Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for lacrosse

ロシア横断でのゴール地点!!フィンランドのヘルシンキへ大聖堂前に到着しました。(^o^)vv そして私の誕生日会&お別れ会~(Venäjä Crossing complete !! Tavoite saavutettu. Olen kiitollinen.) 『風来坊10周年記念』

2019113日()おはようメルボルンニッポン!! 先日17日で私34歳の誕生日を迎えました★☆(おめでとう!!)無事に34年間、今日まで生きて来れました。(^o^)思い起こせばよく生きてるな!!私!!って。何処行っても変わらず生活してるな~この人と。。。(進化しつづけ変化に対応しつづける。より一層の対応能力の進化にクレイジーさが増して現時代に面白さを表現してると感じ取れますね。自分のキャラクターの奥深さをモットもっと掘り下げて新たな一面を教えてくれてる。そんな生活(事)の流れであります。laugh) 本日のColumnはこちらからUPしております。LAGO ATITLAND - Guatemala の Mikaso Hotel からであります。(スペイン語留学、第3段目の地という事で、こちらに拠点移して、これから2月末まで滞在する予定です。この模様は、また後日にでも綴らせていただきます。)

なかなか良い所でしょう。(^^) 私もネコと同様で落ち着く場所を探して、そこを自分のテリトリーにします。一生忘れる事の無い眺望と思い出の地をこの胸に心に刻んでピアノの音も聞きながら。


今日の前説は、私の誕生日の小ネタを挟んで、あと1本あげて計2本で行きたいと思います。無事に17日に私のBirthday & Goodbye(Farewell Party ; fiesta de despedida)を行う事が出来ました。その模様を御伝えしたいと思います。では、もおとっとと見て下さい。(適当な時間にねsurprise) 

仲良しのJESSIちゃん。こちらのバー(BAR)で働いてる人です。




34歳、人間という生き物の生活スタイル改革を目指して☆あくなき挑戦状!!



4年前からのお付き合いさせて、もらってるJULIOとアレキサンダー君。



ピザとチキンを1人締め♪(JULIOさん食べ過ぎに注意してよ。)



お別れ撮影☆




今日はBARの中に私が入ってしきり役。 オーナーの許可なしで、私のやりたい放題☆。(何か問題・文句あれば私が全部聞くから大きくなれ、問題が起きても解決しろ。∴あえて言うとイレギュラーを起こる事を最近は望んでるかも。何でもそうやけど、いかに予期しない事が起きたときこそ、解決できるかがこそ、プロと呼べるから。サラリーマンでも、いかにイレギュラーのボールに対して対応できるかが本物やからね。その先にあるもの楽しんで♪)



皆が喜べば、それで良し☆(最後ぐらい、ケチケチせずに、皆の記憶に残るイベントへ。)



まだ3ヶ月のJULIOのあかんぼです。

こおして、問題なく、やりたい放題して 皆の中で忘れない時間になったでしょう。しょっちゅうは行いませんが、特別な時には、何か企画を起こして、全面、風来坊の自分でやり遂げる。これも勉強やからね。この企画で皆が笑顔になれば私の勝ちというか(成功です。) 頭で青写真を描くだけでなくて、それを遂行することが次への自分へのまた課題(目標)が出現する。鳴り止む事はないけど。良かった(二日酔い)!! ここでは殺害事件が毎月起こりましたけど、自分自身には危ない目には出食わさなかったので、そこは大いに感謝しております。2ヶ月半もフローレスにいれば、正直飽きて来ました。1ヵ月半が丁度良い感じはしましたが。でも、折角のクリスマスに年末年始に自分の誕生日もイベントづくしでもありましたので,頑張り引き伸ばして滞在しました。☆ もお切り替えて、次やる事に焦点を持って行きます。4月からはフィリピンで仕事が始まります。悔いなく進んでセブ島入りへ・・時は大切だから無駄にせず進みます。以上。34歳の道を歩んで参ります。 どうぞこれから出会う方々宜しくお願いします。(^o^)xz


そして、こちらの映像ですが、私が撮影しましたフローレスでのものです。各個人で上げてる花火です。20発4200円のもあれば、20発で2000円のもあったりと、これらの打ち上げ花火!! 
現地フローレスでのカウントダウンからニューイヤーへ。

これがこちらの風物詩です。私がドイツいた時は、道路を占領しまして、打ち上げ花火、ひたすら上げまくりました。一般家庭の窓目掛けても打ったりしたかな。(数分間のクレイジー花火ごっこです。(^o^))


そして、今日の前説本目ですが、大晦日に行われたメイウェザー選手対那須川天心選手のエキシビジョンマッチです。これに対して述べます。年末年始は各テレビ局視聴率対抗戦という事もあり、格闘競技もメインイベントの日でもあり、選手達にとっても晴れ舞台!!この年末に対戦カードが組まれる事は名誉だと、もちろん思ってると思います。そこで、世界で1番有名な引退したボクシング選手でもあるメイウェザー選手をRIZINの舞台へ呼んだ出来事は関係者の努力もあり、完全にメイウェザー陣営の条件(言いなり)だけど、無事に開催・実施に至ったことは評価したいと思います(いち遠くから眺めてた風来坊の私) 。勿論、金額の方は、大物でもあり、彼がリングに上がればニュースになるし、彼と拳を合わすだけでも名誉な証でしょうが。ここまでに関しては、金額も良く積みまして、協力していただいたスポンサー・RIZINの方も貯蓄はあるでしょうが(切り崩したかは知りませんが)。思い切ってよく頑張ったと思います。RIZINと言う『格闘ステージ』がより名を広めたのは色んな意味で確かです。関係者も実現させた事を期に、ますます自信を持ってRIZINの発展に意欲ブランド化へ強く高みを持つでしょう。
この試合の感想は、ちょっと早いENDINGでした。1R TKO 2分20秒 スポンサーとしてもお客さんとしてもテレビ局からしても、もお少しワクワクさせる展開を予想してたと思います。長期戦になれば現役選手の方がトレーニングしててスタミナは多いでしょうが、開始早々の勢いでの範囲内で結果が出てしまったというのが正直今回の流れみたいな、粗筋でしたね。 これを見て思うのが世界には強い奴、凄い奴、条件にもよるけど、遥かに能力の差を感じる時やそういう境遇はあります。 これを見て私は日本人に対してのメッセージ性をいただいたかのようにも思えました。 那須川選手が強い!!やれるだろうとか!または那須川選手がメイウェザーを倒すだろう!!とか。。。年末の大きなイベントで、日本国民に『これが現実なんだよ!!』と言わんばかり殺劇は、過剰してた認識度に抑止力を与えてくれたのは良かったです。 まだまだ日本人はしょぼいんだよと。何に置いても、どの部門においても。それを自覚して悔しさエネルギーにして、日本人の皆さん意識の改革をしていただけたらと思います。パスポートは強いけど、それ以外はまだまだということで20191(新鮮でワクワクする軽く緊張感を抱いて)からスタートしていただけたらと思います。 

フロイド・メイウェザーvs那須川天心 1R TKO メイウェザー選手の勝利!!こちらの映像をどうぞ。

何にせよ、これが現実、慎重に行こうが、勢いで行こうが、体調が良かろうが、悪かろうが、この起きた現実を受け入れる。過去2015年女子ワールドカップ決勝でアメリカに52で日本は粉砕されたのも(日本人が目を覚ます衝撃)。開始早々に4得点を取られてしまった。今回もアメリカ出身のメイウェザー選手に開始早々にアメリカ人のDNAにある、イケイケモード(勢い)に開始早々にやられてしまうというのが日本人がショックを受けるパターンです。 人の予想を反して奇跡を願う時、勝つと確信してての粉砕(玉砕)劇、『自信と過信美学と勘違い』人はいつも繰り返す。これを見て自身に置き換えて、私はまだまだ底の人間だと認識して2019年始まったばかりなので行きましょう。♪♪皆に笑顔(^0^)をシェアしましょう。♪


そして、準リアルタイムCOLUMNへと漸く行きましょうね。 長い長い1ヶ月間のシベリア鉄道横断の旅のゴール地点はヘルシンキでありました。『ロシアを横断して見たい、そんな夢を描いたのが2016年の夏に日本に帰って来た頃、何時の日かチャンスがあればと。。。。』私は機会(チャンス)があれば直ぐに計画書を描きます。それが2年後3年後8年後でも想像して、それに近づけれるようにもって行きます。ゴールをしてしまえば過去の思い出となりますが、その計画を遂行してる時、その過程が最高の時間であります。『始まりがあれば終わりがある。』この小さな夢ですが遂行できたのは1つの自信ともなり、良い意味でのGypsy Tomoの人生の定義に刻む事が出来ました。
そのヘルシンキに到着した感想を映像をご覧下さい。(ヘルシンキ大聖堂前から)


サンクトペテルブルグ~ヘルシンキへ向かう時はLUX EXPRESSというバス会社で早めに予約しておりましたので€15で行く事ができました。出国手続きの時はロシア語を私は喋れませんでしたので、何か質問されても、英語でRESPONSEをする私!! 会話が成立しないままパスできました。『何も悪い事してないから通してね』という事を言うといつもスムーズに通過は可能。 フィンランドへ入国の際にも入国管理官の人と私語して職員と楽しく通過する事を心がけてます。 彼らも厳しく(厳粛に)仕事を行う中で、学歴ある中での単純作業の毎日に私みたいな日本人1人が『最近どおなん?』って形で声をかけてあげるのが、彼らも一息つけるし、こおいう事も私の仕事だと思ってます(笑)。『仲良く行きましょう。』

それでは、シベリア鉄道の旅(私が掲げたゴール地点)のColumnへ皆さんと共に適当に見て行きましょう。世界のフィンランドの首都ヘルシンキから行ってQりのQちゃん♪(マジ寿司食べたい~~。)


ヘルシンキ大聖堂



生神女就寝大聖堂



どこでもあるLOVEheartパドロック(南京錠)kiss(私達の愛は永遠にって☆♪ロマンチックなね。)




生神女就寝大聖堂




さあ船に乗ってエストニアに直ぐに移動だ。到着した日の夜20時の最終便で渡ります。 VIKING LINEという船舶会社。かなり有名らしい。値段もエストニア価格で¥3500程でした。 フィンランドは物価が凄い高い、変にランチだけで€30越える可能性も全然あるから。フィンランド恐ろしい。。。(><)値段が。

このピザは安いほうでパキスタンジが営むケパブショップでの食事です。船に乗る前に腹ごしらえです。これで1300円とお買い得でした。



この建物は別に何もない、空間があり、発券機にATMに階は待合スペースとパブがあるくらいで、全くゴミゴミしてない。 無駄が一切ないって感じでした。(フィンランドの象徴みたい。無駄なし、心なし?笑、がら空き みたいな。クリーンなのは良いけど、周り見ても一緒みたいな。 シンプルすぎる国)




チケットも飛行機と一緒で、予約番号をこの機械で打てば発券して完了!! (人件費削減で、パターンは決まってるから超簡単☆)


フィンランドはただのゴール地点という目的で来ました。別に観光目的は一切ありません。物価が高くて、特に調べても魅了されるような所もないし、唯一あるとしたら、サウナぐらいです。 フィニシュ(フィンランド)は何処の国とも言語が似ていない独自のLANGUAGEだそうです。だからヨーロッパへ行っても言語が全く違うので彼らは苦労すると思います。ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・ドイツは似てる言語と言いますが。あと、イタリア・ポルトガル・スペイン語もこの3つは似てるし、フィンランド人は少し勉強しないといけないでしょうね(日本と一緒で似てる言語が外にないから)。 後、フィンランド~エストニアのタリンまで船が出ておりますので、そちらに乗船しました。中は豪華でした。スロットにギャンブルの機器に、食堂もフィンランドより安くて豊富にありましたし。ダンスフロアやラウンジ的な空間もあったり、御土産ショップもあったりと、充実した空間でした。 船上からの景色は何処にでもあるTHE EUROPEって感じでした。 街もそこまで印象には残ることはなかった(個性がない。。。ただの色で言うと白!! 私みたいに46カ国も10年間も風来坊してると、全くピンと興味をひかれる部分は無いのが正直。『物の値段が高い』それしか目に入ってこない。人(国民)に興味なし。特徴がない平均点より上の75点、皆さんみたいな。)。 フィンランド良かったらお越し下さい。(^^)

Gypsy Tomo 2019元気良くグアテマラのLAGO ATITLANDからお伝えしました。 

コメント

関連記事

UMAMIKAI

【イベント紹介】噂の『UMAMIKAI』に行ってきました!!

最新記事

人探し(7)

「色々お話したいのですが、お茶でもいかがですか」と正雄が切り出.....

カレンダー

< 2019-01 >
   1 2 3 4 5
6 7 8 9101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー