Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for lacrosse

Я расскажу из российского чита.

Gypsy Tomoは現在Guatemala Cityにいております。昨日フォートローダーデールからやって参りました。少し長かったかな(笑)。でもいつもの事です。今日で2日目で、こちらグアテマラシティでする事、それは6ヶ月VISAの申請であり今回はこちらのHOSTELで9日間の滞在をする事にしました。でも実際に本日こちらの移民局に行きまして手続きを行い、延長VISAが出来上がるのは3日後の木曜日だと言われました。予定より早くに出来上がる事は大いに嬉しい事です。それ以外に勿論やる事は沢山あるのですが、本を出版するにあたり、まとめて行かないといけない事、スペイン語の勉強、出来る事をやらないとダラダラしてたら、あっという間に貴重な時間は過ぎていきますので、明日も無駄の無いような1日にします。 来て2日間ですが順調に来てますし、何1つ不自由はありません。  グアテマラは物価は安いのですが、アジア食品はベラボーに高いです。チューブのわさび¥420円。カリフォルニア米6.8KG¥3600。テリヤキソース500ml¥850.まあ日本の定価より3倍はするって事です。もちろんマクドナルドもあるし、ドミノピザもありますが、値段は日本とほぼ一緒の価格である為に、こちらで食事が出来る家族や会社員・子供達は、そこそこの手取り18万円以上の所得の持ち主かサラリーマンではないかと推測します。 こお街だと所得の格差を目の当たり(現実)しますので、何か考えさせられる部分もありますが、でも日本人とは違うのは、彼らはそれをも動じません。心の幸福度は、私たちより遥かに大きいです。物的豊かさは日本が優れて便利ですが、心の幸福度は全く違いますね。 彼らの食事の価格帯は10ケタル~20ケタルが平均ですよ本当は。そんな中でも幸せな日々を送ってる彼らを見てると癒されます。グアテマラって山々に緑に囲まれた天空の都市、山賊なのか知らないが、皆、芯を持って生まれて来てます。仲間意識も高いし、連携も表面上ではなくて、ちゃんとした繋がりがあります。 これは私達先進国民が今見落としてるポイントであり、皆さんグアテマラに来るべきですね。安全だし、来ていただくべきです。家庭の問題とか・小さな事で悩んでる方は、グアテマラに来て彼らの直向に心豊かに生きてる生活を見学しにまずは来てください。 以上Tomoからでした。
それでは本日も準リアルタイムコラムへと参りたいと思います。引き続きシベリア鉄道の旅へどうぞ。CHITAからです。



チタ駅前のКафедральный собор Казанской иконы Божией Матери 大聖堂




水色に光り輝くチタの美しい大聖堂。私はこれを見にきました。(凄く魅力的で、私はこおいうものが大好きなのです。)





ソ連時代からあるものとされてる住居です。マンションです。  そして、彼女はパンで醗酵させた栄養ドリンクというか。元気の出る飲み物を販売しておりました。(私は4杯程飲みました。まあまあ飲める味でした。深みの有る滋養)




さあ、する事も、ここではあまりないので、散歩をしに丘へと登り上がりました。(ホンマ長閑で、ロシアの政府からチタは、ほぼ無視されている。でも、なかなか発展しない、取り残されてる街感はあるが。周りは山に囲まれており、本当に素晴らしい限りです。地形の雰囲気は好きですよ。)





私も大きく息を吸い込み、チタという大自然の中の街で日光浴です。(チタに来れた事に大いに感謝して。)





本日の昼食です。約300円でした。ロシアのお弁当です。(センスの無さが光りますよね。laugh)





ロシアのピザは100円でした。頑張ってピザという物に挑戦しているのか。ピザパン味気なし。(苦笑)



初夏のロシアは、[緑が踊る]って言葉が合ってるでしょう。全てが生き生きしてる。生い茂る。その言葉が似合います。





貨物も整備されております。(綺麗ですよ☆(^o^))





府営住宅みたいでしょう。(見ているだけで歴史を感じます。)




レーニン ロシア革命者。 そしてもお一つ訪問したかった理由の1つは、お寺に来たかったのであります。チベット仏教のお寺があること、モンゴリアンというか、私達と同じ顔つきでありました。






ロシアに来て初めてのファーストフード店。ロシアの人からしたら少し高いかもね。これで600円はしたかも。




1泊1000円でのシングルルームでした。本当はドミトリールームを予測してたのですが。結果オーライです。(笑)





定番の100円ビール。




朝食も料金に含まれておりましたのでいただきました。 この田舎、ロシアの朝食をご覧下さい。沸騰させたソーセージに、オムレツだそうです。サンドイッチにはトマト・チーズとオーブンは無し。 とてもシンプルすぎてて、驚きでしょう。ソーセージだけ美味しかったかな。ww

まじで、ここは田舎都市であります。田舎都市の良い所は、かってな意見ですが、都市型人間では無い事、私自身が大阪という都市で生まれて生活していたので、人間が軽くて嫌でした。ここはロシア国から見離されてる都市でありますので、観光客の立場からしたら、とても評価出来るポイントではないかと思いますが、現地に住んでる人々からしたら、もっとチタが発展していただきたく助成金を求めてるみたいですが、なんせロシアは広大ですから、有る意味、どこまで助成するかがポイントでしょう。夏のロシア各地は、皆さん活気付いてます。見ていて生き生きしておりました。もお10月中旬、ロシアは冬の準備です。 とあるロシア人は言っておりました。夏の終わりは8月下旬からもお直ぐに秋が来ると、5月下旬から8月下旬の3ヶ月間が短い夏だそうです。ロシアとは厳しい大地なのです。だからこそ、夏がどれだけ嬉しい季節なのか、彼らの日常の行動から凄く伝わってきました。それがここCHITA(チタ)で1番の印象でした。 
どしどし、コラムあげて行きますので宜しくお願いします。
それでは、また直ぐに会いましょう。


Gypsy Tomo 2018!!

コメント

関連記事

最新記事

ピアノ熱(3)

断られることを覚悟しながら文子は誘ったのだが、スティーブは顔を.....

カレンダー

< 2018-11 >
     1 2 3
4 5 6 7 8 910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー