グルメgourmet

レストラン検索restaurant

マレーシアレストラン「mamak 」

行列のできるマレーシアレストランの人気の秘密とは?

     2012年12月5日掲載

Lonsdale st にある大人気のマレーシアレストランmamak に5:30の開店と同時に取材にいってきました。

 

夕飯時にしては少し早いかと思われる5時30ですがお客さんが次々と入ってきます。聞いた話によると早い時間でも予約をとるのが大変だとか。

 

店内の様子はこんな感じ。

壁一面にモノクロのパネルが飾られていてお店高級感を一味違った雰囲気を演出します。

またこのオープンキッチンもmamakの魅力の一つ

そんな気になるmamakのオーナーJulianさんに話を聞いてみました。

 

Qどうしてオーストラリアにお店をオープンしようと決めたのですか?

マレーシアで生まれ育った私が、オーストラリアに来てて長い年月がたちマレーシア料理がとても恋しくなってきたんです。本当にマレーシア料理が大好きだったので。そこで同じ境遇の友人と近くにあったマレーシアレストランにいってみたのですが、本場の味にはほどとおくて。それなら自分達でレストランを開こうじゃないかって。それが始まりですね。それと私たちと同じように故郷の食べ物が恋しい人たちがたくさいるに違いないという確信もあったので。初めは2006年にマーケットストアから始まり最初のお店は2007年シドニーのChina townにオープンしました。メルボルンは3店舗目になります。


Q他のレストランとmamakの違いは何ですか

そうですね、オーストラリアにオープンしているマレーシアレストランの大半が現地の人にうけるように料理の味付けを変えてしまっているんですよ。いろんな意見があると思いますが私はそれが正しいこだとは思えなくて。

 

Qということはmamakのターゲットはオーストラリ人ではなくマレーシア人ということでしょうか

そうですね。この質問は私たちの原点でもあるんです。私たちの初めの目的は自分達が満足できる味のレストランをオープンすること。自分達が好きな味はマレーシア人が好きな味。最近は教養のある人がたくさんいるので、現地と同じ味のレストランの重要性が増してきてると思うんです。たとえば日本料理を食べにいくなら本場の味を楽しみたい。スペイン料理を食べにいくなら本物のスペイン料理が食べたい。みんなこんな風に考えると思うんです。もちろん辛い料理が苦手な人は辛さをこちらで調節することは出来ますが、スタンダードはどれも本場のマレーシア料理の辛さをキープしています。スタンダードの味を変えることはありません。だから、マレーシア人向けのレストランかと言われたらイェスですが、他のみなさんも楽しめること間違いなしのレストランです。本格マレーシア料理を食べたい人たちは私達のレストランへってね。


Q mamakで働く上でのルールやポリシーはありますか

カスタマーサービスはとても大切ですがmamakは高級レストランではないので料理を提供するスピードもとても重要です。すべての店員にお客さんにフレンドリーに接するように教育していますが、硬すぎず、カジュアルにというのが基本ですね。


Qスタッフの教育はどうのようにされてますか?

実際にここで働くためにたくさんのトレーニングが行われています。期間はそれぞれですが基本的にトレーニングに終わりはありません。ここで働いている全ての人が昇進のチャンスがあり、私達全員が常に新しいことに向かって挑戦しています。レストランで働くということはただ料理を提供するというものではなく、細かなサービスも含めたくさん学ぶことがあると思います。

 

Q経営をしていく上で次のステップはありますか?

そうですね。まだまだ成長していきたいというのは間違いありませんがメルボルン店をオープンしたばかりなので、今はこの店に集中することが大切だと思っています。メルボルンにお店をオープンするのは正直とても大変だったので、メルボルン店が落ち着いてきたらそこから次はどこに店を展開してきたいのかなどを考えていきたいですね。
 

貴重なお話ありがとうがざいました。

 

では気になる料理の紹介です。

まずドリンクから

kopi tarik $ 3,5 (写真右)

こちらはマレーシアのホワイトコーヒー甘さが控えめでこくのある味わい

 

Millo ais $3.5 (写真左)

甘いココアといった感じですかね。可愛いグラスに入ってでてきます。

 

次にでてきたのはRoti canai $5.5 

ナンを少しやらかくし、甘みを足したようなパン、(どちらかといったらクレープに近い)をスパイスの効いた2種類のカレーをつけて楽しみます。

 

お次はこちら

Mee goreng $ 11,5 

日本の焼きそばと見た目は似ていますが味はがらりと違います。こちらもスパイスが効いていますが、しつこくなく、箸が進みます。

 

 

satty 5 本$9  10本 $16 

マレーシア料理で有名な一品といえばサテー。みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれません。

日本の焼き鳥にスパイスを効かせたようなものですがつけるタレはピーナツベースで甘みがあります。

 

Roti tisu $9.5 

最後にでてきたのはカリカリのクレープをアイスクリームと一緒に楽しむマレーシアスタイルのデザート。

砂糖と蜂蜜の香りが食欲を誘い、こちらも絶品の一品。

 

お気づきのみなさんもいらっしゃるでしょうが、値段もお手ごろ!!

本日紹介でされていないメインメニューも$20以下で食べられてしまいます。

本場のマレーシア料理をこの値段で楽しめる素敵なレストランmamak へみなさんも是非足を運んでみてください

 

気になるお店の住所はこちら

Web:http://www.mamak.com.au/

Tel:(03) 9670 3137 

Adress: 366 lonsdale st, Melbourne, VIC 3000

Open: 7days lunch 11:30 - 2:30

                    dinner 5:30 - 10:00 (金、土のみ深夜2 時まで) 

 

loading Google Map ...

               

 

インタビュー、文 山根由貴

 

 

 

 

関連記事

HANAICHI

カジュアルでお手頃価格の日本食をQVで。

MARMARA

食べてイスタンブ~ルゥ~♪

Laksa King

マレー×チャイニーズ料理レストラン

最新記事

ミリオネア(2)

宝くじなどに当たって一躍億万長者になった人が5年以内に経済破綻を.....

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’
  2. 2018 Sorrenberg Gamay
  3. 笑四季酒造 “Monsoon”吟吹雪

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!