Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for lacrosse

Gypsy Tomo!! が行く弾丸ツアー in 九州 鹿児島編~桜島・佐多岬・枕崎駅・西大山駅・関之尾滝・丸尾滝・霧島神宮~ {SAKURAZIMA / Cape of Sata / MAKURAZAKI Station / NISHIOYAMA Station / SEKINOO Falls / Maruo Falls / Kirishima Enshrine }の巻~

おはようございます。9月10日(月)本日もグランカナリア島から、コラムをUPして行きたいと思います。それでは、この1週間であった出来事を前説で述べたいと思います。テーマは『盗み・窃盗』です。この1週間の間で、私が滞在してるHOSTELで盗みがありました。ドイツ人の男の子は€120を財布から盗まれ、その他の人は€50と€20あともお1人の方も盗まれて合計€200の盗難がありました。
まさか、自分のHostelで盗難事件が起こるなんて、久し振りに聞きましたし、何か・・予想してなかったです。自分には被害はなかったのですが、宿泊客の中に犯人がいてるなんて、金田一少年の事件簿的な感覚を受けました。宿泊客も限られてる…15人程の中に犯人が…わくわくする自分とドラマの中にいてる様な感覚とが混ざり合ってました。
さあ犯人当てにとまいりましょうか!!金田一少年の私は内心楽しかったです。




私の中での犯行が行われたのは時間をまずは計算しました。そして、盗まれた部屋… 犯人は前もって計算していた。その部屋でない当人が、もし他の部屋でばったり宿泊客とあったら、疑いをかけられる。
話は飛びますが。容疑者が確定してから、被害は無くなった。=犯人は何と・・・誰だと思います? 金田一少年が当てましょうか。


それは、従業員だったのです。アイルランドから来てたボランティアの女性。彼女は仕事は真面目にしてましたが、嫉みを抱える。心が美しくない人でありました。でも、まさか犯行に応じるなんて、誰もが予測しませんでした。犯行が行われた深夜から明け方のかけて姿を消したのです。今でもこの島の何処かで、再びボランティアとして働いてるのか、単に宿泊してるかは、定か?ではありません。 嫉妬心は、見ていて直ぐに顔に出るから、0.5秒でわかるんやけど、特に外国人は、直ぐに顔に出るから、私は雰囲気で察知してしまいます。あまり絡まないようにしてました。結局、このような事件へと発展しました。
私がHOSTELで滞在してて、2010年のオーストラリアのAirline Beachで宿泊した以来です。盗難が行われた事。私は今まで、宿泊してて盗まれた事は1度もありません。HOSTELではね。以前、ナミビアで宿泊してた時は支配人から、従業員が盗む可能性があるから、ベットの上や見える所には、高価な物は置いてはいけませんと言われてましたが。でも盗まれなかった…そして今回ここ私のHOSTELで起こった窃盗事件。こんなの久し振りだし、まさかまさかよ。そんな盗みが行われるなんて★(笑)。


盗みはアカン。その後、良い事無いよ。絶対に仮が10倍になって返ってくる。それ以上かも100倍1000倍かもしれない。私も小学生・中学生の頃は万引きしてました。一通りの事はしたかと思います。 その時は子供だったからいけましたが。こお大人の部類に入ってくると、悪い事すると世間の目と判決は、厳しい評価を下すので、取り返しのつかないようにはしないといけません。 良い事はやるのは当たり前ですが、もちろん見返りはないよ。私たちは常に自然に迷惑をかけてるから。逆に良い事は償いよ。(笑) でも悪い事はしたら、とんでもない仕返しがやってくるから、そこは気をつけましょうね。 いろいろ想う事はあるけど、この辺で。 
それでは私のColumnへと参りましょう。blush世界の九州へ行ってきまんも~す。もすもす。enlightenedほとんど寝ずに運転頑張りました。(危ない。)





kaBoom ドッカーん。桜島が噴火しております。皆様お気をつけ下さい。(みたいな感じに見えるでしょう。)




私が、近づいてこちらで撮影しました。迫力満点でしょう。初めて桜島を見たのが、これだから衝撃的だよ。(内心;大丈夫かこれ?でした。)もくもくと噴煙が上がっております。





埋没された鳥居です。結構有名で、学校の隣にあります。(昔、噴火したときの後です。)鳥居がちっさいでしょう。昔の人は、身長も低かったから、鳥居のサイズも小さいよね。





違う角度から、噴煙大開口laugh初めて見る人は、逆に心配するよね。(え?ホンマにここまで近づいて大丈夫なの)って?







こちらの湯之平展望台から、見てて、働いてるお母さんに聞くと、大丈夫だってさ。でも火山灰は降り注いでました。大きな噴火があっても、全く慌てないお母さん達だりました。恐るべし、地味と民。





また違う角度からの偵察であちます。





ゴジラが表れる瞬間です。皆さん非難してくださ~い。



その後には佐多岬へやって参りました。母親がお昔にこちらへ来た事があるみたいな事を言ってました。鹿児島県産の牛乳をいただきました。乾杯~♪yes





地図に牛乳。牛産地ですよ。




記念の撮影大会、その1





撮影大会その3




結構長くやってました。イケイケでしょう。33歳です。





佐多岬に来たのは私が最後で、もお夜になりかけてました。





ここを後にしたのは、私がラストで。超静かでした。逆に肝試しできるかもよ。(怖)




無人販売所で、大きなハッサクを買いました。カスカスでありました。ダメでした。外れをひいてしましました。




佐多岬から、車でぶっ飛ばして、鹿児島県内の健康ランドで、休憩です。弾丸ツアーだから。無理なスケジュールよ。今回の企画は。




翌朝は枕崎駅へいきました。 鹿児島と言えば枕崎のイメージが凄く強くてですね。いっちゃってます私。 辛うじて睡眠は、鹿児島と枕崎の間の道の隅で寝てました。





雨よ。最悪でした。日の出どころか、激しい雨での新たな日でありました。





続いて西大山駅でございまする。 最南端の駅。早朝7時頃かな。天候;雨





無人で、誰も人影もありません。(天気が良ければ、開聞岳が見えたのに。あらま残念賞)






その後には、カットばして、再び宮崎県と鹿児島県との間にある。関之尾滝へ参りました。(ここの滝の魅力は、幅があり豪快な所かな。限られた時間しかなかったので、こちらを選びました。)










カラテカの矢部にそっくりでしょう? 病人みたいに見えません?やつれてますね。私。。気力のみで来た感じです。






もお一つは丸尾滝です。霧島神宮から10KM程かな。ここの滝の特徴は、周りが緑にかこまれてて、岩が茶色という事、あとは水が切れてるの、岩に当たり。 また違った魅力がこちらにあります。『色が良い♪』 水が切れる意味解りますか?3枚目、4枚目にあります。





最後は、こちらですね。霧島神宮へおじゃましました。 (海外へ安全と、目標を達成するがために。祈願しにきました。)





雨にも関わらず、参拝客はいました。外国からも来てました。霧島の神に、私が良い子でいられるようにと願いました。(ここへ来たら、まあ安全で旅は出来るでしょうと。太鼓判をもらいに。)






こちらのお湯は、霧島神宮付近にあったゲストハウスの天然温泉です。日帰り浴として浸かりました。300円だったかな。時間ギリギリまで、堪能しました。 




屋上にもお湯を引いてました。誰もいません。自分の時間を、体は限界でした。弾丸ツアーほぼ完了。(あ~眠い。)




宮崎市内に帰ってきまして、レンタカーを返却し、初の宮崎空港へ来ました。ここから関西空港へ帰りました。勿論ピーチ航空です。(この空港の良さは、なんといっても宮崎市内から2駅で着いてしまうということです。利便性完璧よ。びっくりしました。それだけ、市内周辺無いも無いということです。敷地はありあまってるのです。あと、予算がないのか、電車が錆びてました。何かJRって感覚ではなく、どこか田舎の私鉄に近いそんな感じもしました。予算がないのでしょうね。☆ それも田舎の味ですわ。(^o^)v)




こちらの夕日は、あの関西空港です。今は台風で破壊されてしまった。。。。この時は、それを予感させてた日の入りに見えてました。





人々の交通の拠点としての役割。『海上空港、今はその議論が問われる時代へと入りました。』(関西空港ってプレハブみたいな印象でしたから、ねずみ色一色のステンレスを貼り付けた空港ってね。美的センスが無いよね。予算が無いからこの色です。みたいな感じ。世界に誇る空港を新たに安全面もそうだけど、デザインもだし、利便性や、総合施設として、再び輝いて欲しいです。)


今回の九州弾丸ツアーは、自分の限界を超えるラインのぶっ飛ばしで周る企画でした。もちろん時間が無くてですね。これをやらざる負えない状況にしたのは自分でした。いつも思うのが、事故しなくて本当に良かったなと、かなり無理してるのは承知。自分との勝負をしながら、車を走らせて攻めて行く。(ホンマによくやってるなと、思います。事故してからでは遅いです。だから過信はしません。毎回真剣勝負でした。) 33歳にもなって、真剣勝負!! 肉体は衰えてきてる感じはしますが、それでも今のMAXのGYpsyTOMOを計れる機会では、あったのではないかと思いました。 私はバカでしょう☆ 
話を戻しまして鹿児島の総括;佐多岬は、あおの電波少年で1度出たときから頭にありまして、今回、憧れの電波少年の舞台に会えた事に嬉しく思いました。 桜島は、イメージしてたよりも遥かに噴煙を上げてまして、驚きの連続でした。普通に火山灰が降ってましたから。そこを車で通る私でした。 開聞岳は見たかった!!、雨で全く見れなかったのが残念でありました。 写真では凄く美しい絵があるんだけど、あ~無念。また次回ですな。 あとは、霧島神宮ですが、雨の神社は縁起が良いのは私の自論上言えます。だから今回、雨で良かったのは最後の神宮だけかな。あとは予想外でした。(笑) そんなこんなで無事帰還できました。 おめでとうGYPSY TOMO2018さん。 次回は国内最後の弾丸ツアー三重編をお送りいたします。 それでは、素敵な日々をお過ごしくださいませ。
さよならさよならさよなら。Gypsy でした~。(^-^)

 

コメント

関連記事

最新記事