Logo for lacrosse

~Road to Angkor Wat ~Pics studio part 1 ~

おはようございま~す。さあ今日もここカンボカンボジアからお伝えしたいと思います♫。私も猿岩石になってた気持ちで、国境を渡りました。2ヵ国目!!3ヵ国目!!!って感じで。生きてて本当に嬉しい一時でした。ではBorderからAngkor Watの写真を是非楽しんで下さい。 行ってQ♫Q♫

 

じゃじゃ~ん。♫KIngdom of Combodia です。遂にBorderを渡ります。(この時はとても興奮しましたね。岩石ジプシ!!2013年

 

と、その前にVISAの申請書を書かなくてはいけませんでした。申請料は600BAH(約2000円)でした。

 

Thailandのイミグレーションは通過して、これからカンボジア側の審査です。(暑かった~。↓)

 

写真でもお伝えできてるかな?これは2国間のBorderの間にあるホテルです。どちらの所有物かは分かりません。外観は綺麗な建物でした。(周りから見て、これだけが近代的な建物で他はボロッチイ建物でした。絶対カジノは入ってます。)

 

見て下さい!!この列。タイやカンボジアは旧お正月でもあり、本当に待たされました。ここまでで最初の写真から3時間は経過してます。

 

はい。4時間以上の経過して、まだまだ先は長いです。本当に大変でした。(内心、国境を渡るのってこんなにしんどいん??と疑いましたよ。でも我慢我慢。)

 

やっとこさでBorderを越えて、この景色。。。かなり貧しいPoorな現状を目の辺りにしました。(砂ぼこりに道も全てThaiと比べてショックでした。)

 

建物も耐久度なし、使えるものはゴミでも使用する。(この時が久しぶりに、Nervousになりましたね。)

 

やっとこさで宿があるSiem Reapに到着です。この部屋で1泊300BAH(約1000円) (この日は気疲れで爆睡でした。)

 

就寝の前に、何か食べたくて、外で歩いてた時に偶然やってました。タダで見せていただきました。(ありがとうございます。)

 

翌日、TukTukにまたがり、いざAngkor watへLet's GoGoGo~ ♫

 

パパ~ン♫晴天に恵まれて、やって来ました。ここはメインの入口になります。(沢山の観光客でした。)

 

道を進んで行きます。(神様の光が眩しいのなんの☆。)

 

中は、至るところが崩壊してます。ここもその1つです。

 

1000年以上前に設立されて、今に至ります。(ボロボロだけど、素敵な彫刻が沢山あります。)

 

これも当時のまんまです。

 

修理が進んでます。メインの入口です。

 

そして、見えるでしょうか?中の方へと入ってまいりました。もお本部ですよ。

 

修復前はとてもとてもひどい状況でしたが、このようにして修復しました。(中身が見えるのは残念ですね。せめて鉄は隠してほしいものです。)

 

馬に乗り写真の撮影できます。が、暇らしいです。(馬も眠たそうですね。)

 

道を北えと進みます。本道へいざ!!

 

ライオンの顔は剥ぎ取られてました。(残念で見苦しいです。)

 

ここも修復中。真っ直ぐ行けずに、周りから中へと入ります。

 

写真だけ本道からカシャ♫(なかなか良いアングルでしょう。(*´∀`*))

 

ここはプールの跡です。宗了はここで、昔はRELAXしてたんですね。

 

天井は雨で彫刻が剥ぎ取られてます。1000年も経てば、人工物は、なかなか持ちませんね。

 

これも60年前の内戦で顔が取られました。

 

神秘的なスモークです。仏様に祈りを皆様!!

 

当時の将軍はここから、何を覗いていたのでしょうか?(映画の1シーンな感じですね。)

 

中庭です。子供の僧侶はここで遊んでたと思います。(ボールゲームもやっていたかと思います。)

 

私はタンクトップだったので、この階段をあがれませんでした。沢山の観光客が上へと上がってました。

 

花も咲いてました。生命力は何処でも可能な限り生き続けます。(聖なる菜の花みたいに伺えました。凄いね生命力は。)

 

とある通路です。No Head ..... (残念な景色。)

 

あなたの部屋からこんな景色が見れたらどうしますか?(美しい)

 

外観です。(まだ綺麗に耐えてます。)

 

記念にハイチーズ✌

 

また、中からではなくて、外から見るアンコールは良いですね。

 

一味も違う魅力 from exterior 

 

これがアンコールの表情かなと思います。

 

たんぽぽが雲が、また素敵な味を出してくれました。(何辺見ても素敵やね。)

 

昔は森林だつたこのへんも、開拓されて、この景色です。(皆さん当時のジャングルを思い描いてください各々で。ここは秘密の寺院なんです。)

 

現在は観光がメインなので、このような砂利道も作られてます。(少し残念な気もします。森が見たかった~。その中に眠る遺跡!!想像しただけでも、ヤバイね。)

 

リンゴの木の木陰からハイチ~ズ✌アンコールワットさん

 

メインの道からは帰らず。外側から歩いて出ました。雨が降れば、この辺りは大きな水溜りになり、また1味も2味も変わるそうです。(水に映るアンコールワットなど見てみたいですね。☆それは次回のお楽しみです。)

 

偉大なるAngkor wat in 2013. (凄いねやはり。)

 

外庭からのアンコールワット。(お城は遠くからでも凄い迫力だわさ。)

 

まだ見えます。アンコールワット!!!!!!切手サイズね。

 

とか言うてるうちにお昼のLunch timeです。向こうは観光客がきたのに驚いてました。私たちに。この辺は観光客が見当たらない外れの場所だったので、少し驚いてたかな。

 

この時は11時15分頃でした。彼はイングランド出身のグレンさんで彼はアンコールワットは3回目で、カンボジアの観光はベテランさんです。彼と同行して正解でしたね。

 

ポスターは至るところにあるけど、私は読めません。全く理解不能の文字です。

 

これで約200円でした。まあ現地の路上感覚での店では少し高めでしたが、美味しくいただきました。(ゴチソウさまで~す。)

 

食後は次なる遺跡へとTukTukuを走らせました。(ご覧いただけますか?ここも頭が取られてるんです。首切りです。惨めな姿でした。過去の歴史は凄まじかったと思います。今でもぞくぞくしますね。)

 

以上がAngkor Watの写真となります。 ご覧いただいた皆さん。本当にありがとうございます。自分自身、念願の夢でもあったアンコールワットを生で見て、入ることが出来て感激でした。オーストラリアのエアーズロックに続き、また1つ夢が叶った事、まだまだ行きたいところは沢山ありすぎますが、本当に歴史を感じて、触ることも出来て感謝してます。 でもまだ終わりじゃありません。この続きは数日後にUPしていきます。また異なった。アンコールワット付近の遺跡をUPしていきますので、ご期待宜しくお願いします。

今日はこの辺で、世界のカンボジアまで~行ってQQ♫(^O^)

コメント

関連記事

メルボルン大学

メルボルン大学の学生のキャンパス・ライフを覗いちゃおう!!

最新記事

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....

船旅(2)

 乗船する当日、外から眺めた豪華客船は、その大きさと輝くような白.....

船旅(1)

 光江はオーストラリア人のニールと結婚して30年になる。その間、.....

カレンダー

<  2020-06  >
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー