グルメgourmet

恵み物語megumi

キリン恵み物語 Vol.28 浅草 ASAKUSA

地元の人たちに愛される日本料理

2012年9月3日掲載

 

 

 

 

Melvern Eastにある日本食レストラン「浅草」。

落ち着いた雰囲気の店内は、まさに日本の小料理屋といった親しみのあるたたずまい。
  


 

 


「浅草」は2005年に中国人オーナーのルーシーさんがオープンした本格的な日本食レストランで、オープンの翌年から多くのお客が推薦するレストランとして「Australian Achiever Awards・Highly Recommended」に何度も選ばれる人気店です。


 


シェフは日本で7年間、板前の経験もある中国系マレーシア人のスティーブンさん。

毎日、選びぬいた新鮮な魚を中心に、肉好きやベジタリアンにも満足のいくようにさまざまな肉や野菜など豊富な食材を使い100種類近くもの料理を提供しています。

 


今回、数あるメニューの中から「KIRIN恵み」と最も相性のあった料理として紹介してもらったのがこの4品です。

 

 

「羊の幽庵づけ・牡蠣マヨ」

 


まずは、「羊の幽庵づけ」羊のリブ肉を醤油やみりん、酒などとあわせた特性のたれにじっくりつけ込んで焼いたもので、羊独特の臭みもなく柔らかく肉のうまみをしっかり閉じ込めた浅草オリジナルのメニューです。

「牡蠣マヨ」は人気メニューの1つで大きな牡蠣にたっぷりのマヨネーズをのせて焼き、香ばしい香りと新鮮な牡蠣のジューシーさがたまらない一品です。


 
 

 

「刺身盛り合わせ(小)」



毎日シェフが厳選してそろえた新鮮な魚を3種類盛りつけています。


この日はマグロにサーモン、ヒラメとそれぞれ特徴な違った味が楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アイナメの味噌焼き」

最後は「アイナメの味噌焼き」、ふっくらとした切り身に白みそを付けてこんがりと焼いていて口に入れると身がほぐれ甘い味噌とほどよく脂の乗ったアイナメのうまみが広がります。


 

オーナーのルーシーさんは、
「『KIRIN恵み』は軽くクリアな味で飲みやすく、ジューシーな肉や魚料理と合わせることで重くなりすぎず、刺身などの繊細な味を壊すこともなく素材の味を楽しめるビールです」
と話していました。

 

 

壁には「道」という大きな書が飾られていて日本料理の道で生きていくというルーシーさんの強い意志が表されています。


飽きのこない伝統的な日本料理に厳選された食材で作られる豊富なメニュー。
地元の人たちに愛される身近な料理屋、何度も足を運びたくなるそんなお店です。

「浅草では、ほかにも餃子などたくさんの手作料理や伝統的な和食、あたたかいサービスを提供していきますので是非みなさんお越し下さい」






 

ASAKUSA
127 Waverly Road Malvern East VIC 3145
TEL: 03 9569 2051
WEB:
Opening Hours: Tue-Sun 5.30pm - 10.30pm

 

loading Google Map ...
 

コメント

関連記事

最新記事

ミリオネア(2)

宝くじなどに当たって一躍億万長者になった人が5年以内に経済破綻を.....

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’
  2. 2018 Sorrenberg Gamay
  3. 笑四季酒造 “Monsoon”吟吹雪

トップ20リストへ

人気の記事