Logo for lacrosse

Backing Iquitos for laundry

もお、まもなく旅の終了を迎えるアンマン(ヨルダン)からお伝えします。実質、旅なんてしてないかのように感じますね。全く緊張感もなくなり、何か旅って言葉が全く響かなくなってきました。{旅}ってなんなん?もお旅行ですよ。正直に言いまして、私のやってることわ。歩いて国境越えても、船で超えても、バスで超えても、もお旅行にしか感じない、しんどい事も、結局は楽しい思い出となる。=旅行なんですね。私が感じる結論。もお、それが今の正直な感想です。マンネリ化してきたことも事実です。第3章がこの月5日(金)終了します。日本へ帰国します。地球上の大陸の残した所は、感覚的にモンゴル・ロシア・カザフスタン、キルギス、中国の山奥、あたりとなりました。あとは、別に感覚的には、全世界人を全うした感覚です。楽しかったし、イライラもしたし、怒ったりもしたしね。ここ中東に来た理由も、もちろんあって、これから、また大きなプロジェクトへ参加するにあたり、自分が、近い将来、旅行(放牧)へ出れない事を理由にきました。もちろん見たいと思ってたピラミッドもその他も見れて、観察できて良かった。イスラムの人達にも会いたかった。少しでも、限られた時間の中で、自分がしたいなと、感じて、自分なりに納得がしたいからと、それだけの理由でした。=自己満!!。まあ人生は皆自己満ですが。(笑) それだけです(結論)。 最後の最後まで中東の男達には、私はイライラしてましたね。もちろん、こおなったのも、彼らの責任でもあるし、でも、悪気がなくて、色々声をかけてくる人もいてるのは事実。それをユーモアともとれるし、ここで生まれそだった、特徴の人間ともとれるし、でも、あ~難しいのが、本音。対応に!!。  

イスラム男ども!!男性!!バカだね~。楽しいね~。って感じが見受けられます。アフリカとは雰囲気は違いますが。 イスラムの男性も楽しんでますわ。 それを私は羨ましく感じる部分もあるのは事実。その意味は{知らぬが仏}彼らの、接客や、人に(観光客に)、声を掛けるのが失礼すぎるけどやりかた(へい チャイニーズ!!ニイハオー)。軽々しいけど、彼らはそれは失礼とは思わない。それは、ここでの常識で、ある事が普通の振る舞い。日本みたいに、全てが敬語みたいで、礼儀正しく、硬くなくて、 そこは評価できます。が・・が・・嫌と感じる人も沢山いてるとおもいますので、彼らも特に男性は、知る事もだいじでしょうね。イスラム男性はプライドが高いのは事実、遅刻しても謝りはしない、理由(言い訳)をまず喋る。バカで、その後にタバコを吸う奴もいた。己に弱いね。人間力は弱いのは確か。1人じゃなにもできない、常に仲間が必要で、寂しがりやの人種かな。男性同士でも頬にキスをしあったり、手をつないだり、何かに、イスラムの神に、仲間に依存する、頼る感覚が強い。それで尚且つ、プライドが高い。素敵な部分もこのイスラム文化での25日間で感じてきたけど、まあ、もちろん私からの意見もあるよね。でも、これがイスラム文化なんだよ。私は日本人として生まれて、そこで育った事に、大きく利点を今でも感じてる。それは社会的にも有利1つのポイントは、整理整頓・準備力・器用さ・瞬時の判断力・スピードは、どこの国民よりも早い。その国際社会で生きる部分では、1番有利でしょうね。 自然の中で生きる民族(アフリカの民族・イヌイット・Gypsyなど)あまり、国際社会に触れてない、人々は、それはそれで、そこで生まれて、素敵な景色を見て生きる。って意味で素晴らしい人生を送ります。もちろん自分が何がしたいかで、その情熱で、変われますが。食に関しても、日本は健康に意識も高いし、無意識的に、良くも悪くも協調性も高いし、 経済の上で生きるって部分では、優位ですね。足らない部分は、英語に対してコンプレックスに、なかなかシャイで、遠慮がち、日本という国は安全すぎて、外に出る事に怖がりすぎ、 でも、総合的に最高のクオリティーですよね。 克服さえすれば凄いよ。 人間は動けないといけん。これは、つねづね感じる。 腹が出る事を、{財}と裕福な生活と象徴する人々もいてますが、いざって時もあるし、 動ける・心大きな・理解力・聴くける・優しい・笑顔ある・魅力ある人にならないと。=Peace of World(笑)(^o^) 私が、人間観察もして海外へ出ての今の結論かな。 ほんまに動け!!動きまくれ。脳を活性化せな。見つける。進んで、色んな経験をしていかな、その先はやってこないよ。やって次が見えてくる。良い風も吹くし、魅力も増すし、も~~最高の循環が生まれるよ。 信じてみ~私をcheeky洗脳なんかせえへんよ。(笑) これまでの下準備で感じた事だから。 しっかり土台部分を知って、経験して、上えと積みかねて、行かないと、 いざってなった時、あなたはどおしますか?  基礎トレーニングの大切さ。初心の大切さ。新鮮な初めて出会った時の気持ちなど、大事ね☆。 人生が何倍も楽しくなるから☆!!(1000倍かも☆) さ~そろそろ、私の意味わからん前説は、このへんで、旅コラムへと参りましょう。

 

 

アマアゾンからイキトスへと戻ってきました。洗濯開始だな。

 

これが、ペルーのイキトスの屋上に、ごく普通の庶民宅です。(私の洗濯物が映えるでしょう。)(素敵やは。)

 

彼女は、ここに住んでる娘さん。17歳かな。

 

市場へ散策中。

 

真ん中より、少し下の所得のエリアかな。あまり高級なカメラは出さない事と言われました。

 

集会場みたいな。

 

色加工しました。 壁画、ごく普通に通路に描かれてます。

 

普通の絵。

 

お父さんも、お昼寝中。ネコのように、場所があれば寝る感じ。 野生的で、人間味というか、ここの風土というか、 色々見慣れない景色をみれて、笑いがでます。良いね(^0^)

 

知る事のたのしさ、もちろんそのチャンスがある、ありがたさに。この写真からも伺える。

 

良いね。カブのバイクが庶民の脚なのです。

 

エアロビクスにもペルーで初体験しました。凄い発汗で、やばいぐらいでした。(最高!!)

 

色んな事がここでは、経験できました。(初体験)ここからペルーへ飛行機で移動です。陸路では、道がありませんのでね。

 

はいチーズ。(ごく普通の人間ですね。私は。わかるでしょう。スペシャルでもないのです。平凡人。)

コスタリカでデング熱で、辛い想いをして、ここで最高の思い出を作れた事に、結果All rightでしたね。プラスマイナスがここでチャラになった感じです。私は、これまで違法なんて、何1つせこいことなんて、してない。それは言いきれる。だから、素敵な良い思い出を沢山いただける人であると認識してます。(笑)=Positiveですよ。(^o^) ホンマ、自分の人生面白いわ。最高としか言いようがない。SMAPさんの曲で{世界に1つだけの花}があるように、自分らしく生きたらイーねん。それだけ。 YAHOOニュースに出てる、スポーツ選手とか芸能人さんに、取り上げられてる事を凄いとか、天才とか、思わなくて良いのですよ。彼らも、そこで生まれて、色んな出会いがあり、自身の努力に情熱に、タイミングがあり、それで続けてきて、マーケットに人気あがり、出てるだけであり、それをスペシャルな人だな~とか、遠い存在とかに感じなくても、良いのです。 色んな条件、色んなものが重なり合った。自身の行動もろもろなのです。 皆、平凡人なのです。 私たちがかってに、価値を何処かで付けてるだけなのです。 皆が主役、あなたもonly oneのなのです。あなたの個性も世界に1つだけなのです。他に類はないのです。 人生は行動、たまたま起こる。サプライズ。 だから楽しいんだよね。この時代に生きる意味=人間として。 共存共栄!!楽しみましょう。☆

Gypsy Tomo!!

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

The 4th day in Amazonas .

相変わらず、最後の最後まで、可くないでした。もお飽きたよ彼らと触れ合う時間に。だから今はヨルダンに入国しました。実質産業は、ガスや油田もあるそうです。ここヨルガンはガスはエジプトからで、石油はサウジアラビアからだそうです。ヨルダンはEUで言うとスイス的な、中立的な感じに伺えます。来て5日目なのですが。物価は日本より気持ち低い感じです。(まあ日本と一緒って言うても良いでしょね。安くはないです。)ここもイスラーム教なのですが、質はエジプトより上ですね。まだましです。国に余裕があるように見えて、治安もヨルダンは良さそうです。 今振り返って、エジプト程、醜い国は無かった。あげくの果てには、私はローカル電車(満員)で、カメラ(価値42000円)を盗まれてしまい、ホンマにクズとしか言いようが、なかった。(私が気づいて、声を出して無いと言うても、何も起こらないよ。)悪いけど、この国は私の中では、この6年間で1番可愛くない、なまえきな国民性であり、バカだよ、頭の使い方知らないんだよ。暑さで、回路がふやけてるよ。今でも改めて、想い、またヨルダンのモスラムと比較しても、エジプト人は、劣ってるな~って色んな角度から思わされます。エジプトはピラミッドに神殿・地中海は最高やね☆ その他も行きたい場所はありましたが、今回は、もお彼ら(エジプト人)に絡むので疲れ、呆れて果ててしまいました。 5日目ですがヨルダンでも、ピンキリで、凄く40代以上のヨルダン人は[日本は良い国ですね。]おっしゃってくれます。 若い子は、まだまだ調子ノリの失礼なガキもいますが、比率的に、クソガキは少ないし、良い感じで、歩けます。でも宗教(イスラーム)が強いからか、プライドが高い!!そしてステレオタイプが増える環境だね。そこまで頭は柔らかくないよ。 彼らイスラームは旅行が、とりあえずは禁止とイスラム法に書かれてて、だから、井の中の蛙ちゃん達の増加ですね。 まあ、しっかりしてる宗教だわ。ある意味、見習うべき点もあるし、 この地球上には、色んな宗教に神がいてて、バランスが取るように、工夫しなさいって、お告げされてる感じに聞こえます。 ふと3日前ぐらいに思ったのですが、戦闘員になりやすい環境な因子も伺えます。凄い強い信仰心に、イスラームとしてのプライドが、かなり高く。正義感のような{区別に対しての意見が強い}、洗脳ではないけど、もっと自分の宗教を外から、2、3歩引いて観察できるようにならないと、 何か実質、不安なのかな・自信がないのかな・ちょっと1日5回のお祈りはわかるけど。 自分自身に良い意味で、広く大きく、大きい人間になれる事を掲げないといけないんじゃないかなー。今後のイスラームの若い子達にわ。 それが私が感じた。エジプトでもあり、ヨルダンからです。

 

本日も旅コラムのアマゾン4日目をご覧ください。

早朝の日の出を見にやってまいりました。

 

黒を強めに、オレンジを強調して加工しています。

 

その2

 

その3

 

その4

 

これが原色です。世が明けました。おはようございます~。

 

この時の空は、清清しかった。

 

上空に私も飛んでいけそうな、そんなイメージを湧かせてくれます。

 

最高でしょう。この中で、朝の風を受けて、1日が始まるのです。(また、感じに行きて~。sad)

 

チュンチュン♪。鳥さんも{おはようございます。}

 

河川敷で、朝から用事です。洗物しますよ~。

 

船も、こんな感じで捨てられてます。(沈んでる。ほったらかし。)

 

お父さんも、今日の仕事は、散歩の雰囲気で、漁に出かけましょう。

 

朝もゆっくりの民家のみなさん。

 

蟻食いさん。これもレアなアニマルです。

 

蟻食いが、はっきり見えてきます。素晴らしい♪

 

蟻食い2

 

モンキー1

 

叫びモンキー2

 

こっちへクル~。

 

モンキー3

 

モンキー4

 

子供モンキー5

 

同じモンキー2

 

ベイビーモンキーのたそがれ時。

 

ワイルドキャットのご登場!!

 

これも、凄いレアなんですが。凄いみたいですよ。モンキーを殺したそうです。

 

幼稚園のランチタイムにご訪問させてもらいました。

 

ツナにマヨネーズにタマゴにポテトにと、美味しくいただきました。

 

ドリンクも豆乳感覚で飲めました。

 

ハイチーズ。

 

坊主の私ともお1枚☆

 

宿の前の川です。(昔はカイメン(ワニ)が沢山いたのですが、今は全然だそうです。)

 

時間が来ました。私は戻ります。素敵な経験を沢山できて、今でも忘れてません。

 

帰りに出会った。帰宅途中の人々。(通勤通学姿)

 

バナナと、その他沢山。こおやって輸送しています。

 

本土へ帰ってきました。これらが、家々ですよ。

 

乗り場に到着でやんす。

 

特にすることがないかな。河川敷ですわってマンモスlaugh

 

港町1

 

路地は、こんな感じです。

 

路地2

このアマゾンでの経験は、一生忘れないでしょうね。自分が、この旅で是非とも、みておきたいと人生で1度だけでもって思ってて、それが実現して、凄いラッキーで、ラッキーな出会いがあり、もお今でも、この決断して遂行できた事を、忘れもしません。小さな夢を今でも私は叶える。やるというたらやるんだ。これは譲れない1つであった事は確か。 まさか自分の人生で、あの有名なアマゾン川を見て、そして、そこで滞在ができたなんて、夢にも描いた事はなかった。遥か遠い存在でした。アマゾン川☆。名前は知ってるけど。。。そんなチャンスは無いでしょう。って言うのが、本心でしたね。 今となれば、エジプトのナイル川もヨーロッパのライン川も制覇した自分がいてる。不思議やね~。この全部の川の水を触ったよ。そして顔も洗いました。 ホンマに、感謝しかない。神様に女神様に仏様に感謝してます。これからのGypsy Tomoもどうぞ宜しくお願いします。

以上です。

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

The 3rd day in Amazonas .

皆さん、こんばんわ~、Gypsy Tomo2016!!です。今日はAswanというジプトの南の街から、お伝えしたいと思います。プトに入国してから、沢山の小さな、しょうもない事に怒ったり、振り払ったりしてました。1週間以上が経ちまして、GIZA・Luxor・Aswanと街を移っていくにつれて、エジの現在の状況が、だんだんと肌に感じて、理解してきました。2011年のジプト革命(Revolution)が起こって以来、ここASWANもですが、全然元気がありません。観光業界にも大きな大きな打撃を残してます。ナイルの観光クルーズボートも、全然活動しておりませんし、もおね使用されてなくて、廃墟船の状態となっております。築き上げてきたエジプの観光業界は、その革命により、国が停滞するようになってしまいました。ちらほらと、外国人に対して殺人事件も起こる現状で、且、イスラム教徒の近隣の国であり、当分、これからもこの状況が続くように感じます。物価は高いね。はっきり言うて、特に何もないのに。観光業がメインだけであり、何がしたいのか・・プト国民に問いただしたいよ。本当に頭が幼稚で、並ぶ事もできない、(私が電車のキップを買いに窓口で並んでても、むちゃくちゃな人が多く、無秩序で、まだまだ自分自分の無教育の動物だわ。) 本当に観光客が、外を歩かないのも暑いだけでなくて、そのウザイ子供から観光業に携わる大人までが、迷惑を欠け過ぎる。断っても断っても、しつこいし、観光客が減ってるのに、辞める勇気が無いっていうのか、1度美味しい味をしめしてしまってわ。もお仕事の種類を代えて、そのエジベースの賃金で、雇われる事が、バカバカしく思うのでしょうね。でも1度、崩れた安全性・信頼を回復するには、とうていの努力が国民に問われるでしょうね。現状を見てる限りでは、無理だね。今は観光業界は、底だと思うよ。Low seasonでもあるけど、人々(ジプト人)見てても、苦しそうだね。もお20年は、停滞期ではないかな。国民が成長しないと・・・サービスの質も、底辺だから(ダメダメ)。物は高いでしょうね。彼らからの所得からすると、産業が無くて、輸入品だから、苦しいでしょね。自分らで自分らの首を絞めてしまった。後先考えずに、知能が低い分、今の現状を受けいらざる終えなくなり、大変な想いをしてる街々。。。ホスピタリティ って、おもいやりって、本当に本当に大切なんだと、今私のいる、エジプで神経にまで感じております。未だに言うくるクズワーカー達(タクシードライバー、ボートドライバー、観光業界ほぼ全体ですね。)『チップないの?』問われます90%.(革命前までに美味しい美味しい味をウエスタンの観光客から与えられてきて、まだ抜けてない、分かってない奴ら。(もおお客さん誰も来ないよ。良い噂をも流さないよ。)) これは学校の勉強じゃないよ。 国際社会に生きていく絶対的必要な物なのだから常識やで。『海外からエジプトという国を選んで来てくれてる観光客に、何かあればチップというてるんじゃ。(もお話にならない今日この頃。)』『喜んで楽しんで帰ってもらう事を、まず第一に持ってこないと。』 植えつけて行かないと、改善されないね。そお思うジプトからでした。 cool引き続き旅コラムを発信していきますよ。(^o^)v

 

釣りでも行きましょうかい~的な、日和で、スタートでした。これが彼の仕事です。ここで生まれながらにしての特権です。彼はアマゾンを知りつくしてるから。{何処で生まれようかは関係ないのだと、教えてくれてるかんじですね。 自然と共に生きてる彼をみると羨ましくも感じます。}

 

竿だけー、これからピラニア釣りに参るよ。

 

おっちゃんも、水を吐き出しながら、小さなボートで、日常の事の様に、過ごしてるよ。 生まれる場所が違えば、 常識も、リズムも全て違うね。(知る事は大切。)

 

ママさんも、判ケツにも関わらずに、お洗濯ごくろうさまです。

 

アマゾン川に咲く、花さん。(嬉しくなるね。こんなん見せられると。)

 

プクプクしてるのが、下に魚さんたちが、いてる証拠です。さーやるぞー。

 

釣りまくり状態. いれぐいだぜーーー。

 

いただきまんもす。

 

彼は、名手!!かなり上手い。もちろんミスもあるけど、。。上手だわ。(槍を投げて刺す漁方)

 

私も、挑戦してみました。

 

背中いけてるでしょう。(この時は若かったなー。)

 

ミス。(失敗=超下手。)

 

さーやり直しだわさ。

 

今度こそ。。。銛が奥まで行ってしまった。。。。失態。

 

鳥さんの学校へきてるみたい。

 

授業が終わり、皆さん帰宅します。

 

ホンマに、釣りには最高の時でした。このあとは。。。

 

奥へと、沼の方へと、船は進みます。

 

デカピラニアGETだぜ。

 

これが、皆さんご存知の、ホンケ本元でやんす。(エサは、ぶつ切りにした、小さなピラニアです。)

 

この後、雷雨ですよ。食事を作ってる最中に。かなわんかった。

 

なんとか、出来上がりました。(結構な雨だったんですが、無事にできました。)

 

魚パーティーです。

 

こんな感じで仕度してくれてます。

 

熱帯雨林。この中に私たちはいてます。

 

毒きのこ

 

700年ぐらいの大木。

 

森へ動物を探しに行きました。

 

またまたキノコちゃんです。(食べれるのかな~?cool)

 

ジャガーが休むと言われてる場所へときましたが、いませんでした。。

 

まじで綺麗。南米アマゾンの中。静寂で、誰にも邪魔されない、時間に自分は歓迎されてるかんじでした。

 

水色で加工してみました。(ホンマに綺麗です。)

 

白で強く加工です。

 

赤色で加工です。(綺麗ね。)

 

こおやって、時間が経つのです。寝ながら、夜を待ちます。

 

もお1枚はオレンジ強。

 

絵の具みたいでしょう。

 

夕方、とてもきれくないですか??Amazing☆

 

さ~これから、カイメン(ワニ)探しにまいります。

 

本番まじかです。今晩は絶対に、カイメンに出会うぞ。

 

1日目の晩は不発だったのですが、今晩(最後の最後に)やりました~。赤ちゃんワニですが、凄い事らしいよ。

 

彼は、飛び込んでワニを捕獲します。(生で見ると驚きですよ。彼は鉄人だわ。私は、ひたすら笑ってました。彼が凄すぎて。)

 

めちゃくちゃ、元気でしたよー。暴れまくり。

 

許してね~。私が捕ったのではありませんからね。持たしてもらってます。

 

彼は、本当に凄い。今、彼は池に飛び込んで行ったのさ。(ワニの捕獲に。 何回も見つけては行くのです。笑うでい。)

 

そして、上がってくると。(鉄人ハンター)

 

蚊もうじゃうじゃいるなか、彼は、ワニの検索に集中できるのです。(めちゃくちゃ蚊が多かったです。私は、蚊の多さに、イライラしてました。内心)

 

ついに彼は、上半身裸でトライです。蚊もうじゃうじゃいてるので、おかまいなし。

 

見て下さい。この、たくましさを。(迷いなし。やることは決まってる。)そんな感じにうつるでしょう。

この最後の日は、本当に充実しました。雨に打たれて、夕方は最高の色で、ピラニアも釣れて、カイメン(ワニ)も見れて、盛りだくさんの最終日でした。日ごろの行いが良いせいかね。初めて知ったのが、ワニの目にライトを当てるとピンク色に反射するのです。それを見たときは、ぞっとします。プレデターの映画で表れるかのように。これには驚きました。興奮しますよ。マジです。 数え切れない経験をさせてもらいました。アマゾンへ、また機会があれば行きたいです。 ジャガーが見たいのと、大きなカイメン(ワニ)の生息してる場所へ行きたいのと。私の人生は次から次へと、行きたい所が出てきます。(困った困った♪)さ~今日も、攻めて攻めて下さいね。

Gypsy Tomo2016

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

The Nocturnal creature Hunter Gypsy Tomo in Amazon .

おはようございます。今日も私くしGypsy Tomoはインドのデリーからで~す。昨晩は初めてインドのクラブ(ディスコ)へ行ってきました。Partyと言えば私なので、その辺も調査してきました。ここGurgaonはデリーの近辺にあるのですが、そちらのSAHARA MAllというショッピングセンターの4Fに数点(6店舗)あり、見てきました。驚きで!!!ここは、あの~ショッピングセンター内にあるということなのです。自分でも、そおいう構想はイメージしていなかったので、新鮮に映りました。キャバクラスタイルの店も入ってたり、クラブもあり、音楽はインド系のPOPミュージックが、ほぼでした。別に不快感はなくて、そこそこ楽しみました。結局2件のクラブ(ディスコ)へ行ったんですが、ここにも、そのインドの独自のスタイルがあり、ダンスはボリット系で、ほとんどの女の子は、お金を求めて、約1時間程、一緒にダンスしたりして、500ルピー(日本円約800円)を懇願してきて、営業したり、沢山の女性が、声を掛けてきます。女性はエントリーが無料なのかな、男性はエントリー200ルピー~500ルピー程度で、色々ありました。 もちろん日本やオーストラリアと比べたら安いですが、インド人からしたらそこそこ大きな額なんでしょうね。沢山の引き込みもいますし、大変です。1人1人来ますし私の所へ、顔面パンチも出来ないですし、私が優しく肩をポンポンと、触ってあげて、子供のように扱い、心理的な作戦を取りアクションして!!理解してもらいますが(彼らは、まだまだガキであり、経験地が低レベルなので、その子らに(客引きに)どおいう事を、してあげれば大人しくなるのか、それを来る奴、来る奴に実行して、前へ進んで行きましたsmiley)。 色んな意味で、疲れました。初物づくしでしたので、勉強なったし、別にディープでもないし、普通のインド人のローカルクラブでした。 ドリンクの値段もあってないようなもので、多分もっと安いでしょうね。私は日本人だから倍は取られてたでしょうが。そんなものですインドわ。インドという国は、そおなんです。危険性は無いですね。アフリカに比べて。良いと思いますよ。彼らは銃は持ってないし。同じサル系なので、まだ、ちょびっと分かる部分があります。インドは日本の50年前です。これば分かります。 それでは前説は、この辺で、さあ参りましょうね。

旅コラムです。世界のアマゾンへ行ってQで~す。

 

 

今日はタランチェラから、見て行きましょう。(初めて見た!!GYpsy TOMOは。これが本物だと。驚きだし、蜘蛛のキングで、容易に触れないです。無理。触れるって言われても、気分次第で、どんな行動を起こすか分からないので、そっとしておく方が身の為です。こんなところでギャンブルはしません。(笑))

 

色んな、生き物が夜に活動しております。これも何でした?恐ろしくて触る事なんかできませ~~ん。ホンマよお分からん??laugh

 

こんな大きなカエルさんも、コンバンワ、で出てきました。

 

凄いでしょう。生き物パラダイス in Amazon 

 

アナコンダのベイビーサイズですが、出会う事もできました。(テンション上がったねこの時は。)

 

白い液を出してきましたが、ガイドは、お構いなく握り捕獲しました。(ガイドは慣れてる。ここの住民だから、平気、いつも通り感覚。)

 

顔です。ギロギロ♪

 

私も、握ってみました。初体験です。

 

おそる・おそるです。

 

そして、離してあげました。さよなら~です。ありがとう私たちの前に現れてくれて。

 

サソリさんです。刺されたら痺れるそうです。大変ってききました。ガイドさんは経験があるらしくて、私は写真とるだけで胸いっぱいです。

 

あまり、余計な事を、してジャンプでもしてきたら大変。怒らせないように。活動中。

今日は、夜の活動をお伝えしました。短かったですが、お許しくだしぇ~。散策に出かけた場所は、宿の裏から、そのブッシュに森に入って行くルートだったのですが、まさかアナコンダに出会えるなんて、超ラッキーだったそうです。日頃の行いが良かったのか、ガイドさんにも、見れたらラッキーって言われてまして、でも見れて嬉しいです。そして、タランチェラも合計8匹に出会いました。サソリさん・名前の知らない虫さん。本当に嬉しいかったです。自分が今回のこのアマゾンで見たいなと、強く抱いてたものの1つでありましたのでね。 写真では撮影できませんでしたが、ピンクイルカも灰色イルカも何回も見ました。村の近くに生息してるので、もちろん野生です。見てました。 また行きたいねアマゾン!!次はパンタネルというブラジル側から行ってみたいです。家族ができたら、行きますよ!!家族旅行はパンタネル。オススメできるでしょう。私は行った事ありませんが、ブラジルの内陸部でガイドさんに出会い、お話を聞いたりしましたし、写真もブラジルのクイアバ空港に飾られてたり、YOU TUBEでもUPされてるぐらいなので、結構有名な場所だと思います。次回のアマゾンはそちらでね。 でもボリビアもアマゾンがあるのです。ボリビアだと、費用が1番安くて行けるのかな。コストも安いでしょうし、1人旅ならオススメです。今日は、こんな感じで~す。また続き上げます。お見逃し無く!!

 

y Tomoでした~。 Have a good weekend mates

 

 

 

 

 

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Amazon Local Football Cup at dusk

昨日は、も~インドならではの体験をしました。ギュウギュウ詰め状態の中に私くしGypsy Tomoがいました。も~え~ぐらい。凄い!!凄すぎて、インドの洗礼を受けました。列は並ばないわ。むちゃくちゃのインドの考えられない習慣☆、本当にインドユーモアで、独自の文化・習慣でここまで来て、最近になり、お金をそこそこ持ってる人はマクドナルドやKFCなどのレストランに通えるようになり、多く賑わってます。食生活の方も変化の中に私はいてる感覚を受けます。チキンをよく食べます。もちろんベジタリアンもいてますが、ファーストフード店は賑あってます。だんだん先進国の美味しい物に気付いてきた感じです。昨日は、その電車に乗るのが規制されてまして、そこで私はキップを買うのに順番待ちをしてたのですが、帰宅ラッシュに巻き込まれて、オシクラマンジュウ状態でした。人口が膨大すぎて、公共交通機関が、まだ追いつけてないのが現実です。そこで、私はこの現実をTOMO!!TVで撮影してたのですが、結局、警官に見つかり、映像を削除するように、言われて、その場で削除しましたが・・・全然怖くね~し、3人で銃を持った人に言われても、びくともしなかったです。{なんだこいつらはでした。}権力をもってる駅長に言われたのですが、私は現実を撮影してただけで、悪気は、全くのゼロだったのですが、それが彼らには、不満だったのかな。まだまだインドは、列に並ぶにしろ、整理する、警官・駅スタッフ・ガードマンにしろ、頭が弱い。弱い過ぎて、私1人で、文句を言うてました。{インディアンなんでこんなに、頭が切れないん}って、待つ事をしらない、並ぶことができない、自分自分で、寂しがりやで、勝手すぎる。サルやで!!。 人生にビビリすぎ。その集大成でしたね昨日は。もおCityまで行くの飽きた。大変だわ。街も人間の数に、歩いてるだけでエナジーが消耗します。RED Fortというデリーで定番の観光地があります。ここはインド人の人達の中でも有名なパワースポット的な場所なのでしょうか。超沢山のインド人が、平日からも並んでました、大行列!!タージマハールもインド人には大人気で、その習慣みたいなものを見れて、良かったです。

それでは本日も旅コラムへと参りましょう。アマゾンからで~す。Let's Check it out!!with Gypsy Tomo.

 

 

 

 

2日目の始まりからです。ゴムの木です。沢山、傷が連れられてる跡がありました。

 

彼らは、私に天然の内輪を作成してくれてます。(めちゃくちゃ蚊が多いのですよ。)

 

彼はガイド見習いです。(優しい人でした。)

 

何かの足跡でした。アリクイやったかな。。。

 

なかなか見れないアマゾンならではの、植物でやんす。

 

これはですね~、木の根の部分で、これがアマゾンならでわの、コミュニティ電話となるのです。ここの根の部分を、棒で殴ると、凄い音が発生するのです。そんな物であり、もし森で遭難すると、この木の根を叩いて、位置情報を伝えるのです。原始的な電話でした。

 

もお1枚、根の部分です。

 

天然の給水です。

 

このような、蓮の池もありました。

 

一輪の花が咲いてます。

 

彼は、家で飼われてました。超寂しがり屋さんで、可愛いかったですよ。

 

本当は、川で生活してるのですが、ガキの頃から飼われているのか、もお家族の1部と化してました。歯が超するどいのと。驚きです。これに噛まれたら、もお大変ですよ。(正直に、怖い怖い。。)

 

甘えたさん。服を噛まないで~って願いました。

 

スロッスも、この子は、4日間家にいいて、4日間は自分で、川を越えて、何処かへ森へいくみたいです。(私の時は帰ってきてたときでした。)

 

爪は鋭いのかな?とか、臭いのかなって思いましたけど、

 

午後の夕方前の村の風景でやんす。

 

これが村のセンターです。

 

子供たちの遊び場でもあり、車なんか一切ありません。だから避ける必要ないのです。

 

女の子にはバレーが大人気らしいです。

 

犬たちも、ここがコミュニティです。人が集まる所に犬も集まる。

 

小学校です。最新の教育機器が配置されてました。

 

算数です、タンジェント・コサイン・サインなどです。(もお自分は忘れました。もお出来ないわ。cool)

 

真新しい、机があります。(何処からか援助していただいてるんですね。)

 

雰囲気は凄く良い、都会の学校よりも、のびのび生きていける。 (自分も家族がいたら、こんな場所に住んでみたい。)

 

ちゃんと、何処からかボランティアかで来た先生が、ちゃんと判りやすくやってますね。

 

先生のこの作品というか、手書きはすばらしい、この暖かさ、温もりさ。見事だわ。!!(ホンマに、学ぶべき点は多いです。)

 

教室も最高に雰囲気や、間取りが良い。

 

彼らとバレーを20分ぐらいやりました。

 

バレーボールの後は、皆(村人の男性人)で賭けサッカーバトル。

 

私、実は裸足なんです。皆は靴を履いてるのですが、私は持ってませんでした。サンダルでやるのは、履き心地が悪いので。。

 

上半身裸でしてます。めちゃくちゃ暑かったです。汗ダラダラでした。

 

楽しい時間よ。

 

負けてたまるか~って感じ。laugh

 

ドンドン絡むよボールに。

 

フィジカルでは、負けませ~ん。Gypsy Tomo!!

 

支持だしてたね。(こっち、こっち)

 

彼が私のガイドでした。この人はタフな方です。尊敬します。

 

年齢は30歳後半でしたが、若い人に負けない、スピードにフィジカルでした。

 

野人の表情。

 

Gypsy Tomo!!蹴れ蹴れ~。

 

汗が凄いでしょう。流れる流れるのなんの。

 

どうも、お疲れ様でーす。

 

拍手してるのは私のみ、そんな習慣がないからね。たたえ合うとか。私のチームは負けでしたから。

 

皆、広場に集まって楽しむのさ。ホントに昭和30年の風景に見えません。 (俺好きやわー。こん感覚。)

 

仕事終って、4;30分には、皆で遊ぶ。大人から子供まで、同じ場所で。(自分には、この習慣に惚れてしまいます。 人間らしい。私らしい習慣です。)

 

今日も1日素敵な日でした。また明日、よろしくね。

どおでしたか?今回は私の写真が大量に放出して、載せました。イキトスから車でナウタまで行き、そこから船で3時間以上かけて村へ、雰囲気は良かったね~。自分がガキの頃に住んでた社宅での生活での温かみのようなものを感じました。こんなに幸せを感じ、今でも忘れることのない、時間を送れて、本当に感謝してる。 景色を見る事も良いけど、この{習慣}ってものに、自分も入り、時間を村の人達を送れた現実は、自分のエネルギーにもなりますし、理想のモデルが浮かびます。 アマゾンは、行ってみたいって計画当初から想い描いてました。だからそれが実現して、こんな放課後の小学校訪問もできたし、大いに遊べたし、想像していた以上に満足できた日目でやんした。次回もアマゾン日目をお送りしますので、ご期待ください。

以上、Gypsy Tomoでやんした。

 

 

マイカテゴリー: Journey
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

57-58 / 87days -ケアンズ近郊-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
ビクトリア通 & ビクトリア醸造所
ビクトリア・ビターのふるさと発見!!
投稿!メルボルン珍百景 34枚目
エコなビル
LOVERS WALK
近道を抜けてショッピングにカフェめぐり!
ズラリと並んだB級屋台!チャイナタウンの路地裏発
気分は香港・旺角(モンコック)?

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)