Logo for lacrosse

本日、グアテマラ最終日であり、お別れの挨拶の時でありました。Adiós Guatemala, tengo muchas ganas de volver a verte. 

どうもお久しぶりで~す。11月に入って寒くなってまいりましたが、日中は半袖もしくは長袖で生活が送れる感じでやんす。先日、岡山県から帰ってきまして、来週の11日には再び高知県へと4泊5日の予定で行ってまいります(てんやわんや)。今年中に大きな花火を2発上げると言っていたものの、コロナ渦の影響も少しあって、2とも遅れております。2022年に持ち越す可能性が大きくて、そこは大目に見ていただけたらと思います。私自身が納得いく形で発表したいと言うこだわりもあって、やはり遅れてしまうのは意図的であったのだろうと自分の信条から、そのように解釈いたします。そして昨日、漸く1回目のコロナワクチン接種(ファイザー製)を打ちに行ってきました。回目が1124日になるとのことで、世の流れで行きます。最近はガソリン価格の高騰しております。そして緊急事態宣言が解除されたが、飲み屋街は、そこまで元気がない。(まだまだ人々は保守的よ) 協力金が今後はなくなるに当たり、自力で各飲食店は宣伝に、おまけに力を入れて、年末の繁忙期へ向けて頑張って行かないといけないけど、さてさて!!どんな形で世の外食産業は息を吹き返すのか、もちこたえる方法があるのか!?国民の動きにそれぞれの動向が見るに値する一つのフェーズに入ります(12月~4月)。あとは特に問題視することはありませんが、2030年に向けての気候変動対策を協議するCOP26の開催が私の中で興味ある話題の一つであります。2030年までにCO2排出量をどのように削減して地球を救うのか、その方針を提示するために約200の国と地域の代表が集まりましたねグラスゴーに。我々人間が使用する化石燃料による温室効果ガスが原因で温暖化が進む中、科学者たちは気候の大惨事を避けるために緊急の行動が必要だと警告しております。アロク・シャーマCOP26議長が言ってたね。「私たちが共有する惑星は、悪い方向へ向かって変化している。これは誰もが承知していることで、対策をとるには誰もが一致しなくてはならない」と述べられていたが果たして、我々人間さんらは交渉を前進させ、かつてないほど野心的で行動を伴う10年間を開始させられるはずなのか、各国の政治家が本気になってやるかが問わてたね。この度のCOP26の進展に期待を示しさせていただきました。こんなんはドンドン政治家が仕事して動いていかなきゃ。この目標なんてクリアーにならないよ。他力じゃダメ、政治家一人一人が自力で動かなきゃ。汗かいて、恥をかいて攻めてね

さてさて本日の前説ですが、皆さん一度は聞いたことはある人身売買ビジネスについて、目を逸らさずに見て行きましょう。自分の興味あること以外は見ないのではなくて、こういう事実も世界では行われており、苦しんでる人々もいらっしゃるんだということを頭の隅にでも置いておいて下さい。自分には関係ないではなくて、同じ惑星の同じ人間に起こる始末を(生まれた場所が違うだけでしたが)。それでは本日も世界の果てへ行ってちょうだーーーい。♫明日は我が身です皆さま☆
【BBC】 タイにはびこる人身売買ビジネス 監禁と拷問と集団埋葬

本日一発目はどうでしたか?目を逸らしたくなったと思いますが、よく見ていただけて嬉しく思います。タイ南部ゴムの木々が生い茂る中で、人身売買された移民が収容しておくキャンプ地の中で印の無い墓に埋葬されていた。噂は本当であった。残酷な人身売買の犠牲者でした。実態が明らかになってきている段階はありますが、飢えてる段階で発見された例もありました。
地方や中央の役人を金で黙らせて、めこぼししたり、売買業者を手伝うなど、マレーシア入国の便宜を図っていた。 ほんまに、ジャングルの中で600人も収容されていたり、身代金を払わないと暴力を振るう奴らがいてると。何人も強姦されて殺害される現実。タイ政府は分かってはいたが何にも取り締まらなかったから沢山の被害者が出た。 大きなお金が動く人身売買ビジネス政府は助けない、一方では政府が関与していたなど、現実賢い人間どももお金が全てである。残念な人間共がめちゃくちゃ多い。皆様宜しくお願いいたします。覚えといてね。

次に参りたいと思いますが、ことちらは私が2016年に訪れたチトワンであり、映像が2009年の人身売買の模様です。まさか自分が訪れた所で、そんな事が起こっていたなんて当時は全く気付かなかった。ではどうぞ!!
女の子の人身売買(ネパール) / プラン・インターナショナル

ネパールの紙幣は値打ちにならないのは分かりますが、女性に値打ちが無いのは間違いです。当時少女が一人が500USドル約5万円)で売買されていた事実。トウモロコシが主な産業である中、どこから来た男性に魅了されて結婚し、その相手がプロの人身売買のブローカーであったこと。その後はインドはムンバイ郊外の売春宿で売られていた。言葉もヒンドゥ語で喋れないし意思疎通が難しい状況で、年も性奴隷として強制労働させられていた。数年後、村に帰ってきたが村人達は性奴隷を行っていた娘さんを追い払おうとした状況。この娘には行くところ、帰るところがない、毎年何千人者ネパール少女がボンベイ、ニューデリー、カルカッタへと連れていかれていた事実。山深い農村から国境を越えてインドの大都市の売春宿へ売られていた。彼女らからして、ここがネパールなのかインドなのか?どこなのかも把握することが出来ない状況。まだまだ田舎では学校に行くことが出来ない、工場で働くしかない家庭の事情のご家庭はあります。色んな集団、闇組織がいるのは事実。薬品で眠らされて起きたらムンバイの郊外であるボンベイとは・・・映画並。
何十万の売春婦がいてて、半分がネパール人って、当時はえぐいかったやろーな。日に25人の男性を相手にして拒むと威嚇、もしくは返金を求めてくる始末。レイプする男性もいてると・・ネパール人女性の社会的地位が低いのが問題視されている。伝統的にそうなっているのが可哀想な現実。一番低いのが未婚の若い女性だそうでしたね。価値観という存在が根本的基準なる原因である。1ドル(約100円)以下でS〇Xできるのが当時の現実で酷かっただろうと憶測します。少女の半分がHIV感染者で90%近くが結核を患っていた。性行為の部屋は畳1畳ほどの広さに鉄の扉の中で行うという。娘を助けに来たお父さんは万円を持っておらず、勝手に売られた娘を取り返せなかった。不道徳な現実だがなすすべがなかった。 警察も腐りきって、働かず。見かけのみのパフォーマンスだけ。この国に正義を掲げ行動するものが、なかなか少ないのが現実であった。衣食住が足りてない、だから・・・俗世界での人間のコントロールは非常に難しいに値する。
最後に彼女がインタビューで言った言葉が、「過去を振り返ってどうするの?」「前をみるしかない」その姿勢が強く伝わってきました。どんな事をされてもくよくよ泣くんじゃない。って当本人(大被害者)が仰ってました。1日に25人の男性に犯され気が狂ってしまっても、前を見て生きるのみ。「日が差す彼女に、天は彼女を見捨てない」
以上になります。
これは凄い人生ヒストリーであります。 我々近代人は見習わなければなりません。 しっかりこのような理不尽で極悪な世界が直ぐそばに蔓延っているの資本主義のことを是非、頭の隅に置いておいてください。ありがとうございます。

最後一本は面白い動画です。クロアチアの消防士たちで、火事の連絡がはいった瞬間の行動であります。どうぞ見てください。「おもろいよ☆
Croatian firefighters on call seconds before winning penalty

面白かったでしょう。人の動きをこのような形で見るのは面白い。クロアチアの消防士の両局が伺えてイイデータになりました。こういう動画がもっと見れればと思います。
それでは、準リアルタイムコラムの続きへと参りましょうか。 今回がグアテマラから出国してエクアドルはガラパゴス諸島へ行く回になります。それでは見たってチョンマゲ♫ Here we go Badies.

お世話になった、軒目のホームステイのお母さんにお別れを告げる日の朝でありました。ありがとう。そしてさようなら。♫



こちらのバスでグアテマラシティへと戻りたいと思います。



こちらはサンペドロ・ラ・ラグーナの町中心の教会であります。



最後の昼食を町で食うて、さあ行くばい。



これはグアテマラシティ空港での一枚



ここは乗り換え地のサンサルバドル空港だった気がする。



それでは改めて出発だわさ。いざエクアドルはグアヤキル空港へ



バイバーイ中央アメリカ



下の町がエルサルバドルのサンサルバドルになります。



こちらがアビアンカ航空の機内食でありました。



新しくなったグアヤキル空港の深夜です。こちらのベンチで一泊します。 



空港のベンチで寝て、朝を迎えて、チケットと25ドルの別途支払いと、何か忘れた・・・

さあ行こうぜ!!ガラパゴス諸島へ。 次回をお楽しみに。 ((´∀`*))ヶラヶラグダグダ感で、ごめんね。あとは想像で色んなことを妄想で描いてみてください。
当時は、行き先が違うバスに乗車しかけていて、出発直前に気が付いて、難を逃れた形でした。グアテマラシティで一泊してから翌日の飛行機でサンサルバドルを経由し、グアヤキル空港を経由して、ガラパゴス諸島へと入って行った。当時で約5万円の片道代でした。様々な思い出を経験させてもらいました。特に述べる事もなくて、だいたいあとはイメージしてください。私の事なので、適当に見聞を広めるために、歩き回っては見ていた。それだけであった。
以上で~す。次回はガラパゴス諸島からだから絶対みてね。最近だとテンチムというYOUTUBERが行ってたみたいなんだけど。気になればそちらも見ていただければと思います。

最後に2本!!面白い動画があったので、ご紹介させていただきます。ナショナルジオグラフィックからです。マヤ遺跡をグアテマラを離れる前に紹介したいと思いました。まあ見てください。あなたも世界の考古学者へなる一歩手前へ。どうぞ♫
【全編配信】発掘!マヤの失われた秘宝 (声:福山潤)「生贄の謎」 | ナショジオ

生贄の歴史・文明をナビゲーターリンさんが紹介してくれました。彼は好奇心旺盛な凄いアメリカ人で、見てて楽しくなるでしょう。♫ライダーの技術力で地上の構造が丸裸にされる代物!!ジャングルに覆われている姿が明らかになって解析情報というものは、凄いとしか言いようがない、強者考古学者達が夢のような都市をライダーでドンドン発見していくその映像。「次は何が出て来るんだろうと、ワクワクしながら見れました。」全然飽きさせない、このリンさんのナショジオ番組☆ マヤの先祖の霊が宿るセノーテの映像なり、私も行ったことのあるエル・ソツ(EL ZOTZ)ですが以前にEL MIRADORという遺跡に行くときに寄せてもらった村でした。ここを拠点に、みんな遺跡を目指す行き先が変わります。車でいうとジャンクション的なポジションで、そんな所であった。 
勇気ある好奇心旺盛な考古学者達。ほんまに又、何年後か改めて訪れたく思いました。地球には謎だらけな物が99%以上なもので、私もこの時代に生きてて、解明できない時間で人間をやらせてもらっておりますが、衣食住足りながらワクワクもさせてもらっております。以上です。(*`艸´)ウシシシ


そしてもう1本オススメ動画をUPしたいと思います。
次なる遺跡は海上都市のナン・マドールであります、今回もナビゲーターリンさんが紹介してくれました。それではどうぞ見てやってください。
【全編配信】仰天!世界の遺跡まる見え検証 (声:木村昴)「黄金郷伝説と失われた都市」| ナショジオ

どうでしたか?最先端技術で過去を紐解いたナショジオチーム。「自分が誰で何を成し遂げるのか!?Doom]というフレーズが私は大好きでありました。ほんまにロマンを感じては、魅了される番組構成でありました。 太平洋に浮かぶ古代都市、ミクロネシアはポンペイ島シャウテレール王朝であった時代、今はマングローブに覆われてる時、玄武岩でできた海上の壁は2KMもあり、それをどのように15kmも離れた採掘現場から運んできたのかも、謎だらけ。800年前であり、意外と最近のじだいではありましたが、他の島々と交流を図っていた。島民達、海を渡って隣の島へと、 太平洋には25000以上もの島々があるみたいで、当時はどれほどのネットワークがあったのか、興味が湧きました。一つ面白いのが、ニューカレドニアにある壁画がここポンペイ島にも同じやつがあったこと、約3000kmも離れていた人物がここにやってきたのか・・定かではありませんが、GPSのない時代に、どれほど広域の交流が太平洋でなされていたのか、考えるだけで、ワクワクします。 1万キロ離れていたイースター島とも交流が行われていたのかもしれませんと。。 謎が謎を呼び、もうにされてしまう。目に見えない歴史という過去の映像。 誰かタイムマシーン作ってくれないかなーーー。
以上であります。
また次回のコラムも宜しくお願いいたします。

それではサヨナラサヨナラサヨナラ((´∀`*))

Gypsy Tomo 2021 

コメント

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-01  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー