Logo for lacrosse

O último forte em São Paulo

はいはい!!慎吾ママで~す。なんちて・・・laugh前回のColumnも見ていただいて、ありがとうございます。お陰様で2013年にこのCoLUMNをStartしてから、愛読者!?(笑)も増えて来ました。ラクロスのネタだけでは、もちろん無理だし続かないし、飽きられるしね。wink創めるきっかけはラクロスを知ってもらおう!!みたいな感じで始めたのですが、もちろんそれだけでは続かないし、最初から旅も考えてたので「TRAVEL and LACROSSE make friends」ってしました。それは正解でした。 今は自分はラクロスもやっておりませんし。2013年のカナダでのBOX LACROSSE 3部リーグを2試合出て、終了しました。そこからはノルウェーで練習会に参加したり、ドイツでは1度練習会へ、台湾では、練習会の見学のみだす。2018年にはイスラエルのネタンヤで行われます。そこに今回も何かの形で参加したいなと考えてるのは事実です。前回はアポなしで、大会前の会場へいきまして、ボランティアさせて下さいな感じでいきました。そしたら子供達の試合の記録係やタイム係をやらせていただきました。2018年もラクロスネタを入れたいと考えております。それ以外にも目的があるので、行かないといけんと思っております。それは2018年7月に言えたらと思います。

ではでは、またSIDE SHOWのPVの続きへと参りましょう。「世界の果ての通学路」続きです。前回も毎回なんですが、私の思ってる事を書かせていただいてもらってます。特に日本人は新たな風が吹く事に抵抗があります。中国人がどんどん日本に進出してくる。外国人が日本で住む、もっと激しくなり、ルールも変わり、新しく設けられて、ルールがついていけない世界へ、また複雑な感じにもなってくるのは見えてます。恐れるよね日本人は。私達は、日本にいながら、外国人のオーナーや店長の元で働く事も、もっと当たり前になる時代へなります。逃げれません(笑)。日本の何処かにスラム街的な場所も2030年以降には出来るかもしれませんね。 もし出来るとしたら、何故?スラムという街が仮に日本で出来てしまうのか??今から予測する事も大切です。そうならない未来の為に、そおいう団地や区画を生み出さないようにするために、予測して、考える事をも大切ですね。laugh 何を持って、自分の心を豊かに保てるのかblush この映像から教えてくれるに違いないでしょう。では続きをご覧下さい。Check it out again.


世界の果ての通学路 2/2 

幸せの唄。インドの3人兄弟が歌ってるの心に響きませんでした?人々が助けてあげる姿に感動します。そして、夢を語る純粋で強い想い。未来を切り開くという言葉のエネルギーが信憑性が、凄まじく強い事、私達より何百倍も、凄い無限の爆発的存在能力を持ってる。 片道1本。選べる選択肢がないからこそ、そこに全力を注ぎ扉を開けて行く。 何か、少し羨ましくも思います。 「直向に笑顔(^o^)」 忘れてはならぬ事だね。 以上です。あとはこれを期に明日から生き直しましょう(☆) 素敵な日々を皆で「幸福パワー」をシェアしていきましょう。

こちらの唄は、皆さん忘れられないかと思います。「天の神様 地の神様」インドの子供達が歌ってるものです。忘れられないでしょう。是非何回も聴いて下さい。 それではどうぞ!!♪wink

どおでしたか? 今年1番に、グッとくる唄ではなかったでしょうか?私も30回以上は聴いてます。 今年No,1の唄です。ありがとう。

 

それでは、旅コラムの続きを適当に見ていってください。 いってらっしゃ~い。cool

 

Sao Pauloへやってきたぞ~。

 

ヨーロッパみたいな、でも街は汚い、小便に人間の大便までが転がる。凄い街でした。ここの周辺は。。びっくりサンパウロの巻き。

 

こんな感じかな。THE街並み。

 

卸一の街って感じな場所。

 

いつも安い堀出し物を探すぜい。

 

これがサンパウロね。

 

ヨーロッパとは違い。少し色が褐色がかかってて、汚い感じが出てるかな。(笑)

 

とりあえずクリスマス。映えないね(笑)サンタクロースさん。

 

ここは綺麗な建物内で、清潔感ありました。

 

だんだん、高級建物周辺、サンパウロで地価の高いエリアな感じの所。

 

帝国時代的風景。

 

 

どこかのビルの屋上。。それほど特別高い場所ではないけど、

 

周辺のサンパウロ景色。(向こう側は雷雲)

 

サンパウロ州の州旗。

 

アメリカにも似てる外観。(そんな荒れた時代もあったんだなと。)

 

ギャングか?ヤンキーの仕業? 景気が教育がまともではない、荒れた時代だったんだな。

 

これがサンパウロを象徴する鳥ね。

 

ニュータウンって感じだね。でも、ブラジルが発展する。サンパウロが飛躍して変わる感じは、見受けられないね。残念だけど。この国は、当分もこんな感じではないかな。★

 

ブラジル国民。

 

古そうな味がある住居ビルかな。アメリカの古いビルを思いだすよ。

 

サンパウロ。こお遠くから見てたら、日本の大阪にも見てくる。山もあるし。何か不思議な感じ。平成3年頃って感じ。

 

これも写真で撮影しました。おもっきり拡大して、遠い所を。絵みたいでしょう。

 

これも写真です。絵な感じしますよね。

 

このビルにいてると、ゴーストバスターズの映画に出てくるビルにいてる感じがします。

 

交通事情。。これが16時頃の状態。ヤバイで本当に。サンパウロの交通事情は。

 

私も前日は、この交通に、はまってしまいました。全然動かないよ。びっくりやで。

 

アダムスファミリーっぽく撮りました。

 

サッカーミュージアムがあったために来ました。 (特に普通でした。)

 

サンパウロFCかな?本拠地は。

 

OH- BRAZILどうも。

 

私は、一般市民と同じ公共の交通機関でサンパウロ空港へ向かいました為に、もおヤバかった。 電車乗れない。私は20KGのデカイ鞄を持ってたから、マジで大変でした。日本の超が付くほど満員電車が16時以降は全車両で、もおね。突進して乗りましたよ。ハンパない。今までに経験したことのないぐらいの感覚でした。 それをも我慢して、乗り継いで、市バスにも乗り無事にサンパウロ空港へ到着したのです。(もお偉いわ~。苦笑) デルタ航空でデトロイトへ向かいました。

 

ここがデルタ航空専用のターミナルです。アメリカのデトロイトに到着しました。

 

この時は北極へ行く便も飛んでたのかな? よく分かりませんが。何かそんな事を言うてました。

 

国際線ターミナルでのイベント中です。何か日本とは違うね。空港もヤハりエンターテイメント化になるでしょう。

 

空港もショッピングセンターみたいに、もっと販売(小売)やエンターテイメント化が進むと予測してます。

 

さあ、乗って東京成田へ帰るぞ。

 

無事に日本へ帰還しました。第2章の旅の終わりです。 彼は大学同期生で、東京で再会しました。彼は社会人で私は自由人。ありがとうございます。

 

帰国した時は彼の家で食事をいただきまして、1泊させていただきました。(ありがとう。blush) この時は朝食の時でした。彼は会社に行くときでした。

無事に、へ帰国した時は、ホットした。半年間の旅路だったから、途中でデング熱にもかかったりしたから、何か大きな達成感に浸りました。サンパウロは、ホンマに人口が半端ない、1204万人とネットで検索したら出るぐらいだから、本当に凄いよ。何かクリーンではないし、安全かというと、そおでも無い雰囲気。汚いのがイメージ大です。なかなか人口は多いし、貧困の差もあるし、観光で行くのは先だなって感じかな普通に安全にゆっくりしたい方は。 

この第2章の総括はまた、違う回で書きます。

今日も素晴らしい日を送ってください。

Gypsy Tomo!!

 

コメント

関連記事

Grampions

ゆっくり気ままなメルボルンリポート!

最新記事

夫の秘密(11)

希子はクリニックを出た後、すぐに母親に電話した。 「お母さん、今.....

夫の秘密(10)

トイレから戻った希子は、母親に「あんた、もしかして妊娠しているん.....

夫の秘密(9)

希子は、翌週の月曜から塾を教え始めた。開始時間は3時半と、小中学.....

夫の秘密(8)

翌日、英語塾へ行って、村上勝と言う塾経営者の面接を受けた。村上は.....

カレンダー

<  2021-06  >
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー