Logo for lacrosse

Cover the Sake master as {What is Japanese Sake?}

只今、を聴いてノリノリ♫の状態な私、Gypsy Tomoで~す。↑↑。「YES!!×No!!」(^t^)今日も行くよ~。やってまいりました。ここはVancouverにあるRichmondから、日本人が1から酒造りをしてる。蔵へと取材に行ってきました。「ここでも、あそこでもyes」、闘してるかたのもとへお話をさせてもらいました。(イヤ~凄いね。凄い方は世の中の身近にいてるもんなんだねー。意識したら見つけれるけど。普段は自分自分と自分のことを中心に考えてるから、人の事は、そこまで意識し尊敬の念を持って推測しないから、行動までたどりつけないけどね。今、本当に良った☆彡時間を有効に使うとは、1つこの事だとおもいます。=(明日、明日ではなく今!!今でしょう(流行語)っぽくねcheeky)今回、紹介します人とは洗車屋で週末一緒に働いてる方であり、特別に時間を割いていただいて、3時程、色々話していただきました。 その模様を是非とも ご・ら・ん・く・だ・さ・いheart

 

 

 

この日は祝日で、仕事を切り抜けて、やってまいりました~。その蔵の前で記念撮影だす。♫Company name is YK3. (皆さんお忘れなく~。ちょちょ♫)

 

中へと入りましょう。。。全てが綺麗にクリーンに整理整頓されてます。(中は凄く超綺麗にされてました。ここで全ての作業をおこなっているのです。WOO♦)

 

そして、まず最初にこちらです。わかりますか??粕汁ではありませんよ~奥さん!!(^^)。糖化と発酵が同時に行われてます。(融合でやんす~、この鍋には氷が入っており、1番良いコンディションで、その仕事が行われてるのです。古来の知識から。電気は使いませんよ。)

 

泡がね。生きてます~。完成品になるまでの、この工程が、何か繊細な生き物を扱ってるような気がヒシヒシと伝わってきます。(凄い!!酒職人さんは。手がかかり、気疲れもするんじゃないですか??(笑)でも、醍醐味なんでしょうね~(^^))生きてます私。

 

こちらが、米であります。Wow!!日本酒へと変化してる光景でありますよ~~。 その真っ最中でやんす~。indecision(がんばれ~米、酵母~。♫応援隊長Gypsy Tomo.)

 

ここで、1から、こちらで生産してるお酒を紹介します。左が麹100%で造られた甘味のある飲みやすいお酒となっております。そして、右側は、にごり酒です。飲みやすいよ~本当にね。スッーと喉を通りマシンガン(ババババーン♫)。

 

そして、真ん中に位置するのが純米酒です。お酒の定番ですかね。「純米酒」。(これは、3タイプの中ではパンチがあります。日本酒好きには、こちらをオススメします。)(米はカリフォルニア米を使用しております。日本からのお米ではありませんが、北アメリカのお米を使用して、バンクーバーの気候を利用して作っております。素晴らしい!!!心がここにはあります。嬉しくなるね☆)

 

コップに入れて、匂いを嗅がせていただきました。(それぞれ、米から出来てるのですが、ちがうんですよね~。これが!!!驚きと、深さの1部を知ることが出来ました。ありがとうございます。)

 

このようにコップに入れていただきまして、香りをチェック!!真ん中にある4つ目の酒は、半端なく凄いコクのある甘い深い匂いです。(正直に、これ1番です。私の好みランキング!! 1番誰からでも、カナダ人、オーストラリア人、日本人に好かれると思います。是非、騙されたと思って購入してみてください。(冬のボーナスにいかがでしょうか??surprise☆) 3年熟成の純米酒と連絡していただければ、分かりますので、購入方法は最後に載せておきます。YES!!)

 

きちんと、整理がなされております。清潔感120%です。酒職人のKASUGAIさんは、おっしゃってます、悪い菌はいませんと、常に綺麗にしてます。「断言しておられますので、ご心配なく。YES!!」

 

こちらの生地でできた、袋で酒を絞ります。(この生地で、また味が変わるらしいですよ。絞る袋によって、お酒の味が変わるんです。(へ~ですよね。ビックリマンです。)不思議な酒の世界です。生き物を扱ってるのと一緒ですね。大変ですよね。I konw .)

 

こちらのシルバーの網で濁り酒を造り(Filter)ますよん。(キチントしてます☆彡)

 

こちら、酒を濾過(filter)する、容器です。その1です。(まさに手作りです。)

 

こちら右側にあるのも、濾過の為に設置してあります。ここへ入れて、個体のものを沈澱させます。その2です。(カナダではこれが最大のサイズのドラムとなってます。なんせ全行程が手作りなものなんでにゃ♬)

 

その3です。これで最終濾過を行います。(働きは方は、見てないので不明ですが、)Takes long time ですね。(本当に手間がかかる作業が続きます。)

 

そして、One by Oneで酒を瓶へと詰めて(Cram)いきます。(手作業ですよ!!。機械やラインは、一切なし。魂の作業で生産しております。分かるかな~コレを♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦是非、飲んでみてください。イチオシからニオシ↑yes

 

こおして、詰められたお酒は、約65°で数う分、熱処理をし、菌を駆除して、真空にし、保存を長期可能にしてくれます。素晴らしいIdea。(瓶の特徴を生かした。LONG ALIVE Preservation.

 

こちらが麹です。自家製さんですよ~。パックに入れて低温で保存されてます。(徹底管理!!)

 

彼が酒職人のMr'Kasugai です。人生を日本酒造りに捧げてる。正義感の強いパッションな方です。(情熱で行動をしてる男です。デリバリーも自分で手で持ってバス⇒電車で街へ配達へ行くこともあります。家族も勿論いております。彼は言います「状況で出来ないことを考えるのではなく、それをどお出来るかを考える事、そして行動が大切か」を力強く語っていただきました。)7年前にスタートして、4年前に、ここで立ち上げて、ようやく表舞台に知れ渡ってきてる現状に受けました。これから、ここのバンクーバー生まれの地酒が世界で快進撃を繰り広げる幕開けです。(Fly away all over the world ♬)

 

祝日ともあって、周辺には誰もいてませんが。 23番の建物の中には、今日も酒職人Mr'KASUGAIが今日も1人で酒のLook afterをして、事務処理をしております。「彼は42歳にして、人生をかけてます。」世界へのドアはここから開きます皆さん。「バンクーバーの地酒を、どうぞ宜しくお願いします。私 Tomoも、本気で応援しております。」

取材で時間も、お話を聞いてましたので、まだまだ書きたらないことがあるのが正直です。こちらの、YK3(日本酒製造販売会社)はオーナー1人(in New Zealand)に、現地社長1人に、酒職人Mr'KASUGAIの3人で走ってます。こちらの地酒の特徴の1つは、電気を一切使わずにバンクーバーの気候100%で作られております。冷暖房は無し、朝方(太陽の登る前)に窓を開けて外を中へと入れて、日中は閉じます。 麹を作るときも、夜間に掻き混ぜる作業も手作業で、彼が行ってます。なので、また大手の日本酒会社とは違う商品への暖かさや、魂が込められております。(そう感じました!!!) 是非、バンクーバー生まれの日本をオージーへ紹介でき普及と思ってます(本気でwink)。今年のクリスマスディナーや、お正月にいかがでしょうか?(お安くカナダからメルボルンへご提供さしていただきたいと思います。(笑)mail

購買や質問のお問い合わせは、こちらのFacebookから受け付けてますので、是非とも宜しくお願いします。写真の方も載せております。

https://www.facebook.com/yk3sake

感想;ハッキリ良かったsmiley。まず、取材って形を取らなかったら、行くことは無かったのが本音。 際に行って、酒の造の話、年前から今に至る話etc... 凄く自分のこれからの人生に対して刺激になった。酒への知識も養う事ができた。のが大きかった。でも、もっともっと沢山細かい事も収できたかと感じてます。。 

人って興味のある事(きな事)には行動し考える。でもそれ以外の事には自力(自分)からは、ほとんど行動に移せない(しない)。 今回は取材って形で、私は出向き、そして、且、学べた。 =自分のラムをUPする=ネタが要=出いてネタを収集=見て、聞いて(聴いて)、感じる、考える=自分の激へと(転換)していく。=成長への次へのヒント(肥やし)。 へと繋がった!  

さんは多分、過去を振返った時に、(あの時は良かった楽しかった、充実してたと。)それは人生を全ての度(したい事、しなくちゃいけない事)から全うしてたからだと思います。自分の出来るバランスの範囲でね。 私は今回、取材が終わった後に、なぜ心が、ワクワクしてるのだろ~と、自問自答してみました。細部へと、1つえが出ました。それは秘密~~☆彡☆彡 今でも思い続けてます。

是非えを知りたい方は意識して、この自分の心の細部を日頃からチェックしてみていただければ思います。(したい事をした時、しなくちゃいけない事をした時ね。)あなの答えはそこにありますv(^0^)(♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦YES♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦)

Have a good weekend.

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Field Lacrosse Circumstances in British Columbia

じゃーん♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦と、カナダに来た目的の1つ、フールドラクス(Field Lacrosse)の経験を、したい思いでやってきました。が、ともかく、カナダは世界でも位か位のレベルで、日本とは、地と雲の差ほどの違いがあり、その本場のここで、見て経験をと思いやってきたのですが?がです。(hahaha--爆笑。)な結果です。その詳細は、写真と共にBrowsing through して下さい。さ~今日も張り切って、パリ切って私と共に人生で最高の1日にしましょう() ☝↑☆ Let's Play lacrosse with Lax Ratz Japan laugh

 

まずは今シーズンのヘルメットをカスタムでオーダーメイドしました。デザインは私で、Lax Ratz Australia 2014 model ,テーマ「The invasion in Europa 2014 」 私はオーストラリアが大好きです~。 I missed tons whole Australia crying

 

こちらも新しく購入しました。軽さを追求したスパイクと私の大好きな感触がするグローブです。(前もって調査して、感触済みだったので、本当にHappyです。基本は軽いのが大好きな私です。)

 

こちらは、そのフィールドラクロスの模様です。他チームの試合を撮影しました。(勿論、自分のチームの試合撮影を望んで、人に頼んだのですが、全く取れてなくて、話ならずの為に、全部、他のチームの試合で固めました。許してください。)

 

BOX Lacrosseは秋・冬シーズンはお休みの為に、選手はフィールドラクロスを楽しみます。(ユニフォームが、しょぼいんですよ。ここは、British Columbia。。実はフィールドラクロスは最低の実態なのです。。。。)

 

ユニフォーム上下の色違いに、ヘルメットはBOX Lacrosse 用だし、現状は思った以上に覆されました。

 

練習試合に見えますが、これが公式戦になってるんです。(日本でも、オージーでもニュージーランド考えられない絵がここに。)

 

会席は、こんな感じです。(椅子に机にカウント盤、そして2人で審判は1人。苦笑(^_^;))

 

これは私のチームメンバーです。パンツも色がバラバラで、どないやねん状態。。試合は負けました。

 

 

 

 

帰り際はジュニアのクリニックが開始前でした。(聞くところによると、これからジュニアのチームを各チームは育てていくみたいです。)

 

とある日の試合会場。私はこういう所でプレーしたかったんです。本音は。(北アメリカと言えば、アメフトのグラウンドですよね~。憧れですね。( ^∀^))

 

WhalleyはBCで1番強いチームです。でもオーストラリアに比べたら、質は㊦です。レベルは低く、チームのコンセプト何か無し。(さー適当に楽しも~感覚です。全くタクティカルでは無くて、残念の渦。唯一、勉強なるのは、ビハインドパスの質と、クリース付近への鋭いクイックパスですね。両手プレーヤーは、そおいないですが。聞き手のスキルは半端なく凄いです。右だったらライトハンドスキルのみ。)

 

こちらのNew Westmensterは青年選手が多かったです。全員BOX Lacrosseの選手です。

 

このグランドで試合は、何か特別な気持ちにさせてくれます。

 

正直に、ショックな現状です。当初は6チームのはずが、今は5チームで、そのうち2チームが選手不足で試合にならない状況を作ってます。バンクーバーでのフィールドラクロスは今後の日本人選手には、オススメできないのが答えです。私が今まで日本とニュージーランド、オーストラリアとプレーした中で、WORSTなラクロス状況です。情報によるとカナダで1番フィールドラクロスが大きいのはオンタリオ地区だそうです。それでも10チーム程だそうです。 なぜカナダはフィールドラクロスが強いかが、最近わかってきました。カナダ人はアメリカでプレーをして、アメリカに住んでる模様です。ここアメリカとカナダ行き来がアメリカ人、カナダ人は、簡単に渡れます。フィールドラクロス選手はアメリカのリーグでプレーしてると。生まれはカナダでも大学となればアメリカでプレーする。そして、卒業後もアメリカで就職して、住居をアメリカで持ち、週末はレベルや環境の整ってるアメリカのリーグでプレー。。答えがほぼ解りました。=うまい選手やフィールドプレーヤーは全員アメリカに住居を置いてるということです。だから、カナダはフィールドラクロス熱が盛り上がらない訳です。(帰って来ないのです。)。本当にBOX Lacrosseだけです。ここナダ。 いや~、残念という結果に終わりましたが。でもプラスに考えて、この情報を日本人選手へ分けたいですね。アメリカは長期VISAがないので、自由にプレーして、働くってことが出来ないがために、難しい環境ですね。 誰かが動かないと情報が入りませんから。生の声をこからも、ドンドンカナダから世界から伝えていきたいと思います。

切り替えて、次のステージへ今日を明日をENJOYしましょう。☆彡

Have a awesome day. See ya later.

Gypsy Tomo!!

 

 

マイカテゴリー: Sports
コメント (4)

One Japanese Hometown since 1877 to now......in Steveston.

あ~あ~×100寒い。。。(震える寒くて。)1月1日にCITYからくの山の山頂付近にが積もりました。肉眼でもハッキリ綺麗に見えて、きと、これからの11月以降はどおなっていくのか、思い知らされる感です。2000M級の山は、もお真っ白白色です。スーできますよ。本当に!!北海道はもお大山は初冠が、あったのかな??私自身、初の本格的、国生に突入していきます。これから時間を見つけたらチャイニーズの服屋さんへ行き、そして買い付けですY。本当に私、Gypsy Tomo覚悟しなければいけません。がんばって乗り切ります。(あ~これから夏のオーストラリアがメチャクチャ羨ましいだす゚(゚´Д`゚)゚。)i really miss AUSTRALIA mates.  でも今日もコラム行っちゃいましょう~ね。 今回も代換え記事でにStevestonという、が沢山住んでる。地へ行ってきました。その極一部をご覧ください。 Let's loop in Steveston. 「サッサッ

 

天候にも恵まれた夏に、ここJapanese Culture Centre の看板を見つけて、それに誘惑されてやってきました。

 

日本代表の方々が、ここへ住み着いて、100年以上!!、その文化がここに。(^0^)♫

 

ここはCulture centreと同時に日本語学校でもあり、生徒さんの作品など、THEJapanese Goodsが展示されてました。(日本の学校では、こんなん飾らないが、海外ではTHE JAPAN的なものが多く展示されてるように感じました。♫(普段、このような物を見なくなった私は、日本って本当に昔は素敵な国だったんだとイメージが湧き上がります。文化芸術、素晴らしいですね。☆))

 

日本の文化が、ここにコンパクトに寄せられてるSTEVESTONです。

 

こちらはお寺となってます。見た感じは一般宅ですが、お寺らしいです。(作ったんですねーー。文明や文化が根付くのは、人々が必要とする物を象徴してると、感じるこの時でもありました。)

 

これが、そのお寺の看板です。「Buddhist Temples」(素晴らしいね。)(異国の地に日本人がお寺を造る。=一般的に思いつかないですよねーー。たまげた×2。)

 

さて、私は日本の文化(日本代表の方々)を知りたくて、I siteへ出向き、そして情報をGETして、ここCanneyの生産工場跡へ、やってきました。今は観光用に、この建物は歴史を紹介してくれます。(それでは中へどうぞ。)

 

中は夏なのにヒンヤリ(Cool)な状態でした。そのカラクリは後ほどお答えします。(今は、ここ一体が、どおいう産業だったかを説明する場=歴史の紹介とされてます。)

 

缶詰工場として1960年過ぎまで稼働してた、この歴史を公開してくれてました。(素晴らしい☆☆☆)

 

こちらの方は(本物??笑)(便をしてる模様です。こちらは船内の中です。サーモン僚船内です。狭かったですよ。)

 

日本代表の方々です。彼女(お母さん)らは1日に16時間の労働で低賃金で、子供をおんぶしての、お仕事です。(今だと本当に考えられない社会現象です。冬は冷たい海水でサーモンをさばいての作業…稼ぐ=生きるのに必死=子供を養う=母の強いハート)(ちょうど100年前の状況です。同じ人間として、この強い強い先輩方を今こそ見習うべきだと感じました。)

 

沢山、見る価値ある建物でした。中ではENGLISHでのツアーが1時間ごとに行われてますので、是非バンクーバーへこられた際には、先輩方の勇敢な「生命パワー」歴史、そして全てを見ていただきたいとおもいます。ここCANNERY工場の下は、海なんです。夏でも気温を低く保つように、工夫された建物なんです。冷蔵庫なんかもありません。だからの知恵です。

 

この絵!!??何処かで見た覚えはないですか??宮崎駿の映画「平成狸ポンポコ?となりのトトロ?」(渋いね~この絵は。白と黒と水色だけの絵なんて、今どこで見れるでしょうか?)(私たちは常に目を配ると多色が入ってきます。たまにはね。色が限定されてる場面を見るのも1つ、何か懐かしい、心地よい気持ちにさせてくれるかもしれませんね。☆そして渋い絵が重なった時には、最高だす。)「あなたの心は平成ですか?昭和カラーですか?それは、あなたの心が知ってますYES!YES!♫」

 

拡大してもお1枚。(渋い)

 

さ~、漁へ出かけよう♫ これで現代はサーモンやその他の魚などをGETしに行ってるんですね。(男の世界!!って感じが伝わります。寒い中を走る)

 

パイレーツ オブ カリビアンの絵ではありません。(笑)(この絵も私は好きですね。生活がここに。)

 

ちょっと方向をヒネって、週末の水ぎわ付近の顔をご紹介しましょう。(ルカ??はいません。が何故か彫刻があります。。???

 

 

 

さすが日の丸が、ここにあります。日本の文化がここに根付いてることを醸し出してくれてます。(さすが日本代表の先輩たちです。凄い!!)

 

土曜と日曜日は漁船から直売で、魚介類が爆安で買えます。ウニもね。でもほとんどがチャイニーズです。日本人の漁船はみませんでした。(残念。)

 

サーモン超安い、日本円でこれ1匹100円以下です。刺身にして売ったら、爆儲け~~ オーストラリアでサーモン輸入事業はいかがですか??(オススメ、その1)

 

エビ屋さん。ここも格安。(値段は忘れました。)

 

見ての通りで、人人人ざかりです。白人:アジア人=60%:40%みたいです。(は何で、ここまで人があつまるかが不明でした。よくわからない(笑))

 

 

その1966年は、今とは180°以上違いました。写真の左側、海に面してるのが、先程、私が入ってたCANNERYです。写真見て、ビックリマンです。(50年での変化にも、爆驚きです。OMG)

 

このように新築物件の建設も多く、活性化してる.一帯がここSTEVESTONなのです。(wow)

 

もお1枚。

 

その正面の海はなんと、Murkyと泥なんです。(笑)匂いはありませんでした。モチロン、オーストラリアに比べたら、海は違います。Much AUSIEが綺麗。

 

裸電球!!in Canadaですよ。wwww 日本の戦前の街灯って感じしませんか??(映画でよく見る。。。)この蜘蛛の糸も、半端なく最高ですよね。完璧100点。(最高!!!)

 

TIMBERで造られた100年前の家。色が歴史を象徴してくれてます。これは今は保存されてます。(私は入れませんでした。無念GYPSY MAN。)

 

当時はMURAKAMIさんの家でございました。

 

こちらのCANNERYの工場は、保存されてます。(またカッコイー^写真が撮れました。綺麗に建物が残ってるのは嬉しいね☆彡)

 

この材木の道は、当時の物、そのものなんです。ここも海の上だったんです。今は埋められてますが。

 

漁から上がってきた。船を引き上げます。(想像しただけでも、楽しいね~。今は草がボウボウですが、これ全部なかったんですよ。(^0^))

 

この子達は、ママが仕事のめに、ここで遊んでるのです。

 

日本人は魚を釣る知識が豊富のために、カナダに呼ばれたのです。「知識、技術、芸術、おもてなし」は世界一の人種、それは日本人。私たちの先輩です。(凄い、尊敬してます。)

 

 

 

 

船が沈んでる。そこの植物が芽生える。 生命力凄いの一言。(これも絵ですよ。2013年写真集の1つです。)

 

漁師さんたちの家になります。(復刻版で、麗にされてます。)

 

中に入りまして、当時を再現しておりました。(BOYS ROOMです。

 

1部屋にベットが3つ、シェアルームです。(ベットが、とても小さくて、驚き、私は寝れません。小さすぎです。)

 

チャイニーズもCHEAP Laborとして、雇われていて、中はバックパッカーって感じでした。

 

最後に、ここSTEVESTONの昔の地域の旗をご覧下さい。太陽が、日の丸に見えるのは私まだけでしょうか?

JAPAN。ココこそが日かもしれないです。日本らしい日本の文化があり、コンパクトに纏まった地域な気がします。 今40枚程、写真をドサっと、載せてみました。色んな意味で,違った角度から、事を考えて、見て通じればと思います(^ー^v)。 やはり、いつも思うのですけど、経は人を強くし、裏切ないものだと感じます。お金や物は消耗で、あの世には宅配(Delivery)できないが、経験値は、全てを取り巻く核(Core)な部分な気が日に日に確実なものだと、確信してきます。ね☆YEP。 史や文化の1ページを紹介できたかと思います。私も、最初にJAPANESE Cultureセンターへ出向いた時に、研究者の方ですね。みたいに呼ばれて、「いえ、違います。」と言いましても、研究者で通っていきました。JAPANESE CANADIANの方がたは、親切に私に、軽くここの歴史を喋っていただきました。話を聞いてるだけでも、自分の心は何かり、高ってました。 是非、興味のある方は、STEVESTONへお越し下さい。そして、何かつでも感じていただいたら、地域の人々も嬉しく思うと思います。

10月5日で、GOOD WEEDENDで行きましょう!!( ^∀^)

Let's Have a lot of Fun mates.

Gypsy Tomo!!

マイカテゴリー: Journey
コメント (2)

Page: 1  |  1  

関連記事

コレ何?問十
オージーからSMS。「Omg, ex, lol...」何コレ!?
子どもと行くメルボルン @Royal Melbourne Show
10月2日(火)まで好評開催中!!
子どもと行くメルボルン @Port Open Day, Docklands
無料のボートツアーへ!
フィッツロイ・ガーデン
初夏の木漏れ日のなかで過ごしてみませんか?
投稿!メルボルン珍百景 15枚目
自分で作曲なんかできちゃいます!

最新記事

オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)
市内ぶらり
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?7月第3週
今週末のメルボルン ★7月14日(金)~7月16日(日)