グルメgourmet

カフェ検索cafe

mario’s coffee house

地元に根付く老舗カフェ

2009年6月16日掲載
 

地元に根付く老舗カフェ

 
 
  1981年、Mario Bendoricchino氏がグレンフェリー(Glenferrie)に創業したのが『mario’s coffee house』。このカフェのビジョンは“コーヒーショップを通じてヨーロッパの味と情熱を広める”ことだ。1993年に息子Anthony氏に引き継がれたが、その思いはきちんと受け継がれている。さらにAnthony氏はその考えを広げ、世代・国籍・ステータスなど関係なく人々が訪れるカフェ作りをしている。


  赤レンガの壁にはたくさんの写真が壁一面に貼られて、ビートルズなどのポップ&ロックな音楽が会話を邪魔しない程度の音量で心地よく流れる。店内にはカウンター、ソファ、テーブル席があり、訪れる人はそれぞれに好きなスタイルで、ゆったり落ち着いてくつろげるのだ。
 

  ここではオリジナル・コーヒーを味わえるだけではなく、世界中から取りそろえたコーヒー豆を購入することもできる。おすすめはやはり創業者Mario氏が作りあげ今日も味の変わらない“mario’s special blend”だ($9.50/250g, $19.00/500g, $38.00/1kg)。

 

  また、ヨーロッパからの輸入菓子、コーヒーメーカー、カップなど様々な商品も扱っている。おそらくコーヒーに関するものは全てここで揃えることが出来るだろう。その他にも美味しいコーヒーを作るためのトレーニングを受けることができたり、コーヒーメーカーが故障しても修理までしてくれたりと、とにかく「コーヒーのことならなんでもお任せ」という頼もしさ。これなら初心者でも安心して自宅で美味しいコーヒーを楽しむことができる。

 

  さらに学生の街・グレンフェリーにあるカフェならではの学割サービスもある。”Take Away Only”の割引だが、学生ならば使わない手はない。授業前や学校帰りに立ち寄るのもいいだろう。そして、嬉しいことに食べ物の持ち込みがオーケーなのだ。サンドイッチなどランチを持参し、コーヒーのみオーダーしても良い。このように『mario’s coffee house』は通常のカフェにはない“mario’s”ならではのサービスを提供している。

  28年もの長い歴史があるカフェにはやはり人々が訪れる理由がある。一度足を運んでみてほしい。

Flat white $3.50
コーヒーの苦味が生きているフラットホワイト。



Iced Frappe regular $4.30 / large $5.00
コーヒーフローズンドリンク。甘党なオージーだがこれは無糖。さっぱりしているのでとても飲みやすい。お好みで砂糖を加えても良いだろう。

『mario’s coffee house』
TEL/ 03 9819 3781
住所/ 666 Glenferrie Road, Hawthorn VIC 3122
営業時間/月~金 6:30-18:00 土日 7:30-17:00
定休日/無
URL/
www.marioscoffee.com
カード/ Master, Amex, Visa, Diners, Bank Card
 
loading Google Map ...

関連記事

Hairy Canary

レストランとしてもカフェとしても…アナタ次第で。

cafe gaia

白いインテリアと緑の木に囲まれた空間で美味しいコーヒーを

最新記事

一と一子(6)

1945年8月15日、やっと戦争が終わった。でも、戦争が終わって.....

どそく

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. 2013 Nintingbool Vineyard Smythes Creek Pinot Noir
  2. 2017 S.C. Pannell ‘Dead End’ Tempranillo
  3. 2018 Hither & Yon Nero d’Avola
  4. 2017 Mitchelton Marsanne

トップ20リストへ

人気の記事

SHYUN RAMEN BAR

こってり好きな人は要チェック!嬉しい特典つき!