Logo for novels

百済の王子(14)

~~その日は、ともかく歩きづくめだった。休憩に草原で昼ごはんのむすびが与えられてそれをたべるとすぐに出発し、行進は続いた。毎日ジョギングなどはしていたが、一日中歩いたことがなかったので、足は棒のようになり、一足一足をただ惰性で足を出すという思いで歩いた。いつまで歩けば、 豊璋の家に着くのだろうかと、暮れかかった西の空を見て、セーラの側を歩いていた 豊璋の供の者に、
「 豊璋様のお屋敷はまだ遠いのですか?」と訊くと、
「もうすぐだ。あそこに山が見えるであろう?あの山の手前だ」
と、1キロくらい先に見える山を指差した。
 豊璋の屋敷に着いたのは、西日が山に沈んだ後だった。
 豊璋の屋敷は、額田王の屋敷を一回り大きくしたような広さでだった。玄関と思えるところに着くと、 豊璋の前を歩いていた供が
「 豊璋さまのお戻り」と大声を上げた。すると、中から慌てて女と男が出てきた。
男は、
「兄上、今おもどりですか?」と言うと、
「うん。今戻った。今日は額田王からおもしろい贈り物をもらった」と言って、後ろにいたセーラのほうを振り向いた。
その男は、 豊璋の目線を追ってセーラを見ると、驚いたように、
「これはまた、倭国の女ではございませぬな。どこの国の者でございます?」と聞いた。
「それが、オーストラリアという国から来たのだと申すのだが、お前、オーストラリアなる国、聞いたことがあるか?」
その男は、首を横に振って、
「ありませぬ」と答えた。
「そう言えば、そなたの名前を聞いていなかったな。名はなんと申す」と 豊璋は後ろにいるセーラを振り返って聞いた。初めて名前を聞かれて、セーラは少し戸惑った。
「セーラです」
「セーラ?変わった名じゃな」
「あなたは?」
 豊璋は、驚いた顔をした。
「わしの名を聞くとは、大胆な奴だな。余は百済の王子、扶余 豊璋じゃ。そして、これは弟の禅広だ。お前に色々聞きたいことがあるが、今日はもう疲れた。そなたも今晩は休め」と言って、供の者に
「この者を離れに泊めろ」と命じ、そのまま家に入ってしまった。
セーラは夜伽をさせられるかと心配したが、彼を迎えに出た女はどうやら彼の妻のようで、ほっとした。
その晩は、この国に来て、初めて布団らしきものに寝させてもらった。とはいえ、綿入れらしい布団は重いばかりで、余り暖かいとは思えなかったが、今までわらの上で転寝をする以外に睡眠が取れなかったセーラにはありがたく思われ、すぐに熟睡をした。
翌朝は、初めて椀に入ったご飯を食べさせてもらった。ご飯とはいえ、麦飯だ。
「コーヒーが飲みたい」「パンを食べたい」。そう思ったとたん、パパやママはどうしているだろうかと、急に両親が恋しくなって、涙ぐんだ。トムに対する未練は、この一ヶ月で完全に消えてしまっていた。
その翌日、 豊璋に呼ばれたのは昼過ぎだった。
 豊璋の部屋に行くと、板張りの部屋に 豊璋の座っているところには毛皮が敷かれていているだけで、たたみの部屋でないことにセーラは驚かされた。紙も貴重品の時代なのだから、まだ畳は作られていないらしい。セーラは板の間にじかに座らされ、このままではどのくらいの時間正座に耐えられるだろうかと心配になった。
「そなたの国のことをもっと知りたい。そなたの国のことをもっと教えてくれ。そなたの国の王はなんと言う名前だ」
「王様ですか。王様といえば、イギリスのエリザベス女王ということになりますね」
「イギリスのエリザベス女王?オーストラリアはイギリスの属国なのか?」
「とんでもない。オーストラリアに住んでいる人が、そう決めているだけで、みんなの意見が王様を廃止しようと思えば、いつでも廃止になります」
「皆と言うのは、貴族のことか?」
「いいえ。18歳以上のオーストラリア人は皆選挙権というのを与えられていて、投票で決まるのです」
「18歳以上の男子と言うことか?」
「いいえ、女性も同じ権利を与えられています」
 豊璋は信じられないと言う顔をした。それを見て今度はセーラのほうが百済の国はどうなっているのか、好奇心が沸いた。
「百済の国では女は政治にはかかわらないのですか?」
「当たり前のことだ。そなたは政治にかかわっていたのか?」
「私は余り政治には興味はありませんが、選挙はしましたよ。オーストラリアでは選挙をしないと罰金をとられますから」
「ふーん。それで、宰相や大臣は、そのエリザベス女王とかが決めるのか?」
「いいえ。今言ったように選挙でたくさんの票を取った人が政治にかかわります」
そう言っているうちに、セーラは足をしびらせて、足の痛みに耐えられなくなった。
「アイタタ」と足を崩して、足首をもみ始めたセーラを見て、
「そなた、正座もできないのか!」と 豊璋は、怒り始めた。
「オーストラリアでは、こんな座り方をしません」と言うと、
「どう座るのか?」と聞くので、
「椅子に座ります」と言って、椅子の絵を描いて見せた。
「これは、百済でもある。誰かに作らせよう」と言ってくれた。
翌日 豊璋の部屋に行くと、椅子が二つあった。座敷奥の椅子には 豊璋がすわっていて、セーラは 豊璋の椅子の真向かいに置かれた庭に近い椅子に座らせられた。 豊璋が自分の便宜を図ってくれてセーラは嬉しくなり、ニッコリして
「椅子を作ってくださってありがとうございます」とぺこんと頭を下げた。
 豊璋も笑顔になって
「初めてお前の笑い顔が見れたな」と言った。いかつい顔だと思っていた 豊璋が笑うと童顔になり、セーラは、初めて、「あんがい可愛い人なのだな」と、思った。
その日は、政治機構の説明で終わったが、民主主義と言うのを説明するのにセーラは苦労をした。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(13)

~~セーラは淡々とした口調で、大海人皇子の質問に答えた。
「実は私にも、どうやってきたか記憶にないのでございます。考えられますのは、私の乗ってきた船が難破して、ここにたどり着いたものの、記憶をなくしてしまったのではないかと思います」
「記憶にないと申すのか?よもや、うそをついているのではないだろうな」と、額田王は、射るような目で、セーラの顔をじっと見た。そのきつい口調は、大海人皇子のセーラに対する関心に嫉妬しているのではないかと、セーラには感じられた。
すると、今までずっと黙っていた 豊璋が初めて口を開いた。
「額田王様。この者を私にいただけぬものでしょうか?」
額田と大海人皇子は驚いた顔をして、 豊璋の顔を同時に見た。
「この者を引き取って、どうされるおつもりか?妾にでもしますかな?」と大海人皇子はからかうように言った。それを聞いたとたんセーラの顔から血の気が引いていった。
『妾?冗談じゃない』
セーラの顔をずっと見ていた 豊璋は、静かな笑みを浮かべて、
「何やら、事情があるようですので、私の手元において、記憶でも呼び起こせとうございます。この者の国はどうやら技術のすすんでいる国のようでございます。もしこの者が自分の国への行きかたを思い出し、その国に案内してくれれば、倭国はとって有益ではないかと思いますが、いかがなものでしょうか」
「ほほう。人質である百済の王子が倭国のことを考えてくださるとは、ありがたきこと」大海人皇子は 豊璋の真意が分からないと言った表情で、皮肉をこめた言い方をした。
「確かに人質の身でこのようなことを願い出るのは身分不相応に思われるかもしれませんが、私にはもう百済に帰ることなど考えられませぬゆえ、倭国に骨を埋める覚悟でございます。ですから、少しでも倭国のためにお役に立ちたいと思うしだいです。額田王様には、皇極天皇の側近としてのお役目がございますし、大海人皇子様には、兄上の中大兄皇子様と共に、母君である皇極天皇のお側で政治を補佐される大事なお役目があり、お忙しいことでしょう。それに比べて人質の私には何もやることがなく暇ですから、この者から時間をかけて色々話を聞いて、技術改善にお役に立ちたいと思うしだいです」
「私が母君の補佐で忙しいと本当に思われているのですか?母君には蘇我入鹿と言う有能な補佐がおりますから、私も兄上も政治にかかわることもなく、 豊璋殿と同じように暇な身ですよ」
そういったあと、大海人皇子は、外国の王子に、朝廷の内争をもらしてしまったことを少し悔いたように、口をつぐんだ。
その後長い沈黙が訪れたが、それをとりなすように額田王が言った。
「 豊璋様は、きっとこの者の美貌に惹かれたのでございましょう。お気に召したとならば、差し上げますわ」
『なんだ、人を物のような言い方をするなんて、なんて失礼な女なんだろう』
セーラは額田王に対して反感を持って額田をにらみつけたが、額田は涼しい顔をしていた。額田王としては、大海人皇子にセーラを引き渡すより、豊璋に渡したほうが、心やすまると思ったようだ。
 豊璋は、額田の言葉に、
「ありがとうございます」と、頭を下げた。
額田は、従者に
「この者を 豊璋様に差し上げるゆえ、身づくろいをさせよ」と言うと、
従者たちは「ははあ」と額田に頭を下げ、二人でセーラの横脇に両側から手を差し入れ、ひきずるようにしてセーラを連れて行った。
セーラは屋敷の裏庭に連れて行かれて、着ているものを二人の下女たちによってたかって剥ぎ取られ、大きな桶のようなものに入れられた。衣服を脱がされただけで寒かったのに、頭から水をぶっかけられた。思わず水の冷たさにぶるぶるふるえていると、下女たちが藁でつくったようなタオルらしきもので、ごしごし体をこすりはじめた。その乱暴さに皮膚がひりひりして悲鳴をあげそうになった。それが終わると布を渡され、体を拭くと、こざっぱりした着物を渡された。着物と言っても、セーラの知っている着物とは違っていた。丈が短く、膝までしかなかった。それにパンツをくれない。この時代には、どうやらパンツなんてものははかなかったらしい。おまけに靴の代わりに出されたのは、わらじだった。これでは寒くて仕方がない。がたがた震えながら、 豊璋の前に連れて行かれた。 豊璋はちょうど額田王にいとまごいをするために前庭にいた。
「それでは、額田王様、大海人皇子様、いろいろおもてなしありがとうございます。
それでは、失礼をします。いつか我が屋敷にもおいでくだされ」と、額田王と大海人皇子に丁寧に頭を下げると、
「それでは、参ろう」と供の者に言うと、馬に乗り、さっさと先頭を行き始めた。セーラは、どうしていいのか分からずまごついていると、 豊璋の供の者が後ろを振り返り、
「早く来ぬか」とせきたてた。
慌てて、 豊璋の一行の後についたが、これからどこに行くのか、 豊璋が自分をどうしようとしているのか、不安な気持ちが先立ち、足取りは重かった。第一、この 豊璋なる人物が何者なのか、セーラにはさっぱりわからない。 豊璋は、見掛けは背が高く、たくましい感じであったが、好きとか嫌いとかという感情は何もおこらない。それなのに、愛人にされるのは、ごめんこうむりたい。とセーラは心の中で思った。
セーラは身長168センチと、オーストラリア人の中では小柄なだったが、 豊璋の供達は背が低く、160センチもないらしく、自分が大女に思えた。 豊璋は、家来達よりは背は一段と高く、セーラよりも高いので170センチ近くあるように思われた。 豊璋の供の者は5人で、二人が 豊璋の前を歩き、一人は 豊璋の馬のあとにつき、二人がセーラの監視役を兼ねて、セーラの両側を歩いた。
この日は天気も良く、日が射してきて、歩いているうちに寒さから来る体の震えはとまった。
人家は見当たらず、畑や田んぼが広がっている。時折黄色やピンク色の花がついている雑草のような物が見られた。遠くに小高い山が見えた。自分にどんなことが待ち受けているのかはっきり分かっていたら、こののどかな美しい風景を楽しめる気持ちのゆとりがあったのかもしれないが、セーラは、どうしたら、オーストラリアに、いや2015年の日本に帰れるだろうかと、そのことばかり考えて、周りの景色は目に入らなかった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(12)

~~大海人皇子はセーラに聞いた。
「少しそなたの生まれた国について、話してくれぬか?額田の話では、そなたは色々不思議な道具を持っておるそうじゃな。その道具をみせてほしい」
そう言うと、八兵衛が、セーラのリュックサックを持って来た。そしてリュックサックの中身を取り出して庭に並べた。スマートフォン、クレジットカード、お金、財布、チョコレート、ハンカチ、ちり紙と左側から順番に並べられていた。この人達をあっと言わせるには、スマートフォンが一番効果的だと思ったが、一ヶ月も使っていないのだから、もうバッテリーが切れていて、使い物にならない。
スマートフォンを取り上げると、セーラは言った。
「これで、写真を撮って、額田王様にお見せしましたが、もうこれは使えません」
「写真?それは何だ。それに、もう使えないだと?どういうことだ?」
電気がないから使えないと言っても、この人達には通じないだろう。どういえば、理解してもらえるだろうかと考えながら、言葉を選びながら、セーラはゆっくりと説明した。
「この道具には、燃料、人間でいうなれば、食べ物が必要なのでございます。もう一ヶ月もたちますので、もう燃料がなくなってしまって、残念ながら、使うことができません」
そう説明すると、それで納得したように、大海人皇子は、
「それは、残念なことだ」と言った。
今度は八兵衛が、クレジットをカードを取り上げて、
「これは何だ?」と聞く。
「それは、私の国ではお金の代わりに使うものです」と簡単に答えた。下手に詳しいことを説明しても到底理解してもらえないだろう。ところが、
「お金?それは何じゃ?」と聞かれて、初めてまだお金が流通していない世界に迷い込んだことを知った。物々交換の世界にどうお金を説明したものか、はたと困ってしまった。
「私の国では、何かほしいときに、これを見せると、ほしいものがもらえます」と答えると、
「ほう、そんな便利なものがあるのか」と大海人皇子は感心したように口をはさんだ。次に、お金を見せられたが、
「お金です」と言うと、
「このカードとお金はどう違うのじゃ。」などと聞いてきた。これではなかなか理解してもらそうもない。
「お金を持って歩きたくないときにカードを使いますが、家にお金をもっていないと、そのカードは使えません」
こんな説明では分からないだろうと思ったが、誰も何も言わなかった。たぶん、色々聞くと自分の無知をさらけだすようで、質問するのがためらわれたのだろう。
次にチョコレートを八兵衛は取り上げた。一ヶ月もリュックサックの中に入っていたチョコレートは少し乾いてひび割れてしろっぽくなっていたが、まだ食べられそうだった。
「これはおいしい食べ物です」と、言うと、額田が興味を示して、
「まずそなたが食べてみよ」と言った。
セーラはチョコレートを割って、ひとかけらを口に入れた。口の中にあま~い味が広がっていくと、久しぶりに、あの自分のいた文明世界に戻ったような気分になり、自然と顔がほころんでいった。
セーラが食べた後も、腹痛を起こさないのを確かめた後、額田王、大海人皇子、 豊璋は、それぞれチョコレートを口に含んだ。そして、皆驚いたような顔をして見合わせた。
「これは、うまい」と、まず大海人皇子が声をあげた。それに続いて額田王が「ほんに、おいしい物でございますなあ、私もこんなもの初めて口にしました」そう言うと、セーラに向かって、
「そなたはこんなものを作れるのか?」と続いて聞いたので、セーラは
「これを作るにはカカオがいりますが、カカオは暑い国でしか作れません。だから、倭国には原料がないと思います」と答えると、
「何だ。作れぬのか」と額田はがっかりしたようだった。
八兵衛はハンカチはただの布切れだと思ったようで、興味を示さず、次にちり紙をとりあげた。
「これは何だ」
「ちり紙です。これは例えば鼻水が出たようなときに、使います」
「紙?そんな貴重なものを鼻水をとるために使うとは、そなたの国はそんなに技術がすすんでいるのか?」と大海人皇子が感嘆の声をあげた。
『紙が貴重品?だったら、手紙などは、何に書いたのだろう?』セーラの好奇心が、それまで持っていた恐怖心を薄れさせ、つい聞いてしまった。
「紙が貴重品だとすると、手紙などは何に書かれているのですか?」
「手紙?ああ、文のことか?勿論普通は木簡に書いておる」
「木簡って、何ですか?」
それを聞くと、大海人皇子は大声で笑った。
「そなた、木簡も見たことがないのか?竹をいくつかにうちわって、それを紐で結びつけたものだ」
「そうですか?」
「お前の国は文明が栄えているようだが、その国にはどうしたらいけるのだ?」
『それは、こっちが聞きたいくらいだ』とセーラは思った。
「それは、私もよく分からないのです。飛鳥の村を歩いているうちにいつの間にか、ここに来ていました」
「そうか。道に迷ったのか?では、飛鳥の村には、お前の国からどうして来た?オーストラリアなんて初めて聞く国だが」
『これは、困った。どう答えればいいのだろう?そうだ!あの手を使おう』セーラはこの場を免れるためにはこの方法しかないと決めて、それに徹することにした。
 

著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(11)

~~第三章 出会い
額田王が、庭を眺めながら、書きかけの短歌の推敲をしていると、家の門番をしていた下男が、額田の前にひざまづき、
「大海人皇子様がお見えです」と、告げた。それを聞くと、額田の顔はぱっと輝き、
「すぐに客間にお通しせよ。私もすぐに参る」と門番に言う声も終わらぬうちに、大きな声で、額田王に話しかける男の声がした。
「額田。久方ぶりだな」
額田が声の主を見て、
「まあ、皇子様。客室でお待ちいただければよろしゅうございますのに」と、言うと、その男は
「客人扱いされる仲でもなかろう」と、笑みを浮かべた 。
大海人皇子のその言葉を聞くと、少し額田の顔が赤みを帯び、恥らうようなしぐさを見せた。そして、大海人皇子の後ろに立っている 豊璋に気づいて、
「お客人でございますか?」と聞いた。
「この方は百済の王子の豊璋殿だ」と、 豊璋を紹介した。
 豊璋は、額田王を見て、蝦夷の言った言葉を思い出した。確か皇極天皇の女官で、短歌の才能溢れる美人だと言ったが、確かに色も白く、うりざね顔で美しい女性だと思った。大海人皇子が首っ丈なのも無理はない。
 豊璋と大海人皇子は、額田王の客間に案内され、腰を落ち着けた。
一応の挨拶がすむと、大海人皇子が、
「最近何か変わったことはなかったか?」と聞くと、額田王はニッコリ笑って、
「変わったことといえば、不思議な女子に会い、下女にしました」と言った。
「不思議な女子とは?」
「一月ほど前、道を歩いていたときに出くわした者でございますが、身なりといい、持っている物と言い、話し方など、異国のものと思われますが、どこから来たのか、とんと見当がつきませぬ」
「ほう、面白そうじゃな。是非我もその者をみてみたいものだ。なあ、 豊璋殿?」と言うので、 豊璋も大海人皇子に合わせて
「ええ。是非見てみたいものでございます」と言うので、額田王はそばにいた下女にセーラを部屋の前庭に連れてくるように言った。

その頃、セーラは、飯炊きの準備をしていた。ここには、屋敷の下働きの者、10名が寝泊りしている。その10人分のご飯を炊くことがセーラの仕事になっていた。主人の額田王の食事のしたくは、お香の役目だった。セーラはこの世界に迷い込むまで、ご飯は炊飯器でしか、炊いたことがなかった。だから、火の起こし方、飯の炊き方から、全部自分より年下のお里から、教えてもらった。へまをしでかすと物覚えが悪いと、お香に殴られることもあり、奴婢は、動物並みの扱いしかうけないことを身にしみて感じた。初めて殴られたときには、余りにもショックで、殴られた頬の痛みより、自尊心を傷つけられたことの衝撃が強かった。悔し涙がポタポタと落ちたことを今でも覚えている。年下のお里に色々教えてもらうことにもプライドが傷ついたが、文明人と思っていた自分は、文明の利器を使うことはできても、実際生活で生きていくうえで必要なことは何一つできないことに気づいて愕然とした。お里は今まで一番下の召使だったのだが、新米のセーラが入ったことに気をよくして姉さん気取りをすることはあっても、根は優しい子だった。この一ヶ月、セーラが不自由な生活に辛抱できたのは、人のよいお里がいたせいかもしれない。お香に殴られた後、よくお里に慰められたものだ。お里もお香に殴られることがよくあったが、大して気にしていないように見えた。いちいち傷ついていては、生きてはいけないからだろう。
セーラは、かまどの火を起こすために、炭の上に枝を置き、竹でできた筒に息を思い切り吹き込んだら、余りにも勢いがつきすぎて、かまどの灰が舞い上がって、セーラの目と鼻をおおい、セーラはむせ返った。その時、お香が、「ソラ、額田王様がお前をお呼びだ。外で従者の八兵衛様がお待ちだから、八兵衛様について行くがよい」と言った後、お里に、「飯炊きは、お前がするんだよ」と、お里に命じた。お里は不満そうな顔をして、セーラを見送った。
セーラが、八兵衛の後についていくと、以前額田から尋問を受けた前庭に連れて行かれた。
庭の真ん中に座らせられたセーラが、平伏していると、
「面をあげよ」と、額田の声がした。
顔をあげて、座敷のほうを見ると、額田の横に、知らない男が二人座っていた。
年の若いほうの男は、堂々とした態度で座っているのに対して、年上と見える男は少し緊張しているかのように見えた。
二人の男は、セーラの顔を見て、感嘆の声をあげた。
若い方の男がセーラに声をかけた。
「確かに、髪の色といい、姿かたちが異国まがいだな。そなた、名はなんと申す」
「セーラと申します」と、セーラがそう答えると、
「余り聞きなれぬ名なので、私達はソラと呼んでおります」と、横から額田が口をはさんだ。
すこしとげのささった言い方は、二人の男が、セーラに大いに関心を示したことが気に食わないためだと、セーラは思った。
続いて、若い男は質問をした。
「どこの国から来た?」
そう聞かれて、セーラはすぐに頭を回転させ始めた。額田王に言ったことと矛盾することを言えば、うそがばれてしまう。
『ええっと。なんて答えたんだって?そうそう、オーストラリアって答えたんだっけ』と、昔の記憶を手繰り寄せて、
「オーストラリアという国でございます」と答えた。
「初めて聞く国だが、それは、唐の国より遠いのか?」
『唐の国?それって、どの国のこと?』
セーラは頭をフル回転させるが、どの国のことを言っているのか見当もつかない。しかしオーストラリアは長い間他の国には知られていなかったはずだから、その唐という国よりも遠いと答えたほうが無難だろう。そう判断して答えた。
「はい、唐よりも遠い国です」
「そうか」と若い男はセーラに言うと、すぐに何かを思い出したように、もう一人の男に向かって、
「豊璋殿、オーストラリアなる国、お聞きになったことはありますか?」と、聞いた。
「聞いたことがありません」
セーラはなんて透き通った美しい声の持ち主だろうと、その豊璋と呼ばれた男を見た。日焼けした顔でたくましそうに見えるその男は物静かで、陽気な感じの大海人皇子とは対照的であった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

投稿!メルボルン珍百景 11枚目
毎週土曜更新!この駅にまつわるインドな噂…
投稿!メルボルン珍百景 14枚目
エレベーターガールならぬ、エレベーターGUY!?
R-18指定:密かなアダルトショップ激戦区
Elizabeth Street
路上の老ピアノ引き
Yep It’s A BuskerBourke streetの孤
子どもと行くメルボルン @4D DYNAMIC CINEMA
体感する映画館!

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)