Logo for novels

テス・マッケンジーさんの物語(3)

私以外にも、3人仲の良い友達が、オーストラリア人の恋人を持ち、私達はカップルで、
一緒に、秋にはピクニックに行ったり、夏には海水浴、春には花見などに行き、デートを楽しんだものです。その時の仲間は一人を除き、皆後にオーストラリアに来ました。
 レイと私は、呉で1952年に結婚しました。その時は私の家族は全員結婚式に出席してくれました。友達の多くが家族の反対にあったので、私は家族にも祝福されて結婚でき、幸せでした。
 結婚した後、レイと二人でオーストラリアに来る予定でしたが、ことはそんなに簡単には運びませんでした。オーストラリア人の反日感情がひどかったからです。それというのも、戦時中の日本軍のオーストラリア人の戦争捕虜に対する残虐な仕打ちが、オーストラリア国民の間に知れ渡るようになったからです。オーストラリア人たちは、自分たちが日本の捕虜を大切に扱えば、日本軍もオーストラリア人の捕虜を大切に扱ってくれるだろうと、日本人捕虜を丁重に扱いました。その期待が裏切られたのですから、オーストラリア国民の日本に対する憎しみは激しかったのです。
 労働党のチーフリー政権は、敵国人の入国を拒み続けましたが、1949年政権を取った自由党のロバート・メンジーズは、1952年、やっと日本人の入国を認めました。日本に残した日本人妻を呼び寄せるために、ゴードン・パーカーさんがキャンペーンを繰り広げてくれたおかげだと言えます。1952年6月、戦争花嫁として初めてゴードンさんの奥さん、チェリーさんが子供二人連れて、オーストラリアに来ました。ゴードンさんがチェリーさんに日本語を話さないように言ったと聞いたことがあります。日本人であるために、嫌な思いをさせられないようにとの、ゴードンさんの心遣いでしょう。

著作権所有者:久保田満里子

 

コメント

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2022-05  >
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー