Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for lacrosse

帰国して、直ぐの自分の誕生日1月7日に高野山へ行きまして、頭を下げて来ました。30歳の節目として。

おはようございます。とうとう今日の深夜に関西空港入りして、朝を待ちます。相変わらずの貧乏スタイルで、空港のロビーで寝て水曜日の朝7時で新千歳空港へと、そして電車で札幌へ出て、バスで5時間半で函館駅前へ到着の予定です。あ~楽しみだな。また始まるスタートAGAIN。知らない所でのパフォーマンスしかも、今回は小さな組織に入ってのパフォーマンス。小さな組織の良い部分は、少数先鋭でないといけない事。これは今までの経験からして、そおでないといけないのは事実、1人1人の責任感は、形式上だけじゃなくて、ひしひしと伝わる、それは中小企業で働いてた金属加工場でも飲食でも、今回はサービス兼宿泊だから、また新たな物が見えるかもね。 以前1週間だけ、旅館でキッチンにサービスに配膳に食器洗いに、パワー系の仕事お出向かいにと、やらせていただきました。ほぼ業務全般、フロント、事務、清掃以外ですね。壮絶でありましたね。でも、問題なく出来ました。本当に少数先鋭=すんごいしんどいし、優秀且先を読んで仕事が出来る人がいないときつい事は把握してます。 そおいう所で、今回は2・3ヵ月間働きます。どんだけ効率良く仕事できてるのか?どんだけ、お客さんの事を考えて、行動に現してるのか?色々見れます。もちろん、大変だと思います。いつも自分が行く所は問題だらけで、ホンマに勘弁してや~状態です(笑) また自分が行き、その状況下の中で、効率よく、楽しい空間を生み出していかないけんと、もお既に思っております。 自分に纏わりつく物事は、いつも問題があるからね。それは大学を卒業して、就職してから、ほぼ全部の会社、仕事した場所です。 小さからず問題だらけ、会社という所は膿やストレスの溜まる海がほとんどなんだよね。なぜそうなってるかと言うと、恐れてる狭い人間がそれを出してしまうからね。。 いつも大変だよ(笑) そおいう現場で自分は怒り、説教するんですけど、何処の国でもノルウェー・ドイツ・オーストラリア・ニュージーランド・日本。 リスクを恐れ、自分が損する現実が嫌、能力も無い人間に、こおいう問題を抱えて、空気を悪くして、気付かないバカが、地球上に何処の国でも浮遊してます。人は損をする事を恐れる。バカで醜い社会だね。(笑)laugh まあまあ私Gypsy Tomoは再び起こるその海へと行ってきます。☆。(予想しておかないとね。会社に最低1人は、空気を重くする問題を抱えて気付かず、個性かもしれないが、そおいう方がいてます。)それも会うのも運命なのかな(笑)って、思わざるおえないよね。 だって自分は特別ではないから、自分を取り巻く環境は、その自分が醸し出してるレベルだから。類は友を呼ぶではないけど、 それ位のレベルの人には、それ位に、同等か?=相応しい(笑)状況を人間や環境を引き付けてくれます。  (^o^)xz ともかく、あ~本気で楽しみ、今年3つ目の新しい職場ね。 どんどん新たな環境へ出向いて、適応しないといけない環境に自分を持って行く。何処でも生きて行ける人間に成長する。 どんな仕事でもしていかないといけない環境で、脳をフル回転させる。 そして結果を出していかないといけない。。。サービス・飲食・機械加工・今までクレームなし☆記憶にある限り。。。(笑) レールから外れても生きていかないけんよ。生きる楽しさって何なんでしょうね(^^) 結婚?独身?家族☆?祭り?仕事終わりのビール☆?異性と☆? =バランス良く、良心をHEARTにかな(♪) 笑顔ね。 Gypsy TOMOも金取られて、人を当てにしてたら、全然期待はずれ。そんな現況下できてるけど、前を向いて行くだけだと思ってるから、自分に纏わりつく環境は、そおいうレベルの人の集まりだから。はは(笑)  

さあ、さあ行っちゃうよ~。今日のSIDE SHOW PVは今年の日本の夏を象徴するその映像です。自分も花火というものを、あまり気にしなくて、32歳まできたんです。昔、小さい頃は大好きでしたが、13歳の頃から今まで、全く気にせずきたんですが、最近になって4Kで花火の映像を見れる事となり(時代の進化)、本当に驚きのパフォーマンスに、映像に迫力に、20年ぶりに花火の事を再び考えました。「花火って凄く発展したんだな~と。」 本当に、感銘を受けました。しかも日本の花火は凄い。マジ出!! 是非、知ってる方はいてると思いますが、見て下さい。日本の花火の進化にパフォーマンスの仕方。 必見です。見直しました。JAPAN!!

どおでしたか?良かったでしょ~~。じゃ~次も同じ赤川花火大会からです。ではどうぞ!!

花火!!見直しませんでした?今、凄いね。昔よりも断然、発展してるし、構成に演出に音楽や照明をも入れて、日本版のラスベガスのショウみたいになってるよね。 人に見せる!!エンターテイメント化された、花火SHOW!!になってる事は確実です。ホンマに凄い。見に行きたくなりました。 行ってみたいですね。近い将来。

それでは、Columnへと参りましょう。本日は第2章が終わり、大阪の実家へ帰ってきてからの事の1つをコラムとして上げます。 また、そんな大した写真ではないのですが、宜しくね。適当に見なくてもOKです。では、どおぞ♪♪

 

今日は誕生日ということもありまして、高野山へ行ってきま~す。

 

ケーブルカーで高野山って何年ぶりかな?

 

今では世界遺産なんですよ。

 

世界遺産になるって。。どおなん??笑

 

この時は1月7日であり、雪もありました。

 

バスで入り口まで行くよ。

 

母親と2人で初めてきました。

 

清き川に風情あり。

 

ちゃんと1つ1つに看板があります。

 

おじゃましまーす。

 

まずは手洗い。

 

これはスポンサーさんかな?

 

門の横。

 

立派な建造物。

 

頭剃って入門。

 

この写真好きなんです。(良くないですか?)

 

日差しが、綺麗事。

 

室町時代へようこそお越しくださいました。

 

庭には、綺麗なお雪どの~。

 

やはり、木で、こしらえた建築物は良いの~。

 

えんがわがある家が良いの~。

 

時代。

 

何でも鑑定団に出したら、高いかも。

 

鳥さんが、米粒ぱっくってましたよ~。

 

昔は、こちらで、米を炊いてたそうじゃ。いただきます。

 

運命の架け橋。

 

何処見てますか?あなたさん。

 

高野山。境内。

 

歴史、ひしひしと。

 

枯れ木も山の賑わい。

 

高野山。境内②.

 

街灯。

 

境内③

高野山へ来るなんて、小学5年生の林間学校以来かもしれないよ。自分が30年間、生きてきて、忘れられない日にしたいと思って、誕生日は高野山でって、本能から、思い付きから来ました。今までも誕生日は、ニュージーランドでもあり、ドイツでもカナダでも、祝っていただいた時もあれば、 完全スルーで何も普段の日と変わらず過ごしたりとしてました。自分的には、スルーで全然OKです。自分の中で、片付けたいのが誕生日であり、自分でプレゼント買ったりするのが、好きかな。 自分の気質からして、気を使うので、ゆっくり放っておいてほしのが、本音です。 話戻して、高野山!!、大阪に住んでて、来る事は、まあないです。 たまたま人生の30年という節目へ、ここへ来た事は一生忘れない事だろうし、自分が60歳になったら、また来よかなって感じ(笑)  外国人も、何人か会いました。やはり世界遺産になれば、一気に知名度が上がるのかな。その経済効果は、凄いと思います。今はSNSの時代だから、直ぐに情報が広まります。  高野山へどうぞ、お越し下さい。

Gypsy Tomo !!

 

 

 

 

 

 

コメント

関連記事

最新記事