Logo for lacrosse

ノルウェーへの旅立ち ~ The Road to Norway ~

北中南米の旅のColumnは少しお休みにして、只今更新中のノルウェー編をお送りしていきます。さて2015年3月28日に新たなスタートを切ったGypsy Lacrosse Player Tomo2015!!です。昨年の12月15日に大阪に帰って来まして、3ヶ月以上を準備に休養にバイトに当てて再々スタートを切りました。第3章です。幕開けangry6年目の24ヶ国目へ。そんな(新時代)遊牧人種を、またまたご覧下さい。デジタル時代にアナログ方式で動き回る遊牧人種。『今日もまた世界へ漁に行ってくるか~。馬追いだ~。違う牧草地を目指して//・・/・・旬を追い求め♪(^0^)v』 ノルウェーのWorking Holiday VISAを取得するのに2ヶ月は掛かりました。健康診断は大阪回生病院で約¥6500、申請代が約¥60000、東京のノルウェー大使館で書類提出と同時に面接。 その往復交通料金(大阪⇔東京)約¥15000、 出国時の飛行機代(大阪⇒東京成田)¥8760、(東京成田⇒オスロ)¥53790、海外保険1年間;約¥91000 、結構費用の掛かった感じがしました。合計で約¥235,050と今までで、よく使った初費用でした。(使いすぎだわ。。(苦笑)broken heart)ともあれ、そんなこんな感じで始まりました。。。。出発進行!!

 

お見送りに、学生時代の先輩(シマさん)が、秘密でお見送りに来ていただきました。ビックリでした。突然『あれ!?wow』で、1時間程、一緒に喋って昼食をいただいきまして、ここのゲートでお別れを言いました。『いってきます。See you in the Beautiful Future』(本当に嬉しかったです。第一章の時にも彼女さん同伴で見送りに来ていただいて、第2章では、シマさんの彼女さんに見送っていただき、今回は極秘で関西空港へ三度来て頂きました。本当にありがとうございます。頭が下がります。enlightened

 

夜の成田空港、第1ターミナル、最近成田空港に来る回数が、断トツに増えました。(成田空港は私を呼んでるのかな?★夜の空港もイーヨネー。)

 

この看板を見たら、何か『旅立ち』『時が来たな』って鼓動が高なります。(今でも何度見ても、試合前みたいな感覚に興奮します。不思議。)

 

こちらはイスタンブールの街並みです。トルコ航空で行ったが為にイスタンブール経由でした。(1番安いチケットでした。)

 

写真のクオリティーは悪いけど、このアングルはいかがですか?悪くはないでしょう。cheeky(雲の上=天国へみたいな感じ。)

 

この辺りは、スウェーデンとノルウェーの国境付近だと思います。右側は雪ないのですが、左側は白いのが見えると思います。

 

このように池が凍ってるのです。私は人生で数回しか見た事なかったので、見とれてしまいました。

 

間もなく着陸です。あたり一面は雪でした。 (北欧の大地は、まだ雪です。)

 

低~い雲が、まだあるのです。ここの真下に空港があります。(祈ってました。失敗せんといて~ってfrown

 

オスロ市街地です。トラム走ってます(メルボルンみたいで一緒です)。

 

オスロ大聖堂かな?

 

Easte Holiday のど真ん中に来たんで、街がガランガラン状態でした。(全然人がいなく店もやってません。)

 

The Royal Palaceです。写真の左側に女性の兵隊さんが立ってるのです。(彼女(兵隊さん)の行動は凄いものでした。必見です。)

 

オスロのハーバーです。ここから各方面に船が出ております。観光地として、散歩してみても良い感じです。(雰囲気は良いです。)

 

昔の遺品みたいな物もあったりとか。(この時計は味が出てます。)

 

皆さん、ベンチに座って、リラックスしてます。(本当にニュージーランド人に似てるんちゃうかな って思ったりもしました。冬が終わり、春を待つ人々。)

 

ハーバーの先端はもっと気持ちがイーですよ。カップルにオススメのスポットです。プロポーズにもってこいの場所かもheart。(ありです。夏には、ここへ飛び込む事も出来ます。)

 

銅像もあるんですよ。竹馬をしてる青年。(これは面白い♪遊び心があるって証拠ですね。wink

 

バイキングの街ともあり、海賊船みたいな、そんな色を醸し出してる船です。沢山ありましたよ。(港の景色の一部です。)

 

白黒写真で、『渋く!!』40年前な感じで撮影しました。(なかなかOK。一応ねlaugh

 

記念に私も1枚。(いつものポーズです。)

到着した時は凄く寒かったです。日中でも4°程と、 日本の寒さとは違い、ヒンヤリする。CHILLYって言葉が相応しい。身震いがする感覚の寒さでした。オスロは本当に小さい可愛らしい街です。ニュージーランドに似てる感覚が毎日します。そおいう意味では、新鮮味が無いのは確かですが、ノルウェー国民はシャイ(shy)で地味な色(黒、茶色)が主流です。内気な人間に写ります。世界で1番裕福な国って聞いていて、来て見て、感じるのは、『裕福?』なん? 私は、こお2週間滞在してますけど、安定って感覚が掴めないですね(経済で裕福なのか。心が満たされて裕福なのか)=(どちらでも、なさそう)=(崩れる要素もありつつ)。全ヨーロッパを把握してないから、まだ分からないけど、ネガティブにいうと、EUROはゴチャゴチャしてますね。 日本が目指す形体では無さそう。 オスロの素敵な所は、あえて言いますと、街がカワイイのかなって、あと私からは特別な物は無さそうです。とにかく物価が、めちゃくちゃ高いだけです(異常な程に)。 もちろん自然は素晴らしいと聴いてます。Lofotenって所はフィヨルドが有名で、そこには是非行ってみたい観光地です。(凄いらしいです。1年中を通して、是非検索画像を見て見て下さい。Lofoten Norwayです。)

                                                         以上

Have a good day to All my friends 

I will keep own head up. Gypsy Tomo2015!!

 

コメント

関連記事

最新記事

夫の秘密(11)

希子はクリニックを出た後、すぐに母親に電話した。 「お母さん、今.....

夫の秘密(10)

トイレから戻った希子は、母親に「あんた、もしかして妊娠しているん.....

夫の秘密(9)

希子は、翌週の月曜から塾を教え始めた。開始時間は3時半と、小中学.....

夫の秘密(8)

翌日、英語塾へ行って、村上勝と言う塾経営者の面接を受けた。村上は.....

カレンダー

<  2021-06  >
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー