Logo for novels

再会(後編)

早苗はまたロベルトに会えると思うと、浮き浮きしてきた。ニックが亡くなってから3年。やっと一人暮らしにも慣れ、一人暮らしも気楽でいいと思いながらも、心の奥底で孤独を感じる日もあった早苗は、ロベルトとの再会がもたらす先行きを想像すると、嬉しさで一杯になった。ロベルトのメールには、家族のことが一言も書かれていなかったが、それは家族がいないためだと思われた。もしかしたら、老いらくの恋が芽生えるかもと、心ひそかに期待するところがなきにしもあらずであった。

 待ちに待った日曜日がやっと来た。朝起きてすぐ窓から空を眺めると、最近しょぼしょぼ降っていた雨も上がり、青空が広がっていた。なんだか、早苗の気持ちを天気までが応援してくれているように思った。この日のために買った紺色のワンピースを着て、真珠のネックレスをした。中年太り、いや熟年太りで、と言うべきなのかもしれないが、少し出っ張り始めたおなかも、このワンピースを着れば目立たなかった。鏡を見ると、目尻にできたしわが気になり、丹念に化粧をした。何度も鏡の前に立って、身なりを整え、最後に満面の笑みを浮かべて、「これで、よし!」と自分に言った。いつもは履かなくなっていたハイヒールを久しぶりで履くと、心まで引き締まって来た。

 フリンダース駅に着いたのは、約束の時間の30分も前だった。電車のキャンセルを恐れて早めに家を出たからだ。最近電車に乗ることが少なかった早苗は久しぶりのフリンダース駅が懐かしかった。構内は改装されて昔と違ってだだっ広い広場になっていたが、時計がある正面出口は昔と変わりなかった。いくつもの時計が並び、それぞれいろんな路線の次の発車時刻を示していた。この時計の下でよく英語学校の仲間と待ち合わせをしてみんなと一緒に映画を見に行ったり、ピクニックに行ったりしたものだ。

 早苗は早く着きすぎて手持ちぶたさになった時間をつぶすため、駅の向かい側にあるフェデレーション広場にあるカフェに行った。そこでカフェラテを飲みながら、通りを歩く人々の流れを目で追った。アジア系の顔、欧米系の顔、アフリカ系の顔、インド系の顔。メルボルンは多民族社会なのだとつくづく感じさせられた。40年前はほとんど欧米系の顔しか見られなかったと、40年前の保守的だったオーストラリアを思い出し、この40年の間のオーストラリア社会の変貌ぶりに感慨の念を抱いた。

 ラテを飲み終え、時計を見ると約束の時間5分前だった。コーヒー代を払い、信号を渡って約束の時計台に向かった。時計台の下には、5人ばかり人が立っていた。皆人待ち顔だった。その中に緑のセーターを着てジーパンをはき、手に本を持っている男を見つけたとき、早苗は一瞬どきっとしたものの、みるみるうちに躍る心は萎えてしまった。その男は、頭のはげかかった、ビール腹のでっぷりした男だったからだ。あの筋肉が引き締まってがっちりしたロベルトとは、別人のようだった。早苗は足を釘づけされたように、その場に立ちすくんだ。そしてしばらく、その男を眺めたかと思うと、踝を返して、その男のいる方向と反対方向に足早に歩き始めた。早苗は、自分の記憶にあるロベルトががらがらと音を立てて崩れ去っていくような気がした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

再会(前編)

早苗は、毎朝の日課になっているインターネットのメールを調べた時、懐かしい人の名前を見つけ、逸る気持ちを抑えながらメールを開けた。ロベルト・スパジャーリ。イタリア人の彼と会ったのは、オーストラリアの移民のために開かれている英語教室だった。あの頃のロベルトは、がっちりした体型の、黒い瞳がきらきら輝くハンサムな青年だった。英語教室に一日たりとも欠席せずに通ったのは、彼に会いたいがためだった。そんな40年前の心のときめきが彼の名前を見て、蘇ってきた。

 彼がまたどうしてメールをくれたのだろうか。

「早苗さん。

あなたの名前をフェイスブックで見つけました。もしも、あなたが私の知っている北川早苗さんならば、是非お会いしたいです。僕は早苗さんと一緒の英語教室に通っていたロベルト・スパジャーリです。英語教室で5人の仲良しグループができましたが、その中に、北川早苗さん、僕、そしてチリから亡命して来ていたアルベルト、ロシアから移民してきたキールン、そしてベトナム人の難民のボさんがいましたよね。僕はあれから大学に入学し、卒業した後は公務員として働き、先月退職しました。他の仲間にも連絡を取りたいのですが、インターネットを検索しても見つかりません。他の仲間はインターネットと縁のない生活をしているんでしょうか。もしもあなたが僕の知っている早苗さんなら是非お返事ください。そしてまだ他の仲間の住所が分かれば教えてください。今度皆で会いませんか。

ロベルト」

 そのメールを読んで、早苗の顔に笑顔が広がった。アルバルト、キールン、ボ。なんて懐かしい名前なんだろうと、40年前早苗がオーストラリアに来て間もないことのことを思い出した。あの頃、早苗も20代で、若かった。

 アルバルトはチリの独裁政権から逃れるために、難民としてオーストラリアに来たと言っていた。そのころオーストラリア政府から週30ドルの手当てをもらい、倹約に倹約を重ねて30ドルのうち10ドルは、まだチリに残っている母親に送っていた。その頃のオーストラリアドルは1ドル400円で、1ドル360円だったアメリカドルよりも値打ちがあったし、その頃のオーストラリアは今と比べて何でも安かった。シェアハウスを探せば、家賃が週15ドルくらいですんだのだ。

 キールンはのっぽでニキビだらけのまだ20歳にもならない青年だった。まじめ人間で、英語学校が終了したとき、皆でお祝いのためパブに行ったが、その帰り道二人になったとき、キスをされた。キールンに対して、友達以上の感情はもっていなかったので、そのキスには驚かされたが、早苗はキールンは自分を好きだったんだと思うと、まんざら悪い気はしなかった。しかし、その翌日、シュンとなったキールンが私の下宿先に来て、

「酔った勢いで君にキスしてしまって、ごめんなさい」と謝りに来た時には、

「謝らなくてもいいわよ。私、気にしていないから」とは言ったものの、好きでもないのにキスをしたと言われているようで、内心傷ついたのを思い出した。

 ボはベトナム戦争の戦火から逃れて、ボートに乗ってきたいわゆるボートピープルだった。戦争という悲惨な状況を体験したせいか、グループの中で一番無口だった。でも、彼の誠実な人柄は、みんなの気持ちを和ませ、私たちの仲間だった。

 今頃、みんな何をしているのだろう。残念ながら、早苗はその頃の仲間とは全く音信不通となっていて、誰が何をしているか、皆目見当がつかなかった。

ロベルトのメッセージを読み終えて、早苗は

「勿論あなたのことを覚えているわロベルト。だってあなたは私がオーストラリアに来て初めて好きになった人ですもの」と、心でそう思いながら、すぐに返事を書いた。

「ロベルト、

懐かしいですね。勿論あなたのことを覚えています。他の仲間のことは、残念ながら知りません。私はあれからニックというオーストラリア人と結婚して、二人で小さなレストランを経営しましたが、ニックは3年前に亡くなりました。その後私もレストランを売って自由の身となり、今はボランティア活動をしています。是非会いたいですね」

すると、すぐに返事が来た。

「早苗さん

また会えると思うととても嬉しいです。それでは来週の日曜日、正午にフリンダース駅の時計の下で待っています。一緒にお昼ご飯を食べましょう。僕の顔を忘れているかもしれないので、念のために僕は緑のセーターとジーパンをはき、手に本を持っておます」

それに対して、

「とっても楽しみにしています!」と早苗もすぐに返事を出した。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

透明人間(最終回)

里香はスコットが3ヶ月も戻ってこないのなら、その間日本に帰ろうと、スコットの給料が振り込まれると、すぐに日本への航空券を予約した。スコットには連絡する方法がないので、黙って帰ることになるが、日本には1ヶ月しかいないつもりなので、スコットが帰ってくるときには、メルボルンにいるわけだから、いちいち知らせる必要はないだろうと思った。

里香が日本に帰る日、スーツケースをひっぱって戸口に立ったとき、玄関の呼び鈴がなった。ドアの穴からのぞいてみると、なんとスコットが立っている。3ヶ月帰ってこないといっていたのに、2週間も経っていない。それに、スコットが見えるということは、スコットがもはや透明人間ではないことを意味している。何が起こったのだろう?里香ははやる心を抑えて、玄関のドアを開けた。

ドアを開けたとたん、「はっくしょん!」とスコットが大きな咳をした。

「どうしたの。スコット?風邪でも引いたの?」

スコットは熱もあるようで、顔も赤い。

「うん。ひどい目にあったよ」

「もう、透明人間じゃなくなったのね」

「そうなんだ。詳しいことは後で話すから、中に入れてくれないかな」と言う。

里香が戸口にたちはだかっていたので、スコットは家の中に入れなかったのだ。

あわてて、体をよけてスコットを家の中に入れると、スコットはヨロヨロとなった。

「気分が悪いのね」と里香はスコットの体を支えるようにして、ベッドルームに連れて行き、服を着たままのスコットをベッドに横たえさせた。スコットの体を触ると、熱い。かなりの熱があるようだ。それに今目の前にいるスコットは透明人間ではない。一体、スコットに何が起こったのだろう。

里香は不安な気持ちでスコットに熱さましの薬を飲ませたりして、看病を続けた。薬を飲んだ後、スコットはすごいいびきをかきながら、眠りに陥った。

スコットが目を覚ましたのは、翌日の昼過ぎだった。疲れ果てていたようだ。

「一体、何があったの?」

気がせく思いで聞く里香に、スコットはうつろな眼をしながら、この一ヶ月の間何が起こったのかを思い出すように、ゆっくりと話し始めた。

「ASIOでは、普通は6ヶ月かけて新人の研修をするんだそうだけれど、僕が人事部長に直接会って話をし、服を脱いで透明なことを見せると驚いちゃって、今スパイが足りなくて困っているところだから、ちょうどいいということになってね、北朝鮮に送られることになったんだ」

「北朝鮮!」

「そう。なんとなく不気味なところだろ?最近北朝鮮ではキム・ジョンウンが弾道ミサイルを盛んに飛ばすし、核兵器の製造も着々とすすんでいるみたいだろ?だから北朝鮮の核兵器に関する情報集めの任務を与えられたんだ。核兵器が開発されたら真っ先にやられるのは日本だろ?僕も里香の日本の家族のためにも頑張ろうと思って意気揚々と北朝鮮に行ったんだ」

「あなたの気持ちは嬉しいけれど、でも、あなた、韓国語も分からないのに、スパイ活動なんてできるの?」

「それはさ、僕が透明になるのは、表面からで、内部は透明でないから、小さな盗聴器を握って、北朝鮮に乗り込むことになったんだよ」

「それで?」

「韓国とオーストラリアは友好関係にあるから、韓国側から国境を渡って北朝鮮に入ったんだ。そこまでは、よかったんだけれどね、北朝鮮は冬の寒い時期で氷点下10度だったんだよ。服も着ずにだよ。寒いのなんのって、凍え死にするんじゃないかと思ったら、ひどい咳が出始め、すぐに僕の存在はばればれになってさ、機関銃で撃たれながら、必死の思いで韓国にもどったってわけさ。すると、韓国側に逃げ込んだところで大熱を出して、倒れてしまい気を失ったんだ」

「それじゃあ、?あなたは透明人間だったのだから、誰もあなたを助けられなかったんじゃないの」

「それが、熱がでたとたん、その熱で体についていた氷が溶けるように、見えるようになったんだよ。それで、国境に警備に立っていた兵士にオーストラリア大使館に連絡してもらって、ほうほうの態で逃げ帰ったってわけさ」

里香はその話を聞くと、なんとも奇妙な気持ちになった。スコットが帰ってきてくれたのは嬉しい。だけど、スコットが透明人間でなくなったことは嬉しいような、悲しいような複雑な思いだった。

 スコットは、それでも里香のほうを見てにっこり笑った。

「これで、僕たち元通りの生活に戻れるね」

ほっとしたようなスコットの顔を見て、里香も

「そうね、これでまた元通りの生活に戻れるね」とスコットの言葉を繰り返していた。

 

スコットが風邪が治ったあと、元勤めていた学校の校長に事情を話したら、数学の教師は人手不足だそうで、すぐに復職することができた。ラッキーというほかない。里香にも平凡な日々がよみがえってきた。里香にはスコットが透明人間になったときの高揚した気持ちはなくなったけれど、平凡なことがいかにありがたいことかと、つくづく感じるこの頃である。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)