Logo for lacrosse

とある日のオスロ ~ Oslo one day ~

~、よってらっしゃい見てらっしゃい。無職の私が、とある日のオスロ(Oslo)と、ちょっとした活動をお送りしてまいりたいなと思います。彼此3週間が経ちましたが、以前無職で、面接まで辿り着けない日、でもこのスタイルで何処までいけるか楽しみと同時に、良い指標になればと思います。オスロ人が、いかなる国民か、どれだけ親切なのか、普通なのか、オスロを拠点に人間観察もし、臆病にもとれる彼ら。観察して、感じ取っていきます。特徴ですね。何に興味があり、どれだけ社交的で、何処に向かおうとしているのか。嫌という程、理解したいです。それでは、ボチボチでんな~で、写真をご覧下さい。

 

午前中の散歩です。この写真は2週間前に撮ったやつで、雪はまだ残ってました。春に代わろうとしてる大地ですね。

 

こちらが、ごく普通に目にするアパートメントですね。オスロの主流な建物。住居です。

 

これはノルウェーを代表する。昔の住居なのでしょうね。シンプルで且、目を奪われる。何か不思議な感じ。これだけ時代が動いてなさそうな。そんな原色を残してるかと言わんばかりでした。

 

この家も、何か他と違うんですよね。見とれてしまいます。昔の物は今では、珍しくなって、周りから浮いてる存在になり。それが余計に魅力となる。(素敵laugh)現代の家より一回り小さいかな。昔の人は小さかったから、そのサイズだったのかな? 人類は大きくなってきてる。だから家の基準も大きくなってる。かもね~。

 

この様な、球技コートが沢山あるんですよ。人工芝で綺麗に整えられて、施設も充実してて、オイルの国はやはり、凄いとしか言いようが、ないですよね。

 

ちゃんと売店もあり、中にはカフェもあったりと、選手の更衣室もあり、 これぞオーストラリアと一緒で、私の目指す施設なんですよね。こんなのが日本にあればな~って、いつも見ると思ってしまうのですよね。(人が集まる一つ屋根の下)

 

違う日には、ノルウェー人の知り合い達と、山へバーベキューしに出かけました。

 

途中には蟻の巣があったり、元気に活動しておりました。

 

悪戯して、雪を掛けてあげました。

 

池は氷がビッシリ張っておりました。(私は、氷の上に乗りました。大丈夫でした!!blush

 

山頂に着きますと、雪は無しです。(変な感じでしょう。たまたま日差しが良くあたる場所でも、あったので、雪は解けてました。)

 

サバイバル、BBQです。その辺に落ちてる木の枝でソーセージを刺して、炭で炙り、ワイルドBBQの出来上がりです。(初めての経験でした。知恵、知恵!!)

 

ケチャップを付けて、アメリカンホットドッグス感覚でいただきま~す。(笑)。これも文化なんですよね。

 

とある日の、オスロ近辺の裏山へ、

 

沢山の雪がぎっしり残ってるのです。日差しが入らない影の部分には、まだ冬ですよ~。(楽しかったyes

 

400m程の山へ来ました。

 

オスロ流のアパートメントです。(主流です。)

 

山頂からの景色でした。(何も無い。。。)

雪は、ある所には、『ドサッ』と残っているのですが、街からは直ぐに消えてしまいます。気温の違いが、はっきり伝わってきますよね~。緑は必要ですよ。これを見ていかに、植物のお陰で私達は生きてこれてるのかが、しみじみ感じます。『緑を大切に♪』   

オスロのアパートの姿を見てどお、思いましたか?これがノルウェーの生活帯なのです。逆にノルウェーらしさって物が何なのか、困惑しますよね。日本に住んでいて、イメージだけでは『北欧』綺麗な素敵な色を浮かべますが。オスロは、私には、そおでもないですね。(なんていったって、この5年間で24カ国、住んだりウロウロしてたもので、価値観が、当たり前みたいになり、なかなか『凄い』って思わなくなってきました。)だから、先進国での滞在に飽きてきました。 やっぱり、後進国の方が、魅力が、たっぷりあります。文化・人・物に、全部が楽しく感じますので、。。。。もしかして、次は後進国での生活が自分にはにあってるのかも。。。ありえるGypsy Tomo...

ホントに一人で行動してたら、色んな事に気づかせてくれます。自分の事は自分でしないといけないし、時間とタイミングと運次第で、転機が、訪れるのだから、ホントに面白い。今も、少し拠点を代えて違う、北極に近い街へ行こうかと検討し始めたり。時間はあって、お金がないだけに、色んなイメージが流れ星の様に毎日出てきてます。全てが実行可能なプランともあって、ここまで生きてこれたから、9割ぐらいできるんじゃないかなって思えたりします。

このサッカー施設の写真なんですけど、ホントに日本にも沢山欲しいなと、思います。公民館兼、スポーツ施設併用で、パブや食堂もついてる。そんな本当の総合センターがあれば、もっと近くに人々の距離が縮まりそうなんですけどね。 (日本に将来、作るよ~。)

そんな、こんな、素敵な感じで、今週も頑張りましょう。エイエイオ~。

Gypsy Tomo2015!!でした。

コメント

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....

カレンダー

<  2019-12  >
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー