Logo for lacrosse

~お久しぶりのコラムです。便り+みなさん元気にしてましたか?私も退院して元気にしております~ 改めまして再開しますので宜しくお願いします。

こんばんは漸くColumnに帰って参りました。長い長い・・手術前5月5日以来になるかな?あれからカ月以上も過ぎてしまい、読者のみなさん何処かへ行ってしまったかと思いました。(笑)そりゃ、こんな4ヵ月間もコラムをほったらかしにしていたら、このGypsy Tomoの存在も忘れてしまったでしょう。問題はありませんが、改めてボチボチいきたいと思っております。わたくしが何故?退院してからも、こんな長い期間、この自己を主張する主軸というコラムをほったらかしにしてたかと言うと、後にわかります。それは年末もしくは2021年度の報告でお伝えしたいと思います。やることなすことが多すぎて休みなしの稼働率200%、自分を自分でコーディネートを行い、個人事業として生活を行い、自分で撒いた種で大変なんは大変だけど、充実はしており休みなし状態。しかし、まだ人生の中間地点35年目ですので、残りの35年(合計70年)の人生コーディネート(人生プロデュース)をするにあたって、終活に向けての取り組みも徐々に頭に入れて描き、生涯の伴侶も頭に入れて(できたらいいなーー)さておき、地球上の何処かで謳歌していけるように考えておりました。自分らしく更なる枠を超え面白くいくため過ごせるために、計画しては行動に移してる段階。コツコツそれの繰り返しであり、大地を踏みしめる感触は飽きないし(人間やらせてもらってるけど飽きない)、いつもワクワク胸が高鳴るね(可能なイメージを膨らませると)。旅もそうだけど、知らない土地で過ごすことの興奮は「一番最高♫」 その中で「チャンス」「機会」というものに巡り逢い、ものにする。爪痕を残す。(笑)チャンスと遊ぶ、機会を楽しませる。逆に与えてあげる気持ちね。運も必要な、必然としてこちら側に訪れていただけるように、動き回り、目には見えないいい流れを引き寄せられるようにならないとよ。「笑顔・無邪気・無心・感謝」色々条件ありますが、まあいい振る舞いを心がけましょう。♫「がんばれーー笑」 実は退院してから、本も読んだり、文章を作成する機会にも恵まれ、リハビリを行わないといけない状況下では今もですがあります。違和感が完全になくなるのは、2021年1月以降までかかるかな?!?目で物事を見るのではなくて心で物事を見る訓練もしっかりやってきて、2020年9月7日ですが35歳8ヶ月を迎えて、358という「お釈迦様」が悟りを開いた日を迎えました。その日に作品をプロデュースしたくて、それが市場に出回るのはまだ先でありますが、オーダーはしました。チャンス・取り組み・アクションを行い続けて、停滞や沈殿、自分自身に嘘を付いて生きる時間、安定を選択してしまう時間、しがみ付くことを自動的に発動してしまう時間を生まないように、そこは取り巻く社会の原理原則を把握して、心の目で社会をスキャンして、自分に嘘をついて時を過ごすことなく、仕組みと状況を観察して、動きと動向を見ながら生涯を全うする想いであります。私の友人はYOU TUBE初めて半年になりますが、登録者数も1490人と再生回数も1000回を超えてきて、収入が得れるチャンスを勝ち取りました。私個人的には凄く嬉しくて、「自分の道を歩いてる頑張ってる女の子であります」映像チャンネルを紹介するので良かったら見てください。



切磋琢磨できる間柄で、自分の好きな事に、決心して突き進む、純粋なひたむきさに感銘しました。やはりこうでなくっちゃ!! 不可能なんてない!! あきらめてしまうのは自分の思考に問題があるだけ。今日は、その精神的な事を最初に語りましたので、次ですが、ここでPVを紹介します。トニーロビンスさんの言ってることは半分は最低限あってるので、是非是非映像を通して見ていただいて、素晴らしい新たな旅立ちをしましょう。 それではさっそくですが、どうぞ♬
【清掃員から億万長者へ】 新たな可能性を追求する者達へ || トニーロビンズ

私は偉大ではない、偉大な人間はいない、偉大というのは自分で認識するものではないということをお伝えしてくれました。「決めたらやる♫」続けることが大事。自分の頭(脳)大脳皮質と交渉したりしない(損得が生まれてしまうね)、常に無を保つこと、私達には思考、心が魂が宿っている。優先は何かが判っているはずである。だから「飛び込め!!」恐怖に打ち勝て♫ 自分の行動や感情に責任を持てなければ常に生涯の生活で被害者意識を持って人間をやってしまうよ。それで生活を送ってしまう時間になっちゃう。人生は短くて悩んでいても惜しいぐらい、人生の決断は「常に全力を発揮し尽くすこと☆(^^)」ストレスや困難みたいなものは必ず付き物である。極論、喜びも苦悩も幻想♫ 90秒ルールで断ち切り突破する。期待や欲を出すことを止めて感謝のみを行う取り組み姿勢。周りにある万物から楽しさを自分で見出す取り組みに感謝と奉仕の心を持ち、愛のある行動をとる。苦痛は次第に薄れてゆき消えていく(時が空間支配してるからね)。「全ての苦痛は自分の執着心の種が根源です。」これは100%そうです。根源を理解すれば苦痛が消えるが、思考が一方通行しかなければ、融通が利かず爆発するね。(まあ、あるね笑) 苦痛は脳からくるもので習慣によって「幸せ」を育むことができる(転換)。心の目で見て、心で味わい、心でこきゅうを行う(自分の味方を呼ぶマインド設定)。 自身の思考によって喜びを見出して心で、から笑う。内から外側へ。「私を用いて下さい」チャンスを与えてくださいと祈る。私トニーロビンズは見えないもの(力)を信じてるし、誰にでも働いてると信じている(わかる)。人間だれしも脳で沸く「本当は「こうあるべきだ!!」のように、欲・我・絶対こうだという思考してしまうことが」無意識から醸し出てる本来の力や能力の妨げを生んでいる脳は交渉や、絶対こうだという思考はしては本当はいけないメカニズムにできているが社会の常識は脳は「使いなさい」が、120%流通してる。行き渡ってしまっている。脳の仕組みと、神様が与えた生命のプログラムを解釈したうえで、脳というものを上手に使うというか、活用するのが、本当はいいんやけど。誰もこの世の中知らない人が多いね。 いかに無を保てるかが人間の気付き我自身挑戦できるかが鍵となっている。私も常にこのラインで挑戦し意識してる。「脳と交渉はしてはいけない」これは解りやすくいい言葉でした。120点
事が起こると「これは良い挑戦だ♫」という風に考える。誰の中にでも目標や気付いてない欲望は小さからずあります。それは、その人の人格を形成するものであり、表情でわかる。
マイケルジョーダンのセリフで生涯「敵は周り(対外)ではなく自分の可能性と戦い続けた」そして「メンタルは筋肉であると」唱えた。「苦痛を乗り越えかち合う自分の世界を見つけるんだ!!」と、おっしゃっていた。苦痛を越え苦行をしようしてでも成し遂げた先へ、それが本当の人間になるための学習、道のりだ。それが地球上で生を享けた神様が期待してる各々に持っていただきたい行事ね(ストーリー)。人生に偶然はない、全て自分にとって意味あることです。可能性に限界や枠(柵)を設けてはいけない、過去の自分と未来の自分は一緒ではないんだから。by トニーロビンズ and Gypsy Tomo  いい言葉が多かった。笑 笑顔


新型コロナの影響で初めてホームレスに…2人の選択

佐藤さん(仮名)お金はないけど、明るい性格やね。素晴らしい!! 私は実際のシェルターは見たことありませんが、このように映像を通して、実際にあるのが確認できました。最低限しのげる場所は確保されてるんだと思った。炊き出しがコロナによって減ってしまっているので、コンビニから出る廃棄に頼るしかないのかな。。。?そこはどうしてるのか分からないが。今の時代クラウドファンド(ネットで寄付を募る)システムがあるので、そこはいい部分だと思いました。弁当の費用に充てられたり、施設の運営資金にも充てられてるんだと感じた。内海さん(仮名)40歳の方がおっしゃっていた「外で野宿すると何が辛いかというと」⇒「荷物が重たい」でしたね。この言葉はよく解る。私は25キロを担いで、転々としていたので、精神的にきてるときは、この鞄の重さは1,5倍に感じていた(ひきずりたくなる)。 苦行に近い修行であった。 警備員に怒鳴られて、「どっか行け!!」と排除される人間と排除命令を施行する人間、まあ面白い人間の社会システムとプログラムミングされた脳ですね。やむ負えないよね。精神的に来るのわかるわーーー。☆ 派遣や日雇いでは飯場は聞きますが、危ないから。それも仕事で、必要な作業でもあり、世は潰しては新しい建物を作る。世の時の流れに、社会構造と人間の欲も働きお金を回してるから。この飯場という職業は全く否定しないが、危険も潜んでるって事であります。
今回の特集では彼らは、元々が日雇い労働者や派遣労働者であったために安定してない人達が、クローズアップされてました。元々は不安定な世界で生活してた方々だから精神的に強く大丈夫っていうたら大丈夫であって、今、そしてこれから問題になってくるのが、安定した企業からクビを通告されてしまうケースがおもてざたに立たされる時代がくること。家のローンを組んでいた人々、安定した企業に勤めていた人々がこの先、精神的にプライドをたたみ、収入もかつてのように入ってこなくなっても人間をやっていけるのかという局面に入ってくる時代が自分に訪れる(時は流れてるから、流れの中で私達は生を享けてるから)。神様が作った世界やから得手不得手の構造であり、不安定で身を置いてる人間は精神的に強いね。安定した生活を送ってると、精神的に弱くプライドだけが高くなるマインドになってますから、放したくない放置や疎外されたくない感がドンドン高鳴ってくる。そして高まってくる。そこを把握する必要が人間をやる上で、理解してると状況×状況で対応がしやすくなる。
内海さん(40歳)これから福祉にチャレンジする。やさしいね)。根本が。。孤独も味わい、その環境から学んでいる、与えられた自分のキャラクターと試練に自動的にはまるというか、向かっていた。その結果、動き続けて、運気もある中で、このように声をかけてもらえて、お仕事を紹介させてもらえた。そして新たなチャレンジへ福祉へと推移するコロナウィルスが社会に撒くドラマが構成されていく、だからそういう意味では、私は面白いと思うし、「しがみつく精神」「安定を求める精神」が、自分を自動的に細くしている。潔癖になりすぎて、プライドだけが高くなってることに気が付きますから。自然のエネルギーや脅威によって、人間は気付かされる機会であるというのが、今でもあります。 これまでが過剰すぎる社会でしたので、だんだん世の実体経済を見つめる機会へと移っていくのが、筋(道しるべではないかと私は思っております。 「ドラマチック」な世だね。色んな経験がたくさん自動的にできる素晴らしい流動と時。 そして感謝ですね。heart


【キャスト】苦難の時こそ⑯~コロナ不況で真っ先に解雇・・・それでも日本で生きる 職探しに奔走する外国人の2ヵ月~

10人は解雇されました。クビになりました。そういう時代の波が到来しました。2020年という時代。外国人の人達が日本で働く、今が凄く「苦難の時」
=「苦行」⇒いい人間になる為に時代の波に直面している。ワンさんは27歳ホテルで勤務していたが中国人観光客の激減により給料の大幅カットで手取りが12万円の家賃が7万円であった。思い切って退職しては就職活動に挑戦!!収入ゼロで冷蔵庫内は、何もない。切り詰め生活へ推移した。晩御飯はコーンフレークに牛乳と、私も3日間、精神的にやられていたときは牛乳のみであった。「何か・・牛乳って、一種の助け舟的なエネルギーがあるように感じる。ゲン担ぎ的なミネラルも含まれてる感触があった」「節約=苦行」がんばれーって感じでした。窮地に立たされる外国人簡単に使われる労働源、雇用の調整弁、これは異論なく、どこの国でもある話、クビも普通。あるあるで、解雇理由も様々で企業は経営が厳しくなれば訳を投げて来るから、これも普通のあるあるの話(ドラマ)。理不尽な扱いも全然あるある。 私も日本で4日目で解雇を言い渡されたり、海外で3カ月目で解雇を言い渡された実績ある。 全然普通に解雇通告は投げかけられる。 末端労働者(末端人間)は弱者かな・・捉え方にもよるが、使い捨てやからね(深入りしない、適度な忠誠心でOKポジション)。それは最初から解ってる話で、解ってるポジションやからね。 
ウィルスによって人と当たり前だった対面ができなくなる現代となった。ワンさん100社以上応募しましたね。私のノルウェー時代(2015年)は200社に応募して返事があったのは5社で、トライアルにこぎつけたのは社でしたから、まだまだワンさんいけるよ。♫27歳で異国の地でいい経験が継続できてるワンさんでした。 糧になるからね。こういう経験は☆彡お金で買えない価値があって、こういうのは年をとってから感謝し笑えるドラマで、時代が与えてくれる「学び」であります。 その時は辛いけど、あとあと感謝という二文字が湧き出て来る。人間の構造上、性善説で生きる生き物だから、もともとね。 


【新型コロナ 外国人にも影響が… 困窮・相次ぐSOS】(報道特集5/30放送) 

ネパール人、4月からバイトなし、働く先なし、実際今現状はわかりませんが、6月10日にYou TUBEにUPされていたニュースからでした。一番苦労したのは家賃、食べ物が高い日本国、収入ゼロで内定を取り消された。コロナによって予定不調和となった事実、世の中全体が急変してしまいました。雇用ができなくなりましたという通知が送られてくる。「日本で働くことを目標に頑張って勉強して借金までして出てきたがタイミングがコロナ騒動で、最悪な状況下であるということ」 悩み、どうしたらよいのか?自分で考えたが・・働けないし・・・収入もない、学校も何も助けてくれない、byカダカ・バドリさん28歳、 日本に来て、凄い経験をしてるよ。日本国に留学生として訪れて、稼ぎに夢を持ってきたが、世の中が過剰であり、コロナウィルスで、このタイミングでかき乱されましたね。 いつどのタイミングで過剰経済は私達にを与えるか、分からないからこそ、時が支配しタイミングが図られて、その時がくる、時の上での社会で生きる生命の終生であるよね。私も海外の旅行会社に内定もらっていて、2019年の春に、それが、フィリピンの法改正で労働ビザが降りなくなり、内定が取り消されたことがありました。結局はそういう運命で、今現在、その会社は音信なし・・・、このコロナ渦で、かつてはネットに広告が出されていたが、今は旅行関係は冬眠中。またメキシコの旅行会社も内定いただいてましたが、結局はこのような状況で、経営してない状況となった。その他では、やはりインドで私は仮に飲食店を2019年5月に開業していたら、もおロックダウンで生活できていなかった。結局は店であった。これまでサービス業で行く予定であった事は、寸前に破談となった経緯は、今現在に繋がりコロナウィルスが到来する予兆を与えてくれていたのかもしれないと思った。行かなくて良かったのか・・行けなくて良かったか・・必然だったのか、後から思う事がたくさんありました。結局はそういう運命であった。 誰にも分らない未来、宇宙や全て万物を形成した神のみが知る予定調和
外国人はビザの期限が気になる所で、オーバーしたら今後、日本に帰ってこれないから、厳しいよね。だいぶシビアになるのは解る。カダカ君は借金80万円あって日本で就職して返済する予定でしたが、監理団体とか、ネパール側の出先機関、日本の管理団体が、まあ金を取りすぎなんだろうね。儲けようとしてるのが、この出先機関と受け入れ機関など、○○団体など、グルになってクリーンなイメージがないのが嫌いです。私も受け入れ機関で1週間いましたが、いい話は聞かなかった。外国人労働者=金=ビジネス、1人紹介いくら儲かるか? 技能実習生=1人につき、いくらになる? 人材ビジネス=儲け、露骨すぎて面白くない。腹黒い臭い。留学生は日本で35万人いて、技能実習生は日本に41万人いてるらしいね。 日本の経済は依存しないと保てない現実ではあるが、今は入国制限があるので、入ってこれないのが現実。ベトナム人技能実習生手取りが12万円⇒7万円って、、、、違法賃金でしょう。可哀想だよね。苦行時期でもあるけど、母国に仕送りが出来ない、借金の返済ができなくなる。途絶えてしまう。 そんな中でも支援物資が実習生と留学生3600人分があり、NPO日越ともいき支援会によって配布されている。 そこは素晴らしいよね。国策で留学生や技能実習生は入ってきて、日本のGDPを支えWIN-WINの関係性を保つはずが、ほったらかされてる感じや、後回しにされてる感じもあるよね。 自分がこういう経験してみないと絶対わからないからね。 日本の政治家には全員、こういう海外で差別なり、劣等感を味わってから、心に糧を得てから政治家や官僚に就いてもらいたいものです。


盛りだくさんで、コロナウィルス問題や、この時代だからこその向き合い方をUPさせていただきました。世の中、ストレス抱えてる人が95%もいてて大変だからね。読者のみんなには思考をやらかくして(脳と交渉しない)、この時代で起こることをもっと当たり前にとらえて、寛大な精神(マインド)で過ごして欲しく思います。以上
それでは本日の旅コラムへ突入する前に、下記の写真3枚UPしたので見て読んでください。煩悩を鎮める108の法則です。上手にまとめ上げてる方がいらっしゃったので、助かると思います。 必勝法って感じで保存しておくと良いでしょう。108個、暇でしたら見て読んで行ってね。♫

どうでしたか?自分に心当たりあった? 私もたくさんありました。 自分自身の説明書みたいなもんです。 ありがたし。 答えはここにあるもんで、あとは意識するかしない、それだけのことです。この先に見える世界は何か気にならない?これらを意識しつづけるとどんな感触を得られて、どんな景色が伺えるのか!?新しいチャレンジになります

それでは、そろそろ本編の旅コラムにまいりましょうか。!? グアテマラのサンペドロ・ラ・ラグーナからです。語学学校に通っていた時の写真からになります。長閑な場所でありましたので、写真だけでもご覧になってください。それでは世界のサンペドロ・ラ・ラグーナへ行ってちょんまげ♫ジャンプ☆



中米にある湖



アティットラン湖で、有名で象徴的な湖となる。



いい感じでしょう。ジュラ紀みたいな雰囲気も漂わない?



火山の山でしたが、今は休止状態



水量が増えすぎて、家が飲みこまれた。



このように壊滅する水辺の住宅。



長閑な中米の田舎道





私がこの田舎、サンペドロ・ラ・ラグーナで滞在していた時の部屋でござる


住宅街の屋上


屋上でコーヒー豆を干す



生活観があるよね。ボロボロな感じに味がある。 


ホームステイ先の娘さんとワンチャン


こちらが夕食でした。

田舎っていいよね~。長閑が好きだわ。ww自然に囲まれる土地に生活空間が整えられてる。村の雰囲気が出ており、よそ者の私だからこそ落ちつける。写真にあった部屋ですが、ホームステイ先1軒目の部屋でした。閑散としてて、机とベッドのみで旅の宿感覚で良かった。物がないって所が、目覚めが早くて、行動に移しやすい雰囲気にさせてくれる。私はここの村はオススメできますし、好きでした。次回書きますが、コンパクトだからこそ芽生える地元愛的、サッカーチームも小さいながらにセミプロチームがチームあり、バスケットボールチームもあって、試合の時は皆で観戦!! 私の生まれた環境は大きな都会だったからこそ、違った感覚がここでは多目的、多様、多彩に感じれた。こういう感情にさせてくれたのが、ここサンペドロ・ラ・ラグーナであり最高でした。ナイトクラブに、バーもあって、週末は飲みに歩き回っていました。ヒッピーもいてて平和でした。異文化でもあり、色んな要素が伺える村でした。オススメできるので、是非コロナ騒動中だけれども余裕があれば行ってみてはいかがでしょうか? 知見を広めれる感覚を味わえれる場所でありました。ホームステイの食事は昼は豪華な方でしたが、夕食は配給に近い食事で、豆スープにトルティージャで、しょっちゅう夜半にお腹が空いてました。この国の習慣を色んなかくどから味わえる魅力ある文化であった。何十年後かにまた行きたいね。

以上かな・・・本日もコロナ渦のなかでのPV映像を見てくれてありがとうございました。自分に置き換えて見てみるのも良し♫。 様々な人間が色んな境遇で光を浴びたり、ドラマを送る姿に知見が広まるよね。ここで共通する点は何があっても「行動」アクションはしてたら、自分のドマラは作れること、引きこもったらドラマが作成しずらくなる。何かしら動くこと、コミュニケーションも図ることが、基礎であり、外してはいけない部分である。 しんどくても辛くても「動く、歩く」これさえしておけば運気は少しだけど上がります。

地球がある限り、生命が澄める限り、動けば歩けばチャンス(展開)はあり☆(^o^)v
色んな映像やドキュメンタリーはあるけど、生で難民を経験した人などの講演会など、話を聞いたら面白いよ。 人間に生まれて社会で生きる、私達、万物の中の生き物である上で、法を突破せざる負えない人生を歩んできた方々の話を聞くのもスパイス(刺激)になりますので、是非、自分自身を奮闘させるスパイを得て、行動に移せば、現在のコロナ渦でも、脳は明晰にインスパイアーされて、いいアイデアが生まれるでしょうきっと。この状況だからこそ、他の角度、視点から見ればまた違う景色やチャンスや感じ方が変わってくるので、宜しくお願いします。「雨降って地固まる」

トモちゃん より  





 

コメント

関連記事

LOVERS WALK

近道を抜けてショッピングにカフェめぐり!

最新記事

船旅(19)

部屋に戻ると、光江はバルコニーに出て、船の周りを見た。外はもうす.....

船旅(18)

「どうしよう、どうしよう」とつぶやきながら、光江は右手を顎に当て.....

船旅(17)

 翌日の午後9時に船は香港を離れ、日本に向かうことになっていた。.....

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....

カレンダー

<  2020-10  >
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー