Logo for lacrosse

San Jose へGoの巻

本当に、お久しぶりです。超~忙しいって言い訳はしませんが、が、次から次へと移動ばかりで、なかなか時間がとれないのです。怒ったりもしてるし、なかなかWIFIの環境も、パットしないので、遅くて、疲れて寝てしまってます。ヒマラヤでの生活は夜21時頃には就寝して、朝5時起きの生活が約2週間続いてましたので、早寝・早起きの、おじいちゃん的、生活習慣でした。今もそんな感じが続き、もお夜なると眠たく直ぐになります。 今回、シャワーも2週間のトレッキング中に1度しか浴びなかったので、結構な汚れが体に溜まりましたよ。(笑) 洗っても洗ってもアカが出るわ出るわの祭り状態で、骨折して以来の感覚でした(笑) ともかく先をすすめないといけないので、旅コラムに参ります。ではでは、世界のコスタリカへ行ってちょんまげ☆

 

サン・干せに着いた時には、私の体は徐々に衰退して行ってました。普段ならホステルまで歩いていける距離の20分が、バス亭に到着した時には、黄色信号が体に点滅していました。 症状的には風邪をひいたかなって、思えたのですが。地獄の始まりでありました。ニカラグアでは、タクシーの運転手に嘘をつかれてUS$20ドル請求されて、それに腹がたっていて、ホステルのプールでビールを飲んでいた時に、蚊に刺されて、デング熱が発症してしまったこと、今でも、そこが原因だっただろ~と感じております。(文句を言うて怒ってた自分、ホステルの兄ちゃんの態度も、軽いし、舐めきってた人で、ニカラグアに幻滅してた時でした(笑))、ここサン・ホセのホステルに着いたのも、ギリギリで倒れそうでした。到着したら、直ぐにベットに寝込んで、3日間は、一番無理な状態でした。(立つと、目眩がして、倒れる。。風邪だと思って、携帯してた日本の風邪薬を飲んでも回復の兆し無し、ひらすら水だけを飲んでました。喉が渇き、食欲はなくて、自分が、この状況下に陥ってしまった事に神様を恨んでました。)5日後ぐらいに歩けるようになり、徒歩20分にある、そこそこ良いアメリカ資本の病院へ行き、診察を受けて、点滴を射ち、血液検査(この血液検査でも、面白い事実が起こりました。血液の流出で、私の座ってる椅子が血だらけ、3回目で成功だったかな。注射下手くそ(笑))を行いました。ホントに色々あった。医者は私の症状を観察しただけで、デング熱にかかったのではないかと、悟ってました。結果がデング熱と判明して、入院するか自宅(ホステル)で安静するかの選択でありました。 ホステルで安静を選択して、私は毎日の様に通院しては血液検査で、ヘモグロビンかな、赤血球だったかな。量が規定値の半分以下だったこともあり、危ない状態であったらしい。(出血したらとまらないのかな。)それが1週間以上続きました。自分の状態は良くなっても、その数値が、一向に回復しなければ、旅の再スタートはないと、忠告もされてまして、時間の余裕もなくなってきて、少しストレスに感じてる部分も最後の方はありました。 たまたま週末に入り、病院が休みなので、2泊3日で、地方の方へ無断で出向いていきました。(時間が押してるし、行きたいとこへいけない、コンディション的にはOKなのだが、血液はOKではない、もどかしかったが、遊びに行きました。)無事に何事も、倒れる事もなく、元気に、サン・ホセへ帰ってきて、病院へ行き、血液検査して、規定値に回復し、ドクターからOKサインを頂きました。本当に長かった。12日間ぐらいいたかな。 このせいで、エクアドルへ行く時間が持てず。パナマからペルーのイキトスへ行く事となりました。『ホンマ、人生何が明日起こるかわからんわ。(素敵な事だったらなイーのにな☆♪(笑))』 最後は、ドクターや、副ドクターにさよならを告げて、パナマへと向かいました。写真はコスタリカでの、撮影した数点です。どおぞご覧下さい!!

この写真はサン・ホセ(首都)にある、マクドナルド前の広場です。 本音(コスタリカの食事は美味しくない、マクドナルドのケチャップも変な味。一つも美味しいと思う物がない。事実、この事を病院の看護婦さんに話したところ、彼女も、そお思うとおしゃってまして、笑いました。)

 

これが、コスタリカの集団墓地です。彫刻のアートです。(初めて見たので、この様なお墓を、感心しました。勉強になりました。)

 

木々の間を抜ける先には、これまた特別な感覚のお墓がありました。

 

凄いよね。日本にいたら、知らないかったことだわ。

 

こちらはラ・フォトゥナへ行った時の乗馬です。

 

これから乗せてもらいます。

 

これが、やりたくて、病院には内緒で、ラ・フォトゥナへ向かいました。(正直に言うと、期待以下の乗馬コースでした。)

 

自撮影。

 

他の若いアメリカン家族グループと一緒に出かけました。

 

これがコスタリカのラ・フォトゥナの風景です。中米って感じの風景ですにゃ。南アメリカよりの。

 

火山活動が盛んな山々の1つです。

 

近くには高温の水が湧き上がってまして、スパも3件程あります。(私も入りましたよ。良かったです。)

 

火山活動、まっしぐら。いつ噴火しても、おかしくないような感じが伺えます。

 

怒ってます。(地球は)

 

そんなこんなで、ラ・フォトゥナへ来て、まあまあ良かったです。 

コスタリカのイメージは値段が高い。そんな大した事はないのに、いっちょまえに値段は中米で1番かな。パナマはアメリカンドルの使用の国で、アメリカの銀行もあるけど、ここもアメリカの銀行があり、アメリカの経済の影響を多く受けてる。ダブル通貨って感じに感じるね。正直に期待してる部分はあったのだが、そんなもんでした。自慢の産業が無い国こそ、いっちょ前に、値段は強気なんよね。安定した産業がある国こそ、物価は安い感じには感じる部分があります。どおなんだろ~。 観光業を餌(あてに)に依存してる国は、何か気にくわない。人の質(サービスが低い・教育・思考)が低くも感じる(観光に対しての関係者達)。 なかなか相手にしてたら限度もしらないから、調子にのるのる(失笑)。 

コスタリカの話し戻りまして、でも色んな人々に助けられました。ホステルの関係者の若い兄ちゃん。病院のドクター達も、親切であり、そこは恵まれたな~って感じてます。辛い事もあれば、助けられる部分もあり、勉強になってます。この時に頭によぎった事、弱い自分が出てきた部分もありました。まだ中米? 南米に入国する前でもあり、『まだまだ先は長いな~って思わさせられました。思い描く通りには行かんな☆。でも好きやで、自分の人生(笑)』次週の旅コラムはパナマ編をお送りします。

それでは、環境の良いWIFI場所ではコラムを更新していきたいと思いますので、宜しくです。

Gypsy Tomo2016!! でした。

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Managua in Nicaragua へ

本日もここ、から、コラムを書いてUPしていきます。に来て、3日目です。の旅雑誌では年連続で過去にNo,1を獲得した街です。実際にウエスタンのバックパッカーはもちろん、家族連れもいたり、夫婦で訪れるのをみたりしています。また韓国人が本当に多い事、若者から年配さんまで、それには本当にビックリしました。今も自転車を漕いでる観光客を目にしたりしてます。 でも私は、ここに来て感じる事は、ちょっとバリェーションに欠けてるかなって、そんな風に思います。ナイトマーケットでも、同じものが本当に多い!!、結構な数で、食事に関しても、味のバライエティーが乏しいのと。と比べたら、物足りないのが本音です。でも旅の初心者には、もってこいの場所でもあります。ゲストハウスも山ほどあります。同じ事をする人が多いのね。(オリジナリティが欠けてる)。まだまだラオスはこれからです。もっともっと伸びます。期待します。うちの泊まったホステルも、そうですが、全体的に接客の質に、振る舞いに、若い男性は、少しマナーが欠けてるかなってのが、印象を受けました(この2日間で、バックパッカーが1泊だけで、他の宿へ移る。口論も目撃したりと。掴めてないよ。 若い子らは寿司という食べ物も知らないぐらいです。(事実検証を地元の英語学校で、私が聞きました。))。ここは貧しい国でも、生活水準での溝みたいなのも、そんな感じなかったので、他(ミャンマーベトナム)の国々と比べて、貧富の差は感じませんでした。国民の数も、もちろん他と比べて少ないのは、ありますが。東南アジアで日本企業の親密な雰囲気は耳にするのは、聞きましたが、は、日本企業が親密してるかの雰囲気が1番感じられなかった。ここはまだ、そんなに日本の企業や、カルチャー、食事に離れてる。感覚がある様に感じました。そんなでした。

さあさあ行くよ~。旅コラムの続きへLet's Go Go GO!!今日はニカラグアの首都のマナグアから、少し写真をUPしていきます。 

 

前日にホンジュラスのテグシガルパからマナグワを目指そうと思ったのですが、直接バスはなく、再びサンペドロスーラ経由で行かないといけなくなりました。朝に出発して、夕方にテグシガルパへ到着しました。そこから乗り換えて、直ぐにマナグワへ向かうつもりでしたが、バスが翌朝にしか、無い事をしりまして、結局、テグシガルパで1泊する運命となりました。正直に焦りました。多くのタクシードライバーが私の所へ来て、声を掛けるのです、でもどの人を信じて良いのか、皆無で、その中から、1人選んで、信じて安い宿へと連れて行ってもいらいました。テグシガルパは、私は、全く調べてなくて、泊まる予定もなかった。だから、ちょっとややこしくなるなと、感じてはいました。(笑)。 今でも覚えてるのですが、街のショップは鉄格子で仕切られていて、今まで見た中で1番、頑丈で、警戒が高い場所なんだと。感じました。タクシーに乗ってる時は、窓を叩かれて、外から、何か言うてきてるのが、分かるのですが。スペイン語は全て把握してなかったので、意味不明でした。スーパーへ行くにも、地元の人はタクシーに『乗り!!』と進めてくるのです。ただ歩いて10分の所でも、危ないからと・・・でも私は、『大丈夫だろ~』と、思いまして、歩いてスーパーまで行きました。正直、大丈夫で、何も起こりませんでしたけど、1ッ画は、物騒な集団が、たむろってたり、そこを通過しましたが、ギャングがいるのは分かってました。警察も、その域にはいてなかった。川を挟んで、部分的には警備してるけど、川の向こう側が、警備なしと。ホンジュラスは、まだまだ荒れてるっていうのか、派閥がありますね。十分に注意して渡航される方は行ってもらいたいです。ここがサンペドロスーラより危なく感じました。 そして、出発しては、橋が無くなってる部分もあるわ。『しらんわ状態ですね。』

 

直ぐに直そうとは思わない彼ら。いつか修復しよーと考えるラテン系の人々。

 

これは革命のシンボルでしょうね。ラテン系は横領が本当に多いですね政治家さん。聞くところ全て、良い噂は聞きません。イメージが湧きません良くなる吉報。。遅い。

 

こおいう象徴する物を作り権力を示したいのは、わかるけど。(こんなん造ってる自体で、頭の幼稚化・力の示したがり・=高校生相手してるかの、こんなのにお金掛けてる時点で、この国はなかなか、回路を進めない感じが、ひしひしと伝わります。)

 

もお1枚。

 

メインストリート・・・この4つ5つ脇の道は、本当にグアテマラを見る事ができます。(凄いよ。)

 

ストリートで昼食をいただきました。

 

ここがレボルーション広場です。人々はここへ集まったのですね。

 

グアテマラ、そのフラッグ(国旗が意味する事とは・・何ですか? )(私は最近、国旗に興味が少し湧いてきました。 意味するものが、そこのあるから。不思議と国民と旗の理解・感情をを。)

 

焼けたのかな。?これも歴史の目撃者です。

 

ミュージアムだったかな。観覧する場所でした。

 

これが目撃者の建物です。彼と話がしてみたいです。建物ね。

 

後ろ側です。

 

ミュージアムからの外(色加工してみました。)

 

焼却炉か?何かのプラント。

ニカラグアは何をしたいのかが、さっぱりわからない。私はタガという所へ行こうと考えてたのですが、マナグアに到着した時に1人タクシードライバーに嘘つかれて、2倍請求されて(US$20)私は、この国民性に、残念としか言いようがない、この1人の人の責任で、私は、お金をこの国に落として行く事を止めました。1人の国民のタクシードライバーも代表やのに、その国の印象を与える。 それを全く理解してない勝手な行動で、観光客に失望を抱かせた。自分らで、自分の首を絞めてる事に気づかない、バカなドライバーで、私は去りました。(色んな事を教えて行かないと。観光客増える理由に・減る理由に)ラテン系は、個性がワイルドで楽しいオーラを醸しもだすが、頭が切れないね。ニカラグアのその、乏しさの象徴が人から、景色からしました。ホステルのスタッフも、態度が軽い!!全然。アジアの発展するスピードに比べて、ラテンは遅いの一言。やはり、こおアジアに私は今いてるのですが、質が教育が宗教(仏教)からか、社会に適応する、順応性を持って従事できるのは、アジアの特別な宗教から継承からの、気質、農耕民族として、こつこつ働くこの環境が私達を取り囲んで、そのリズムが、今、その国際社会という基盤で成果を存分に現してますね。 ニカラグア・・・まだまだ十分は、パットしない。明確にならない、特徴の内、国です。年後ぐらいに改めて、WEBで調べてみます。それまでは、もっと彼らは、考えていかないと、私のイメージでは、ダメのまま。スペイン語圏の途上は、著しいものは何処の国からも、吉報がないかな。 頑張れスペイン語圏laugh そしてGypsy Tomo2016!!は、今から28時間掛けてカトマンズへ向かいます。行ってきます。

以上 Gypsy Tomo!!観察。

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Pico Bonito National Park へ 散策の巻

お待たせしました。待たせすぎ~!!ってのが音ですね。ごめんなさい。只今、オスアンパバーに滞在しております。これまで、スケジュール通りに行動してまして、暇になる時間を作ってませんでした。今晩そして明日は、スケジュールをフリーにして、コラムの方をドンドン更新していきます。を通過して、ここラオ!!に関しては、やはり、期待を裏切らないですね。値段に食べ物に、超美味しいwinkの、なんのと。♪本当に良かった。は、私に合ってるね。かなりのドストライクだわ。語りつくせませんが、もお全部において、最高な事を知っていてほしいです。に関しては、もお人が優しいとの事、は、世界の中で1番、人が優しい、恩恵な民族なんだな~って改めて感じました。こお、旅をしていて、色んな人に出会い、にも、そおだけど、考えさせられます。。もちろん。。思いつく事もあります。私はで、こお時間を使ってるのですが、なんだろ緊張感を、全く感じないのが事実。アフリカを経験したからか、全く不安がないのです。余裕!?この辺も、考えさせられるポイントとなりました。不思議だわ。境遇って言うのか、自分の今の位置を。では、河川敷を平日の昼間に歩いてた時、リタイヤした、おじさん方達が、飛行機のラジコンで、遊んでる楽しいそうな姿を、見て何か共感できた事、ホント私も31歳でリタイヤしたかの様な(うな)、何か感じれる部分があった事、ふと『』って言葉を思い浮かびました。 『』ってなんなんだろうかとも、その言葉の意味を考えさせられます。 でもへ行くと、そおも言ってられないでしょうね。多分、また素敵な緊張感の下での生活が始まるのだろうと。(笑) 楽しみです。 あまり長々と書いても意味わからなくなりますので、この辺で。

旅コラムの続きにまいりましょう。世界のホンジュラスへ行ってで~す。 with Gypsy Tomo.

 

 

 

 

Poco Bonitoへやってまいりました。全然、人の気配がありませんでした。 誰もここホンジュラスへハイキングに来る事はないでしょうね。(笑)

 

定番の床が抜けてる事。

 

ここへは4人できました。

 

ハイチーズ♪、彼女はバミューダ付近出身のカリブ生まれの女性です。

 

何をしてるんだ?この人は。

 

ニンジャ戦隊、ニンレンジャー☆

 

スパイダーが影として写っております。

 

これはカカオの実です。初めてでした、こんな、直ぐに食べれるなんて。そして、カカオというものに。

 

左の兄ちゃんは、現地ガイドの方です。

 

小さい滝(瀬)です。

 

色反射してみました。水色です。

 

あ~ああ~。

 

Gypsy Tomo ターザン

 

彼女も、木登りっぽくしてます。

 

彼は現地の人系。

 

森深く入っていきますよ。

 

もお少しで、その可愛い滝に到着です。

 

これがPico Bonitoでの滝となります。(大して大きな滝ではないけど、特徴があるのがわかりますかね。★)

 

ハイチーズ♪

 

One more.

 

Pico Bonito.

 

水がドンドン、しぶきを上げてます。

 

生命の誕生(喜び)って感じです。(そんなのが伝わってきますにゃ。)

 

私以外のクレージー3人さん。

 

もお1枚!!

 

これ、結構毒の強いヘビらしい・・・・、気づいて良かった(^o^)c (なかなか分からないよ。岩の上にいることを。)

 

Gypsy Tomo と美しい滝ちゃん達。

 

頂点へ登りつめろ!!這い上がれGypsy Tomo!!

 

良い写真。

 

Thank you and get back Home.

今日も、退屈な記事で付き合っていただいて、ありがちょ~。まあいつもの事だけど(笑)。Pico Bonitoは、何か特別な物がある場所ではありませんが、でも1つ言える事は緑の田舎でした。ここえ到着するのは、地元のローカルバスで、舗装されてない道をひたすら進みました。バスがなければ、トラックをヒッチハイクして進む事と、実に観光地としては進んでない場所でもあり、その分、自然の人の営みが伺えた事は大いに良かったです。 観光地化にして、人を呼ぶ事もありだけど、このように、殆ど観光地化されてない場所に来ることも、また違った感覚を与えてくれる。 勉強なるわ~。何が人にとって、バランスを壊さずに成長させてくれて、笑顔な日を送らさせてくれるのか。 もっともっと私Gypsy Tomoは経験して行かないといけませんね。それが今の答えでしょう。今日はこの辺で、またお会いしましょう。

素敵な写真があったら、ドンドンUPしていきますので、お楽しみにしててちょ。☆

以上 Gypsy Tomoでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

La Ceibaへ いらっしゃいの巻 and おまけ。

どうも皆さんGypsy Tomo2016!!です。遅くなりました。ゴメンちゃい。ミャンマーに入国して、1週間が経ちました。全部がスムーズに行きまして、ここまで計画通りに進んでます。自分の見たかった。BAGAN遺跡に、インレー湖に、ゴールデンロックにと、只今はヤンゴンで明日のバス待ちって感じです。まだね、たまに体に出るアラジックが再発したりしてますが、軽度にと順調に回復はしてきてます。今は腹痛が昨晩から起こる程度で、全体的に見て、OKラインです。 またホーチミンやバンコクや、ここヤンゴンでも、夜のビジネス(男性の好きなwink)がありますが、正直、何処も代わらぬ平均3000円。私は行きませんが、が、興味のある日本人の方には、どうぞ♪楽しんで下さい。

この1週間を振り返って、ミャンマー人の印象は、とても優しいです。これまで、南米・アフリカと来て、久し振りにアジア(ミャンマー)と、・・・良い人ばかり。laugh、もちろん私達に嘘を付く人もいてます、でも私は、そこで代表者として叱りつけて、事をより良い方向へと持って行きます。(例えば;定番のタクシー料金に関して=取りすぎ価格、あと昨日怒ってあげた売春斡旋の若い男の子(学生さん)=押し売り。) それ以外に関しては完璧(素敵☆)です。私はこの国を凄くオススメしますね。国民性は基本的にシャイ(Shy)で、そこまでナーバスに成る事なく普通に溶け込めます。改めてアジアの本当の良さを嗅ぎ取れたかなって、うすうす感じました。 ちょっと先取り形で写真を数点披露いたしましょう★。

Bagan遺跡・Inle Lake・Shwedagon Pagoda

素敵な写真を5点。皆さんにミャンマーを好きになって来ていただけれたらと思います。旅行初心者でも、ここは最初のステップとしても、良いと感じる。そんな感じです。以上!!

 

 

本日も旅コラムの続きからまいりましょう。 ラ・セイバからですね。旅で知り合った人の友人宅へ、おじゃましました。そこがラ・セイバというホンジュラスの北の海辺にある町です。では今日も行くよ~。世界のホンジュラスへLet's Rock"N"Roll.

 

ここはサンペドロスーラ(San Pedro Sula)の街中心地の教会前です。私も知らなかったのですが、ここは、中米で1・2を争う危険と言われてる場所でもあったのだが、昼間の雰囲気は、いたって普通でした。当初はここで、ハイキングへツアーで行く予定だったのですが、ツアー会社へ電話しても、全く応答がなくて、予定が変わり、市内でブラブラする数日間でした。ここへあ来るまで、本当にToughでした。サンサルバドルからバスに乗り、こちらへ来るまでに、そのバスに違法な物資が乗せられてたのかわかりませんが、関税でドライバーとホンジュラスの監査との、話し合いが2時間程続いてました。隠していたのがバレてしまった。そして、そのバスにはゲイの人達が3人いたりと、タッチしてくるわ。本当に大変で、気が休めない。バス車中でした。ここへ到着したのも夜中の2時過ぎで、宿は予約してなかったのですが、メモ帳に1件の宿のアドレスを明記してたので、そこへタクシーで、行ってもらいました。

 

昼食です。サンペドロスーラのマーケットでの昼食。地元のマーケット食事。

 

知り合いの友人宅での夕食をいただきました。ここの家のママは本当に素晴らしい方でした。(BIGママだわ。食事も作ってくれるし。心が大きい人です。)

 

黒豆系が主流なのかな。いただきました。

 

ラ・セイバのゆっくりゆっくり、観光地化へ向けてます。でも本当にスローです。(笑)

 

橋げたは、地元の釣り人にとって最高な場所となってます。(笑)

 

大工さん!! 作ってます。

 

地元の子供達、日陰でたむろう。

 

こちらの子供達は、ジャンピングイン 海へ、楽しいね~~。

 

こっちを見てるよ。ハイポーズ♪

 

ワーイ×2♪(こおいう光景も、昔の日本の田舎に映りますY。私は好きです。☆)

 

1917年の植民地時代の面影も、残る。また内戦もあった。ラ・セイバ、色んな歴史がここでは起こったことを、象徴してるかのように、私には映りました。

 

市内では、カメラを出してたら、取られる(恐喝、強盗される)とか言われましたが、まあ頑張って撮ってみたりしました。

正直、ここは大した物は、なかったのが本音かな(笑)。サンペドロスーラでの予定が狂い、そして、ラ・セイバへとやってきた私。ここ、ラ・セイバは治安もよくなくて、鉄格子で、ギャングもいてて、目立つ金持ちは、命を狙われやすいのかな。私が泊まらせてもらった、方の近所では、旦那さんが撃たれて亡くなったとか、それからセキュリティーを雇ってるとか、ここを紹介してもらった人の話からも、1つのバス会社が、ギャングに逆らった事から、バスドライバーが、その私人の前でやられたとか、ここでは内戦もあり、皆さん(住人)は悲しい経験をもってるのです。お世話になったBIGママも、週1回は教会へ行きおいのりを捧げてるのです。過去から立ち直ろうとする庶民の想いも、ひしひしを感じました。まだギャングもいてるし、太陽が沈んでからの女性の1人歩きは厳禁状態。外国観光客もラ・セイバでは見なかった。私が見たのはそんな感じでした。本当に人々は良い人です。ホンジュラスには、マイナスイメージが強い分、これから良くなって行ってほしいと心から思います。

良い写真を撮らなくてゴメンなさいね。来週はラ・セイバの裏にある、国立公園へのハイキング模様をお送りしたいと思いますので、ご期待下さい。

それでは皆さん、また次週にでも、会いましょう。時間があれば更新して行きますので、以上 Gypsy Tomowinkでした。

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 今月の第2弾!
MEL漫 第2弾登場! みんなで4コマスター目指しちゃおう!
第44回「強気に勝るものはなし!」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
ケンジントン土曜マーケット
シティに近く意外に住みやすい?
第26回「おしゃれが欲しがる物ならゴミでも欲しい。」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
子どもと行くメルボルン @Puffing Billy
もちろん、大人も楽しめます☆

最新記事

Grampions
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?6月第4週
今週末のメルボルン ★6月23日(金)~6月25日(日)
Bitcoinの大立者 アンドレアス・アントノポロス氏メルボルンでトークショー
名著 Mastering Bitcoin の著者
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
part1 初めまして
週末どこ行く?何をする?6月第3週
今週末のメルボルン ★6月16日(金)~6月18日(日)