グルメgourmet

ママさんレシピ 食で奏でる家族愛familyrecipe

抹茶マフィン

7月のクリスマスパーティにも♪

2012年7月13日掲載

抹茶マフィン

オーストラリアに来て初めて聞いた、寒い季節にクリスマスを楽しむ「Christmas in July」。
なので、7月ですが抹茶を使って、クリスマス向けにもなりそうなマフィンを作ってみました!
 

材料(10個分)
バター                      120g
砂糖                         110g
卵                             2個
抹茶パウダー            大さじ4
小麦粉                      200g
ベーキングパウダー   小さじ2
豆乳(牛乳)               100ml

<お好みで>
ラズベリー、ホワイトチョコレートなど

 

1、オーブンを180℃に予熱し、室温に戻したバターをクリーム状にし、砂糖を加えて更に混ぜる。

 

 

2、1に溶き卵を加え、更に混ぜる。

 

 

3、抹茶パウダー、小麦粉、ベーキングパウダーを加え、切るように混ぜる。

 

4、豆乳を加え混ぜる。

 

5、マフィン型に入れ、お好みでトッピングを載せ、180℃のオーブンで約20分間焼く。

 

 

6、竹串等で刺してみて、何もついてこなければ出来上がり!



○食材
抹茶パウダーICHIBA JUNCTIONにて、他はWOOLWORTHSにて購入。
小麦粉は写真のものを使いました。

  

○料理のポイント
卵を入れたら、(小麦粉を入れる前に)まず抹茶パウダーを入れた方が混ざり易いです。

○感想
抹茶のきれいな緑色のマフィンが出来て満足です♪
トッピングはラズベリーと赤いカラント、ホワイトチョコレートにするつもりが、(冷凍ベリーミックスを使ったので)
ブルーベリーも入ってしまい、そのまま焼きましたが、色合い的にあまりよくなかったので、ブルーベリーは
あまりおすすめではありません。。

 


◆ママさんプロフィール◆

 

主婦歴:9年目(家族構成-夫・子ども2人の4人家族)
出身:九州生まれ。
在豪:9年(メルボルン歴は5年くらい)。
血液型:B型。

結婚9年目、2児の母。
なんだかお料理できそう!みたいなママ歴なのですが実態は・・・。
毎日夕食のメニューに悩んで、夫が「今夜はテイクアウェイにする?」って言わないかなーと
密かに期待しているママなのです(苦笑)。
目指すは義母のように、いつも「お腹へってない?」と優しくそして温かく気遣ってくれる、そんなママ。

愛する家族のため、また理想のママ像へ近づくために、

オーストラリアで手に入る食材で、日本人が調理し、食べる事を前提にしたお手軽料理から
手の込んだ料理まで、幅広くチャレンジしていきたいと思っています。

関連記事

最新記事

墓巡り(4)

ある日朝なかなか起きてこない父親の部屋に行って、まだベッドに横た.....

アクセスランキング

  1. 2014 Pyrenees Ranges Wines ‘Geoff Oliver’ Cabernet
  2. Red Duck Strong Saison ‘Lazy Sunday’
  3. 2017 Sew & Sew Shiraz McLaren Vale
  4. 福源酒造 北アルプス 純米酒 ‘あずみの酒’

トップ20リストへ

人気の記事