Logo for novels

オーストラリアの学生諸君:試験(1)

オーストラリアの大学生諸君

試験(その一)

私の名前はケイト・カーターである。スキッピーだ。スキッピーっていうのは、先祖がアングロサクソンで、他の血が混じっていないオーストラリア人って言うこと。多分私の先祖はイギリスからの流刑囚だったんだと思う。オーストラリアはほとんど移民から成り立っている国だ。原住民のアボリジニと呼ばれる人達がいるが、北の方には多いが、メルボルンでは余り見かけない。戦後はヨーロッパからの移民が、1970年代からは中国やベトナム等のアジア諸国からの移民が増え、最近はスーダンなどのアフリカからの移民が増えている。だからメルボルンはいろんな人種が交じり合っている町だ。今ではスキッピーは珍しい存在となった。

私はごくごく普通の女子大生である。友達と映画に行ったり、バイトをしたり、毎日忙しい日を送っている。ただ一つ大学生活で不満なことはボーイフレンドがまだできないことだ。高校は女子高だったから、今度入った男女共学の大学でボーイフレンドを作るぞとはりきっていたのだが、何しろクラスメイトの男の子は皆ダサいのだ。確かに私の入った大学は名門校だけあって、皆頭はよさそうなのだが、かっこよくない。背が高いと思ったら、顔がいけない。顔はまずまずと思うと背が低い。175センチもある私の身長が災いしているともいえるが。いや、身長だけでなく、顔にも問題があるのではないかって?自慢じゃないが、青い目と金髪、それにすらっとした長い足と、十分魅力的だと自分では思っている。選り好みが激しいんだろうと言われれば、それまでだが。まだ1年生だから、卒業するまで3年あるので、焦らなくてもいいと思っている。でも、高校からの仲良し友達と会えば、まずボーイフレンドの話になる。仲良し4人組でボーイフレンドがいるのは、ミッシェルだけ。そのミッシェルのボーイフレンドと言うのも、バツ一のこぶつき。皆でいつもいい男がいないと愚痴るだけである。

大学生活は楽しいけれど、いやなこともある。それは試験だ。試験と聞くだけで、びびってしまう。高校のときは学校内でも優等生だったのだが、私の大学の学生は皆優秀だから、高校のときのようなわけにはいかない。

いい成績をとるためには、一生懸命勉強すればいいのだが、これがなかなかできない。ウエートレスのバイトが週2日入っている。大学には4日行っている。残り一日あるが、この日はのんびりしたいので、遅く起きる。午後1時ごろ起きるのだが、そうすると、すぐ夜が来て、一日が終わってしまう。親はよく眠れるわねと皮肉を言うが、寝耳に水。右から左へと聞き流すことにしている。本当はうるさい親から離れて友達と暮らすか一人暮らしをしたい。でも、友達の話では友達と家をシェアしても少なくとも家賃が600ドルいるそうだ。学生用の一人暮らしのアパートなんて、月1200ドルするというではないか。ウエートレスの時給が17ドルだから、バイトだけのお金では家賃も払えない。そこで、親に文句を言われてもじっと我慢をしている。

大学に入って初めての試験が迫っている。授業は先週終わった。授業が終わった後、3日間スウォットバックと言う試験準備期間がある。一ヶ月前に試験の予定表が出たのだが、私のとっている科目は6月15日、18日、23日それに25日にある。何しろ大学に入って初めての試験なので、どきどきする。科目によっては過去の試験問題が図書館にあるからそれを参考にすればいい。政治と歴史と文化研究の科目は、皆過去の試験問題があった。問題なのは、哲学の科目だ。それは最後の日に試験があるので、ともかく最初の3つの科目に集中して勉強することにしようと作戦を練った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(最終回)

エピローグ

 静子は1ヶ月後退院することができた。その後すぐにトレーシーに会って、グレッグに刺されて気を失った時奇妙な体験をしたことを話した。するとトレーシーは即座に「それは、臨死体験よ」と言った。

「臨死体験?」

「ええ。死んだと思った人が生き返った時、その人たちが死んでいた時体験したことを臨死体験って言うんだけれど、皆あなたと同じようなことを言うのよ。臨死体験をした人たちは、死ぬことが怖くなくなったって言うわ。あなたも、私と同じようにきっと不思議な能力があるんだと思うわ。私と一緒に警察の手伝いをしない?」

 静子はトレーシーの申し出に心を動かされたが、結局はそれを断って、今もツアーガイドをしている。トニーのためなら怖い夢も耐えられたが、根が臆病者の静子には怖い夢には耐えられないと思えたからである。ただ一つ気になっていることがある。祖母の「あなたにはやらなければいけないことが残っている」と言う言葉である。一体自分がやらなければいけないことって何なのだろうかと考える。でも、結局は人生の目的を模索しながらこのまま一生を終えることになるのかもしれない。ただ一つ静子が確信したことがある。静子の一生が終わったときに、静子の愛する人たちが迎えに来てくれるということである。
「私は一人ではないのだ」と。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

行方不明(25)

「これで、私の人生も終りなのね」と思った。
そう思うまもなく光のトンネルをすごいスピードでみるみるうちにくぐっていっていた。そして走馬灯のように子供のときから今までの色々な楽しい思い出や悲しい思い出が頭をかけめぐった。
 トンネルを抜けると、そこにはトニーが笑顔で立っていた。その横にはジョンもいた。二人とも「よく来たね。」と迎えてくれた。静かな喜びが心の底から湧き上がって来た。至福の喜びとはこう言うのをいうのだろうと思った。すると、10年前死んだ祖母が、仏壇に飾ってある写真のままの様子で現れた。
「おばあちゃん!」
 懐かしさで駆け寄ろうとすると、祖母がおごそかな言った。

「静子、あなたは戻りなさい。あなたにはやらなければいけないことがまだ残っているのよ」

「おばあちゃん、私はここにいたいわ。こんなに平和で幸せな気持ちでいられるんですもの」

「いいえ、だめよ」と祖母が厳しい顔で言ったとき、耳元で誰かの呼ぶ声が聞こえた。
 「静子、静子」
 ゆっくり重い目を開けると、泣きながら「静子」と呼んでいる母が見えた。
「まあ、気がついたのね。お医者さんをよばなければ」と母親はどたばた部屋を出て行った。
 ゆっくり部屋を見回した。すると、ドラマの集中治療室の場面でよく見た心電図が見えた。どうやら、ここは病室らしいと思うと、母に連れられて白衣を着た医者が現れた。
「気がつきましたか?」

「私、どうしたんでしょう」

「刃物で切られて出血多量で瀕死状態で、この集中治療室で2日意識不明だったのですよ。でも気がついたので、もう大丈夫ですよ」と心電図を見ながら医者は言った。

 後で聞いたところによると、幸いにもエリック刑事は、静子のメッセージを聞いてうちにかけつけてくれたのだそうだ。そのとき静子は部屋の片隅の血の海の中に倒れていたが、グレッグが静子に止めをさそうと、刃物を振り上げたとき、エリック刑事がその腕をつかんで、グレッグを組みふし、その場で逮捕したということだった。

 逮捕されたグレッグはミスター残酷だったことを認めたそうである。そして、トニーが失踪した日には、たまたま帰宅中のトニーに会い、トニーからミスター残酷の捜査が再開され、その新聞記事に載っていたジェシカの証言にあった空港の近くの家が自分の住んでいた家だと気づいたと聞いた。そしてトニーが冗談めかしに、猫の面倒を見たとき何かおかしなことをしたんじゃないでしょうねとグレッグに言ったのをきっかけに、トニーが何か勘づいたのではないかと心配になり、殺害することを決意するにいたったという。そのため、うちに誘ってウイスキーを飲ませ、酔ったところを後ろからハンマーで殴ったということだった。
 静子はジョンも彼に殺されたのではないかと思っていたが、グレッグはジョンには手を出していないということだった。あれは本当に事故だったのだと。

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (1)

行方不明(24)

「助かった!」と思ったら、何か鍵をガチャガチャ動かしている音が聞こえ始めた。

「まさか、鍵を開けることはないだろう」と思うと、ドアが大きく開いた。そこにはニヤニヤした顔のグレッグがいた。

「静子さん、居留守をつかっちゃあいけませんよ」

静子は恐怖で顔が引きつった。

「お邪魔しますよ」グレッグは、そのままあがってきて、静子の前に立った。

「あ、あなたがトニーを殺したのね」

「そうだとしたら、どうします。」とにやけた顔を崩さないで、グレッグが言った。

「あなたにカンづかれたかと心配になって電話したら、あなたの声を聞いてすぐに分かりましたよ。あなたにカンづかれたことを」

静子は後ずさりした。それにつられてグレッグは一歩前にすすむ。グレッグの手には刃物が握られていた。

静子は、「どうしても聞きたいことがあるの」と震える声で言った。

「まあ、冥土の土産に何でも答えてあげますよ」と言った。

「あなたが、ミスター残酷でしょ?」

「そうだとしたら、どうだというんです」

「どうしてトニーの家を犯行に使えたの?」

「いやあ、たまたまあの犯行を計画している時に、トニーに会ってね。何かハウスメイトも両親のうちに帰っていないときに彼も出張で行かなければいけなくなって、うちにだれもいなくなるが、猫の面倒を見てくれる人がいなくて困っているということでね。僕が猫の面倒をかって出たんですよ。トニーは感謝していましたがね。」

「猫?」

「かわいそうにその猫、行方不明になって帰ってこなかったんですがね」「どうしてトニーを殺したの?」

「それは、トニーが僕に疑いを持ち始めたのを感じたからですよ。あなたと同じようにね」

静子は背中に壁を感じて、これ以上後ずさりできないところまで来たことを知った。

あっと言う間だった。グレッグに口をふさがれ叫び声も上げられない状態でもがくと、静子はおなかに鋭い痛みを感じた。見る見るうちに血が流れ落ちていくのが分かった。頭がボーっとなって、その場に崩れ落ち、記憶が薄れていった。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Queens Park
噴水と歴史のある公園☆
ヤラバレーでワイン三昧 ②
知られざる名門ワイナリー&リゾート・スパ
Camberwell Market
メルボルンのフリマを巡ろう★
第48回「Japanese Food」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
第13回「 やっぱりオージー。」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画 第13回

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)