、魅力がたっぷり詰まっている。

 
CHEF PROFILE

川上 敦氏 Mr Atsushi Kawakami
 

 

 日本で厳しい下積み時代を経験し、オーナーの川崎氏に誘われオーストラリアへ。修行の中で取得した料理人としての腕を存分に振るい、自身の‘若さ’と‘勢い’のある個性が料理の中にもしっかりと現れているほどに、率直な料理を作る。キッチンで立ちまわる姿からは、ベテランのシェフを思わせるようなオーラを背中から発するほどに存在感がある。

 

日本の‘今’の味

 料理の盛付からは大胆な‘男の料理’といった印象も受けるが、味はものすごく繊細。川上氏の作る料理は和食と洋食のコラボレーションと言ってしまうのは違う。世界各国からの料理のエッセンスを取り入れ、普段の食卓にもイタリア料理やフランス料理が並ぶようになった私達日本人の“ゴハン”を提供してくれているのだ。

  

 メニューに並ぶお品書きのすべてが、川上氏が自信を持ってお出しできる料理のみ。その中でWabi Sabi Gardenイチオシのメニューがある。それは【Wabi Sabi Signature Share Plate Course】。「Chef’s special selection of entrée and main dishes to share」と書かれていることからも、このコースは毎日違う内容のメニューが楽しむことができ、なおかつシェフ川上氏の自慢の料理を提供する、とってもお得なコースなのだ。またそれぞれ人数調整をして料理を提供してもらえる。たとえば6皿コースは2人でも3人以上でもOK。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 今回ご紹介いただいたのはメニューに掲載されていない料理も含む6皿コース・2人分。
 

   

Hiramasa Contemporary Sashimi
Lightly scorched king fish marinated in ponzu lime dressing garnished with garlic chips and fresh mint

  

(写真)ミントの香りが絶妙にマッチしているお刺身
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


   

Grilled Teriyaki Yellow Tail

  

(写真)グリルで余分な油を落としているので、さっぱりいただける
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

   

Roast Duck Breast
with Japanese mustard sauce

   

(写真)柔らかいお肉にほっぺたも落ちます!
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

   

King George Whiting Tempra

  

(写真)ホロホロの白身とトロっとしたあんがたまりません!
※ホワイティング:50cm以上にもなる大型のキスの一種

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


   

Delicately Poached Broadbill Tuna
in a tasty thin bodied Japanese stew

   

(写真)ゴロっと入ったマグロの塊肉、大きい!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   

Wagyu Beef meat ball
with dark miso demi-glace sauce


    

(写真)和牛の旨みぎっしり、ソースを最後まで食べるのが乙

■Wabi Sabi Signature Share Plate Course
 6 plates   $45.00 (per person)
 8 plates   $55.00 (per person)
 11plates  $70.00 (per person)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

完璧ではなく、食材を生かす

  川上シェフのKIRIN恵みの印象は…「とにかく軽くて飲みやすいので、他のビールよりもたくさん飲めるし、どんな料理にも合うと思います。今日の料理もコース料理なので、いろんな料理が出てきても合うと思いますよ。ゆっくりKirin恵みを飲みながら、今回紹介したコースを楽しんでもらえると思います。」

  

 海外で本当の日本料理を提供することは難しいこともあるので、自身の料理については「地元の食材を使って、日本の味を表現している」と言う。完璧な日本料理を意識せず、新鮮な食材を使用して日本の料理を提供することを心がけているそうだ。 


ウチに合う!

 最初に飲んだ時に、「これはウチの料理に合う!」という強い印象を受けたオーナー川崎氏。お店でもお客様からの評価も高く、よくオーダーが入るそう。爽快感のあるすっきりした味わいが日本料理に合うと大絶賛。

 

 今回ご紹介いただいたコースメニューは、シェフお任せのコースになっており、Wabi Sabi Gardenの看板料理のみを食べてもらう内容になっている。もちろん川崎氏自身もお店のイチオシとしてお客様にオススメしているメニューなのだ。


すべてを満たすお店作り

 川崎氏が目指すWabi Sabi Gardenは、東京のおしゃれな居酒屋がメルボルンにオープンし、お店に一歩入ったところからエンターテイメントが始まり、五感を満たして帰ってもらうこと。伝統的な日本料理をイメージしてしまう人が多い中で、実際の日本人が食べている料理はこういうものだということを表現し、それを広く認知してもらうこともコンセプトの一つ。

  

 「わびさびの料理は、ここまでやるかと思われるほど、一品一品の仕込みに時間を費やし、納得のいくものだけを提供していこうという熱い思いの中から生まれています。現地の人にはここまで分からないだろうという考えは一切捨て、日本人の味にうるさい方にも大満足して返ってもらえる店を目指しています。一度足を運べば癖になるお店です。裏にはひっそり日本庭園も隠れているので、是非お越しください。」と川崎氏よりメッセージをいただいた。

 

 


Wabi Sabi Garden
URL: http://www.wabisabi.net.au/
住所:17 Wellington Street, St. Kilda VIC 3182
TEL: (03) 9529 8505
営業時間:(Lunch) 月~金 PM12:00-PM3:00
       (Dinner) 月~土 PM6:00-PM11:00
※ウェブサイトから予約ができます。

loading Google Map ...

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 「コップでビールを飲むより、瓶で飲む方が好き」と言う川上シェフ。「ここぞとばかりに飲みました」とKiRIN恵みを一気に半分も飲み干される姿は、まるでビールのCMのようでした。話し方やキッチンでのたち振る舞いに、大らかで大胆さがうかがえる上、頭の回転の速さは素晴らしい。私には到底できないなと思いながらも、同年代の方ということもあり、尊敬のまなざしで見惚れてしまいました。

 作っていただいた料理を目の前に撮影をしながら、頭の中はまさに花より団子状態。我慢した先に待っていた試食タイムでは、どの料理に対しても美味しさに唸ってしまうほど。「癖になる店」を目指す川崎氏のお店作りは、また一人リピーターを獲得しました。

  

 お店の裏にある日本庭園には、世界初の試みとして、プロジェクターを通して映し出される‘枯山水’と‘池の金魚’(どちらも動いています!!)があります。本物がそこにあるかのように映し出されるので、多くのお客が写真に収めていらっしゃいました。お店に行かれた際には、是非お見逃しなく。

★この記事に関するお問い合わせやご意見・ご感想がございましたら、GO豪メルボルン編集部(info@tryber.com.au)までご連絡頂ければ幸いです。

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

アクセスランキング

  1. 2014 Pyrenees Ranges Wines ‘Geoff Oliver’ Cabernet
  2. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’
  3. Red Duck Strong Saison ‘Lazy Sunday’
  4. 2017 Sew & Sew Shiraz McLaren Vale

トップ20リストへ

人気の記事