Logo for novels

六度の隔たり(11)

~~(11)

ミアはジェーンに聞かれるまで、ベン・マッケンジーのことをすっかり忘れていた。何しろ自分達家族に思わぬ火の粉が降りかかってきて、その対応に追われていたからだ。
もう明日が引越しと言う日、お別れの挨拶をしに、カイリーと一緒にジェーンの家を訪れたミアに、ジェーンが聞いた。
「ところで、ベン・マッケンジーについて、あれから手がかりがみつかった?」
最初ベン・マッケンジーと言われてもすぐには思い出さないくらい、ミアにとってベンの捜索は記憶のかなたに飛んでいた。
「ベンって誰のことだっけ?」
「あら、おばさんに頼まれて消息を探していた人がいたでしょ?」
「ああ、そうだったわ。すっかり忘れていた。電話帳に載っていた人は皆別人だったわ。だから、あなたに言われたように、ベンが卒業した高校の名前と卒業した年は調べたんだけれど、それから何もしていないわ」
そして一呼吸おいて言った。
「もう私もヨークの町を去ることになったし、これから調べるのが難しくなったわ。何も関係のないあなたにこんなこと頼むのは心苦しいんだけど、この調査、引き受けてもらえないかしら?」
「いつまでとか期限を切られると困るけれど、暇なときに調べればいいということだったら、私も協力できると思うわ」
ミアはジェーンがすぐに快く引き受けたので、安心をし、その晩、ローラに電話した。
「おばさん?ミアですけど、ベン・マッケンジーさんの調査しかけたのですが、マークがキングスリンに転勤になったので、これ以上、私たちは調査ができなくなったわ。でもジェーン・リチャードソンと言う友達がベンさんの捜査をひきついでくれるというので、ジェーンさんに頼みました。これからジェーンから問い合わせがくるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします」
「えっ?ヨークに去年転勤になったばかりではないの?」
ローラはヨークで起こった銀行強盗のことなど、全然知らないようだった。
「ええ、本当はもっといたかったのですが、色々事情がありまして」と言うと、ミアの一段低くなった口調でその事情と言うのはあまりよい事情ではないというのを悟ったのか、ローラはそれ以上、その事情と言うのをきいてこなかった。
「ベンの捜査のこと友達に頼んでくれてありがとう。夏美も感謝すると思うわ。じゃあ、元気で。キングスリンの落ち着き先が決まったら知らせてね」と言って電話が切れた。
結局ベンの調査は、ジェーンに任されることになった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(10)

強盗事件のあった翌日、ミアの一家にとって、一大事件が起こった。
銀行に出勤したマークは、本店から転勤の辞令を言い渡されたのだ。
通知には、新しい勤務地はキングスリンとなっていた。キングスリンはイギリスの東の海岸に位置する小さな町だった。明らかに降格だった。辞令を読んだ後、マークはショックを受けて、その辞令をくしゃくしゃに丸めて握り締めた。それまで、マークは順調に昇進していた。マークは仕事が楽しくてたまらなかった。楽しいから一生懸命仕事をする。すると業績があがる。業績があがるので昇進するといった具合で30代半ばでヨークの支店長までに抜擢されたのだ。それが、この間起こった強盗未遂事件の責任を取らせられる感じで、降格されたのだ。マークは今まで感じたことのなかった挫折感に襲われた。2週間で新しい勤務地に赴かなければいけない。その日はそのまま仕事をする気になれず、早退したマークはミアにこのことを告げるのがつらく、すぐに家に帰る気にならず、足はパブに向かっていた。パブでビールを何杯か飲み、頭がふらふらするようになった状態で、タクシーを拾い、家に帰った。家ではミアがいつものように昼ごはんに作ったサンドイッチを食べながら、テレビでニュースを見ていた。ミアは人の気配を背後に感じて振り向くと、そこには蒼い顔をしたマークが立っていた。
「どうしたの?」と聞くミアに、マークは黙ってくしゃくしゃになった辞令書を渡した。ミアは訳が分からないといった顔でマークの顔を見ていたが、くしゃくしゃになった紙を受け取り、しわを伸ばして辞令を読んだ。
「これは、銀行強盗の責任を取らされたってこと?だって、強盗に襲われたのはあなたのせいじゃないじゃない」
ミアは情けないという気持ちよりも怒りがムラムラと湧き上がってきた。
「おもちゃのピストルかどうか見分けがつかなったのは、仕方ないじゃない。本物のピストルを実際に見たこともないあなたに見分けろって言うほうが無理だわ。何のためにあんなに一生懸命働いてきたの?これが一生懸命仕事をしてきたあなたに対する仕打ち?」
ミアの怒りの声にも何の反応も示さず、マークは無言で寝室に消えた。ミアは怒りを誰かにぶちつけなくてはいられず、すぐにジェーンに電話した。幸いにもジェーンは家にいた。
「ジェーン、聞いてよ。マークに転勤の辞令が出たのよ。あの強盗事件の責任をとらされたみたい」
ジェーンは言葉を失ったようだった。
「あの事件の日からマークは悪夢でうなされ通しで、毎日睡眠不足だったけれど、それでも決算が近づいているからって一日も休まないで勤めていたのよ。それなのに、降格されるっていうのは、どういうことかしら?腹が立って仕方がないわ」
「マークはどうしているの?」
「どうやらお酒を飲んで帰ったみたい。私がテレビを見ていたら、幽霊みたいに私の後ろに立っていたので、びっくりしたわ。いつも、自信たっぷりの人なのに、あんなマークを見るのは結婚して初めてだわ」
「ミア、それは気をつけたほうがいいわよ」
「えっ?気をつけろってどういう意味?」
「マークは今まで挫折したことない人なんでしょ?」
「そうね。そういわれれば、彼は学校でも勉強もよくできたって自慢していたし、銀行でも順調に昇進していたし、」
「挫折を知らなかった人が、挫折するような出来事に出会うと、よくうつ病にかかるって言うわ」
「そうなの?でも、どう気をつければいいの?」
「絶対彼を責めるようなことを言っちゃだめよ。そして、いつも傍で応援しているっていう態度を見せるの」
「そう?それじゃあ、気をつけるわ」
電話を切った後、ミアはきをつけると言っても、どのように気をつけたらいいか分からず、思い沈んでしまい、もう少しで娘のカイリーのお迎えを忘れるところだった。カイリーを学校から連れて帰ったあとも、マークは寝室から出てこなかった。
ミアは腫れ物にでも触るように、マークに接するときには細心の注意を払うことにしたが、夕食時になっても寝室から出てこようとしないマークを呼び出すために、そっと寝室のドアをノックして
「マーク、晩御飯ができたわよ。一緒に食べましょうよ」とドアの外から声をかけた。
すると、寝室のドアが開き、青白い顔をしたマークが最初に言ったことは、
「また、引越しだよ。引越しの準備をしてくれ」という言葉だった。
銀行を辞めるなんて言い出すのではないかとひやひやしていたミアは、その言葉を聞いて安心した。
それからは、引越しの準備に追われて、ミミアもマークもベン・マッケンジーのことは全く頭に思い浮かばなかった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(9)

~~ミアは銀行強盗事件で気が動転していて、ローラの依頼をすっかり忘れていた。ミアが、ローラの依頼を思い出したのは、その3日後だった。ジェーンから、ベン・マッケンジーはみつかったかと聞かれたので、思い出したのだ。
「マッケンジーBって言う人は、10人ほど電話帳に載っていたわ。3人は連絡取れて、お目当ての人でないのは確かめたんだけど、まだ7人電話していないのよ」
「そう。まあ、無理もないわよ。マークがあんな目にあったんですものね」
「明日は土曜日だから、勤め人も普通家にいるでしょうから、電話してみるわ」
そして土曜日が来て、ミアはまた電話にかじりついて、7人のマッケンジーBのうちの電話番号を順番に押していた。今度は4人のマッケンジーBと直接話すことができた。一人年齢的には該当する人物がいたのだが、この人はヨークには10年前に引っ越してきたということで、ジーナと言う人の恋人だったベンとは別人だった。2,3度電話しなかれば通じないところもあったが、その日のうちに10人全員に連絡がとれた。しかし、該当者はいなかった。これで、ベンがヨークに住んでいないと結論することはできなかったが、ヨークに住んでいる可能性が極めて低いように思われた。こうなればジェーンの言うように、高校の時の同級生にあたることを考えたほうがよかった。もう一度ローラから来た依頼の手紙を出してみると、もともと頼んできたという夏美のオーストラリアの電話番号が書いてあったので、夏美に電話してベンの高校を聞くことにした。インターネットの電話を使えば、電話代はほとんどかからない。
オーストラリアの時間をインターネットで確かめると、11時間の時差があることが分かったので、今午後9時なので、今かければ向こうは朝の8時のはずだ。夏美とは初めて話すし、夏美がどのくらい英語ができるのか分からないので、電話番号を押す間少々緊張した。
2,3度呼び鈴が鳴ったところで、「ハロー」と子供の声が聞こえた。
「夏美に話がしたいんだけど」と言うと、子供の「ママー!」と呼ぶ声が聞こえた。すると、すぐに
「夏美ですけど」と、外国人だと分かる訛りのある英語が聞こえた。
「私、ベン・マッケンジーさんを探して欲しいとローラから頼まれたミアというものですが」
夏美が慌てたような声で言うのが聞こえた。
「それじゃあ、イギリスからですか?だったら、こちらからかけなおしますが」
「いいえ、いいわよ。私の聞きたいのは、ベンさんが行った高校の名前なの。そしてベンさんが高校を卒業した年」
「高校と卒業した年ですか?それはジーナに聞かないと分かりませんが、ジーナに聞いて、折り返しお電話さしあげてもいいですか?」
「いいですよ。うちの電話番号は6723-9807です」
電話を切って15分後に、呼び鈴が鳴り、すぐに受話器を取った。思ったとおり、夏美からの電話だった。
「お待たせしました。ヨークの東高校を1961年卒業ということでした」
「ヨークの東高校ね」
「どうして高校を知りたいのですか?」
「電話帳で調べたんだけど、該当する人がいなかったの。だから、高校の元同級生なら何か消息を知っているかもしれないから、そちらから調べてみようと思うの」
「お手間を取らせてすみません」夏美の恐縮した声が聞こえた。
その晩、ミアはベンの高校と卒業年を書いたメモを台所のテーブルに置いて寝た。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(8)

~~ミアは、マークをいつものように勤めに送り出した後、カイリーを車で学校まで送っていった。その後、すぐにうちに帰ると、インターネットでベンの電話番号を調べてみた。たくさんマッケンジーBなる人物がいるだろうと思ったが、意外に少なく、十人しかかった。多分、これはBで始まる名前が多くないせいだろう。この十人に順番に電話をかけていったが、電話にでたのは3人だけ。昼間勤めに出ている人が多いからだろう。皆女の人が電話に出たのだが、最初の人はまだ30代、二人目は40代の肉屋、三人目は自動車修理工の20代の男性だった。結局お目当てのベン・マッケンジーなる人物はいなかった。今晩また後の7人に電話をしようと思っていると、すでにお昼の時間になっていた。
サンドイッチを作って、お昼ご飯を食べながらテレビのニュースでも見ようと居間のソファーに座ってテレビのスイッチを入れると、テレビからはアナウンサーの興奮した声が流れてきた。
「ただいま、銀行強盗が通行人に取り押さえられたというニュースが入ってきました。現場に行った記者に中継で伝えてもらいましょう」と言うと、画面が変わって片手にマイクを持った記者が現われ、「ただいまヨークの中心街にあるマーチャント銀行に強盗が入り、銀行員を脅かして大量の紙幣を袋に詰め込ませ、その銀行員を人質にして逃走しようとしたところ、通行人に取り押さえられました」と言い、画面は4,5人の通行人に下敷きにされ後ろ手に締め上げられている髪の短いジーパンとジャンパーの若い男に変わった。ヨークの中心街にあるマーチャント銀行?それはマークが支店長をしている銀行ではないか。マークはどうしたのだろう。そう思うとミアの心臓は早鐘のように打ち始め、電話に飛びついて、マークの携帯に電話を入れた。携帯の呼び鈴は鳴っているが、何分待っても応答がなかった。ともかく、マークの銀行に行ってみようと車に飛び乗り、ヨークの街の中心街に走らせた。ヨークは紀元71年にローマ人によって作られた高い塀によって囲まれた古い歴史をもつ町である。一時はローマ帝国の首都にもなったことがあるそうだが、ローマ人の勢力が衰えた後はバイキングによって占領されたという。古い町なので、車が通れるような幅の広い道は少なく、シャンブル通りと呼ばれるところなどは、二階から向かい側のうちに手を出せば、お互いに握手ができるというくらい通りが狭い。だから街の中に駐車をするのが極めて困難だ。人口20万人くらいの小さな町なのだが、いつも観光客で賑わっている。観光客たちの多くは街の郊外にある大きな駐車場に車を置き、駐車場と中心街を頻繁に循環するシャトルバスに乗って来る。ミアも塀の外の駐車場に車を停めると、シャトルバスに乗って中心街にあるマーチャント銀行に急いで行った。行くのに30分はかかっただろうか。ミアが銀行に着いた時は、テレビ中継で見たときのような人盛りはなくなっており、強盗犯は警察に連れされれた後のようだった。しかし銀行のドアには、「緊急時により、今日は銀行を締めさせてもらいます。また明日のお越しをお待ちしております」と貼り紙が付けられていた。ミアはドアの前で携帯を出すと、もう一度マークに電話してみた。今度はすぐに応答があった。
「ハロー」
「ああ、マーク。ミアよ。テレビで銀行強盗に襲われたって聞いたけれど、大丈夫?」
「ああ、大丈夫だ。通行人が強盗を取り押さえてくれてね」
「けがはなかった?」
「うん、なかったよ。ただ皆恐怖で震え上がっていてね。だから、今日は警察の聞き取り捜査が終わったら、家に帰っていいって言ったんだよ。まあ、今ドアを開けるから、待っててくれ」
3分もしないうちに中のほうから鍵を開ける音が聞こえ、マークがドアから顔を覗かせたかと思うと、入れというように、顔をしゃくった。
ミアが入るとすぐに鍵をかけ、ミアを自分の部屋に入れて来客用にソファーに座らせた。
「一体、どうしたの?」
マークは疲れたように頭のこめかみをもみながら、答えた。
「僕は今朝は銀行の借入金を増やしたいという工場主とここで話し合っていたので、実際に最初から現場にいたわけではないので分からないんだが、窓口の女性がピストルのようなもので『金を出せ』と言って脅かされてね。ローズが、その人質になった行員だが、蒼い顔をして僕の部屋に入ってきてね。ローズの後ろに犯人がいてピストルをつきつけていたんだ。犯人から金庫の金を袋に入れろと要求されて、仕方なく金庫を開けて、20万ポンドを袋に入れたんだ。そしたら、そのままローズを人質にして通りに出てね。通行人の一人がその男の持っていたのはおもちゃのピストルだって気づいてね、その男に襲い掛かって、そばで見ていた通行人たちも加勢してくれたおかげで、犯人を逮捕することができたんだ」
ミアはほっとして
「大事に至らなくてよかったわ」
「うん。それはそうだが、僕の支店長としての面目は丸つぶれだよ。おもちゃのピストルで脅かされていたなんて」
「だって、私達、本物のピストルを見ることなんてないんだから、本物かどうか分からなかったのは仕方ないじゃない」
「うちのえらいさんが、そう思ってくれればいいんだけどね」と浮かぬ顔をして言った。
それから、二人して家に帰ったのだが、その騒動で、その晩はミアは7人のマッケンジーBに電話をするのをすっかり忘れてしまっていた。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(7)

~~マークはおばのローラから送られて来た大きな封筒を手にとって、一体何が入っているのかと不思議に思った。最近ローラ叔母さんとは、クリスマスカードのやり取りくらいしていなかったからだ。夕食が終わった後開けてみると、人探しの依頼だと分かり、この忙しいときに七面倒なことを頼んできたおばに少し苛立ちを感じた。マークはヨークの支店の支店長になってからこの一年間、預金高を増やすために朝早くから夜遅く、毎日駆けずり回っている。一人も知り合いのいない町に転勤になったのだから、ストレスも大きかった。
手紙を読んだ後、気難しい顔をしていると、妻のミアが
「おばさん、なんて言ってきたの?」と聞いた。
「ベン・マッケンジーなる人物を見つけて、ここに入っている手紙を渡して欲しいって」
「ちょっと、その手紙見せて?」と言うので、ミアに手紙を渡すと、熱心にローラの手紙を読んだミアは
「ちょっと素敵な話ね」と言った。
「なにが?」苛立った声でマークが聞いた。
「居所の分からなくなった昔の恋人に、知人を介して人探しをして、ラブレターを渡してほしいなんて」
「へえ、女はそんなことに興味があるのか。だったら、君が、このベンを探してやってくれよ。僕はそれじゃなくても、決算期を迎えて体がいくらあってももたないくらい忙しいんだ」
「はいはい、分かりましたよ。じゃあ、私が頭を振り絞って、どうすればいいか、考えますわ」と揶揄するようにミアは答えた。
マークが仕事をするために書斎に引っ込んだ後、ミアは小学校2年生になる娘のカイリーとしばらく一緒にテレビを見た。8時半にカイリーを寝かしつけた後は一人の時間となり、どんな人に聞けばいいかをまず考えることにした。まずカイリーの同級生の友達ナターシャの母親のジェーンに電話をしてみることに思い当たった。この一年でヨークでできた気の置けない友人といえば、ジェーンしか思いつかなかった。
「ハーイ、ジェーン?ミアだけど」
「ハーイ、ミア。どうしたの?」
「ちょっと聞きたいことがあるんだけど、ベン・マッケンジーっていう人、知らない?」
「知っているわよ。ベンがどうかしたの?」
こんなに簡単にベンが見つかるなんて思ってもみなかったので、ミアは驚きで次の言葉がすぐには出てこなかった。
「実は、ベン・マッケンジーという人を探して欲しいと、マークのおばさんから頼まれたんだけど、、」
「あなたのおばさんの知り合いなの?」
「そうじゃないんだけど、実は…」
ミアが事情を説明すると
「じゃあ、おばさんの探しているベンって、もう70歳ぐらいっていうわけね」
「そうだけど」
「じゃあ、残念。私の知っているベンとは違うわね。だって、ベンはまだティーンエージャーだもの」
ミアの興奮は頭から水をぶっかけられようにたちまちさめてしまった。
「なあんだ。えらく簡単に見つかりそうだと思ったら、やっぱりそうは問屋がおろさないのね」
「そうね。マッケンジーってありふれた苗字だと、ヨークの街にもベン・マッケンジーなんてたくさんいるはずよ」
「そうか。電話を使って調べるっていう方法があるわね。ただ、ベンがまだヨークに住んでいるっていう保証がないんだけれど」
「それは、電話でみつからなかった後、考えたら?もし、ベンがどこの高校を卒業しているか分かったら、インターネットのクラスメートっていうサイトで探し出すことができるかもしれないわよ。たとえ彼がみつからなくても、彼のクラスメートはみつかるだろうから、彼のクラスメートが彼の消息を知っているかもしれないし」
「そうね。電話帳で調べて見つからなかったら、またあなたのお知恵を拝借したいわ」
「いいわよ。でも昔の恋人を探そうなんて、ロマンチックね」
「あなたもそう思う?私がそういうとマークなんて女はそんなことに興味があるのかと軽蔑したように言うんだから、いやになっちゃう」
ジェーンは、ミアの愚痴が長引きそうになる気配を感じたようで、
「じゃあ、また明日」と早々に電話を切ってしまった。
ミアはその晩は他人事ながら、ベン探しの方法を考えていると興奮して眠れなくなり、明け方に眠り込んだものだから、翌朝起きるのがつらかった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @Buckingham Reserve
西で人気の公園☆
南半球最大の博物館はメルボルンに
MELBOURNE建物図鑑
ブライトン・ビーチハウス
ブライトンの風物詩。カラフルで瀟洒な姿が似合う。
第12回 「縁の下の力持ち。」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画 第12回
子どもと行くメルボルン @Yarraville Gardens
春のピクニックの行き先に♪

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)