グルメgourmet

恵み物語megumi

キリン恵み物語 Vol.26 SUBI Q

人に教えたくない秘密の庭で、本格韓国料理に舌鼓

2012年5月23日掲載


 

「小さな秘密の場所、それがコンセプト」。

街路樹の影に隠れて、気をつけていないと見落としてしまいそうな、Malvern Rdの小さな店。
 

 

中に入ると全体は温かみを感じる雰囲気。そして奥深く、意外にも開放的な空間へと続いている。

右手には石作りの壁に囲まれ、落ち着いて食事を楽しめるダイニング・スペース、

左手は陽の光に溢れた庭のような空間、自然の中でリラックスできる半屋外。

「こんな場所があったなんて!」と驚く客も多い。
 

 


水に泳ぐ鯉、木の緑。

「ナチュラルな『ZEN』のフィーリング」をイメージしたというインテリアは、随所にアジアのエッセンスを効かせている。

「水、石、そして火。ここにあるのは全部、本物ばかりだよ。もちろん、料理もね。

すべて僕たち自身の手で、僕たち自身が納得行くように作ったんだ」

 

 

 
エリアでただ1軒と言う韓国料理店のジョイント・オーナーは、韓国出身のアンディさんと、オーストラリア人のクリスさん。

もともと英語の先生と生徒という関係だった2人、いつかは自分でビジネスをやってみたいという気持ちが合致。
2009年から長い時間をかけて店を作り上げた。

昼間のカフェとしては去年オープン、ディナーの本格コリアンBBQの店としては、つい2ヶ月前の3月にスタートをきったばかりだ。

 

 
 

「周辺のローカルたちは、韓国料理を知らない人が多い。『ビビンパって何?』とかってね(笑)
でも僕らの店に来る人は、みんな韓国料理を好きになって帰っていく。

先日息子の21歳の誕生日に、とパーティーがあったんだけど、息子は最初『俺はコリアンなんて嫌いだ!」って言っていたんだよ。
それが結局、出てくる料理すべてを気に入ってくれてね。
最後にはみんなハッピーだったよ」
 

シェフは2年前に韓国からやってきたジョン・ウンギョンさん。
本国で韓国料理はもちろん、日本料理、アルゼンチン料理など数々の有名店で料理人を勤めた経歴を持ち、料理学校でも10年間教鞭を取ってきたという。

今メルボルンで西洋料理を学びながら『SUBI Q』で腕を奮う。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

3 Color Korean Style Fritters

 

 

 



黒はマッシュルーム、赤は赤ピーマンと人参、緑はピーマンとコリアンダー。

ちょっぴりもちもち、お好み焼きのような食感、
それぞれの素材の味が活きたやさしい風味。
上にふられた青のりが懐かしさを感じさせるスターターだ。


見目美しい3つの色、韓国では「Wellbeing」のコンセプトを表現するものだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 


Spicy Tofu Soup with Seafood

  

体の芯から温まりたい時、これ以上ぴったりのものはない。
寒い冬、アウトドアな雰囲気の中で、熱いものを食するのはまた格別。
燃えるような赤、辛い中にも浅蜊(あさり)の味がじんわり滲み出たスープは、奥深い味わい。
濃い味を流す清冽な喉ごしのキリン「恵み」が、旨さをさらに引き立てる。

 

Bibimbap

 

 

 韓国と言えばコレ、と言うほどおなじみの一品。
コンロの上で5分間焼き熱々にした石鍋の中で、色とりどりの具材が食欲をそそる。
ジュージューと音を立てつつ混ぜ、スプーンの背でごはんを石鍋の壁に押し付けていく。

 

パリパリの歯ごたえ、コチュジャンの甘辛い味に、ビールがついつい進む。
 

 

Bulgogi

もう1つの代表的料理、醤油でしっかり濃い味の薄切り肉は、日本人なら誰でも大好きな料理だ。
熱々の鉄板の上にまず新鮮なもやし、そしてプルコギ。

しゃっきりした野菜と肉のコンビネーションで、ごはんといっしょにいくらでも食べられそう。
クリアな味わいのキリン「恵み」との相性は、言うまでもない。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

「私のスパイシーな韓国料理は、すっきりとした味わいのキリン『恵み』に良く合うわ」とウンさん。
ビールが好き、という彼女もそのおいしさに太鼓判を押す。『SUBI Q』でもっとも良く出る1本だ。

「メルボルン中どこを探しても、こんな雰囲気の中で韓国料理を楽しめる店は『SUBI Q』以外にはないよ」と2人のオーナーが胸を張る。

秘密の庭を隠し持つ小さな韓国料理店、人にはちょっと教えたくない店で、緑に白と黒のロゴの入ったいつものボトル、発見してほしい。


 

SUBI Q
407 Malvern Rd, South Yarra, VIC 3141
TEL: 03 9827 7887
WEB: www.subiq.com.au
Business Hours: Thursday-Sunday, 6pm til late

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’
  2. 2018 Sorrenberg Gamay
  3. 笑四季酒造 “Monsoon”吟吹雪

トップ20リストへ

人気の記事