グルメgourmet

ママさんレシピ 食で奏でる家族愛familyrecipe

やわらかお肉が美味しい! ビーフシチュー

ママさんレシピ -食で奏でる家族愛-

        2011年7月1日掲載


やわらかお肉が美味しい! ビーフシチュー

寒い日に食べたくなるシチューを、(気合を入れて)作ってみました。
 

材料 (4人分)
・牛肉                         800g  
・玉ねぎ                      3個
・トマト缶(ホール)       1缶
・人参                         2本
・マッシュルーム          6個
・にんにく                    2片
・パセリ                       2枝
・ローリエ                    2枚
・バター                       30g
・赤ワイン                   400cc
・水                            1000cc
・はちみつ                  小さじ1~大さじ1/2
・しょうゆ                    小さじ1/2
・小麦粉                     大さじ2
・塩                            小さじ1~2
・胡椒            適量
・油             大さじ2

1、牛肉を大きめに切り、塩小さじ1、胡椒をふり軽くなじませる。
2、玉ねぎを半分に切り、繊維を断つように切る。
3、にんにくを半分に切り、芯を取って包丁で潰す。
4、フライパンに油をひき、にんにくと肉を入れ表面に焼き色をつけ、途中で脂が出るので、ペーパーでふき取る。

   

5、焼き色がついたら、赤ワイン、水400ccを入れ、沸騰するとアクが出るので、取る。
 (もし、フライパンに入りきらない場合は、水を入れる前に煮込み用鍋に移す。)
6、更に水を300cc入れ、沸騰したらアクを取り、残りの水300ccを入れ、沸騰したらアクを取る。

  

7、フライパンを中火にかけ、油をひき玉ねぎが透明になって、しんなりするまで炒める。



8、トマトをざるでこし、6の鍋にパセリ、ローリエ、炒めた玉ねぎの半量と共に加え、2-3時間煮込む。
(写真は、ここで煮込み用鍋に移しました。)

  

9、残りの玉ねぎにはちみつ小さじ1を加え弱火で炒め続けます。



10、玉ねぎがアメ色になってきたら、バター20gを入れ、溶けたら小麦粉を入れる。
11、更に炒めたら、火を止め、8の煮汁をおたま2杯加えてのばしておく。

  

12、8の鍋からローリエ、パセリを取り出し、11の玉ねぎを加え30分煮る。
13、フライパンに残りのバター、適当な大きさに切った人参、マッシュルームを入れて炒めて軽く火を通す。

14、煮込んでいる鍋に、炒めた人参、マッシュルーム、塩小さじ1/2を入れ、人参に火が通るまで20分程加熱する。
15、味見をして、仕上げにしょうゆ、はちみつ、塩を入れ、出来上がり!




〇食材
全てWOOLWORTHSにて購入。
牛肉はCHUCK STEAKとOYSTER BLADE STEAKを使いました。

〇料理のポイント
・玉ねぎをじっくり炒めること。(きっと、上記の写真よりも濃いアメ色になるまで、炒めた方が良かったの
 だと思います。)
・より深みを出したい場合は水の半量を赤ワインにする。
・セロリの葉がある場合は、パセリ・ローリエと一緒に煮込む。

そして、2日かけて作る時間がある場合は、12の過程を終えて、1晩おくと冷えて固まった脂が出てくるので、
それを取り除くと良いです。写真は、翌日のシチューで、表面に浮いている固まった脂を取り除くと、前日の
シチューよりも確実に美味しかったです。

〇感想
私にとっては、かなり手間隙かかる一品でしたが、簡単に市販のルーが手に入らない時の為に、作る事が
出来るようになって良かったです。また、市販のルーとは違った味を楽しむことも出来ました!
それから、比較的安いお肉が煮込むことによって、とても柔らかく美味しくなるのも嬉しいです。

 

◆ママさんプロフィール◆

 

主婦歴:8年目(家族構成-夫・子ども2人の4人家族)
出身:九州生まれ。
在豪:8年(メルボルン歴は4年くらい)。
血液型:B型。

結婚8年目、2児の母。
なんだかお料理できそう!みたいなママ歴なのですが実態は・・・。
毎日夕食のメニューに悩んで、夫が「今夜はテイクアウェイにする?」って言わないかなーと
密かに期待しているママなのです(苦笑)。
目指すは義母のように、いつも「お腹へってない?」と優しくそして温かく気遣ってくれる、そんなママ。

愛する家族のため、また理想のママ像へ近づくために、

オーストラリアで手に入る食材で、日本人が調理し、食べる事を前提にしたお手軽料理から
手の込んだ料理まで、幅広くチャレンジしていきたいと思っています。

コメント

関連記事

最新記事

墓場の散策(1)

僕が墓場を散策をするのが趣味だと言うと、たいていの人が驚いた顔を.....

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. 2017 Sew & Sew Shiraz McLaren Vale
  2. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’
  3. 笑四季酒造 “Monsoon”吟吹雪

トップ20リストへ

人気の記事