Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for lacrosse

Gypsy Tomo の弾丸ツアー!!第4弾。~白川郷・ガッタンゴットン・奥穂高ロープウェイ・平湯大滝・高山~ (SHIRAKAWAGOU / Abolished line attraction / Okuhodaka Rope way / Hirayu Fall / Town of Takayama)の巻

こんばんは、風に吹かれて3000年、事、私しGypsy Tomoでございやす。今日も1日こちらのグランカナリア島で、無駄な時間を過ごしておる最中でございます(冗談wink)。
さて、本日の前説で述べさせていただきたい事は、こちらの下記の写真でございます。見れば分かりますが、本田圭佑さんです。かなり有名な話でございますが、カンボジアのGM兼監督をしながら、メルボルンで選手としてプレーをすると2足の草鞋を履くという神業に出ました(聞こえ、現代の表現)。 メルボルンは、今シーズンは盛り上がると思いますよ。日本人やアジア人が多いので、間違いなくショップや、チケットの売り上げに20%はアジア人での効果は表れるだろうと、私の勘で感じます。年俸(約3億2000万円~約4億円ですか?)からしても、お買い得だと思いますよ。彼に相当する給料は8億円ぐらいだと私は感じてます。影響力は大きい、ましてや、ワールドカップ終わりのシーズンでのメディアの注目度は高いですし、本田選手のワールドカップでのパフォーマンスは評価をまたまた上げましたから(まだ、やれる!!価値はあると)。だから、この約8億円が妥当だと感じました。そして、今回彼は、自分から動いて、カンボジアでの監督業をも動き出て行きまして、自らメディアを使用してるかのように、自分への挑戦かつ、世界のスポーツ部門をも引っ張ってきましたね。自分の世界での注目度や影響力は上手に利用してると言うか、把握しております。 だから上手よね。彼は、自分の立場を利用しながら、他に挑戦する事をも組み込む、=それは、しかも素晴らしい事だし、私は彼のアクション(タイミング・野望(チャレンジ))を凄く評価しております。 ましてや、私の望んでたアクション形態だからこそ、よくぞ!!動いてくれたと思います。
私が以前に、コラムに書いた事があるんですが、先進国のプロスポーツ選手はスポーツだけするのではなくて、それもしつつ、社会問題や、世界での問題や苦しんでる所に脚を踏み入れて、平和や、より一層の向上、人類や生命が納得出来る社会を築き上げてくのに目を向けて行かないといけない時代な事を、おっしゃってたのですが、今回、本田選手がサッカー選手としつつもカンボジアの監督業兼GMをやりつつカンボジアをも営業して、サッカーだけではなくて、広告塔にもなり、経済をも豊かにしようと上を見てる事に、素晴らしい事を、このタイミングで発表してくれたと感じてます(なかなか全ての条件が揃って、出来るものではないよ。☆)。 日本のスポーツ選手は、今もまだ頭の中が筋肉とプロテインで、洗脳された思考能力の中でナルシストであるのが現実・・・。時代が2000年になっても2010年になっても、オリンピックでは『金メダル!!をとります』などと、メディアで取り上げられる映像。。それを見てる国民達(親・家族・子供) 2020年も一緒であり、ガッツポーズして喜ぶ映像が、いつまでも繰り返される現実。  私の本音は、もちろん素晴らしい事よ。日本人選手がメダル取って表彰される事わ。 でも、それは先進国のスポーツ選手は、もおそろそろ理解して、目覚めないといけない、その先がけとなるのは日本人でしょう☆ 良い意味で、日本人は世界へ色んな素敵な事を発信しております。試合終わりにサポーターはゴミを拾う。 選手はロッカーを綺麗にする。 そおいう意味でドンドン、次にする事は何か?考えて遂行していける人種が日本人である。いまやSNSは、凄い勢いで拡散される。 話は戻りますが、資金があり、影響力がある人(無い人でも)、次に他にする事は、他に目を視線を向ければ沢山あります。 自己満足で自分にご褒美を買ってあげるのも分かりますが、もっともっと『世界の子供達にチャンスをあげれるように、平等な条件で衣食住が足りて競えれるようになど、』そお思える選手が一刻も早く出てきてくれたらと思いつづけてます。 
私の奇抜な発想ですが、プロ選手のキャンプ地など、全て貧困や問題のある場面でやってみるのも、社会化見学という意味で、行われて欲しいです。島国の日本人で、それでプロ選手になっても他の約180の国で何が起こってるのか、分かってないからね。『日本人のプロ選手のキャンプ地は、海外で問題を抱えてる場所』まずそこに連れて行く事を推進します。 これからの時代のスポーツとは、そおいう部分をもスポーツの力で影響力で世界を豊かに・底上げして行く。それが役割りです。 SNSもあるし、直ぐに拡散するよ。 ガッツポーズをするのは、貧困な国で、その中で貧しいながらに頑張って、メダルなり達成できた人なのです。 我々が、いつまでも脳みそが筋肉では、いけないのよ。ニュース(写真や映像)は、その習慣、常識、私達に影響を与えるものだから、逆に気をつけなければいけません。 何が正しかの基準を自然と脳に与えていくのです。 皆さん分かってると思いますが。 だから、考え方を変えて今回の本田選手の行動は、角度を変えて見て見れば、正直、私が思ったのは、『やっと出てきたかと!!』=『自分の仕事(本業)もしつつ、他の事、社会問題ではないけど、子供達や国民の基盤をも上げようとするアクション』だから、やっと目に見えた1人目が、こおメディアに出てきてくれて嬉しいです。 もちろん彼の中で(色んな計算(損得)もしてるでしょうが。) あります。 やっと、こお言う一線級の人が出てきてくれて嬉しく思います。これに続いて、他のプロ選手も取り組んでいただけたらと願ってます。(辛口でいうと;当たり前だからね(^o^)もお、この時代。どんどんやってもらわないと☆)⇒(争いなく、人類が望むフェアな世の中へ共存共栄☆)
知らない人がいたら拡散してよ。教えてあげたってね。cheekyenlightened





こちらの写真は、カンボジアでの就任会見!!本田圭佑監督兼GM。(やり手よ(笑)よく分かってる。)(やはり、彼自身も家族持ちだし、選手としての目線・家族があり、父親としての目線があり、スポーツだけに留まらない、企業家としての面も持ち、色んな彼の脳の中で、ビジョンがあり、その回路が、それがパフォーマンスとしても結果を出して、多方面で評価をされて、その流れやタイミングの中で、しっかりトライして選択をしてますね。) なかなか強い芯(ぶれ無い軸)がないとできないよ。yes






そして、こちらの写真がメルボルンビクトリーの入団会見。皆が他の選手や関係者が理解して協力してあげたら、彼ならやり遂げるよ。そおいう人間やし。事をネガティブに考えず、ボジティブに考えて行きましょう。(何も心配ない、普通に人間として協力してあげたら良いだけ。) 私の1つ下の年だけに、応援しております

それでは、本田圭佑選手の活躍を祈願しまして、そろそろ私の方へとまいりましょう。Gypsy Tomoの準リアルタイムコラムです。本日は岐阜県へと0泊2日と弾丸で行ってきました。もおフラフラでした正直・・・事故るのでないかと思ったぐらいでした。行きは、良かったのですが、帰りが本当に大変でした。そんなこんなで無事に行ってきた岐阜県であります。どうぞご覧下さい。世界のへ行ってらっしゃい!!の巻。




岐阜県へ到着した朝方、日の出に間に合うかなと思ったのですが、間に合わず。挙句の果てに雨でした。天気予報は曇りで、少しチャンスはあるかと予測してたのですが、結局ここだけ白川村だけ雨でした。ここだけ何か、他と違う気象条件であるに感じた場所でありました。(何か違う。。山の天候です。だから天気予報は、ほぼ信頼できない場所だね。)





白川村と言えば、世界遺産・藁葺屋根・合掌造りでゆうめいですね。誰もが聞いたことある場所であります。私は初めて訪れました。 





世界遺産とあって、綺麗にされてます。ちゃんと守られてるというか、整えられてます。これが純粋な絵なのかは、疑いますが。世界遺産に認定されてると言う事で、保存されてる状態、これを保つ状態なのだという認識しました。 私は自前でデザインした作務衣を持参して、着てみました。この時は朝7時頃でした。





やはり、雪の合掌造りのイメージが強かったので、最初は、まあ普通かな状態で見て回っておりました。




田んぼに、藁葺屋根の家は、素敵な雰囲気を醸し出してくれますね。




山々には、残雪が残っておりまして、興奮しました。この時で5月下旬であり、冬は豪雪地帯なんだと、実感しました。(ここの冬は別世界になるのだと。)






上から見下ろせるポイントへ来ました。ここが定番のポイントだね。ここに着て、『あっ写真で見た。風景だと思い起こしました。☆』






仲間達に、この衣装を見てもらって一言『ここの蕎麦屋で働いてる兄ちゃん』と言われました。まさしくその通りですわ。(笑)





こいのぼりの季節は終ってました。また来年ですね。






モデル感覚で歩き回りました。写真が映えるポイントで『はい。ポーズ!!』






しっかり、安全祈願です。無事に1日を送れますようにと。





今日も清らかに営業開始です。(頑張ろう~☆)






白川郷を離れて、こちら廃線へと参りました。仲間達でやんす。




記念にハイチーズ!!本日の4人組。






人間トンネル。何が見えるかな? それでは乗車して、出発進行!!1人COSTは2500円でした。





雨の中での、電動自転車。かってに走ってくれます。 だから、周りを見ながら、写メ撮ってました。





終着駅で、折り返します。 秋の紅葉の時期が良いらしいです。 次回もし機会があれば秋ですね。






楽しめました。雨の中でしたが、貴重な楽しい体験でしたね。(笑)





その後に、奥穂高ロープウェイへとやって参りました。少しでもチャンスがあればと思ってきたのですが、あいにくの天候で、山頂からは何も見えない。霧のみ、だから辞めました。





気持ちを切り替えて、食事へと来ました。飛騨牛のちょっとした定食です。(本当にチョビットでした。失笑。) そして平湯大滝へ、パワーを充電してきました。





これでもかって言うぐらいの水量です。 期待以上でした。(結構いける。)






私の顔が疲れてやつれてるのが判りますか?ここまで深夜運転と少しの仮眠で、疲れ果ててます。(笑)(かなりヤバカッタです。)






高山へ参りました。結構有名な場所みたいで、気になってましたので、時間いっぱいまで歩きましたよ。





ここの団子屋さんは有名人さんも来たみたいです。私も作務衣で歩きました。(ユーチューバーっぽくしてました。動画は撮ってません。)





高山の裏路地かな。 綺麗にされてます。 店は全て閉まってました。私達が来た時間が遅かったのです。。。はは。。仕方ない。





渋い。写真になる建物で、ハイポーズ。カシャ♪ 記念に。






何処へ行っても、お寺があります。目に付きます。 この時は、高野山のお寺で働いてたから、気になりました。




高山にも沢山の外国人が来てます。(日本各地、どこでも外国人観光客。商売はもはや外国からのお客さんがこないとなりたたないものよね。)





夕日は見れませんでしたが、高台から本日のENDINGってところです。





朝は雨でのスタートで、サンセットの時間には、空が見えました。そんな1日でありました。






大地に高山に乾杯♪






最後は恒例の焼肉食べ放題です。英気を養って高野山へ帰ろう。笑






ぶっちゃけ、マジ限界を超えてました。肉食べて満腹になり、ほぼ睡眠なしで、車の運転・・・無理でした。

帰りは、1時間程高速道路走ってから、運転手交代。2時間程仮眠を取りまして、岐阜羽島から全部運転して帰りましたが、もおコーヒー10本以上、メガシャキも8本ぐらい飲んで、効き目30分以内で切れてました。それ程、眠たくて眠たくて、でも無事に帰れました。(チャレンジャーでしたこの企画、0泊2日in 岐阜県の旅。)



こちらの写真は私が働かせて頂いた福智院というお寺です。高野山1番の宿坊でした。





お庭も綺麗に整えられて、絵みたいでしょう。これは凄い!!ここは、高野山1の有名な宿坊であり、そこで働けた事に誇りと感謝です。約3ヵ月こちらで、お世話になりました。 

人生でいつの日か。お寺でと思っておりまして、今回実現できた事に、嬉しくおもいました。(私自身が坊主に初めてなったのが、2011年のオーストラリアでの事でありました。それから月日が経ちまして、日本に帰って来て、お盆の時に、お坊さんから言われたのが、『あなたの方がお坊さんだよと。』言われまして、その時から、お寺というものを意識し始めまして、今回、その想いを持って実行できた事に嬉しかったです。ホント小さな喜びなんですけど、叶えれる事はそして、完遂できる事は、嬉しい限りです。) ありがとうございました。福智院。

今回は、思い切っての遠方への弾丸ツアーを行ってみました。(正直・・大変・・)二度と、こんなキツイ事はしません。半端なく辛いし、なんせ帰りの運転が地獄でした。私は運転は好きですが、これはToo Muchです。事故に繋がるだけです。はっきり言いまして、行きはいけても、帰りが、余力が残ってませんでした。 そんなこんなで、初の白川郷でしたが、雨が降ったのが残念でしたよ。山も登ったりもしました。朝5時過ぎから。。写真にはありませんが・・行き止まりも2回あったり、何かこの日は最初ッ~スムーズではなかったです。 でも、そんな中でも、素敵な思いを作りたいとは思ってましたので、切り替えて頑張って次!!次!!って感じでしたね。 廃線でのガッタンゴットンは、値段は少し高いかと、思ってましたが、色んな設備投資を見渡したら、仕方ないかなと思いました。誰かが企画して、廃線を利用して、自転車で楽しもうというアクティヴィティ。偉いと思います。今の時代はネットが身近にあるので、直ぐに世界へ広がれるチャンスはありますね。 奥穂高のロープウエィも残念でした。山頂からの景色は絶対に綺麗と思ってました。だが、叶わず。。せっかく行ったのに本当に残念でしたよ。あ~あ状態。時間が前倒しになって、少し仮眠の取れる日帰り温泉で、食事をして、お風呂に入って、仮眠しました。 少し復活しましたが、この歳でのほぼ睡眠なしの遊びは体に現れました。だから当分しません。平湯大滝にかんしては、合格点です。見る価値あります。高山は、川に沢山の鯉が泳いでました。もし大雨が降れば、流されて行くと思うのに、高山は不思議な町だと感じました。何か京都っぽくも思えたし、ゆっくり周れて楽しい場所だと思います。 
総合的に言って、よく頑張れました。何よりも無事に帰ってきたことに自分に拍手をおくりましたよ。今回は特に。 無理な、しんどい運転は避けましょうね。 健全での運転を進めます。寝不足も危ないですよ。是非気をつけてください。
以上 Gypsy Tomoからでした。 それでは、また来週お会いしましょう。さよなら×3 淀川さんでした。

 

コメント

関連記事

最新記事