Logo for lacrosse

大谷翔平選手サイクルヒット、そして昨年の凱旋門賞2018期をご紹介します。Je suis allé à l'hippodrome de Longchamp. ~『風来坊10周年記念』~

2019年6月16日【日曜日】、World情報番組HoT SUNDAY Gypsy のお時間がやってきました。本日は、豊洲市場2階レクリエーションルームよりお送りいたします。、司会進行GYPSY TOMO!!34歳・独身(心は青春マインド)♪(^0^ Immense chubby ArSeでGOGO!!どうぞ宜しくお願いします。今週1週間を振り返るにあたって、思ったことを身の回りの結果からお伝えします。 まずサイクルヒットを打った大谷翔平選手の話題にフィーチャーしたいと思います。 彼を見てると、普通の今までのスポーツ選手と違い、美徳もあり、礼節をわきまえて行動と判断をこの年齢で行ってる。空間の読む力、耐える忍耐力、一般人には見えない、宇宙神秘エネルギー学みたいな、全ての要素を入れて合わせて野球をしてる彼の姿は、今後のスポーツをする人にとって本当の次世代に生きる例になると私は思います。スイスではロジャーフェデラーという、『行動・振る舞い・発言・慈善活動』とスポーツ界の『いち影響力ある素晴らしい見本の方であります』私達にも影響を与えてくれてる。それに近い人物になろうであろう人が大谷翔平選手。 英語がまだ喋れてないのが、これからの補う部分ではありますが、彼の思想というのは、イチローさんとは違って、私達市民の近いものを持ってます。もちろん結果をだして行かないといけない世界であります。その彼が高校1年生の時に立てたとされる『目標達成要素』をどうぞご覧ください。素晴らしい!!これはスポーツ選手だけではなくて、一般の普通の私達にも共通する事であります。 こういうことを普段は家庭では今となれば盲目な点、しかもネットニュースだけで自分の好きな事しかクリックしない時代で、偏ってしまってるからこそ、この下にUPした物を見てください。これを私達の生活に当てはめて考えるのが、『人生を生きるにあたってのインディケーター(INDICATOR)となります』

やはり、徳のある方が、こういうのを残してくれてたら、これからの少年少女・青年達に良い示しとなります。 サッカー・野球は私達に一番身近なスポーツであり、そこに徳のある方が、お金ではなくて、『好きだから』やる。目に見えてる事だけじゃなくて、『その先の未来も読んで、引き付けて、そして人の目には見えない分野をも含めて』彼は、オーソドックスな市場スポーツで且つアメリカで活躍されてる。 嬉しい!! 日本の格闘技は娯楽パフォーマンスショーと受けてますが、 この大谷選手は、また違うごく普通の生活に近い要素を保ちながら市民に共感、心地よさを持たせる取り組み方である。 『次世代のスポーツ選手』の模範となっていただきたいです。私は、以前から気に掛けてた選手(人)であり、日本に、欲しかったんです。彼の様なスポーツを通して言葉ではないメッセージ性が豊富な方。 昨今のスポーツ選手はYou TUBE,私達の全員が『お金という現実の物を買う、力のある券を手に入れたくなる』 中和剤、抗生物質ではないですが、彼が活躍することによって日本国民の皆様には、心のどこか。無意識なる脳の隅にでも、彼の振る舞いで良い影響を受け取っていただければ嬉しいですね。 トミージョン手術しても、ネガティブな発言も無く、淡々とこなす。それも彼の『目標達成表』に書かれてる(答えがそこにある)からこそ、彼は大丈夫なんです。 

こちらの映像は、先日のサイクル安打を達成した時の映像です。インタビューも最後にあります。 国際人、インターナショナルで活躍するには語学も必要という事をここで述べられてます。 通訳さんも隣にいてますが、大谷選手も集中して聞耳立てております。 喜ぶ顔よりも、一喜一憂しない、淡々としたスタイル、本当の彼の望む目標は目的地は、まだ先にあるんではないかと見受けられます。それは野球を引退してからかもしれない、野球というのは、彼にとっては国民が喜んで暮れてるから、やってる彼のこの時代、この国を代表しての任務なのかもしれません。  それでは映像を見てください。SHOUHEI OOTANI SAN♪

いかがでしたか?体大きいですね~。一心不乱如く、一喜一憂しない、日進月歩というか、国語の教科書に存在する人物みたい。べた褒め? これからも活躍していただいて、野球外でも見本となる活動・企画をしていただきたい、彼ならできそうだと思うし、そういうものをも掴む事もできるだろうし、24歳であり、益々楽しみにしております。こういう人物がいて世の中って発展していくのかな~、常に、こういう人が欲しいと思えば現れてくれるのは本当に嬉しい事だし、ビジネスもそうだけど、次から次から様々な事業が生まれてくる循環も好きです。 今日は大谷選手特集としてお送りさせていただきました。 彼の一喜一憂しない姿勢を見習って、まだある長い人生を共に作り築き上げていきましょう。未来へ♪

今日お送りする準リアルタイムコラムは昨年の凱旋門賞へお邪魔しに行った際の模様です。日本からはクリンチャー号が出走して、その他のレースでは日本馬ラルク号、ジェニアル号が出てました。私も念願の世界で有名なレースを競馬ファン20周年として、自分への招待をしてみました。 私の写真しかありませんが、許してね。どうぞご覧くださいませ。世界のパリ ロンシャン競馬場へ行ってQりのQちゃん



各メディア向けのスペース、 改装工事なされて綺麗にでした。



近代フランス競馬!!とても美しいでござる。



スタンド席、もう少し前へ見に行ってみましょう。



記念写真①


この方は日本のYOU TUBERらしい。



パドック絵になります。



今日は正装して観戦する、紳士的な日でありました。



こちらの女性の方は、何回かジャパンカップを昔、見に来たことがあるみたいです。

どうも初めましてGypsy Tomoです。 光栄でございます。



武豊さん。光栄です。


ゴール前



日本の方々と記念写真。



その後は、パーティーin KEIBA場 ロンシャン競馬場内で夜19時まで負けた悔しさと共に踊りました。


酔っ払いさん。Gypsy Tomo.



仲良く皆さんと、もうやけくそだ~。wwそんな事はなく楽しかったです。


宇宙人さん、次は何処の祭典に現れますか? お待ちしております。冥王星人より。



国籍問わず、競馬ファン今日限りの宴会♪

20周年のご褒美を堪能、満喫させていただきました。ダビスタから初めて、凱旋門賞へやってきた私。でも負けました。あとやはり思ったのが自分の所有してる馬と来たいって思いました。次回のお楽しみですね。その辺は。まだ日本の馬主さんで、この凱旋門賞は誰一人制覇してないので、1人目になりたいなと思います。競馬場を出たのも私達日本人3人組でした。また次回お会いしましょう。 

Gypsy Tomo 2019!!
 

コメント

関連記事

最新記事

塞翁が馬(2)

 里奈がパートの仕事をし始めて半年後、私は学科長から、「後期にな.....

塞翁が馬(1)

「人間万事塞翁が馬」この言葉を初めて聞いた時、里奈のことを思い浮.....

カレンダー

<  2019-09  >
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

Travel and Lacrosse make friends

記事一覧

マイカテゴリー