Logo for lacrosse

The road to Quezaltenango and mounting up Volcan Tajumulco the highest Mountain in central America .

2016年4月11日(月)、時が経つのが、ホンマに早く感じる。こないだ4月に入ったと思えば・・もお11日も過ぎ去り、どなおなってるんだ~状態(^0^)x まあね。私も残りでの滞在が2週間ちょっと、もおあっと間に離陸の時が来るものと感じてます。飛行機の予約も完了でヤンゴンバンコク経由で入国します。もお少しこの旅のルートをオープンにしますと、へ行きまして、最近有名になってきたバガン寺院へ行きます(の北東の農村地帯は、今もまだ少し危なくて観光客が行く場所ではないので、辞めておきます。私も何があるのか情報が無いので、特にチャレンジして行くエリアではないと今回は・・です。)。他も周ります。そしてチェンマイへ行きまして、へと、ここではでは、多分・・・100人も知らない、マイナーだけど凄い森の中にあるHOTELへ行ってみようかと、考えてます。メコンを上へと・・・・・、私もアマゾンでの民家へ訪問したり、周辺で滞在した事がありますが、今回は、また違った建物で(感覚も違うように感じます=先見力からの予感。)、その辺りは実際に行けて写真が取れたらUPして行きたいと思います。そしての首都経由でバンコクへ帰ってきまして、また飛行機で、とある場所へと飛びます。自分の軽くやってみたい見て見たい、彼の偉大なる姿を、この目に焼き付けに行きたいです。その場所は・・実は・・世界で1番の場所。皆さんが人生で1度は聞いた事のある場所へ。angel 次週発表いたします。

もおに来て、ほぼ完全に精神的にも回復して、最近は、もお真近に迫ってきた旅の再出発に向けて、胃の底から、興奮(ゾクゾク感)が再び湧き上がってくる感覚(活動再開)がしてきました。そして、今回の旅で、新たな軽い投資として、GoPro Hero4を購買しようとしましたが、予算がカツカツな為に、そこは諦めて、2016年に今年になって販売されたウェアラルカメラを台注文しました(安価の物)。その他アクセサリーと新しいBackack(前に背負うカバン 兼 ハイキングタイプ)と, いつも頭に被るってるypsy Tomoのトレードマークの Era 59fiftyのCpなど、気持ちを一進に超変革で行く予定です。旅のルートも、今回は変革です。時間と予算から、あと自分の心が何処を目指し向かいたがってるんか、ハートに従い、そのクレイジーなルートで再び始まります。お金も、使うよ~~~。恐れるなGypsy 兼 Crazy Tomo2016!!、貯金なんて使って使って使いまくれ!!lってwink今は、そんな気分(これ多分、正解だわww今の7年目の私にcool)。 おは株に投資せず、人に投資して、経験地となり、が出・がつき・、も入って行き、シーの様に煮込み時間経つにつれて、しくなる★。付加価値のある物へと(^0^)v(世界で1つだけの個性豊かでユーモチュー♪へと。超旨い~パタ~ンへfrown) 変な例えだけど、(これ正解!!)(死ぬまで勘違いを貫き通す人間パタ~ン ってか?(笑)そおです。) 判っていただけたらHAPPYです。必要となれば、その時、働いて、稼ぎます↑↑

それでは、私Gypsy Tomo!!の勘違いの人生の世界へ行ってちょんまげ、内容は前回よりマシです。Secret potion.

 

 

先週も、お伝えした通り、ドライバーのミス(記憶障害ミス)からアンティグワに降ろされて、再出発です。朝が超早かった5時に宿を出まして、トヨタのバンで、グアテマラシティへと戻り、そこからバスでケサルテナンゴへと、本当に今日は上手く行くのか半信半疑でした。 そしてグアテマラシティからの出発も少し遅れて、そして出発しました。凄く乗客の人達と仲良く遠足気分でワキアイアイで、進んで行きました。外国人は私1人で、スペイン語の勉強をしてまして、色んな人に助けてもらいました。(笑)が、が、またもや名物のストライキです。もおあと10分早くバスが出発してたら、こんな所で引っかからずに通過できてたのに、残念賞。

 

この先を右に曲がった所30m程先でストライキスポット、ここで17時頃までいました。何もすることなく、私は側道にある小さなショップでカップ麺3つ食べてました。お腹がへるへる。 スペイン語勉強したり、乗客の皆さんと冗談いうて笑ってたり、 道の上で日向ごっこしたり、素敵な時間でした(笑)

 

これがグアテマラです。乗り込め~。

 

ケサルテナンゴへ到着(市内写真)。

 

これ勇気もって買って食べましたが・・・美味しくなかった。(私はあわない。Deepflyしたデザート感覚の物。)

 

彼の家で泊まらせてもらいました。将来は、ちゃんとしたレストランを開きたいだって、ちょっと異風感じの人でした。部屋には空き瓶が、とても多く、ユーモアな方でした。(料理は、そこそこだと感じます。)

 

彼の作っていただいた食事です。 美味しかったですが、これ食べて、腹が痛くなったのを覚えてます。(笑)(^_;^)

 

こちらも美味しかったです。(でも、ぶっちゃけ言いまして、普通★でも凄くありがたいことです。 無料ですもの私には。)

 

近くの山へと暇つぶしにハイキングに出かけました。

 

こお雲がかかってくるでしょう。 この1時間後には、凄いドシャブリの雷雨が来るのです。(バケツをひっくり反すぐらいの短時間の、激雨。)

 

何か共産党ホールみたいな、ここも廃れた場所でした。 あとで、ここへ行った事を誰かに言ったんです。そしたら、{危なくなかったかと?問いただされました。} 何か、ここも少し危ない人がいるみたいな事を言うてましたけど、私が行って時は、人も殆どいなくて、平静としてました。 運が良かっただけで、何もなかったです。

 

この日の晩御飯はローカルの人が通う、レストランへ約170円程。 ここのレストランには計3回きたかな。ここで滞在してる間。

 

私の寝床。ケサルテナンゴ。意外と予想以上に気持ちよく寝れた。屋根裏スペースで、感覚でいうと、となりのトトロで、めいとサツキが虫ネットの中で寝てて、扉全開で寝てる感じ、月の光が中に入ってきて、涼しい空気も中へと、そんな不思議で気持ち良い感覚の屋根裏でした。

 

これも皆食べてる。ローカル人向けのカキ氷。コンデンスミルクに・・何やったか忘れた。。ごめんなさい。でも、約40円で美味しかったです。(これは、また食べたいです。♪)

 

いきつけのローカルレストランでの晩御飯。これはお肉があるから、少し高めの値段でした。約200円かな。(もちろん、全部いただきました。)

 

違う日の早朝は、バックパッカーの人らと、ツアーガイドの人と中米で1番高い山へと出かけました、その向かう途中のローカルバス車内。(混み込み。)

 

一度サン・マルコスでバスを乗り換えて、やってまいりました。ここは登山スタートラインです。

 

到着した時は天候は良かったのですが、時間が経つにつれて、雲が出てきました。(現地ガイド入れて6人で登ります。)

 

登るよ~。エイエイオ~♪

 

こお豪雨の道があったり、自然のありのままの顔を出してくれててありがたく、嬉しいです。こおいうのを見るのが好きだな私。

 

Have a break.皆元気モリモリ(ドイツ人・イギリス人・アメリカ人・イスラエル人・グアテマラ(ガイド)人・私の日本人)

 

高山植物? 綺麗です☆嬉しくなる(^o^)

 

植物2

 

植物3

 

植物4 、(名前は全く知りませんが、見るだけで、本当に心が笑顔になります。今でも嬉しい☆cheeky)

 

登るにつれて、霧(雲)が、かかってくるわ。 でもこれも素敵な経験の一部です。

 

のりの良い、登山仲間(笑)、彼らけっこうイカレテル(笑)

 

オープンタイプのトイレを発見しました。皆で半ケツになって、アホ写真撮りました。

 

翌日、早朝に登る山頂が雲の隙間から顔を出しました。

 

本日は、4000mのこの広場でテントを張り、就寝です。彼らは全員アメリカンの1つのグループでした。私らとは別の。 こんな感じって事で。この夜中には氷が降ってきたりして、少し煩くて、なかなか寝付けなかったです。なんせ寒かった気温3℃で、私の寝袋は-7℃までって書いてるのですが、超寒かったんです。寝袋の頼んなさを痛感した感じでした。イギリス人の人は、夜中に吐き気をもよおすわ。野犬は吠えるわの、安眠妨害な1夜となりました。

今日は、まだ良かったでしょう。! ここキャンプ地の場所でも4000mと、3776mをも超えてるという事で、嬉しかった。あのよりも高い場所に私はいてる事を、世界には沢山の高い山々がありますが、ここへこれた事は、嬉しかった。実際ケサルテナンゴに来た理由も、山へ登る事でした。この訪れた時は9月で、Lo Seasonであった事もあり、なかなか人が集まらなかったのですが、何とか、かき集めて5人揃う事が出来て、登山を実行することが出来ました。私人なら、出費がもっともっと多く重なったのですが、5人集まっての事で、落ち着いた値段で、実行できました。ここは安いね。ケサルテナンゴもここにあるのですが、学費とホームステイで週100あれば、いけるような事言うてました。私も思います。中米で安い場所は、メキシコの下の方か、グアテマラと、もしを学べる時間があれば、私は、グアテマラ(安全で安い)、でも変化球でホンジュラスも今、思えばゾクゾクする環境。でなら、コスタリカペルーで、変化球でベネズエラかな☆。また行きたくなる~!!!、ともかく、全然4000mでも、以外にしんどくなくて、軽々上がる事が私には出来ました。いたって普通。全然しんどいとか感じない。でも他の人達数人には影響を与えてました。しんどそうにしてたり、吐き気など、食事が上手に消化しきれなかって、戻したりと。 今日はこの辺で。また次週お会いしましょう。次週は早朝のM,Tajumulco山頂からです。 お楽しみに以上。

y Tomo2016!!

 

 

 

コメント

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-06  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー