Logo for lacrosse

帰国して、直ぐの自分の誕生日1月7日に高野山へ行きまして、頭を下げて来ました。30歳の節目として。

おはようございます。とうとう今日の深夜に関西空港入りして、朝を待ちます。相変わらずの貧乏スタイルで、空港のロビーで寝て水曜日の朝7時で新千歳空港へと、そして電車で札幌へ出て、バスで5時間半で函館駅前へ到着の予定です。あ~楽しみだな。また始まるスタートAGAIN。知らない所でのパフォーマンスしかも、今回は小さな組織に入ってのパフォーマンス。小さな組織の良い部分は、少数先鋭でないといけない事。これは今までの経験からして、そおでないといけないのは事実、1人1人の責任感は、形式上だけじゃなくて、ひしひしと伝わる、それは中小企業で働いてた金属加工場でも飲食でも、今回はサービス兼宿泊だから、また新たな物が見えるかもね。 以前1週間だけ、旅館でキッチンにサービスに配膳に食器洗いに、パワー系の仕事お出向かいにと、やらせていただきました。ほぼ業務全般、フロント、事務、清掃以外ですね。壮絶でありましたね。でも、問題なく出来ました。本当に少数先鋭=すんごいしんどいし、優秀且先を読んで仕事が出来る人がいないときつい事は把握してます。 そおいう所で、今回は2・3ヵ月間働きます。どんだけ効率良く仕事できてるのか?どんだけ、お客さんの事を考えて、行動に現してるのか?色々見れます。もちろん、大変だと思います。いつも自分が行く所は問題だらけで、ホンマに勘弁してや~状態です(笑) また自分が行き、その状況下の中で、効率よく、楽しい空間を生み出していかないけんと、もお既に思っております。 自分に纏わりつく物事は、いつも問題があるからね。それは大学を卒業して、就職してから、ほぼ全部の会社、仕事した場所です。 小さからず問題だらけ、会社という所は膿やストレスの溜まる海がほとんどなんだよね。なぜそうなってるかと言うと、恐れてる狭い人間がそれを出してしまうからね。。 いつも大変だよ(笑) そおいう現場で自分は怒り、説教するんですけど、何処の国でもノルウェー・ドイツ・オーストラリア・ニュージーランド・日本。 リスクを恐れ、自分が損する現実が嫌、能力も無い人間に、こおいう問題を抱えて、空気を悪くして、気付かないバカが、地球上に何処の国でも浮遊してます。人は損をする事を恐れる。バカで醜い社会だね。(笑)laugh まあまあ私Gypsy Tomoは再び起こるその海へと行ってきます。☆。(予想しておかないとね。会社に最低1人は、空気を重くする問題を抱えて気付かず、個性かもしれないが、そおいう方がいてます。)それも会うのも運命なのかな(笑)って、思わざるおえないよね。 だって自分は特別ではないから、自分を取り巻く環境は、その自分が醸し出してるレベルだから。類は友を呼ぶではないけど、 それ位のレベルの人には、それ位に、同等か?=相応しい(笑)状況を人間や環境を引き付けてくれます。  (^o^)xz ともかく、あ~本気で楽しみ、今年3つ目の新しい職場ね。 どんどん新たな環境へ出向いて、適応しないといけない環境に自分を持って行く。何処でも生きて行ける人間に成長する。 どんな仕事でもしていかないといけない環境で、脳をフル回転させる。 そして結果を出していかないといけない。。。サービス・飲食・機械加工・今までクレームなし☆記憶にある限り。。。(笑) レールから外れても生きていかないけんよ。生きる楽しさって何なんでしょうね(^^) 結婚?独身?家族☆?祭り?仕事終わりのビール☆?異性と☆? =バランス良く、良心をHEARTにかな(♪) 笑顔ね。 Gypsy TOMOも金取られて、人を当てにしてたら、全然期待はずれ。そんな現況下できてるけど、前を向いて行くだけだと思ってるから、自分に纏わりつく環境は、そおいうレベルの人の集まりだから。はは(笑)  

さあ、さあ行っちゃうよ~。今日のSIDE SHOW PVは今年の日本の夏を象徴するその映像です。自分も花火というものを、あまり気にしなくて、32歳まできたんです。昔、小さい頃は大好きでしたが、13歳の頃から今まで、全く気にせずきたんですが、最近になって4Kで花火の映像を見れる事となり(時代の進化)、本当に驚きのパフォーマンスに、映像に迫力に、20年ぶりに花火の事を再び考えました。「花火って凄く発展したんだな~と。」 本当に、感銘を受けました。しかも日本の花火は凄い。マジ出!! 是非、知ってる方はいてると思いますが、見て下さい。日本の花火の進化にパフォーマンスの仕方。 必見です。見直しました。JAPAN!!

どおでしたか?良かったでしょ~~。じゃ~次も同じ赤川花火大会からです。ではどうぞ!!

花火!!見直しませんでした?今、凄いね。昔よりも断然、発展してるし、構成に演出に音楽や照明をも入れて、日本版のラスベガスのショウみたいになってるよね。 人に見せる!!エンターテイメント化された、花火SHOW!!になってる事は確実です。ホンマに凄い。見に行きたくなりました。 行ってみたいですね。近い将来。

それでは、Columnへと参りましょう。本日は第2章が終わり、大阪の実家へ帰ってきてからの事の1つをコラムとして上げます。 また、そんな大した写真ではないのですが、宜しくね。適当に見なくてもOKです。では、どおぞ♪♪

 

今日は誕生日ということもありまして、高野山へ行ってきま~す。

 

ケーブルカーで高野山って何年ぶりかな?

 

今では世界遺産なんですよ。

 

世界遺産になるって。。どおなん??笑

 

この時は1月7日であり、雪もありました。

 

バスで入り口まで行くよ。

 

母親と2人で初めてきました。

 

清き川に風情あり。

 

ちゃんと1つ1つに看板があります。

 

おじゃましまーす。

 

まずは手洗い。

 

これはスポンサーさんかな?

 

門の横。

 

立派な建造物。

 

頭剃って入門。

 

この写真好きなんです。(良くないですか?)

 

日差しが、綺麗事。

 

室町時代へようこそお越しくださいました。

 

庭には、綺麗なお雪どの~。

 

やはり、木で、こしらえた建築物は良いの~。

 

えんがわがある家が良いの~。

 

時代。

 

何でも鑑定団に出したら、高いかも。

 

鳥さんが、米粒ぱっくってましたよ~。

 

昔は、こちらで、米を炊いてたそうじゃ。いただきます。

 

運命の架け橋。

 

何処見てますか?あなたさん。

 

高野山。境内。

 

歴史、ひしひしと。

 

枯れ木も山の賑わい。

 

高野山。境内②.

 

街灯。

 

境内③

高野山へ来るなんて、小学5年生の林間学校以来かもしれないよ。自分が30年間、生きてきて、忘れられない日にしたいと思って、誕生日は高野山でって、本能から、思い付きから来ました。今までも誕生日は、ニュージーランドでもあり、ドイツでもカナダでも、祝っていただいた時もあれば、 完全スルーで何も普段の日と変わらず過ごしたりとしてました。自分的には、スルーで全然OKです。自分の中で、片付けたいのが誕生日であり、自分でプレゼント買ったりするのが、好きかな。 自分の気質からして、気を使うので、ゆっくり放っておいてほしのが、本音です。 話戻して、高野山!!、大阪に住んでて、来る事は、まあないです。 たまたま人生の30年という節目へ、ここへ来た事は一生忘れない事だろうし、自分が60歳になったら、また来よかなって感じ(笑)  外国人も、何人か会いました。やはり世界遺産になれば、一気に知名度が上がるのかな。その経済効果は、凄いと思います。今はSNSの時代だから、直ぐに情報が広まります。  高野山へどうぞ、お越し下さい。

Gypsy Tomo !!

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Voltei para Tóquio. Reunido com um velho amigo.

おはよ~。今日で2017年8月31日(木)と言う事で、今年もあと4ヶ月で終わりです。やり残した事はないですか?随分と夏休みは出費して、経済に貢献しましたか?なんちゃって(笑)また、年末のバーゲンの為に貯めますか?ははlaugh宿題も完璧?工作もやりましたか>?どんどん能力を開花させてよ。やるだけ無駄はないんやからね。 ではでは、今日は、これが第2章の最終章となる回です。1年半の生活に旅に、北中南米の横断が終ります。 感想は最後に書きます。 それでは、引き続きSIDE SHOWは世界の果ての学校からです。やはり、どんな映画よりも、このドキュメンタリーのWAY to Schoolには、驚かされます。フランスのTVプログラム発祥で、今でも、映画ではなくて、TV放送されてるみたいです。この間は、日本のNHKで、違う回が放送されておりました。 こおいう番組に出会えた事は本当に嬉しい限りです。是非皆さん。予告回ですが、見入ってください。では、どうぞ。

どうでしたか?ワクワク。ゾクゾク感がしませんでしたか? それが正直な心の反応なんです。 sad次にUPしたものも、1人の少年の通学路です。見て下さい。学校に通う事が、大変なんだよ。 冒険だよ。私たちより、生命力1000倍上よ。 感じて私たちが学びましょう。では、見て下さい。

泣けてくるかな。現実にあるべき姿だから。しっかり、忘れないようにしましょう。 そして最後の映像も、氷の国で、1人の少年の通学路です。氷割れるよ。。。危ない中で、学校へ行く。その目的は、命を掛けて、学びに行き、未来を切り開く、その1本道の為に。(自分は、そんな想いもせずに、学校へ通い、時にはサボった時もあったから、 心にグサっときます。)ではご覧下さい。

これこそ、小学校の道徳の授業や、全校集会で、見せてあげて欲しい、映像です。それとか、EXCHANGEって形で、学校へ招いて、遊んだりすべきだと感じます。体験・経験とは、1番大切な、土台を作る物となるでしょう。その上に、知識を付ける。まず土台をね。 この時代に生まれて、この家庭で、この境遇で環境で。意味があるのだから。そこを理解して、この2000年代での生活を謳歌しましょう。 ご視聴ありがとうございました。

ではでは、本日第2章の最終回へ、行きましょう。 世界のGypsy TOMO world final second Chapter へ行ってらっしゃい~。♪♪♪

 

2日目は玄さん宅で寝させていただきました。 ありがとうございました。

 

朝食も贅沢にいただきました。ありがとうございました。(本当に感謝しております。)

 

朝から、カバン17KGを背負い東京スカイツリーへやってまいりました。

 

凄いよね。人間の作る物は恐るべし。

 

富士山が見えて感動!!♪

 

拡大だ~。

 

富士山は東京をしっかり見てるね。

 

偉い。日本一indecision

 

窓から富士山。

 

人間恐るべし。こんな高い建物をよく建てましたね。

 

影がスティックみたい。

 

空気汚染された日本って感じ。

 

横浜のランドマークタワー。

 

ハイ。ポーズ。

 

工業地帯。

 

未来図。

 

未来図2

 

未来図3

 

未来図④

 

未来図Ⅴ

 

未来図⑥

 

昭和33年風に撮影。

 

懐かしく感じる。なぜだろう。。

 

これも懐かしく思う。 不思議。。何か起こる?

 

Mt'FUJI

 

南アルプスかな。

 

象徴なのか。

 

昭和っぽく。

 

東京って街 900万人以上が住む街。

 

明治神宮に参拝へ参りました。(人生で初)

 

うちの妹のMAIです。宜しくお願いします。

こお東京観光もしっかりしましたよ。っか明治神宮と東京スカイツリーしか行ってないけどね。それ以外に、興味がないんだよね。別に東京って言われても…なんだよね。惹かれる所もなくて、以上かなって感じ。大阪も同じで、特に見る場所ないよね。都会はないよ。(^o^) 明治神宮は、有名だから行ってみました。 通路は広かったし、広々でした。 スカイは、驚きでした。人間が、ここまでに、高い建物を建てれるとは、ビックリ仰天。 時代についていけんわ(笑)

 

感想;1年6ヵ月という中で、決めてた事、最初にありました。1年間しっかり働いて、お金を貯めて、そして、旅に出る。自分はカナダのバンクーバーで、生活を始めたときに決めました。グラウス山に登った時に、アメリカが見えたのです。その時、心に誓ったのは(来年2014年あそこを超えると。)1年間カナダの金属加工会社・洗車屋さんで掛け持ちをして、約140万円を貯めました。自分の中で次のステップに行くには何が足りないのか、何をすべきか。常に課題を持ち続けてました。 危険も伴います。でも、自分が日本人という国で生まれて、飛行機という物体が飛んでる時代に生まれて、パスポートという物があれば、行き来できる世紀。スポーツ(ラクロス)もやってましたが、それでは自分が成長しないと感じてましたので、それに代わる代役が欲しい時に、北中南横断を決意しました。期間は6ヶ月と。これをクリアーしないと次の自分には出会えないと感じてましたので、当初からの大きな目標を置きましたね。(自分がどれだけ、しょぼくて、どれだけ対応できる。また、どれだけ対応できなくて困るのか。) 自分を測りたかったのよね。だから。行ったのよね。 書けば長くなるだけで、活字だけで面白くないので、書きませんが。 最後2つ、ホンマにこの決断は、して良かった。途中、窃盗約25万円無くなるin Mexico City。デング熱に掛かり、医者からドクターストップ旅の中断 in Costa Rica。恐喝に会う in Argentina。 酔いすぎて無意識で歩き、貧困ドラッグ街の出たバス停で倒れてたのを警察官6人以上に囲まれて補導され、救急車で精神病院へ運ばれた件 in CANADA。こおいう事件もありましたが、 それ以上に、言葉では表せない素晴らしい景色を見れた。会えた事は感動でした。思いつきで予定を変更したり、そおせざる追えない状況へとなってしまったり、所持してたカード2枚が使えなくなり、現金30万円以上持って旅してた時もあったり、今では笑えるストーリーになりました。どおなるのかな~って、考えても仕方ない状況は、もお緻密に計算する私でも、運に任せる時が、良くありましたね。電話の電波も無い、全く情報が無い中での、地元住人を当てにして、信じる時の感じ。全部、運任せになる自分。(笑) 英語が全く伝わらなくなった中米、誰一人喋れない状況に、自分がスペイン語を独学で学ぶ、それしか選択肢がなかった時(でも面白かった。)、 誰も助けてくれへんよ(笑)。 なかなか、日本人みたいに親切な人なんか出会わないよ(笑)。 自分からガンガン声を掛けていきましたね。 「すみませ~ん。誰か英語がわかる方、いらっしゃいますか~」って(^o^)v   与えられて育った自分・・便利な世界で・・なんとなくそれなりに生きて歳を1つまた1つ重ねてきた自分。 Gypsy Tomoは人生を、めちゃくちゃ遠回りして、無駄だと思われる道へと、道草をしてる感じで、真剣に生きてる感じだね。 多分、誰一人理解はできないけど。 自分も本当の所は予知できないのだが、この感覚を信じて、この道を進むのみなんだよね。多分、死ぬ前に、その答えが分かる様な気もする。それが楽しい。私は心(本能)に魂を売ったって感じ、この人間としての時間を☆   何故、そおするかって?それは、これまでの結果から、64ヵ月の体験・経験が答え。 示してくれてます。  こんなもんで良いかな。 まだまだあるよもちろん(^o^)v でもね。 その時が来たら、もっとちゃんとした形で、ネットなり、もしかして、本なり、どおいう形かは、分かりませんが、表現できたらと思います。

Thank you for watching and reading them. I've appreciated of your support .

Gypsy Tomo!! 

Sponser by Future

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

O último forte em São Paulo

はいはい!!慎吾ママで~す。なんちて・・・laugh前回のColumnも見ていただいて、ありがとうございます。お陰様で2013年にこのCoLUMNをStartしてから、愛読者!?(笑)も増えて来ました。ラクロスのネタだけでは、もちろん無理だし続かないし、飽きられるしね。wink創めるきっかけはラクロスを知ってもらおう!!みたいな感じで始めたのですが、もちろんそれだけでは続かないし、最初から旅も考えてたので「TRAVEL and LACROSSE make friends」ってしました。それは正解でした。 今は自分はラクロスもやっておりませんし。2013年のカナダでのBOX LACROSSE 3部リーグを2試合出て、終了しました。そこからはノルウェーで練習会に参加したり、ドイツでは1度練習会へ、台湾では、練習会の見学のみだす。2018年にはイスラエルのネタンヤで行われます。そこに今回も何かの形で参加したいなと考えてるのは事実です。前回はアポなしで、大会前の会場へいきまして、ボランティアさせて下さいな感じでいきました。そしたら子供達の試合の記録係やタイム係をやらせていただきました。2018年もラクロスネタを入れたいと考えております。それ以外にも目的があるので、行かないといけんと思っております。それは2018年7月に言えたらと思います。

ではでは、またSIDE SHOWのPVの続きへと参りましょう。「世界の果ての通学路」続きです。前回も毎回なんですが、私の思ってる事を書かせていただいてもらってます。特に日本人は新たな風が吹く事に抵抗があります。中国人がどんどん日本に進出してくる。外国人が日本で住む、もっと激しくなり、ルールも変わり、新しく設けられて、ルールがついていけない世界へ、また複雑な感じにもなってくるのは見えてます。恐れるよね日本人は。私達は、日本にいながら、外国人のオーナーや店長の元で働く事も、もっと当たり前になる時代へなります。逃げれません(笑)。日本の何処かにスラム街的な場所も2030年以降には出来るかもしれませんね。 もし出来るとしたら、何故?スラムという街が仮に日本で出来てしまうのか??今から予測する事も大切です。そうならない未来の為に、そおいう団地や区画を生み出さないようにするために、予測して、考える事をも大切ですね。laugh 何を持って、自分の心を豊かに保てるのかblush この映像から教えてくれるに違いないでしょう。では続きをご覧下さい。Check it out again.


世界の果ての通学路 2/2 

幸せの唄。インドの3人兄弟が歌ってるの心に響きませんでした?人々が助けてあげる姿に感動します。そして、夢を語る純粋で強い想い。未来を切り開くという言葉のエネルギーが信憑性が、凄まじく強い事、私達より何百倍も、凄い無限の爆発的存在能力を持ってる。 片道1本。選べる選択肢がないからこそ、そこに全力を注ぎ扉を開けて行く。 何か、少し羨ましくも思います。 「直向に笑顔(^o^)」 忘れてはならぬ事だね。 以上です。あとはこれを期に明日から生き直しましょう(☆) 素敵な日々を皆で「幸福パワー」をシェアしていきましょう。

こちらの唄は、皆さん忘れられないかと思います。「天の神様 地の神様」インドの子供達が歌ってるものです。忘れられないでしょう。是非何回も聴いて下さい。 それではどうぞ!!♪wink

どおでしたか? 今年1番に、グッとくる唄ではなかったでしょうか?私も30回以上は聴いてます。 今年No,1の唄です。ありがとう。

 

それでは、旅コラムの続きを適当に見ていってください。 いってらっしゃ~い。cool

 

Sao Pauloへやってきたぞ~。

 

ヨーロッパみたいな、でも街は汚い、小便に人間の大便までが転がる。凄い街でした。ここの周辺は。。びっくりサンパウロの巻き。

 

こんな感じかな。THE街並み。

 

卸一の街って感じな場所。

 

いつも安い堀出し物を探すぜい。

 

これがサンパウロね。

 

ヨーロッパとは違い。少し色が褐色がかかってて、汚い感じが出てるかな。(笑)

 

とりあえずクリスマス。映えないね(笑)サンタクロースさん。

 

ここは綺麗な建物内で、清潔感ありました。

 

だんだん、高級建物周辺、サンパウロで地価の高いエリアな感じの所。

 

帝国時代的風景。

 

 

どこかのビルの屋上。。それほど特別高い場所ではないけど、

 

周辺のサンパウロ景色。(向こう側は雷雲)

 

サンパウロ州の州旗。

 

アメリカにも似てる外観。(そんな荒れた時代もあったんだなと。)

 

ギャングか?ヤンキーの仕業? 景気が教育がまともではない、荒れた時代だったんだな。

 

これがサンパウロを象徴する鳥ね。

 

ニュータウンって感じだね。でも、ブラジルが発展する。サンパウロが飛躍して変わる感じは、見受けられないね。残念だけど。この国は、当分もこんな感じではないかな。★

 

ブラジル国民。

 

古そうな味がある住居ビルかな。アメリカの古いビルを思いだすよ。

 

サンパウロ。こお遠くから見てたら、日本の大阪にも見てくる。山もあるし。何か不思議な感じ。平成3年頃って感じ。

 

これも写真で撮影しました。おもっきり拡大して、遠い所を。絵みたいでしょう。

 

これも写真です。絵な感じしますよね。

 

このビルにいてると、ゴーストバスターズの映画に出てくるビルにいてる感じがします。

 

交通事情。。これが16時頃の状態。ヤバイで本当に。サンパウロの交通事情は。

 

私も前日は、この交通に、はまってしまいました。全然動かないよ。びっくりやで。

 

アダムスファミリーっぽく撮りました。

 

サッカーミュージアムがあったために来ました。 (特に普通でした。)

 

サンパウロFCかな?本拠地は。

 

OH- BRAZILどうも。

 

私は、一般市民と同じ公共の交通機関でサンパウロ空港へ向かいました為に、もおヤバかった。 電車乗れない。私は20KGのデカイ鞄を持ってたから、マジで大変でした。日本の超が付くほど満員電車が16時以降は全車両で、もおね。突進して乗りましたよ。ハンパない。今までに経験したことのないぐらいの感覚でした。 それをも我慢して、乗り継いで、市バスにも乗り無事にサンパウロ空港へ到着したのです。(もお偉いわ~。苦笑) デルタ航空でデトロイトへ向かいました。

 

ここがデルタ航空専用のターミナルです。アメリカのデトロイトに到着しました。

 

この時は北極へ行く便も飛んでたのかな? よく分かりませんが。何かそんな事を言うてました。

 

国際線ターミナルでのイベント中です。何か日本とは違うね。空港もヤハりエンターテイメント化になるでしょう。

 

空港もショッピングセンターみたいに、もっと販売(小売)やエンターテイメント化が進むと予測してます。

 

さあ、乗って東京成田へ帰るぞ。

 

無事に日本へ帰還しました。第2章の旅の終わりです。 彼は大学同期生で、東京で再会しました。彼は社会人で私は自由人。ありがとうございます。

 

帰国した時は彼の家で食事をいただきまして、1泊させていただきました。(ありがとう。blush) この時は朝食の時でした。彼は会社に行くときでした。

無事に、へ帰国した時は、ホットした。半年間の旅路だったから、途中でデング熱にもかかったりしたから、何か大きな達成感に浸りました。サンパウロは、ホンマに人口が半端ない、1204万人とネットで検索したら出るぐらいだから、本当に凄いよ。何かクリーンではないし、安全かというと、そおでも無い雰囲気。汚いのがイメージ大です。なかなか人口は多いし、貧困の差もあるし、観光で行くのは先だなって感じかな普通に安全にゆっくりしたい方は。 

この第2章の総括はまた、違う回で書きます。

今日も素晴らしい日を送ってください。

Gypsy Tomo!!

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Viajando em um feriado. A estrada escolar do mundo  Por favor, olhe.

オッハ~慎吾ママだよ☆laugh「ママとパパ、おじいちゃん、おばあちゃん、おねえさん、お隣さんも、おっは~~(^o^)vx」どうもどうもお待たせしました。色々と確認したり、今後の計画の詳細を綿密にして、クリアーにしておりました。You TUBERとして、第4章のスタートの事を考えたり、奥尻島の事の詳細をイメージしたりと、纏まらずにいましたので、今日ある程度決まりました。9月9日に奥尻島に入ります。そこの小さな組織でお仕事をする事です。そして、YOu tuberに関しては、保留という形にしてます。なかなか思うように物事が運べてないのが事実で、私自身は、準備は出来てるのですが、周りが、無神経なのか遅くて大変です。呼吸が意識が合わない(ははは、残念に思います。) ともかく、とりあえず次ぎが、決まったので、そこに意識を置いて行きます。 もお1つ面白い案が上がってきましたので、そちらの方にも、ちょっと手を出していきます。こお、上手く行かないときでも、何かしら情報が入ってきて、興味湧くような物事が、自分の周りに来てるのだと、そおいう面では、恵まれてるかと、今、感じております。 こんな感じかな。 

今日お伝えするSIDE SHOW PROGRAM は、見たことある方もいらっしゃると思います。「世界の果ての通学路」という映画です。たまたま、NHKの番組を見てたら、第2弾が放送されてまして、今回、調べまして、第1弾の映画の物をUPしてみます。前回の分は障害者が7割の日本理科学工業をUPさせていただきました。今回は世界の小学生の通学路にポイントを当てて見ました。 本当に、山中や、砂漠を通って何時間も掛けて通う小学生の子。私達、先進国民からして、考えれない現実がそこにはあるのです。でも、知る事は本当に大切、毎回私は言います。「自分の夢や、やりたい事だけに向かう人生に人間になってはいけない。」そおいう人間は沢山いてます。だから、私のCOLUMNを見てる人達は、色んな考え方の視点・観点を持てる柔らかい脳・そして温かい心を持てる余裕のある人間に1人でも多くなってほしいです。それが、今後必要となる人間像では、ないかと思っており、かつ予測しております。 テレビの影響は相変わらず多く「ニュースに・番組に、金メダルとか、東京オリンピックで活躍、世界選手権で1位」と、いつも変わらず、そおいう番組が流れてます。 こおいうのを一般視聴者は見て、洗脳とは言いたくないけど、 普通になるんだよね。。。本当に残念な先進国民になって行ってるなと日本人に特に感じております。 もおそんな時代ではないです。 私が2008年2009年に予測して、日本出て、色んな事を感じて少しなり成長して帰ってきて、今2017年、大阪の南(道頓堀周辺)を歩くと、中国人観光客に、韓国人にと、本当に日本人よりも大多数が歩いてる現状に驚きますし、自分が予測してた時代になったと感じてます。2025年の予測もしてます。5日前も歩きに行きました。どお今後変わるのかなと。ある居酒屋で雇われてるキャッチの男の子、女の子は、英語が喋れない、外国人相手に免疫力がない、全然、日本人は負けてる。生きる力に、エネルギーが、支配されるよ。(笑) 外国人の方が、どうどうとしてます。 そこから読み取ったんですが、2025年には日本人は廃れる。ハッキリと目で判る現実となるし、日本が廃れたって、とれる同時に、新たな時代の風が吹き始めます。もっと中国人が増え、中国系ビジネスが増えるでしょう。 中国人のタチンボも、目に見えてますし。そおいう意味でも国際アジア系色の強い都市になるでしょう。タイ人も少し増えると感じますし、東南アジアやインド系も2020年越えた当たりから、来ると予測してます。 何が言いたいかというと、「日本人は外国の人に存在に負けるよこのままでは。でも、それは今からでも解ってる事なので、日本人は、子供の教育も、そうだけど、強くて、柔軟な理解力や判断力のある、余裕が持てる人間に育てていかないと、適応ができないよ。」 金メダルとか、東京オリンピックとか、バカなバラエティ番組に出てるタレントさん。訳の分からんアイドルグループが、今の主流なんです。テレビは娯楽で、見てる私達を国民を和ます番組なんですが・・・私が思う。今のテレビの放送作家というのか、プロデューサーさん。 分かってないような人が多いような気がします。 OH----NIHONZIN .. 今日は私その1つ、親子さんに、良い教育的PVをUPしますので、一緒に見て下さい。こおいうのを見て感じて、疑問に思ったり、考えたりすることが、本当に大切です。 ではどうぞ!!Check it out Buddylaugh.High fiveyesenlightened


世界の果ての通学路 1/2 

どおでしたか?見たことありましたか? 現実の1部かもしれませんが、こおいうのをまず見る事が大切です。自分は旅してる時は、小学生の子の通学は、考えた事ありませんでしたが、ナミビアで会った3人の青年少女は、キャンプサイトで働いてたんですが、その子達は1時間30分以上離れた所から来てる子供たちであり、やはりゾウに出くわしたら怖いと言うてました。だから来る時も一緒に来て、帰る時は4時頃には、帰路についてました。 そおいう話をした時、「不思議と心を打たれました。」行き道、帰り道も命がけ!!私達との現実とは全く色も匂いや感覚が違います。でも同じ地球上に住んでる人どうしなんです。 毎日が命がけの冒険!! 少し羨ましくも感じたりします。 次回のCOLUMNはこの続きをUPしてますので、見て下さい。

それでは、本日の旅コラムの続きへと参りましょう。with Gypsy Tomo!!

 

今日はフロリアノポリスの近場の港から、ピクニックなりよ。(ここは、国内旅行にピッタリの綺麗な場所なんです。まだリゾート地とまでは、言えませんが、避暑地とは言えるでしょうね。)

 

魚さんも、くっきり見えて、網投げたら全部取れる。

 

さあ、笑顔をいっぱいで、出航だ!!

 

陽気な気候に文句なし。地球の姿に乾杯。

 

こおいう所に投資したいよね。(緑があり、日差しが差し込む、そしてカラフルな家。) ジェームスボンドで使用されそうな家だな。

 

ポッポー。頭ポッポー。

 

ヘイ。Buddy.

 

この辺でランチタイム。海上レストラン風。

 

まあ水浴びしよ。

 

チャンピオン!!人生への旅路へ。

 

半尻で!!

 

ジャンジャジャ~ン。

 

よ。B-Boy.

 

決まってるぜ♪

 

ここでも、贅沢な遊び。カイトサーフィンは流行ってます。

 

色んなビーチが沢山あります。凄いよ。フロリアノポリス。夏に起こしやす。

 

ブラジル人の住処。中国人も韓国人も日本人、アジア人誰一人いません。 地球の裏側ですから。日本から見て。

 

さあ遊ぶかい。

 

綱渡り芸。メガネ君から。

 

赤帽子君。はい私。

 

メガネ君さすがだね。

 

SUNは光輝く夏光。

 

今晩は何食べようか。

 

ブラジル人の普通の家です。

 

彼らの家です。

 

炒め物と、ヌードルです。 素晴らしいブラジルの家庭内。

 

幸せね。 食事をする、食事ができるというのは、何と嬉しい素晴らしいことなんでしょう。☆

 

自分が描いた、初めての風景画。 「タイトル;フロリアノポリス」

 

早朝には、彼らとさよならをしまして、バスでサンパウロへ向かいます。(ブラジルのバスは思った以上に凄く綺麗でした。ビックリやで~。笑日本のバスより、広いし綺麗♪)

 

ブラジルにある自由の女神像。

 

色んな場所に、この様にフェイクの自由の女神像があります。まさかブラジルで見るなんて思いもよらなかった。

 

私は。朝から眠たくて寝てました。 時間はあっという間に過ぎて行きました。サンパウロは直ぐそこだ。☆

フロリアノポリスは、ブラジル陽気なエリアだな~というのが、避暑地、日本で言うと江ノ島・湘南の雰囲気です。アジア人がいないのが、とり得ですね。地球の裏という事もあり、まだブラジルは狙われてないかな。(笑)アルゼンチンのブエノスアイレスも、まだ中国人の波は来てません。国も不安定だし、投資に値する雰囲気は、まだ嗅ぎ付けれません。都会よりも、避暑地やリゾート地の方が、発展・インフラ設備が早いのですが。ここは、十分は、まだこの景色が続くでしょう。 交通で言うと飛行場はあります。フロリアノポリス空港。でも、アジアからは遠くて、格安航空も飛んでなくて、まだ、投資とかは厳しいかなと感じます。 南アメリカ自体が、国々が不安定だし。 そお一変に変わる要素はありません。 中米パナマは1989年ー1990年パナマ侵攻から27年で大きく街は綺麗になりました。街は大きく代わる。変貌もする。そこには経済が大きく影響する。 話代わり、フロリアノポリスへ来る前はクイアバという、少し貧困層の多い街でありましたが、でも、私はクイアバの方が、本当のブラジルカラーかなと感じました。 テレビでは感じれない、映像では分からない、行って感じるカラーや雰囲気があります。 南米は、全体的に昭和35年ぐらいの色に匂いに思えます。これからよ。 次回はサンパウロからの写真をUPします。

ではまたね。 

Gypsy Tomo.

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Florianópolisへ行く友人に会いに、そして今回紹介するPVは・・必見だよ。

どうも、おはようございます。色々とありまして、今日に至りました。まず最初にGYpsy Tomo2017!!の今後が先がとりあえず決まります(明日には)。9月に渡航を予定しておりましたが、第3者のとミーティングの結果から、延期になりましたので、考えた結果・・・・奥尻島へ行く考えです。今までも色んな人間関係から期待外れの結果で、ストレスが生まれる。(仕方ない)今回もこんな糞の状況下で、自分が下す判断は、もお1度人間の温かみを見たくて地方へッ月行く決断です。今でも沢山の方々に世界で、もちろん日本の沖縄県でも触れ合いました。でももっともっと必要かなて、でも温かみ(心の温もり・愛情)を貰うだけでなく、自分の得てきた感覚をシェアしたいし、そして地方の離島だからこそ感じれる部分がまだあるのではないかと思う自分がいてる。(絶対大切な物は、まだあると、大きな組織ではない、離島の小さな組織の中で働く。) ドキュメンタリーをテレビで見てるだけでなく、自分もそおいう小さな組織で、感じる事がの勉強なんじゃないのかな~って。 「人は裏切るものって仏教の偉い方が言うてました。」それは承知なんですが、自分にはもっと幅広い感覚をに習得する事が必要だと想い、そお決断しました。 これも運命ですね。 自分は、いつも人から裏切られた時に、気づかされる事が多い。毎回です。でも、その行動した先々で、新たに心にぐっと来る事を教えてくれます。 自分は人生を本当に遠回りしてるのだと感じてます。でも自分らしい海路だと黄昏感じてます。(笑)自分が掲げてるタイトルがあるんです。それは「Life is Beautiful」です。もちろん映画のタイトルからクッたんですが、 そとから、こお期待を裏切られたり、盗まれたり、するだけでなく、ボランティアして教えていただく事もあり、これから紹介するPVにもあります。障害者からもアメリカで教えて頂きました(彼らも精一杯日を楽しんで生きてます)。家庭の事情で、子供さん方を、そおいう世話してる家族で送りまして、自分がそこで一緒に日滞在して、感じれた小さな事、性同一障害を持ってる女性にも会い、仲良くも遊びました(皆普通で良い娘でした。) 。今日紹介するPVですが、その障害者が会社の割を占めて活躍する働く場所です。当たり前の事なんですが、逆に私たちが学ぶ事がここから沢山あります。だから是非見て欲しいと思います。自分の夢だけを実現する事だけじゃなくて、幅広い視点から物事を考えれる人間、に余裕を持てる(愛情が持ててる、心豊かな)人間が今必要なのです。理解しあえる余裕のある。大きなに皆さん成長して下さい。それが本当に大事な大事な事なんですに。 我がに、そして貴方に☆heart では行きましょうLet's check it out.

 

日本理化学工業

どおの様に見れたでしょうか?私たちは、本当に大事な事が、ここにあることを感じ取らないといけない。 それを共有したいです。もし、賛同できる方がいましたら、この映像を子供さん・友人・家族に見せてあげて下さい。宜しくお願いします。

それでは、本日の旅コラムの続きへと参りましょう。世界のフロリアノポリスへ行ってらっしゃい。

 

昨晩、午前2時35分のフライトで、クイアバ~サンパウロへ向かう中で、朝日を迎えます。(ホンマに眠かった~。)

 

AZUL航空、ブラジルの格安航空会社でした。(お世話になりました。)

 

AVIANCA航空で、サンパウロ~フロリアノポリスへとやってまいりました。(ここフロリアノポリスは、夏でした。ギラギラと光る陽気でした。)

 

友人の車で近くの公園へ行きました。平和なブラジルの風景です。子供たちも郊外学習って形で、外へ出てました。(公園でのストリートパフォーマンスも素晴らしいし、楽しめる雰囲気でした。)

 

移民した日本人が経営してる卸しの青果市場でした。

 

こんな感じで、暑い中、働いてます。

 

彼らの家で宿泊します。(彼らとはオーストラリア以来の再会でした。)

 

彼らが経営してる寿司屋さんです。

 

休みの日には、皆で、ショッピング街へ行ってみました。

 

ここがフロリアノポリスの繁華街的な、ショッピング街です。

 

ここは、安全でブラジルの中でも平和な所ですね。

 

こおいう販売の仕方も良いですね。 本当にアーティストの販売方法です。通路に置くなんて、発想が天下一品です。

 

休日ともなれば賑やか。

 

これで12リアルです。日本円で約416円です。安くないですか? ここが一般庶民のレストラン価格ですね。

 

本当にリゾート気分の日光で、晴れ晴れした日が続きました。

 

フロリアノポリス。 良い場所みたいですよ。ブラジルでは。

 

 

このように、舗装されてますし、 綺麗に整ってました。

 

 

お花も、常夏って感じでしょう。

 

 

木々も伸び伸びして輝いてました。

 

美しい木(輝いてるでしょう。)

 

この砂丘の先に友人の家があり、そこで泊まってました。

 

ここを渡っていきます。

 

地元の人々は魚とりしてました。(小魚取り。)

 

お兄さんも、今晩の食事を取ってます。

 

これがブラジルって感じの看板です。

 

ここは、家から近い、広々としたビーチでした。

 

お世話になった。リカちゃんでした。日系ブラジル人です。

 

皆で晩御飯。寿司をいただきました。ブラジル寿司WOW!!

フロリアノポリスは、一言で言うと、暖かい、リッチなエリアと言えるでしょうね。意外と、新興国でもリゾートエリアって都心よりも綺麗ですね。 アフリカも、ケープタウンのリゾートエリアは綺麗ですが、それ以外は貧困の場所が多い。フロリアノポリスは何か国内旅行の人々が多いような気がしました。。 特に何がスペシャルとはないのですが、ビーチは本当に最高でした。 次回はブラジルに来る機会があればサルバドールフォルタレザの北の方へ行ってみたいです。 今日はこので(^o^) また会いましょう。

それではサヨナラサヨナラサヨナラ

Gyspy Tomo.

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Echa un vistazo a Estiva.

はい、こんばんわ。Gypsy Tomoです。日本へ還して1年ちょうどが経ちました。(なんでこんなに滞在してんのと自分でも疑問が多い今日この頃です。はは、それはともかく) 実は、この81011日に、話し合いがあり、そこで何らかの決着が付きます。それは最悪な結果もあるし、望が芽生える結果もあります。もしに良い判断(決着)が下されば、Gypsy Tomo2017!!、第4弾を何と、You Tuberとして、デビューしたいと思います。 それには、色んな物事を考えてまして、このご時世で、この様にCOLUMNを書かせて頂いてる形もそおですが(表の仕方・え方)、映像とゆう形で、信していくのも有りかなと考えまして、上手く事が行けば、第4弾の海外活(海外浪)のチャレンジはと考えてます。 もちろんColumnも継続していきたいとも思っております。 今、現時点での考えは固まっておりますけど、その81011日の話し合いによっては、全て変わります。今年の番大きな人生のターニングポイントとなるでしょう。 それだけ、今お伝えしておきます。(なかなか難しいよ。むと・・感覚が違う人間がいるとストレスが発生するのは間違いないねん。それを気づかない、本人!!また、大変だわ。笑。その負担をも自分Gypsy Tomoがやらなアカンんかと思うと先がやられますわ。(笑))まあ、そんな感じの今日この頃です。 

さあサイドショーとしまして、お伝えしたいのは、今日はトリートパフォーマンス(Busking)です。こちらの映像は、イタリア人のダリオさんって方の路上で、金物類をドラムの様に叩いて音楽のほうを刻んでいくのです。本当にパッションというか、人として大切な物を持ってる様にじる映像なので、是非参考にして、何か感じていただけたらと思います。 それでは、路上パフォーマンスどうぞ!!laugh

どうでしたでしょうか?見習う部分は大いにあったと想います。自分は、このアングルで、この自然と集まった人数で、ダリオが、関係なしで、自分のパフォーマンスを披露している姿に、本当に勉強になりました。 自分らがオーストラリアに行って私は路上パフォーマンスはしてませんが、アカペラでオーストラリア人の多数の前で日本の曲を歌った時、また、仮想してメルボルンマラソン42,195KMを完走した時の、あの勇気と言うか、思いっきりというか、この映像は、今自分が忘れてた事、掛けてた事を、思い出させてくれました。GOOD Imageなんで宜しくお願いします。

それでは余興はこんな物で、旅コラムの続きへ参りましょう。世界のブラジルへ行ってちょんマゲ~。indecisionangel

 

何か。。。チャパダから徒歩で行ける範囲での景色の見える場所へとやってまいりました。意外と良かった。思った以上に。

 

ここ、本当に景色良かった。平野がありました。ブラジルに盆地というのか、平野がありました。(これも何か意外でした。)

 

何故か滝まであって、意外と出来すぎで驚きでした。

 

また綺麗のよ。これまた。

 

地平線、「永遠と延びる向こうまで。」

 

壮大でしたよ。アメリカのナショナルパークのキャニオンランドではないですが、それに負けを取らない、盆地ランドって表現したら良いでしょうか。

 

またこの1本の木が、引き立てるよ☆

 

すすきって感じ。

 

日本の夏を岐阜県って感じで見れませんか?

 

観光客はほぼ、ブラジル人です。

 

地元の人は、こんな感じで馬に乗って草むらを歩いてましたよ。

 

ワイルドなラテン系カーボーイ所属って感じですよね。

 

これが日常の風景であり、羨ましく見えて、またカッコ良くも見えます。

 

この人、かなり綺麗な女性でした。受付で働いてました。記念にハイチーズ♪wink(これも良き思い出でした。)

 

またバスで移動して、今度はここクイアバへとやってまいりました。

 

このクイアバに来たのは、飛行機の待合いのためです。この後にフロリアノポリスへと行く予定だからです。

 

しかし、やることがなくて、大いに時間の無駄をしてしまいました。

 

音楽を爆音で流したりして、プールで泳いでました。

 

クイアバという街には、観光する場所は何1つありませんでした。(ここは、ブラジルの中でも所得が低いみたいです。)

 

まあ、洗濯して、ボーーーットしておきましょう。

 

そんな感じで3泊4日程いましたよ。(ははは笑)

今日も、微妙なコラムを見て下さいありがとうございました。暇つぶしになりましたでしょうか?チャパダに行き、意外な景色を見れた事が今回のポイントでした。クイアバでは、サファリのガイドさんに出会いまして、見に来いよと、このホステルで誘われたのですが、予定が決まってましたので、パンタナウという、ブラジルアマゾンには行けませんでした。次回はパンタナウという所に、そして、まだ行ってない場所へ行ってみたいです。車があればブラジルは、もっと楽しめそう。広いです。この国は。まだまだ未知なるスポットは沢山あります。

Sponsor By Gypsy Tomo でした。

また直ぐに会いましょう。

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Para Véu de Noiva.

はいどうも。8月に入り、大阪へと帰ってきました。任期満了で、今回もミッションは成功となりました。最後にはお世話になった方々(スタッフ)へ外国ビール62本を配りました。 こおいう忙しい時期に抜けるという事で、かつ、こおいう形でお別れするのが自分スタイルかと思って、いつも通りにやりました。全部で2万円相当の餞別パフォーマンスでした。 初の沖縄で、やりたい事も出来て、楽しめたので、今回も120点と言うても過言ではありません。(本当にありがとうございました。)heart大満点の経験でした。仕事では使用して良い材料があるので、胡瓜でアートの方もさせていただきました。また果物でパフォーマンスも、してみました。初心者ながらだけど、色々と自分で考えたりして、やってみました。まあ見てやってください。

1、盆栽ちっくに作品を仕上げて見ました。「胡瓜の二十日盆栽」というタイトルをつけさせていただきます。

 

2、こちらは、タツノオトシゴや、葉をイメージした物を作ってみました。

 

3、フルーツセットCです。これがホテルで2600円で、私の最高傑作として、出してました。

 

4、フルーツ特別セットとして無償でお客様に作ってました。パイナップルとスイカとマンゴーでの作品です。

何が言いたいかと言うと、限られた時間で、限られた材料で、閃き考え抜いて、こお作品を生み出す事を、ずっと繰り返しやってました。(材料はあるんだから、お客さんが喜ぶパフォーマンスをしようと心がけておりました。)だから、こお喜ばれる作品を提供できた。脳を絞りだし、写真を見たりして、創意工夫して、毎日を過ごしてました。同じ物は作らないよう、出来る限りに新しいデザインと心掛けてました。自分でも驚きます。こんなパフォーマンスができるのだと、人は追い込めば、脳が活発になり、素晴らしいアイデアを閃き出してくれること、大いに嬉しく思います。これからも、チャンスがあれば、脳を最大限に可能な限り使って、表していきたいと思いました。 

最後にもお1つ紹介したい、沖縄のオリオンビールの歌です。これが、沖縄って思える代表なるリズムです。自分が沖縄へ行って知った曲で1番に好きです。Lisa Okiさんが歌ってカバーしてる物です。聴いて下さい。

 

本日の余興はこんな物で、それでは参りましょう。最初PVは前々回のイグアスの滝でのMOVIEです。どうぞご覧下さい。リアルイグアスFALLS.

 

こちらが、今回写真でも取り上げたヴェウデノイバの滝となります。どうぞご覧下さい。

 

 

それでは、参りましょう。チャパス方面へGO!! ブラジル国内の長距離バスです。比較的に綺麗でした。

 

内陸部な、極暑大陸

 

ボニート付近での写真。

 

これは、マジ国際基準になります。(笑)  (釣りなんて誰がすんのブラジル人?笑laugh)

 

 

これがチャパダの地図です。自分は車がなかったので、目的地のみのヴェウデノイバだけでした。

 

さ~行ってみよう。

 

恐竜の森 in Brazil.

 

今も変わらぬ、落ちていく滝。大地の下へ

 

じゃ~(♪音)

 

同じ顔、同じエネルギーを伝えてくれてそう。

 

こちらは、水浴びができる、場所です。ブラジルジャングル。

 

ジュラシックパークの映画の地ともなりそうです。

 

スミノフーーーーどうぞ。

 

昭和風に。

 

帰りは暴風雷雨で、バス停に1人立たされる私。(ヒッチハイクも無念の結果。)

実はここに来るまでに、ボニートという場所で、川のシュノーケリングをしようと思っていたのですが、実は昨日に大雨が降りまして、閉鎖になってまして、予定を早めて、チャパダにやってまいりました。 チャパダは小さな街であり、宿も限られまして、安い宿がないのです。。調べて行かなかったので、1件1件ネットには無い、知らない宿をあたって行きました。その中の1件で、自分の事情を説明して、交渉して、1泊USD15ドル程で泊まらさせてくれる宿を確保しました。ここしかない!!との判断で、押しに押しました。 宿のマネージャーの方には、感謝してます。ここで2泊しました。次回もお楽しみにね。wink

Gypsy Tomo!!

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

ITAPU のダムへの気晴らし+そしてPERFUME を紹介したい。

こんばんわ。Gypsy Tomo2017!!です。もお7月も最後で、これから8月に入ります。自分の掲げてた事、人生初の沖縄県で仕事をする事、本当に、想いが叶って今日7月31日=最終日を迎えます。また1つ終わりを告げ、新たな旅立ちとなります。 自分の人生!!これ程ばかりに、面白く生かせて頂いてる事に、感謝しております。こんな沢山の夢や想いが叶って現実と化してる事に、驚きと、また次、やる事を実現させようとプランを立ててます。 何だろう・・最近いつも思うことは、理論物理学(空間物理)が、作用してるんだと、そおしか考えられません。だからと言って宝くじが当たる訳では無いのですが。私たの目では見えない、何かが働いてるだろうと感じております。 ともかく、そおいう事で、8月へ進行しましょう。

今日1つSIDE SHOWとして、紹介したいのは、PERFUMEという日本のアイドルグループです。2016年のWORLD TOURの話ですが、彼女らは、世界で通用するパフォーマーだと感じてました。それはテクノやエレクトリック、そして最新技術を使用して表現する。また、彼女らがやってきた、AIロボット感じの動作ダンスなど、時代時代に上手く標準を合わせてきてる。それ以外でも、曲と曲とのアドリブトークも綿密に決めて、=完璧なプログラムされた物をパフォームしようとしてます。私は彼女らのファンでは無いけど、彼女らがする事全ては、マッチしますね。ダンス・曲にしろ、日本のAI少女で「可愛いってのが、世界で認識されてる日本語英語でもある。」 今28歳なのかな。この完璧を求める。極める姿勢のアーティストは2020年まで東京オリンピックまで快進撃は続くでしょう。30歳を過ぎたらどおなってしまうのか分りませんが。 日本人で唯一、世界での舞台で活躍できるでしょう。 まずは見て下さい。 高く評価されてる日本人グループです。

どおでしたか? このPerfumeを作ったクリエーターは、先見力がヤバイです。時代を読んでるよね(読術)。ポリリズム曲が2007年にリリースされてから、2017年と来て、今や世界へと。(ホンマに凄いよ。このPERFUME総合的にプロデュースしてる方は★感心します。) まあ、でも1つ欠点として言える事があるとしたら、 彼女らは英語が出来ないのが、セールスで言うとマイナスポイントかな(もったいないね。アメリカやイギリスのマーケットにぶっこむには、言葉は肝心だね。)。 もお1つ付け加えるとしたら、ダンスの質や幅をもっとあればと思いました(これも、もったいないね。今から練習すべきでしょう2020年に向けて、あらたなPERFUMEを私たちに焼き付けるためには。)。 でもその分を、完璧主義の精神でやり通して、成功してるのを見受けると、大したものだな~と感じます。(偉い☆)この様に、頑張って英語を使ってチャレンジする精神(伝えたいという精神)音楽をとおして。時代に合った能力の素質がある。グループ・プロデューサーに技術屋さんだと思いました。

 

こちらは、そのWORLD TOURの映像です。YOU TUBEで上がってたのを引っ張ってきました。 リアルな感じの映像です。 こお頑張ってる姿を見てたら、嬉しくなるよ。日本人も海外でのエンターテイメント部門で活躍して、受けいられてる事実!! 応援してます。

ホンマに完璧にプログラムしてて、偉いな~って、こちらも改めて見習う部分がありますよね。自分は32歳で、昔は細かい部分も色々考えてましたが、今は大雑把になり、適当に、ほとんど小さな事は考えなく行動してるので、こおPERFUMEを見てると、完璧主義の素晴らしい面を見受けられました。(笑)(^o^)cv さあPERFUMEの様に、あなたも素晴らしい役目をROLEを、この先の人生で果たしていきましょう。「あなたは虫けらではないよ。主人公ですからね☆(^o^)xz」

さあ、旅コラム続きへ向かいましょう。

イグアスの滝から翌日は、ITAPUのダムへと向かいました。なんせHOSTELの環境が凄く良くてね~。このホステルから去りたくは、なくなりましたよ。(エアコンは最高に効くしね。朝食付きだし、部屋は清潔だし、かんぺきでしたよ。写真は撮ってませんが。)

 

ダムの設備や周辺の管理が行き届いてます。 驚きましたね。

 

ITAIPU、こお写真を撮っていけるように、こおいう文字プレートも置かれてますね。

 

ダム。誰が興味あるのか?社会化見学には、良い場所だね。

 

ダムとは。

こんな感じで回りました。

 

パラグアイとブラジル国境でもある。

 

こおパイプ通ってる。

 

ダムがってどれだけ私たちの生活に必要なのら。。

 

大型滑り台。

 

ブラジルダム。

 

ダムがないと現代の生活は無理なのかな?

今日は、あまり興味が湧かないダムからお伝えしました。ダムマニアにはどお写ったのか??わかりませんが、 せっかくだから行ってみました。 ダムって、かなりの費用がかかる物なんだと感じました。 地形を利用してダムを建設する。 現代人は、さすがだねって思います。 あまり私は興味なかったのですが、1度はダムへ出向く価値はありだと思いました。 これはこれでOKでした。 また次回お会いです。

Gypsy Tomo 2017!!

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Cross the Bridge last destination which is Brazil .And get Iguassu Falls .

こんばんは今日COLUMNを上げていきますよ。前回も言いましたけど、731日で、沖縄での仕事を終えて、82日に大阪へと戻ります。もおに滞在して1年が経ちます。正直な感想として、自分のいる時間・自分の住む国ではないと五感から思います。理由はないけど、本能というか、勘(感性)というか、根拠がないけど、そお常に言われてる感じです。 長くて、半年の日本での滞在がMAXだったかなというのが、自分の予測してた流れだったと思うのですが、201687日に帰国して、まもなく1年が経ちます。とあれ・・時間は過ぎてきますので、前を現実と今を向き合って行きます。

今日は特に余興はありませんが、映像をお送りしたいなと思います。唯一、閃いた時でありました。映像で取っておこうとした物です。最後にシウダート デル エステ(パラグアイ)からフォズ・ドイグアス(ブラジル)に行くのですが、それまでも、予想外の事が起きました。12時頃のバスに乗りエンカルナシオンからシウダート デル エステへ向かったのですが、思った以上に時間が掛かり、夜になってました。国境を渡るバスの時間もすぎておりまして、どおしよかと悩みましたが、徒歩で超える事を決断しました。正直予定外でした。徒歩で夜に超える人なんて誰一人いませんでした。シウダートの街は危ない雰囲気はなかったのですが、「なるときはなる!!」そんな覚悟で歩きまして、国境まで行き出国しました。色んな想いが込み上げてきました。6ヵ月間よくやったわ。wink自分でも、よくここまで来れたんだな~と感心しました。勢いと想いと実現させるんだというその気持ちのみで走ってきた半年間でしたね~。今でも改めて映像を見て、よくやったなって、実際に達成したんだなって思いますね。 出国も順調に行きまして、川を渡ります。そのパラグアイの出国した直ぐの映像です。ご覧ください。車はトラックはバイクは煩く走ってますが、歩行者はGYPSY TOMOのみです。

 

こんな感じで、歩いてます。(夜は誰も、外へは出てないです。)

 

 

橋を渡りきり、これから入国管理局へ向かいます。もちろん並ばなくて良いし、本当に、人ぐらいしか人がいなくて、直ぐに手続きも出来て入国完了しました。 何回も言うけど、自分が計画したことを、達成できるなんて、本当に驚き!!ヵ月間の計画したことが、全部達成してるんですよ。何て固執・あくなき執着心と負けん気なんでしょうね。私GYPSY TOMOさんは。 どんな境遇、自分は打開できる力があったんだな~って、そお感じるしかなかった。 不思議やは、この平凡人の自分が、こんなことが出来るなんて。計画・実行⇒達成する。バンクーバー(カナダ)からスタートして、北米⇒中米⇒南米へと、やってこれた自分、期限を守りつつどんな事があっても、打開策を見つけて来れたこと、その気持ちが、この映像からも伝わってきてます。良くやったわ俺。() その映像と想いが語られてますので、どうぞご覧ください。check it out.

こお渡ってからが、これまた大変だったんよ、これから時間30分は歩くはめになりました。 それは、自分がテンション高くなったって事もありますし、(最後の国だから)、予想してたより、ホステル街は遠かったのだ。夜やから、歩いてる人なんていないよ。危ない雰囲気はなかったけど、ひたすらカバンを前後に担ぎながら歩きました。件ぐらい、ホテルにも当たりましたが、高くて予算はオーバーしてしまうので、頑張って頑張って歩きました。件のホステルの事を途中で聞いてましたので、頑張って汗ボトボトになりながら歩いていきました。着いたホステルは大正解のホステル。メインロードの裏側で、なんとUSD10ドルなんですよ泊。 それでかつ、10人部屋のドミトリー部屋だったんですが、自分と他1人だけであって、エアコンも凄く効いてるし、広々やし、朝食も無料だったし、 これ以上ないホステルに出会いました。とても綺麗し、もう120%完璧でした。10ドルで至れり尽くせりな気分になりました。ここで、泊しまして、ゆっくりできました。ここのバックパッカーホステルには、また来たいね。 今名前思い出しましたHOSTEL76です。まじ最高でした!!devil

 

翌日、目的であるイグアスの滝へと向かいました。こちらのバスは、そのイグアスの滝内でのゲートから滝の見える意地までの送迎バスです。

 

見えて来ました。 これがイグアスの滝群です。(これだけじゃ~ないよ。)

 

対岸はアルゼンチンからこちらを見る形です。(向こう側の方が人は多かったね。)

 

素晴らしい群でしょう。

 

勢い良く流れまくっております。

 

ゴジラが出てきそうな絵です。

 

イグアスの滝①

 

イグアスの森①

 

イグアスの滝②

 

イグアスの滝③

 

手すりに付着するカタツムリ君。

 

イグアスの森②

 

記念にハイポーズ。wink

 

イグアスの滝④

 

イグアスの滝⑤

 

イグアスの滝⑥

 

イグアスの滝⑦

 

イグアスの滝⑧

 

イグアスの滝⑨

 

イグアスの滝⑩

 

記念にハイヤッター★(すんごい水しぶきの中です。)

 

これが、一般の絵です。(風も強かったし、暴風って感じでした。)

 

イグアスの滝⑪

 

記念にハイチーズyes

 

イグアスの滝⑫

 

イグアスの滝⑬

 

イグアスの水量①

 

イグアスの滝壺(仙人が出てきそうでしょう。)

 

皆さん、記念写真をこちらで撮ってます。

 

こういう角度からの眺め。

 

イグアスの滝⑭

 

これが上層部で、これから落ちて行きます。

 

こお休憩所、食事がとれる所も完備されてます。 いかがですか?

ブラジルに入国して、最初は、どないなるんかなって、良い宿が見つかるかなって、思ってましたけど、 最高なホステルにも出会い、ここで換金もしました。USDドル札を持って旅してましたので、結構良いレートでブラジルレアルに代えれた事も良かったです。幸先、かなり良いスタートをブラジルで切ることが出来ました。 特に述べる事はありませんが、 気持ちはもお、カウントダウンは始まってました。この旅が終る。

Gypsy Tomo!!

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

ようやく辿りついたブエノスアイレス The capital of Argentina .

7旬を迎えました。私の沖縄での生活もあとでタイムリミットです。歳を重ねる毎に過ぎてく時間は早く、早くに感じてます。何もしなくても2時間が最近過ぎて行きます。(何故かわかりませんが・・認知症なのかな(^o^)vともかく。) ここでは沢山の事を初体験しましたね~。私は洋食のコールド場を担当したんですよ。洋食で働くのは初めてなもので、本当に大変でした。しかも、ホテルの1番、顔の部分なので、だからこそ忙しい日もありましたし、もちろん責任感を持ち、感じながらパフォーマンスを毎日してました(同じデザイン・飾りはしない、いつも何処か違う飾りを心掛けてました)。 32歳になっても、新たな場所で、全く新しい事をする。=出来る事を不思議と思いながらも、感謝してます。普通は歳を取ってる人はだんだん扱いにくくなり、雇いたがらないけど、自分の置かれた立場は、また違った境遇に出くわすのだとも感じ受けられました。 でも、1度、飲食店で、自分より若い店長の店で面接を受けた時、その店は落ちましたね。 でも、感じるかな、歳を重ねて行けば、雇われる機会は少し減る事を、根拠はありませんが、そお察知しますね。でも、今はそんな事を気に考えている暇はありません。そんな事は、どおでも良い、今からやる事を全力で行かないと、 サッカー本田は、ACミランからメキシコのパチューカへ移籍しましたね。同い年として、新たな国で、また挑戦する。面白いですね。 自分も9月には再び海外へ旅たちます。 やる事に、性を出す。人生1度のこの機会を、しっかり表現する。  ともかく、もお沖縄での生活は終わり!!次。次何せなアカンか1日1日無駄の無いよう捨てない用、過ごして行かなければ。です。以上だす。

それでは前回の続きということで、色々あるんで、喋りたいと思います。 そおですね。あの~、国境を渡り、入国スタンプを押していただいてから、Colectivo taxi (乗り合いタクシー)に乗りまして、国境付近の小さな町からオランに向けて出発しました。オランは辺鄙な町でした。アルゼンチンの田舎町、チンピラがいてる。ちょっと頭が幼稚な国ですね。アルゼンチンは残念ながら。(令笑)  男どもは、ウドの大木で、大きいです。態度もでかいです。が、ただのバカです。はっきり言いまして、全然ですよ。 田舎のチンピラに、かつあげに会いました。マフィアではないけど、そおいうグループがウロウロしてます。 オランからバスに乗りブエノスアイレスに行くと決めた時なんか、アルゼンチンの紙幣で払わないといけない事となりました。3枚持っていたカードは全てストップ状態になってまして、ATMを発見しても下ろせないのです。最悪でした。両替所も、こんな観光客が来ない田舎町にはありません。銀行へ向かいお願いをするのですが、断られます。唯一ナショナルバンクが、話を聞いてくれまして、約USD150ドル分を交換させていただくことができました。それを持って、再びバスのターミナルへ行きまして、チケットを購買することができたのです。高かったよ。アルゼンチンの値段の付け方は意味不明。約USD110ドルですよ。先進国並みの値段で、本間に驚きました。 いざ、乗車する時に、チンピラの子分(小僧)に絡まれて、USD70ドル程を言うてきたのかな。自分が絡まれてても、周りの人たちは、見ぬ振りして誰も助けてくれない。自分正直に全くビビル事はなかった。だから、最初、アルゼンチンの紙幣で70円でどうや!!と紙幣を見せると、フザケルな。と怒ってきました。 全然自分は、正直にナイフを出されても、ビビル事はなかった。次にボリビアの紙幣で日本円で700円でどうや。と私は、告げて、これで終わりと言いました。(遊びは終わり。) 彼の持っていた。私の荷物に引換券を自分は相手の手首を捕まえて、「ハイハイ終了です。」と、なだめて事を終えました。 まだまだ、アルゼンチンの田舎者は甘いし、考えが昭和20年だよ。 特に田舎者は、ダメな男共が多いね。 まだまだ、行くべきでは無い、外国からの観光客に対して、失礼だし、誰がお金を落とすのかも理解してないからね。アルゼンチンは悪いけど、頭悪いよ。まだまだ伸びない国だよ。今後50年は、まだこのままちゃう。(笑) また、自分の予約してた、席に座る時にも、大柄な男が座っていて、私が、ここ自分の席だと告げると、ジェスチャーで、後ろの空いてる席座れをみたいな事もありました。 バカ共が。その人も田舎から乗車してきましたね。 本当に、なんて国に来たんだと、感じました。 パラグアイのアスンシオンに行く予定がアルゼンチンの田舎町って・・・私はもお引き返せないし、ちょうと半端な決断では、またミスると思いまして、ブエノスアイレスへ行く決断を直ぐにしました。念の為に、自分は以前にブエノスアイレスからエンカルナシオン(パラグアイ)へのバスが出てる事を調べておいたので、まあ念には念をではないけど、それを決行するしかないと想い。やりました。 またバスが長いのだよ。オランの乗車時刻PM17時頃で、ブエノスアイレスに到着したのが、もお翌日のPM19時手前でして、結局26時間のバス移動でしたよ。マジで長かったし、こんなに掛かるとは思ってませんでした。いつも非常時の時のクッキーをカバンに入れてるのです。何時つくかなんて、よく外れますし。意外な事が起きるから、常にクッキー(別に好きではないけど)は、手持ちのカバンに入れてます。カロリーも取れますし、無いよりマシだしね。(笑) いつも助かってます。 ブエノスアイレスに到着して、即行にバスカウンターへ向かいました。エンカルナシオン(パラグアイ)行き!!全部本日は終了してました。もお最悪、最終バスは18時に出たとのことで、今時は、終ってましたね。100以上のバス会社の中で5つぐらいの会社がエンカルナシオン行き。全部本日終了でした。私は、日にちもなかった(滞在の余裕)し、早く、パラグアイになんとしても行きたい気持ちが強かった。アルゼンチンの紙幣も、そんなに持ってないし、宿泊場所も調べてこなかったので、下手にくじを引くのは嫌でしたので、ここで明日18時出発のバスを待つ事にしました。この時は20時頃で、明日のバス18時ですよ。22時間をバスターミナルで過ごす覚悟を決めました。 本当に、疲労もありましたし、寝たかった。深夜なんか、野良犬も寝に来るのですよ。自分はベンチで寝る。犬は前の廊下で寝る。自分も犬とどうレベルやな~と感じた日でした。(爆笑。) 不審者も歩いてるし、ゴミ箱をあさる人。夜間、外に出たら、ろくな事もないし、ひたすら我慢でした。パラグアイに行けば、この苦難から逃れると、思ってました。パワースリーピングを何度もやり、何とか朝を迎えました。スンゲー眠かった。外に出て、朝食を食べに行きました。 その模様から写真をUPしましたので、是非ご覧ください。曇り朝のブエノスアイレスからです。

 

 

 

初めて、外に出てみました。ここが、アルゼンチンの首都なんだと、来る予定のなかったアルゼンチン、ブエノスアイレス・・・(さ~何処かで、物を食べに行こうか。)

 

街の建物(特になし)。

 

ブエノスアイレスの中心駅。(乗らないけど、来てみました。) このあとに、ある食べ物のエリアで、自分が食事してると、ホームレスのおじさんが絡んでくるんですよ。だからゆっくり朝食もいただけなかったよ。(あなたのサンドイッチを分けてください。と隣で言うてくるのです。周りの人は誰も注意もしないし、助けもしないので、もお自分からHEY店員さん。見とらんで、どうにかしろよ。と言いました。 それでやっと動くんですよ。もおアルゼンチンのやつらは、言わなできへんし、なんとも思わないのかなって思うよ。 このヤローって感じでした。ひたすら。この国民に対して、1つも好感ないよ。 あ~1つあります。ナショナルバンクで、助けてくれた行員のみね。あとは、うすのろだ。(無念やけど。)そんな事がありました。)

 

さあ、おめあてのチケットを買いましょう。この水色の所が、サイトにも載っていた会社なので、こちらにしました。(実は危なくSOLD OUT寸前でしたよ。(笑)この日の分わ。(笑えてくるでしょ~。マジで買えなかったら。笑))(実は最初、違うスタッフがアルゼンチンペソでしか買えないよと言われました。言われた瞬間・・(ウッソ~みたいな感じ。ここに来て、また両替所を探さないといけんと思ってましたが、遅くに出勤してきた、ここの店長さんの女性の方が、もちろんUSDでも支払えるよとおっしゃってくれたので、超安心しましたよ。笑。)なかなかないんだよ~両替所が。。ATMはあるけど、 私のカードは全滅だし、現金しか持ってなくて旅してるから。はは。まさかこんな事になるなんてね。誰もが予想してなかった事よ。ともかく、無事に買うことができました。USD55だったかな。昔よりかは値段が上がってきてるみたいです。ここで発車まで、荷物を置かしてもらいまして、ウロウロ散歩してました。ここのお姉さんは親切でした。ありがとう。)

 

こんな感じです。ブエノスアイレスのバスカウンター兼ターミナル。本当にカウンターが多いのなんの。国際バスターミナルですからね。チリ・ブラジル・ウルグアイ・ボリビア・ペルー・パラグアイの国々への バスが運行してます。それ以外にも、エクアドルもあったかもね。忘れましたが。

 

バスの無事に乗り込み完了。皆ジャケットを持って着てます。何故かというと、メチャクチャバスの中は寒いのです。超寒いぐらいにエアコンを効かすのが、南米の常識なのかな。。何かそおいう所があるんよ。エアコンが効いてるのが贅沢感なのかな。。。 自分には意味わからないねんけど。。も~自分は予想してたので、最強の厚着セットを所持して、乗り込みました。 もちろん正解!!、今までで1番寒い(極寒)バスでした。白い息が車内で出るんですよ(冗談抜きで)。 あまりにも効きすぎてるので、運転手に、自分が代表して言いましたもん。「これは寒すぎだと。」 運転手もウドの大木の体でかい男で、脳無し系でしたが、 笑わせたら、私の言う事を利いてくれると、そおいう感覚があったので、下手糞なスペイン語を車内でしゃべりまくり、乗客も笑わせて、なんとか冷房を緩めてくれるように協力してもらいました。 あまりにも極寒のために、現地のアルゼンチンの乗客も寒がってるしね。(もおどないなってるんや状態でした。笑) 無事出発しました。安心しましたよ。これでパラグアイに行けると。はは(^o^)/

 

18時に出発したバスは無事に翌日12時お昼手前に着きました。まあ国境を越えるのに少し時間かかったかな。自分も頭がバクッてまして、乗客の人たちと仲良くなり、ずっと笑ってました。自分がわらかしたりと、下手なスペイン語を披露してね。 国境を越えてエンカルナシオンに到着したら、バスの車内で、色んな物を売ってくるんですよ。何処から手に入れたか知りませんが。IPHONEとか、最新版を値切りまくって結局USD160まで下げる事ができましたが、買わなかったですが、盗品ですかね・・・分かりませんが。新しい物を売ってきます。 ともかく、無事に国境も通過して、予約はしてませんが、調べておいた宿へと向かいました。そこは、日本人(昔の移民の人)が経営してる宿でしたので、そこへ行きまして、2泊程しました。  自分が思ってた以上にエンカルナシオンは綺麗でした。意外でした。その模様をご覧ください。

 

凄くない?これパラグアイですよ。何か先進国のビーチみたいでしょう。ほんまに意外や意外でした。バーガーキングですよ。ここパラグアイよ。治安が悪いと聞いていた。警察も当てにならないと聞いていた。。。何かパラレルワールドへ来たみたいでしょう。☆laugh

 

これパラグアイの川沿いのビーチ。パラナ川です。リゾート地っぽいでしょう。 本当に、マジ、ここパラグアイです。

 

多分、近年に大きな改修工事を、この一面にしたんでしょうね。 本当に綺麗になりました。

 

こんなお洒落なパブまでも、ここを再開発した、企画者は、さぞかし、未来を見据えての計画だと感じました。全然いけてる!!。また来たいと思う場所です。物価は安いし、全然いける。wink

 

こお、昔の製造工場も記念に残してるのも、素晴らしいよね。絵に生える。(本当に、この土地環境デザインした人は、素晴らしいイマジネーションの持ち主だわ。)

 

生産プラントの跡も残してある。エンカルナシオンとは、何で成り立っていたかを、教えてくれます。

 

向こう側は、アルゼンチンのパサダって街です。私は向こうから来たのです。全然、こっちのエンカルナシオンの方が、マシだわさ。 こっちエンカルはビルもないので、本当にちょうど良いサイズで、ビルもなくて最高よ。 あっち(パサダ)は、ごちゃごちゃしすぎ。都会。

 

これ見てよ。散歩道ね。対岸を見ながら。(あ~、また歩きたいな。☆)

 

橋を渡れば別の国。 日本には無い感覚だよね。景色も変わるんだよ。180度と。何かこの橋は、不思議な空間を繋いでる感じがする。橋を渡るだけど、全く違う景色なんですよ。全くね。ちっとも似てる所なくてね。言わば、都会(パサダ)と後進国の田舎町(発展しづるエンカルナシオン)を繋ぐ橋なの。 本当に何回も言うけど、不思議だね~。

 

2回目入国しま~す。散歩道から外れて、歩いてます。もお一度次は徒歩で通過します。(地元の人感覚で、私は歩いてました。どうもって感じで。この女の人の様に。)

 

ここは、マーケットエリアでの仲良くなった店の人達です。記念写真。★ハイチーズ☆

 

ここエンカルナシオンは、移民の方々いてまして、この様に日本食屋さんをオープンしてる方もいてます。値段は日本並ですが、久し振りに食べれたのは本当に嬉しいかったです。 移民されたおばあちゃんとも色々喋れました。(本当に良かったです。)

 

とある日の昼間からビールを飲みます。しょっちゅうしてる事でもあります。このビールは本当に美味しいよ。1本約120円かな。1Lで。 今まで飲んだビールTOP3は入る。パラグアイに来たときには是非飲んでみて下さい。

 

私が、エンカルナシオンに来た理由の1つは、ブラジルの観光VISA取得の為なのです。ここが1番簡単に、直ぐできるから来ました。事実;直ぐ出来ました。

 

綺麗な建物です。このブラジル領事館は新しいですよ。金持ち宅って感じに外観から見受けられました。

 

この様に日本人の方々がよく来られますから、この様に日本語で書かれてます。

 

パソコンで、専用画面で記入して、転送すればOK. あとはパスポートと写真を渡せば翌日には、完成されてます。

 

こちらのおにぎりセットは、その日本食屋さんのおばあちゃんが、私がここ、エンカルナシオンを出る時に、いただきました。本当に優しい、おばあちゃんで、無償で、こお食べ物をいただいた事に、本当に嬉しく思います。今でもこの写真を改めてみると、考え深くなるし、良心を持たんといけんなと。改めさせてくれます。(1度しか会ったことない人、おにぎりをもっていきなはれ。と、与えられる事に、気持ちをリセットさせてくれます。これこそ初心・全てやで。☆smiley)

今回は、活字が多かったでしょう。なんせ、写真はなくて、記憶に残る体験が多かったです。予想外の国から、予想外の振る舞い方に、アルゼンチンとはを知れて良かったです。別に行きたいとは今は思わないね。この国は、ちょっと見届けておこう。大変な経験を沢山させていただきました。当分忘れることはないです。これからもこの経験を糧に生きて行きます。 野良犬と同レベルの自分・・(笑) 同じバスターミナルでの就寝。 朝起きたら、かってに何処かへ行ってました。サイクルが出来てるんだね。  自分の書きたいことは全部書きました。楽しんで読んでいただけたでしょうか? 次回も、ネタがありますので、お楽しみにしててください。それでは本日も素敵な日でありますよに。 Bye cha cha

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  2  3  4  5  ...  NEXT    

関連記事

オーストラリアでキャンプ!
大自然を満喫するなら、テントを持って出掛けよう!
メルボルン科学博物館
週末の家族でのお出かけは、Scienceworksへ
Japanese Mountain Retreat
隠れ家のような旅館
投稿!メルボルン珍百景 7枚目
毎週土曜更新!犬?豚?イノシシ?
79 / 87days -キャンベラ-
3カ月でオーストラリアを1周する方法

最新記事

週末どこ行く?何をする?9月第4週
今週末のメルボルン ★9月22日(金)~9月24日(日)
週末どこ行く?何をする?9月第3週
今週末のメルボルン ★9月15日(金)~9月17日(日)
落語家立川こしら師匠、メルボルンで独演会
3日に分散して開催,懇親会や日本酒爛漫試飲会も
週末どこ行く?何をする?9月第2週
今週末のメルボルン ★9月8日(金)~9月10日(日)
メルボルン9月のイベント
ファッション、フラワー、アート、ラテンフェスティバルなど☆