Logo for lacrosse

Welcome to Mexico City の巻 ~ Gypsy Tomo!!さん

だんだんと寒くなってきた、ここKleveから本日も旅コラムをUPしたいと思います。まず最近の身近なニュースからは、ここKleveが昨日舞いました(初雪です)。でも気温は高いので、解けます。もお1つは、1人のアシスタントキッチンハンドで働いてた人が私達のレストランを辞めました。彼はこれからデッセルドルフという街で仕事を捜します。その辞めた彼とは先週に口論を私として、それが影響したのかな、もっと大きな街で、選択肢のある場所で、同じ30歳で2児のパパで、仕事では、ヘッドシェフと喋り、スローで機転が利かないベトナム出身の彼、家族が可哀想なのを想像できるからこそ、私は彼に怒ったのです(彼の奥さんに子供さんとは1度あった事があり、(^0^)超超可愛い娘と息子の2人に、かなり綺麗奥様で)。そおいう意味でも[喝]を入れてやりました。キッチンのヘッドシェフにも、60歳のおっさんだけど、[起きろ]と想いを込めました(彼には将来がある!!)。人間は、楽天的な生活を送りたくなるのは解る。Easy Life 、I'm Correct , No,1と思って、他をまきぞい。。。そして描くのは解るけど、そおいう事をしてたら、離れて行くよ。60歳のおっさんヘッドシェフからしたら、話する相手は欲しかっただろうけど、これじゃ~、アシスタントの彼に家族に申し訳なく思わないのかなってね(そこまで機転が利かない、痴呆の始まりでもある)。 おせっかいと機転の瀬戸際での、私の想いを述べて、これから彼には、家族を不安にさせない職についてもらい、自信をもっと養い、家族と時間を長く1つに、素敵な時間を作り送ってもらいたいです。(今の時代は友達でも他人行事に扱うから、そおいう時代だからこそ、色々と自分自身、地に足を張り付かせて、大地を踏み、経験して、心を養い、地球上の人間社会で生きて、左右みて成長していかないと。) って感じでした。(^o^)v  そんなトーがあったのですblush☆。 

今日はメキシコシティから、お伝えします。歩いてきましたのでその写真をUPしました。見てちょ。。

 

メキシコシティは7年に1度のペースで車を新車に代えないといけないシステムがあるらしいです。ホンマに人だらけで、朝の車の渋滞は冗談なしで、やばい。 これは・・・Monumento y Museo de la Revolucionです。全然感動もなく、何処にでもありそうな、記念碑ですね。(全く興味はありませんが、ここからスタートです。)

 

国立宮殿へようこそ。(ここはパスポートがないと入れません。)

 

中には銃を持ってる人が沢山。

 

歴史上の品物が、ガラス張りの中にと剣がありますよ。

 

国会議事堂のような。会議場ですね。

 

ホントに綺麗にされてます。

 

メキシコ王国です。

 

廊下。

 

テンプロ・マヨール博物館、 ここは街のど真ん中です。

 

渋く撮影してみました。1905年って感じでしょう?

 

この屋根は風化や浸食が、酷く起こらない様に、という形です。(タイムマシーンが欲しい。)

 

こちらはメキシコシティ郵便局です。メール便で~す。

 

凄い豪華な郵便局でしょう。 (郵便局に、こんな豪華さいる?ってのが質問なのですけど、この価値感の違いからか、凄いな~って思います。120点でしょう。)

 

歩行者天国、メキシコシティの中心、ソカロ周辺でございやす。

 

ランチタイムです。中国人風の店で2ドルほどでした。(やはりライスは美味しいね。)

 

お金掛けてるよね~、パトカーに、議員の横領の多い国、わいろなど。 地方へ行くとGypsy がいてる国ですよ。都会のパトカーは、なんてカッコが良いのか。

 

ストリートで、見てもらいながら、練習に励む子供達。

 

ホンマにサーカスへ行ける。彼。

 

素晴らしいよ。

 

彼も凄い。☆laugh

 

ここはLOVE×LOVE公園です。ほんまにカップルが超沢山います。

 

夕方なったらね、会社帰りに、こお道で音楽が掛かっていたら踊るのですよ~。身知らなぬ女性と、意気投合してね。(Wow♪)(面白い。)

 

また、夕方は夕方で、良い色を醸してくれます。

 

ここも、ほぼ中心部から歩いて15分の所です。よく似た物が、ズラーーーーット売られてます。

 

かっこ良く撮影してみました。

 

シティ中心部には、清掃のスタッフもいてます。郊外では、見た事がありません。

 

メキシコシティも頑張って先進国の仲間入りしたいものなのですが、なかなかね汚職が絶えないらしいです。(ラテン系は、恐れてる。孤独になる事を、いつも、なあばりを気にしてる。面白い動物やは。)

 

おーメキシコシティ。

 

綺麗な夕方の写真です。

 

メキシコの国旗です。

 

こんなお洒落なね。裏路地感覚の店の塀もあります。

 

ここは、かなり有名な敵視的HOTELだそうです。Gran Hotel Ciudad de Mexicoです。

 

ここで、再会したメキシコ人の方と記念撮影。彼女らとはグアナファトで知り合った人たちです。

正直な感想として、メキシコシティは、思った以上に綺麗でした(特に観光の場所は中心部)。写真では撮影してませんが、コヨアカンは雰囲気は良かったです。結構1日あればシティは回れます。メインの所は回れるでしょう。やはり、国として、ここシティは力を入れてるって感じ伝わります。メキシコシティは先進国に仲間入りしたい感じが、国は潤ってきているのだと。 。。でも郊外の他の州との格差が広がってるのが伺えます。州ごとに検問も、たまにありますし、外国の人よりも、国内で移動してる人が軍の検問で質問されてるから、差別なのか、家系や州、出身で何か差が付けられてる感覚が伺えます。見えない点ですが、何か色々あるみたいですね。(格差・・)何かショックです。平等ってのが、無いように思える。産まれた場所で、差が付けられてる。民主主義って、臆病者が生まれやすい環境に、思える(地位を守ろうとし、自分の主張)。長いものに巻かれ、下の者の気持ちが、理解できない。でも、皆、生きるのに必死なんやね。って気取ってる人も。シティでの成功者も、 でも、このままじゃ、何の解決にもならない。民主主義は。ダメではないけど。醜い人間が減らないわ。本当の平和は、訪れることは、到底ないでしょう。世の中は膿が溜まってく一方です。そおメキシコにいて日に日に感じ増して行きました。

賃金は凄く低いですよ。ある州の道路工事(肉体労働)で日当USD10ドルちょいらしいです。現地の知り合いに聞いてみたら。 私達の生活からは、考えれない常識で。自分が、そこで産まてバカ息子だったら、そうだったんだろうと、間違いなく私は日当10ドル労働者だっただろう。やはり、先進国で産まれて、こお元気な体で、後進国で毎日色んな所へ歩き回り、見たり、話したり、そして感じたり、凄く自分の役目なのかな。どおにかしたいという思いはずっとある。でも、どおにも出来ない自分。 なんだろうな~、お金って、もたない方が良いのかもね。普通に生活できる分だけで、(昔から自分に言いきかせてきた事があった。必要な分だけ持って海外へ、旅へ行きなさいと。これは誰からも言われた事ではなくて、何故か、そお思って今に至る。) (金銭面)貧乏が自分に、良い影響を1番与えてくれるのかも。

全くメキシコシティの話をしてなくてごめんなさい。自分はテーマとして、[Life is Beautiful(生きる楽しさ☆)]を掲げてて、やはり人々の日常に私生活に目が行ってしまいます。 もちろん、ちゃんと建造物や、その他もろもろを見てます。 まだまだ私は見て回らないといけませんね。☆ その星に生まれたのがGypsy Tomo!! Since 2009 活動継続観察感受中。

総括;メキシコシティは、色んな方がいてます。治安は良くないと聞いていて、実際に行って、私も被害に合いました。だから、もし皆さん。行くとしたら、プレッシャーはかけたくありませんが、他の州の人も言うぐらいだから、気をつけて下さい。格差は見れます。

今回は、以上かな。(^o^)v 

Gypsy Tomo!!でした。

 

コメント

関連記事

最新記事

夫の秘密(11)

希子はクリニックを出た後、すぐに母親に電話した。 「お母さん、今.....

夫の秘密(10)

トイレから戻った希子は、母親に「あんた、もしかして妊娠しているん.....

夫の秘密(9)

希子は、翌週の月曜から塾を教え始めた。開始時間は3時半と、小中学.....

夫の秘密(8)

翌日、英語塾へ行って、村上勝と言う塾経営者の面接を受けた。村上は.....

カレンダー

<  2021-06  >
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー