Logo for novels

私のソウルメイト(29)

その後、ロビンは予定通りお嬢様と結婚しましたが、子供もできなかったようでした。ロビンの噂は時々耳に入って来ましたが、実際にロビンと会って口をかわすことはそれ以来ありませんでした。私はその後アーロンとの間に2人の息子と1人の娘をもうけました。息子の一人は2歳のとき天然痘にかかり、死んでしまいましたが。その人生では、肺病になったアーロンを見送った後、アーロンの後を追うように1年もせずに私は子供たちや孫に囲まれて、48歳の人生を終わったのです。死に行く私は、アーロンとの平々凡々とした結婚生活を思い起こすとともに、初恋の人、ロビンのことも思い出していました。その生涯で胸をときめかせた人は、ロビン一人でした」
ここまで言うと、マクナマラ先生は、私を呼び起こしてくれた。パッチリ開けた私の目は涙で濡れていた。
マクナマラ先生から「あなたの知りたかった謎が解けましたか?」と聞かれ、私は「ええ」と頷いた。
私は今見た自分の過去世に衝撃を受けていた。
「それじゃあ、もうこれで、催眠のセッションは打ち切りにしますか?」と聞かれた。
「先生、先日読んだブライアン・ワイスの本によると、ソウルメイトと言うのは過去世で何度も一緒に生きているということですが、今私が見た過去世以外でも私はソウルメイトとかかわってきてるのでしょうか?」
「勿論、そうですよ。人間は何度も生まれ変わって来ていますからね。いろんな過去世を持っているんですよ」
「そうですか。私は今見た過去世以外にも、今の夫と過去世ではどんな関係だったか知りたいので、続けたいのですが、、」
「そうですか。それじゃあ、また来週予約をとってください」と言われ、私はまた受付で来週の金曜日に予約を取り、京子のアパートに向かった。
京子のアパートに行くと、京子は自分で紙で巻いたタバコのようなものを吸っていた。葉っぱをいぶしたようなにおいは、普通のたばこと違ったにおいがした。
「あんたが、タバコを吸うなんて知らなかったわ」と言うと、京子はいたずらっ子のようにウインクをして、
「これ、マリファナよ」と言った。
「えっ、マリファナ!どこで手に入れたの?」
「フランクの部屋にあったのをちょっと失敬してきたのよ」
私はあきれて二の句が出なかった。
「あんたも、吸ってみない?」と言う京子に「結構よ」と断った。
京子は「今日の退行催眠のセッションは、どうだった?」と、うつろな目を向けて聞いた。
「それがね、私はロビンの子を生んだんだけど、それが双子だったの。誰だったと思う?」
「さあね。私の知っている人だったの?」
「そう。ダイアナとエミリーだったのよ」
京子のうつろな目が、少し輝きを帯びた。
「へえ、それじゃあ、ダイアナとエミリーは、深いつながりがあったというわけね」
「そう。それもロビンの子供だったなんて思いもしなかったわ」
「そうか、そうか」と言いながら、マリファナを大きく吸って、京子はまた自分の夢の世界に戻っていっているようだった。
それ以上は京子は話し相手には、全くならず、私は早々に京子の城を引き上げた。
 私は、それから違った目でアーロンとダイアナを見るようになった。アーロンの性格は、あの時からちっとも変わっていないように思われる。そしてダイアナとエミリーを引き離すのは無理だと思った。結局ロビンと私は、一度心を惹かれあったが、それだけの関係だったのだ。私はアーロンとダイアナに対して少し優しい気持ちが持てるように思った。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(28)

 翌日、すぐに京子のアパートに行った。すると、客間にテレビが一台増えていた。
「また、テレビ買ったの?」といぶかる私に「買ったんじゃないわよ。また懸賞であたったの」と京子はあまり感動した風もなく言う。
「あんた、600万ドルも持っていて、まだ懸賞に応募してるの?」
「そう。私の趣味ですもん。それに、ここで一人でいたって退屈で仕方がないのよ」
「クラブか何かに入ったらどうなの?」
「それも考えているんだけれど、最近お金がたくさんあるんだから、利子だけでも慈善事業に寄付しようかなと考え始めたの」
「それはいいことだわ」と私は賛同した。
「最近何かいいことあったの?今日はやけに浮き浮きしているわね」
長年付き合っている京子は、すばやく私のルンルン気分をレーザーでキャッチしたようだ。
「そう。きのう私の直属のボスに当たる人が昼ごはんを誘ってくれたんだけど、その人からいいこと聞いちゃったんだ」
「それ、ロビンに関すること?」
「あたり。ロビンはやっぱり独身なんだって」
「でも、あんた何ヶ月か前に奥さんと一緒のところを見たって言って、落ち込んでいたじゃない」
「私が奥さんだと思った人、社長の従兄弟だったんだって」
「へえ。それはおめでとう」と、京子は揶揄するように言った。
「だから、ますます今週の金曜日が待ち遠しくなってきたわ」
私はひとしきり京子とおしゃべりした後、うちに帰った。
 待ち遠しかった金曜日がやってきた。
 一度退行催眠を受けたので、一週間前に退行催眠に対して持っていた緊張感はなくなっていた。
マクナマラ先生の診察室の椅子に横たわり、また私は深く催眠された状態に陥っていった。
「あなたはアーロンに馬小屋で会ったところです。それから、どうなりましたか?」
「女中頭は私をアーロンの住んでいるお屋敷の領主様の奥様に面会を申し込みました。そこで、奥様のいらっしゃる部屋に通されました。奥様は、私のことをご主人様に聞いていらしたようで、アーロンと私の結婚式を明日にでも催す旨を承知してくださいました。その後、女中頭は帰って行き、私はその晩は、そのお屋敷のメイドたちと一緒の部屋に泊まらされました。そして、翌日は他のメイド同様、朝早く起こされ、朝ご飯の準備にこき使われました。私は、ロビンが恋しくて、絶えず涙をこぼしていて、その夕方には余りにも泣きすぎて、まぶたがはれ上がってしまいました。その晩、私はアーロンと結婚式をしたのです。結婚式と言っても、お屋敷の召使たちが集まって、いつも食べる少しの肉とジャガイモと野菜を食べ、アーロンのご領主様から差し入れされた少しのお酒を振舞って、私たちの結婚式は終わったのです。アーロンはその間、黙ったままでした。無理やり上流階級のお手つきのメイドを押し付けられて、憤懣やるかたなかったのかもしれません。私はきのうまで見も知らなかったアーロンとすぐに床を同じにすることはとても怖くて、その晩は布団の中でぶるぶる震えていました。驚いたことに、アーロンは私に向かって「今日は疲れただろ。早く寝ろ」と言って、私に背中を向けて、すぐに眠り始めました。私は、アーロンのそうした態度は少し予想外だったので、それがかえって不安を呼び起こし、その晩は一睡もできませんでした。アーロンは本当に無口な人で、ほとんど話をせず、もくもく仕事をしているだけの人でした。でも、お酒も飲まず、暴力を振るうわけでもなく、おとなしい人でした。だから彼が一体何を考えているのかまるっきり見当がつきませんでした。翌日の晩にはアーロンと夫婦の契りを結びました。でも、アーロンに抱かれているとき、私は目を瞑って、ロビンに抱かれていると想像して、耐えました。しかし、アーロンと一緒に暮らしているうち、私は段々アーロンに情がうつってきました。それは、きっと彼が優しい人だったからでしょう。アーロンと結婚して6ヶ月目に私はロビンの子を生みました。長くて苦しいお産でした。それもそのはずです。私は双子を孕んでいたのです。双子の赤ん坊が生まれた後、二人を抱いて、私は幸せでした。その双子、どこかで見たことがあります。ああ、分かりました。一人はダイアナ、そして、もう一人はエミリーではありませんか!あの子達がどうしてお互いに惹かれあうのか、その原因が分かりました。アーロンは、他の男の子供を生んだ私にも、いつも優しく接してくれました。私は、子供たちも2歳になって手のかかる年頃になり、子供たちの世話に没頭しているうちに段々ロビンのことが忘れられそうでした。でも、そんな時、いやなうわさを耳にしたのです。アーロンのご主人のお嬢様、リリー様とロビンが婚約をしたといううわさでした。私はそのうわさを聞いたときは胸が騒ぎました。その後、私にとって、とてもつらい事が起こりました。
双子の一人、メアリーがお屋敷の庭を駆け回るのを追いかけているとき、馬車がお屋敷に入ってきて、あやうくメアリーが馬に跳ね飛ばされそうになり、私はとっさにメアリーを抱き倒しました。その馬車から降りてきたのは、お嬢様と、ロビンだったのです。ロビンを見た時、私は一瞬心臓が止まるのではないかと思いました。ロビンも一瞬驚いたように私を見ました。「元気?」とロビンは懐かしそうに聞いてくれました。私は、どう答えたらいいものか分からず、黙ってメアリーを抱きしめていました。そんな私を見てロビンは「ああ、娘がいるのか。幸せそうでよかったな」と言うと、お嬢様と一緒に手を取り合ってお屋敷に消えて行きました。その後姿を見送りながら、私は心の中で叫んでいました。「この子は、あなたの子よ」と。ロビンは私がロビンから引き裂かれた理由を聞かされていないようでした。私はその晩人知れず、泣きました。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(27)

 リタイアメント・ビレッジからの帰り、私は姑からブライアン・ワイズの本を借りて帰った。’message from masters’ と‘only love is real’と言う本だった。
 うちに帰ってすぐに読み始めると、夢中になって晩御飯を作る時間が来ても、本を置くのが惜しかった。その本には、退行催眠にかかった人たちが、マスターと呼ばれる人たちのメッセージを伝え始めたことが書かれていた。それによると、人間は修行するために一番効果的な人生を設計して生まれてくるというのだ。その修行で学ぶことは唯一つ。人を愛するということだそうだ。だから、普通身体障害者の人は不幸な人といわれるが、それは間違いである。身体障害者たちは自らが困難な道を選んだ、優れた魂の持ち主であるからだというのだ。だから彼らを「困難なことに挑戦するする人」と言う意味で「チャレンジング・パーソン」と呼ぶことを推奨している。
「ふーん、こんな考え方もあるのか」と、私は目からうろこがとれたように思った。
昔ドフトエフスキーのカラマーゾフの兄弟を読んだとき、今でも心に残っている場面がある。それはイアンが弟のアリョーシャに「僕は罪もない子供が泣かなくてはいけないような事実がある限り、神を信じることはできない」というものだ。ティーンエージャーの時、これを読んだ時、「そうだ、そうだ」と思ったものだ。でも、その時の謎がやっと解決したように思えた。全ての人生は自分が計画したもので、自分が責任を負うものだ。決して神などと言う他人に責任を押し付けることはできないんだと思うと、不平等に見える色々な人間の人生も納得できるように思えた。
 それにしても、一体私とロビンとアーロンは過去世においてどんな関係があったのか、またその時の借りや貸しが今残っているので、こんなにも心が騒ぐのか、それが今週の金曜日には解明できるかもしれないと思うと、金曜日が来るのが待ち遠しかった。
 月曜日が来て、また会社に行った。ロビンと会えるのではないかと心の中で期待をしながら。しかし、そういうことは10中8、9起こりそうもなかった。その日は珍しく直属の上司のデイビッドが私のところに仕事のはかどり具合を聞きに来た。ちょうど昼前だったので、一緒にご飯を食べないかと誘われた。いつも昼休みは一人だったので、すぐに同意して、コートを片手にデイビッドと会社のビルを出た。
 昼食時の一番忙しい時のためか、せわしげなく人が出入りするビストロに入った。スパゲティーを注文して一段落すると、デイビッドが口を切った。
「仕事には慣れたかね」
「ええ、おかげさまで。でも、週二日しか来ないので、誰とも知り合いにはなれなくて、ちょっとさびしいですが」
「そうだね。君はパートだから、余り同僚と付き合うチャンスもないんだろうね。今度会社の社員の親睦会があるから、君もご主人と来たらいいよ」
「親睦会?それはうちの部の人たちのためなんですか?」
「いや、全社の社員を対象にしたものだよ。社長以下お茶汲みまで、来るよ」
「社長さんもいらっしゃるんですか?」
「うん。たいていね。ああ、そういえば君は社長と顔見知りではなかったのかね」
「えっ、どうして、そんなこと知っていらっしゃるんですか」
「いや、前に社長が日本に出張するのに、君が通訳として同行したことを社長の秘書に聞いたことがあるからさ」
「社長の秘書とは親しんですか」
「親しいというか、社長秘書はうちのかみさんの姪にあたるんだ」
私は、それを聞いて、社長夫人がどんな人かデイビッドは聞いたことがあるかもしれないと思い、思い切って聴いてみた。
「社長の奥さんって、どんな方なんですか?」
「社長の奥さん?そんな人いないよ」
私は、それを聞いても一瞬信じられなかった。彼は、美しい女性と一緒にレストランで食事をしているのを現に目撃している。
「でも、一度美しい女性と一緒にお食事をしていらっしゃるところをお見かけしたことがありますが」
「それは、面白い情報だな。それ、いつのこと?」
「さあ、2、3ヶ月前でしょうか」
「2、3ヶ月前?もしかしたら、社長のいとこと一緒のところを見たのかもしれないな。姪に聞いた話では、社長のイギリスにいるいとこが離婚した後、豪華客船に乗って世界旅行をしていて、2、3ヶ月前その船がメルボルンに寄って、その間社長のところに泊まっていたって話だから」
「そうですか」といったものの、胸はドキドキしてくるのを禁じえなかった。
それから、デイビッドと何の話をしたか、はっきり覚えていない。
デイビッドと別れて、自分の席に戻ったとき、やっと喜びをかみ締めることができた。彼はやはり私の思ったとおり、独身だったのだ。万歳!
その晩、アーロンにもダイアナにも私の興奮を悟られないようにするのに苦労をした。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(26)

 うちでは、ダイアナがコンピュータの前に座って、何かレポートを書いていた。
「何書いてるの?」と聞くと
「大学の政治のレポート。国とは何かって言うもの」とダイアナは素直に答え、私は少しほっとした。いつものとげとげしさは消えていた。
「へーえ、難しいことを勉強しているのね」
「うん。でもおもしろいよ。皆自分の国に対して愛国心を持っているけれど、実はそれは政治的に作られたもので、政府によって利用されるって言うことよ」
「ふーん」私は余り政治には興味がなかったので、それくらいで話を切り上げたが、少なくともダイアナと感情的にならなくて話せたことは嬉しかった。
金曜日の夜は大体ダイアナはエミリーと出かけてうちで晩御飯を食べることはなったが、その晩は金曜日の夜にしては珍しく家族三人揃って夕食を食べた。晩御飯はいつものように、ステーキとサラダだったが、ダイアナが「私明日からベジタリアンになるから、もうステーキなんか焼かないでよ」と言い出し、アーロンも私もあっけにとられた。
「どうして、急にそんなこと言い出すの?」
「今日ね、政治のクラスで肉食がいかに効率が悪いか、習ったのよ。動物を食用とするために必要な水って、植物に必要な水の何万倍もいるんだって。そんな効率の悪いものを食べるより、植物だけを食べることにするわ」
「だって、あんた、あんたの好きな野菜ってほとんどないじゃない。今まで肉しか食べなかったのに、本当に野菜と果物だけで大丈夫なの?」
「チーズとミルク、そして卵は食べるわよ。でも肉と魚はやめてよね」
デザートにバナナとアイスクリームを食べた後「ごちそうさま」とダイアナが席を立った後、アーロンと私は顔を見合わせた。
「全く最近若者の間で菜食主義がはやっているのは知っていたが、よもやダイアナが菜食主義を宣言するとは思いもしなかったな」
アーロンは、まだダイアナの言ったことが信じられないという顔をしている。
「レスビアンとか菜食主義とか、うちのダイアナは流行の先端をいくつもりかしら」と私は少々皮肉な気持ちになっていった。
「それに、野菜だけで料理を作れって言われても、私、菜食主義の料理なんて知らないわよ」
「まあ、いつまで続くか見ものだな」とアーロンも懐疑的であった。
次の日の夕食から私は困ってしまった。今までステーキとか鶏肉とか焼いて、野菜を味もつけないで煮るか、サラダをつけるだけの、典型的な簡単な洋式ですんでいたのに、ステーキの代わりに何を作ればいいのか分からず、次の晩はステーキの代わりに目玉焼きをつけたが、ダイアナは文句も言わずに食べた。
 日曜日は久しぶりにアーロンの両親のうちに行った。アーロンのお母さんの75歳の誕生日が近いので、今日はアーロンの両親を連れて海辺にあるレストランで昼食を一緒にすることになっていた。アーロンの両親のうちでは、ヒラリーと言う大きなシェパードを飼っており、犬の苦手な私は犬が近寄ってくると恐怖で体がこわばった。アーロンは私と違って大の犬好きで、両親のうちの犬の頭を撫でて「ヨー、元気か」と声をかけた。犬もアーロンが好きなようで、尻尾を振ってアーロンにじゃれついた。
 家の外で待っていると、姑がおめかしして出てきて、アーロンと私のほっぺたにキスをした。その後、舅が家から出てきて玄関の戸に鍵をかけた。クリスマス以来会っていなかった舅は、リューマチを患って足が悪くなったと言い、杖をついてゆっくり歩き、車に乗った。
「ダイアナはどうしてるの?」と姑に聞かれたが、
「元気よ。今大学の宿題が多くて大変みたい」と、当たり障りのない答えをした。実はダイアナはレスビアンだったなんて言えない。
「そうそう、ダイアナが急にベジタリアンになって、困ってしまってます」と付けくえると
「へえ。でもいいことじゃないの。肉食なんて動物を殺して食べることだからね」と姑が答えた。
「そういえば、お姑さん、前世療法の本ありがとうございました。とてもおもしろかったです。ああいった類の本が他にもあったら、貸してもらえますか?」と言うと、
「気に入ってもらって、よかったわ。ブライアン・ワイズの本ならたくさんあるわよ。帰りに持って帰るといいわ」と言ってくれた。
 レストランは海辺にあり、予約していたテーブルからは、ざわざわと波が砂浜に押し寄せては引き返す、単調だが心なごむ風景が、大きなガラス窓を通して見えた。
 姑は「ここは、老人には特別割引がきくのよ。だから私とお父さんはそのメニューでいいわ」と、60歳以上になるともらえるというシニアカードを出して、水を持ってきたウエートレスに見せた。
「今日はお母さんの誕生日だから、何でも好きなものを食べてくれればいいんだよ」とアーロンは言ったが、倹約家の姑は
「もう、たくさんは食べられなくなったから、老人用メニューでちょうどいいのよ。あんまり食べ過ぎると消化不良をおこしちゃうからね」と言って、結局老人用の昼食のメニュー、スープと、魚と野菜のメインディッシュ、そしてデザートに小さなケーキを注文した。
「私たち、今の家を売って、リタイアメント・ビレッジに移ろうかと思っているのよ」
「リタイアメント・ビレッジって言うと?」
「今の家は、庭が広すぎるのよ。庭の手入れをするのも最近は面倒になってきたからね。それに旅行をしようと思っても、家を空けるとなるとヒラリーもいるから、ヒラリーの世話を誰かに頼んで出かけなければいけないから、気楽に旅行にも行けないし」 
「それはいいかもしれないな」と、アーロンは賛成をした。
「ただ問題なのはヒラリーのことなの。リタイアメント・ビレッジではペットは禁止されているからヒラリーを連れて行けないし」
どうやら、我が家で飼ってほしいというような雰囲気になって、犬嫌いの私は警戒し始めた。
「うちで飼ってあげたいけれど、私は犬が苦手なので、だめだわ」と先手を打って言うと、姑は残念そうな顔をした。
「犬好きな人を探すことが先決だわね」と私は逃げをうった。
「ヒラリーも最近は年を取ってきて、病気がちでね。獣医さんに支払うお金も馬鹿にならなくなったわ。ペットの保険にかけようと思っても、年を取っているからだめだって言われて。だから人間様よりも医療費がかかるようになってしまったのよ」
「じゃあ、安楽死させたら」とアーロンが言い始めた。
「動物愛護協会に引き取ってもらったら、安楽死させてくれるよ」といとも簡単げにアーロンが言うので、思わずアーロンの顔を見てしまった。
姑もそれには、同意しかねる面持ちで、
「そんなこと、できないわよ。やっぱりヒラリーの最後を看取るまで、リタイアメント・ビレッジには入れない感じだね」とため息をついた。
「まあ、そのうちヒラリーを引き取ってくれる人がみつかるかもしれないよ」とアーロンは、暗くなりかけた話を救おうとするように言った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

LOVE LOVEセントキルダビーチ!
ナデシコガールズと行くSt Kilda Beach!!
子どもと行くメルボルン @Fitzroy Gardens
カメラを持って出掛けたい♪
3-4 / 87days -初めての州境越え-
3ヶ月でオーストラリアを一周する方法
子どもと行くメルボルン @無料映画上映会
領事館で楽しいひとときを♪
Muku オーガニックと自然生活をあらゆる人の為に

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!