Logo for novels

私のソウルメイト(16)

 翌日は、京子に付き添って、家具屋を回った。京子はイタリア製の凝ったデザインのある家具が好みのようだった。テーブルや食器入れなどはすぐに決まったのだが、ソファーはなかなか気に入ったのが見つからず、5,6軒のお店を見て回った。京子や私の体型に合うようなものがなかなか見つからなかったのだ。どのソファーも大きすぎて、私たちが座るとソファーに体全体が沈み込んでしまってすわり心地がよくないし、立つときも往生する。6軒目にやっと我々にちょうど合うような小さなソファーが見つかった。その花柄模様のソファーを、京子は来週自分のアパートに送ってもらうように依頼して店を出た。その後二人でカフェーに入って、京子はカフェラテを、私はカプチノを注文した。
「ロビンとは連絡取ったの?」と、京子が聞いてきた。
「とるわけないじゃない」
「まだ、退行催眠に興味を持っているの?」
「勿論よ。退行催眠をしてくれる人誰かいないか聞いてみてくれた?」
「聞いてみたわ。本人は誰も知らないけれど、友達に聞いてみてくれると言ってくれたから、そのうち誰か見つかると思うわ。でも、本当に退行催眠をうけるつもりなの?」
私は黙って頷いた。
「先日あなたから臆病者だと言われて、どうしてなのか、考えてみたのよ。私って父の反対を押し切ってオーストラリアに来たし、アーロンの反対を押し切って仕事も始めたし、特別臆病者なわけではないと思っているんだけど、なぜだか恋愛のことになると臆病になるのよ」
「どうしてだか、わかったの?」
「原因は、母を7歳のときに亡くしたことだと思うの。母は私をかわいがってくれたんだけど、私が7歳のとき、車に轢かれて、突然死んでしまったの。その時、子供ながら自分の人生がひっくり返ったような気持ちだったわ。人を愛しすぎると、その人を失ったとき、どんなにつらい思いをするか身をもって知ったのね。たとえばやかんのお湯で大やけどをすると、やかんに近づくのもこわくなる、それと同じことね。もうこんなつらい思いをするのはまっぴらだと思っていたのね。そしたら無意識に、そういう状況になるのを避けるようになったんだって、分かったわ」
「でも、アーロンとは結婚したじゃない」
「そうなの。でも、今から考えてみれば、アーロンと熱烈な恋愛をして結婚したというわけじゃなくて、アーロンの積極さに負けて結婚したんだと気がついたわ。結婚する前も、してからもアーロンに対しても、一歩距離をおいて見ていたわ。ダイアナが生まれたとき、すごく落ち込んだの。どうしてかっていうと、母が亡くなった時のどうしようもない寂しさがよみがえってきたの。だって、ダイアナが生まれることによって、アーロンとダイアナと切っても切れない絆ができたと思うと、またアーロンとダイアナとの別れが来た時に、母が亡くなくなった時のあの孤独感をまた味わわなければいけないと思うと、落ち込んでしまって泣いてばかりいたわ」
「ふーん。あんたにとってお母さんの死がいまだにトラウマになっているわけだ」
「そうだと思うの。だから、ロビンに対しても積極的になれないの。でも一方で、自分の気持ちに素直になったらと思うことがあるし。京子さんのように自分の気持ちに素直に生きれたら、どんなに素敵かと思うんだけど」
「えっ?私がうらやましい?私はあんまりあんたのように自分の気持ちがどうだとか考えたことないわ。私はあんたのほうが羨ましいわ。もうこの年になったら誰かに心ときめかせるなんてことないもの。まだ誰かを好きになれるあんたのほうがよっぽど羨ましいわよ。私が胸がときめくのは、懸賞に当たったときぐらいのもんね」と言って、京子はニヤッとした。
「もう、実際にロビンに会うこともないと思うの。でも、いつも彼のことが心の片隅について離れない。何とかその気持ちの整理をしたいだけよ。それに、たとえ彼が私のソウルメイトだと分かったとしても、もう今生では一緒になることはないと思うけど、次に生まれたときは一緒になりたい、そういう気持ちなの」
「ふうん。つまり、結論は先に延ばすというわけだ。でも、人生短いんだから自分の気持ちに正直になってもいいと思うんだけどね。やっぱりあんたは臆病者だわよ」
「そうね」私はさびしく笑った。

著作権所有者:久保田満里子



マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(15)

 うちに帰ると、電子メールを開いてみた。最近サイモンからなんの連絡もなく、仕事がしばらく途絶えていたが、またサイモンからのメールが入っていた。今度日本の精肉会社の社長の跡取り息子が、精肉工場の見学に行くので、その通訳をしてくれと言う依頼だった。精肉工場と言うのは、余り気がすすまなかったが、好奇心も手伝って、「やります」と返事をした。
 翌日の10時、指定のホテルにその跡取り息子を迎えに行くと、ダイアナと余り変わらない年の男が待っていた。まだ大学の3年生だそうで、名前は山下守と言った。背は余り高くないが、がっちりした体格で精悍な感じがした。将来の社会勉強のためにオーストラリアに行って精肉工場を見て来いと父親から言われて来たということで、物怖じするところが全く見られず、社長の息子としての自信のようなものがうかがえた。タクシーで、工場に向かう途中、それだけのことが分かった。
 目指した工場は、町外れの人家の見られない、草原の中にあった。その理由はすぐに分かった。屠殺するためにつれて来られる牛や羊を満載したトラックが、ひっきりなしに出入りするからだ。こんな工場の傍に家を建てたいと思う人はいないだろう。私は、屠殺の現場に案内されたら卒倒するのではないかと、タクシーを降りたとたん不安に陥れられた。私たちを出迎えたのは、50代前半と思えるイタリア系の出身と思われる工場長だった。工場長が、屠殺場の方に行かず、肉の処理工場に向かったときは、私は内心ほっとした。私の様子をにやにやしながら見ていた山下は、「僕、もう屠殺の方はシドニーで見てきたので、今日は、肉の処理だけを見せてもらうようお願いしていたんですよ」と言った。しかし肉の処理工場も、余り気分のいいものではなかった。工場の建物に入ったとたん、血と肉の腐ったような強烈なにおいが鼻をついた。私は思わず手で鼻をつまんで、顔をしかめた。しかし山下も工場長も、においは余り気にならないようで、何事もないように、話を続けた。
「ここでは、毎日500頭の牛を処理しています。この工場では50名の従業員がいまして、朝7時から始業し、午後3時には仕事を終わります。」
「この隣の棟で、牛を射殺して、その後、それぞれの部分を切り取り、シュートで落としてきます。ここでは、牛の舌をシュートで落としてくるので、落とされてきた舌を切り取って箱に詰め込む作業をしています」
 最初に工場長が案内してくれたセクションには、私と同年代と思われるおばちゃんたち10名が、白い制服に白いエプロンをつけ、頭には白いキャップをかぶって、楽しそうにおしゃべりをしながら、舌のよけいな部分を切り取っては箱に入れていっていた。私は吐き気がしそうなのを我慢することで精一杯だった。この強烈な肉の腐ったようなにおいと、牛の舌のべろっとした感触に何の抵抗も感じないようなこのおばちゃんたちが違った星の住民のように思えた。
 次は、頭や足を切り取られ、皮をはがされて肉の塊だけになった牛の胴体が、フックに吊り下げられ、コンベアでゆっくり回っているところに案内された。ここでは、肉を切り取る作業をしているのが、これはかなりの体力を要するためか、このセクションの作業員は全員男であった。ここの作業員も白いコート、白いキャップと、白尽くめの制服を着ていたが、その白い制服も全員血が飛び散って赤くなっていた。ここでは楽しそうなおしゃべりをする光景は見られなかった。皆それぞれ自分の前に回ってきた牛の胴体から自分の割り当てられた部分の肉を黙々と切り取っていた。
 通訳の仕事自体はたいした労力はいらなかった。肉の部分の名前を英語と日本語で頭に叩き込んできたのだが、山下は専門用語にはなれているとみえ、たいして訳すこともいらなかった。しかしうちに帰ったとき、精神的にぐったりしたのは、あの強烈な牛の死体のにおいのせいだった。その晩、アーロンがステーキを焼いたが、私は見ただけで吐きそうになり、食欲がないと、すぐに寝た。その晩、あの楽しそうにおしゃべりしているおばさんたちの手元の牛の舌が脳裏について離れなかった。そして、ドフトエフスキーの小説にでてきた一文を思い出した。
「人間はどんなことにでも慣れることができるものだ」

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(14)


「その男の人、前世でその女の人と結婚の約束をしていたんだけれど、戦争に行って死んでしまうの。それで、結婚の約束を果たせなかったんだそうだけど、そのためにその女性に惹きつけられたんだって言うことよ」
「そんなことが分かった後、その男の人、奥さんと離婚して、その女の人と一緒になったの?」
「ううん。今生では、離婚をすることは奥さんに多大な苦しみを与えるだけだから、次の人生で、一緒になろうとその女の人と約束して、別れたということよ」
「ふーん。ソウルメイトだからって必ずしも結婚するとは限らないんだ」
「そうらしいわよ」
「私も、どうしてロビンにこんなに惹きつけられるのか、彼と私の間に前世でどんなことがあったのか、知りたくてたまらないのよ」
「つまり、もとこさんも退行催眠を受けてみたいってわけ?」
「そう。誰か退行催眠してくれる人、知っている?」
「そのバイト先の知り合いに聞いてみてあげるわ」
「ありがとう、お願い」
「それで、もし、彼とあなたが深い因縁のある人だと分かったら、もとこさんどうするつもり?アーロンと別れて、ロビンと結婚するつもりなの」
「そこまで考えていないわ。日本から帰って、彼から一度も連絡がないし、最近なんとなく、すごい片思いなんじゃないかと思うようになったわ」
少し沈んだ気持ちになって、私はうつむいて言った。
「私だったら、彼のうちに押しかけて、自分の気持ちを伝えて、相手がどう思っているか、問いただすんだけど、あなたって臆病なのね。彼に拒絶されるのが怖いんでしょ?」
京子は揶揄するように言った。
「私のこと、よく知っているじゃない」
私は苦笑いした。
「それにね、たとえ彼が私のソウルメイトで彼も私のことを好きだったにしても、私にはアーロンもダイアナもいるし、ことはそんなに簡単にハッピーエンドというわけにないかないわ」
「もとこさんは一体アーロンのことをどう思ってるの?」
「何にも。まあ、空気のような存在ね。傍にいても嬉しいって気持ちもないし、惰性で一緒に暮らしているようなものね。でも、彼やダイアナを悲しませるようなことはしたくないの。時々彼でなくロビンが傍にいてくれたら、なんて思うことが時々あるけど」
「ふーん。恋するもとこちゃんっていうわけね」
京子は笑いながら言った。
「ところで、私のアパートやっと来週、引渡ししてくれることになったわ。だからこれから、アパートの家具なんか少しずつ買っていかなくてはいけないわ。買い物についてきたくれない」
「勿論いいわ。まだロベルトは何も感づいていないの」
「ぜーんぜん。まあ、アパートが使えるようになって、アパートですごす時間が多くなってくると、要注意だと思うけど」
 そして、京子は腕時計に目を落として、
「まあ、もう5時ね。帰らなくちゃ。今日はロベルトの誕生日なのよ。だからバースデーケーキでも作ろうかと思っているのよ」と、あわてて帰っていった。ロベルトに対する愚痴をいつも聞かされているが、彼女のそそくさと帰っていく後姿を見て、なんだかんだと言っても、彼女はまだまだロベルトを愛しているのだと思った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(13)

 クリスマスの次の日のボクシングデーは、我が家では毎年デパートの安売りに出かけて、5割引とか6割引の洋服や食器やシーツなどを買いあさるのが行事になっている。今年もアーロンと二人で出かけて、一年分の下着類やワイシャツや靴下、ストッキングなどを人ごみにもまれながら買い占めた。しかし、どこにでかけても、常に私の心の片隅にロビンが住み着いていた。食器を見ながらも、視線は半分人ごみを見ている。もしかしたら、ロビンに会えるのではないかと、はかない望みをかかえながら。しかし、どこに視線を移しても、ロビンの姿は見えなかった。私の心の中には大きな穴が空いて、ロビンに会いたいと思う気持ちが日増しに強くなっていった。
 クリスマスの休暇は1月1日まであり、うちにはアーロンとダイアナがいた。だから、一人でふらふらロビンの家に行くことはできなかった。人が傍にいてもさびしいということをこのとき知った。私は、することもなく、アーロンの両親がくれた「前世療法」の本を手にとって見た。最初気乗りのしなかったこの本に、私は、読み始めると、ぐんぐん引き込まれてしまった。筆者のブライアン・ワイズ博士は精神科医。その本には次のようなことが書かれていた。ワイズ博士が水恐怖症の女性に退行催眠をかけたところ、彼女が水恐怖症の原因を作った前世を思い出したというものだ。その前世ではその女性は、洪水に襲われ、水に押し流されて死んでしまい、その時の水に対する恐怖感が潜在意識に残っていて、今でも水がこわくてたまらないのだという。それが分かったところで、水に対する恐怖がぴたっとなくなってしまったというのだ。前世はある、という話自体は、仏教の輪廻を信じていた私には大して衝撃的なことではなかったが、その本に書いてあったソウルメイトがいると言う話は、衝撃的なことだった。私がこんなにもロビンにひかれるのは、彼が私のソウルメイトだからだろうか。そう考え始めると、私はその晩眠れなかった。一体ロビンは私にとって、どういう意味がある人なのだろうか。仏教では袖振り合うも他生の縁というではないか。私は冷静にどうして彼にこうも惹かれるのか、考えてみた。彼は大会社の社長でお金も権力もある人だ。だから、彼に惹かれるのだろうか。でも、世の中には彼よりもお金や権力を持っている人はわんさといる。今までそんな人たちに心を惹かれたことは全然ない。反対に、お金や権力に振り回される人を軽蔑してきたのではないか。外貌からすると、客観的に見てアーロンのほうがよっぽど魅力がある。私は前世で彼と会ったことがあるのだろうか。今のところ、私の思いは片側通行で、ロビンの気持ちは全然分からない。彼に会いたいと心底から思った後、すぐに彼とソウルメイトだったと考えるのも荒唐無稽だという思いがいつも襲ってくる。私の心はその二つの感情の流れに揺らいでいたのだ。
 私はどうしても今の私の気持ちを聞いてもらいたくて、1月2日にアーロンが出勤した後、京子と町のカフェで待ち合わせをした。
「ねえ、ソウルメイトっていると思う?」と私が切り出すと、京子はびっくりしたように、
「急に、何の話?」
「いえね、クリスマスのプレゼントにアーロンの両親から『前世療法』という本をもらったの。それによると、人間は何度も生まれ変わってくるのだけれど、いつも一緒に生きる縁の深い人がいるというのよ。それをソウルメイトと言って、普通、親子とか夫婦とか、兄弟とか、それに親友と言った形で現れてくるんだそうだけれど。最近ロビンのことを考えることが多くて。一体どうして私は彼に惹かれるんだろうかと思っていたので、その本を読んで、彼は私のソウルメイトなのではないかと思い始めたのよ」
「なんだか、ニューエイジの人みたいなことをいうのね」
「ニューエイジって何?」
「特別な宗教は信じないけれど、宇宙には法則があって、それが神だと思っている人たちよ。その人たち、輪廻転生はあるって信じているみたいよ。私のバイト先にもそういう人がいるわ」
「ふーん」
「ソウルメイトと言えば、その人が貸してくれた本に、面白い話が載っていたわ。愛妻家で有名だった人が、ある日パーティーで出会った女性に夢中になってしまったんだって。そこで、離婚されそうになった奥さんが自殺しかけて、その人は離婚をあきらめたそうなんだけど、その人、どうしてその女性にそんなにもひきつけられるのか分からなくて、精神科医のもとを訪れたんだって」
「もしかしたら、その精神科医、退行催眠をその人にしたんじゃない?」
「えっ?その本、もとこさんも読んだことがあるの?」
「ううん。実は私が読んだ前世療法と言うのが退行催眠を使って、水恐怖症の人を治療した話なので、その精神科医も退行催眠をつかったんじゃないかと思ったの。もしかして、それ、ブライアン・ワイズっていう人が書いた本じゃない?」
「作者はよく覚えていないわ」
「それで、どんなことが分かったの?」

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

第32回「友達ですら…」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
クラウン炎のショー
冬の日は、クラウン・ファイヤー・ショーで熱く過ごそう!
メルボルンでスケートを!!
冬の楽しみのひとつはこれ
オーストラリアでキャンプ!
大自然を満喫するなら、テントを持って出掛けよう!
子どもと行くメルボルン @Queens Park
噴水と歴史のある公園☆

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)