Logo for novels

私のソウルメイト(12)

12月に入ると、京子も私も俄然忙しくなって、会えなくなった。クリスマスプレゼントを買ったり、クリスマスカードを送ったり、クリスマスツリーを飾ったりと、クリスマスの準備に追われてきた。京子と私はお互いの秘密を電話では話さないことにしていた。いつ何時、家族に聞かれるか分からないからだ。
 ある晩、クリスマスプレゼントも包み終わって一息し、アーロンと一緒にテレビを見ていると、インド人の女性の心理学者が男女の愛について説明していた。
「男女の愛には3種類あります。情熱の愛。ロマンチックな愛。そして老夫婦がもつような慣れ親しんだ愛です。情熱の愛は、すぐに燃えてすぐにつきる愛です。ロマンチックな愛は、せいぜいもてて1年半。一番長続きがするのが、慣れ親しみの愛です」
 それじゃあ、アーロンに対する私の愛は慣れ親しみの愛で、ロビンに対する愛はロマンチックな愛と言えるのだろうか。それでは、ロビンに対する関心も1年半経てばなくなるということか。
私は最近ロビンのことを思い出しては、ぼんやりすることが多くなった。ロビンの笑っている顔、さびしそうな顔。忙しい時間の合間を縫って、ロビンのそんな顔が頭に浮かんでくる。
クリスマスの日、アーロンの両親をよんで家族で一緒にアーロンが焼いてくれた七面鳥などのクリスマスディナーを食べた時も、ロビンは今日はだれと食事をしているのだろうかと考えていて、アーロンの言った事を聞いていなかった。
「おい、どうしたんだ?」
「えっ?何か言った?」
「僕の言った事をきかなかったの?食事が終わったら、プレゼントの交換をしようよ。」
「そうね。そうしましょう。」
私は、ロビンのことを考えていたなんて悟られないように、慌ててクリスマスツリーの下に置いていたプレゼントをテーブルに運んできた。
ダイアナが
「お母さん、最近変だよ。ぼんやりしていることが多いんだもの」
「そんなことないわよ。ちょっと最近忙しかったので、疲れているだけよ」とどぎまぎしながら答えた。
 クリスマスのプレゼントの交換は、何歳になっても、楽しいものである。私はダイアナに服を買ってやりたかったが、ダイアナはいつも私の選ぶ服を気に入ったためしがなく、買ってやっても一回も手を通さないことが多いので、最近は商品券をプレゼントしてあげることにしている。アーロンには、ポロシャツを買ってあげた。アーロンのお母さんには、磁石のついたネックレスをプレゼントし、お父さんにはウイスキーをプレゼントした。皆それぞれ喜んでくれた。私は、アーロンからブローチをもらい、ダイアナからはウエッジウッドのコーヒーカップをもらった。アーロンの両親からは本をもらった。本の題を見ると、「前世療法」となっていた。アーロンの両親はスピリチュアルなことに興味をもち、よくこういった類の本を読んでいるみたいだが、こういった本をプレゼントされたのは初めてだった。
 アーロンは両親のスピリチュアルな話を馬鹿にしていた。だから、アーロンの両親は、うちに来てもそういった話をしない。アーロンの両親に初めて会ったとき、「あなたは、どんな宗教を信じているの?」と聞かれた。その時、キリスト教といわなければ結婚に反対されるのかと思ったが、正直に「仏教です」と言うと、二人ともうれしそうな顔をして「それじゃあ、輪廻って事も信じているの?」と聞かれた。「はあ、そうです」と言うと、ますます嬉しそうな顔をされ、私はきょとんとしてしまった。その後「私たちも輪廻を信じているのよ」と言われて、この人たちはもしかしたら、変な新興宗教にはまっているのかと内心思った。私の仏教に対する信心と言うのは、一般的な日本人が持っている、習慣のようなもので、仏教の教えは何かと聞かれても、答えられないような底の浅いものだ。今日もらった「前世療法」もそういった類の本だろうと想像がついた。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(11)

私は次の日、2時ごろロビンの家に行ってみた。相変わらず通りは静かで、時おり車が通るくらいで、人影はなかった。2時からずっと運転席に座って、ロビンの家の人の出入りを監視した。2時半ごろ、郵便配達がスクーターに乗ってやってきて、ロビンの家の郵便受けに、封筒を何通か入れた。そして、また人影が絶えた。3時半ごろ、ロビンの家の隣から、4人ばかりの着飾った白人の中年の女性が出てきた。そのうちの一人はロビンの隣の住民らしい。他の3人の女性がかわるがわる彼女の両ほほにキスしては「バーイ」と言っては、それぞれ車に乗って帰って行くのが見えた。きっとポーカーか何かトランプ遊びでもしたのだろう。何かの雑誌の記事で、お金持ちの奥さんたちがすることの一つにトランプ遊びがあるというのを読んだことがある。私はそのまま4時半まで監視を続け、ロビンの家には人の出入りはなかったことを確認して、家に帰った。
 京子には、その翌週カフェで会って、このことを報告した。
「結局、彼のことは何にも分からなかったわ」
「でも、彼が独身だとわかったら、あんた、どうするつもり?アーロンと離婚して彼と結婚するつもりなの」と京子から聞かれた。
「よく分からない。ただ、彼といると胸がときめくのよ。そんな胸のときめきをもう一度味わいたいと思うのは、いけないことなのかしらね」
「まあ、あなたがただ彼に対してロマンチックな気持ちを持つのは、悪いことじゃないわよ。そんな気持ちを持てるというだけで、羨ましいと思っているんだから」
「そうね。私もまさか40過ぎて、こんな気持ちをもてるなんて思わなかったわよ。だから、私は時々彼は私の運命の人かしらと思うの」
「それ、韓流ドラマの見すぎじゃないの。運命の人なんて、いるはずないじゃないの。いるとすれば、あなたの運命の人って、アーロンに決まってるじゃない」
「そうだよね。20年も一緒にいる人なんだからね」
私は、アーロンのことを持ち出されると、ロビンに対する気持ちが混乱してしまう。アーロンがいやになって、ロビンに心が惹かれたというのなら、自分でも納得する。しかし、アーロンは空気のような存在になっているとは言え、夫として、たいして不満をもっているわけではなかったのだから。
その晩の夕食のとき、ダイアナが「ねえ、お父さんとお母さん。死んだ時のお葬式では、どんな音楽を流してほしい?」と聞いた。
突然のダイアナの質問に驚いて、すぐには返事ができなかった。
「えっ?私まだ死なないわよ。どうしてそんなこと聞くの?」と言う私に、
「勿論まだ死んでほしくないけれど、念のために聞いておいたほうがいいかなと思って」と言う。
「そうね、私はスティングのevery breath you takeがいいな」
「そんな歌、薄気味悪いから、やめてよ」
「どうして? いいラブソングじゃない」
「いつでもどこでもあなたのことを見ているなんて、ストーカーみたいじゃない。それに死んでもお母さんが私につきまとっていると思うと、薄気味悪いわよ」
「そういえば、ストーカーの歌と言う見方もできるわね」と言いながら、ロビンの家を監視している自分が、ストーカーになりさがっていることに気づいた。
 日本への出張から帰って来て、1ヶ月が過ぎようとしていた。ロビンとは日本から帰って連絡が途絶えていた。自分ひとりが一方的に彼を思っている愚かさをだんだんと悟るようになって来た。しかし急に襲ってくる胸が締め付けられるような切ない思いをどうしようもなかった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(10)

まず、サウス・ヤラに住んでいるb.gourleyに電話した。
呼び鈴の音が止まると同時に、女の人の声が聞こえた。
「ハロー」
「グーリーさんのお宅ですか?」
「そうですけど」
「ロビンさん、いらっしゃいます?」
「あなただーれ?」
ここで、京子はぐっとつまってしまった。
「私、マーケットリサーチをしております、ルーシーと申しますが、ロビンさんお友達から、マーケットリサーチにご協力してもらえるかもしれないといわれたので、お電話しているのですが」
「マーケット・リサーチ?ちょっと、待って」と言うと、遠くに向かって「ロビン」と呼んでいる声が聞こえた。
しばらくして、「ハロー」と聞こえた男の声は、低い声で、私のロビンとは全く違った声だった。私が首を横に振ると、京子は受話器を置いた。
次は、ブライトンに住んでいるr.gourleyに電話した。
最初に電話口に出てきたのは、r.gourleyだったが、たばこを吸いすぎたようなしわがれた声だった。これも、違う。
3番目はキューに住んでいるr.gourleyに電話。電話の呼び鈴が10回も鳴り続けただろうか。その後には、男の人の声で、「今電話に出られません。メッセージをお残しください」と聞こえたが、この留守電の声も違っていた。
4番目はツーラックに住んでいるr.gourleyに電話。
呼び鈴が2回も鳴り止まないうちに「ロビンです」と聞こえた声は、私が聞きたかった、あのロビンの声だった。私のぱっと明るくなった顔を見て、京子は何も言わず電話を切った。
「この人が、あなたの好きなロビンさんね。これで、住所は分かったわ。本人が出てきたから、家族構成は分からないわね。日本だったら、近所の人に結婚の話があって調べている興信所の者だといえば、ある程度の情報は入るでしょうけど、ここでは、隣にどんな人が住んでいるか知らない人も多いから、近所で聞きまわるというのは無理だと思うわ。だから、今度、この家を監視して調べる以外ないわね」と京子が言った。
 その翌日、私は早速ツーラックの住所の家を見に行った。昼間だったから、勿論ロビンはうちにいるはずはなかったが、彼の家族を遠くから見ることができるかもしれないと思ったからだ。ロビンのうちはクリーム色の高い塀で囲まれていて、外から家はほとんど見られず、塀の上から覗いている二階の部分が少し見えるだけだった。メルボルンの家は、塀が全くないか、あってもお飾りのように50センチばかりのレンガを積み重ねた物が多いのに、高級住宅地のツーラックともなると、様子が違っていた。広い道路には木が生い茂り、並んでいる家も大邸宅ばかりで、塀は高く家の中は見られない。昼間といえども人通りもなく、閑散としていた。私は、ロビンの家の前の道路の向かい側に車を止め、誰か家から出てこないかと、ロビンの家の門を眺めていた。ロビンの家に着いたのは10時ごろだったが、10時半頃、ロビンの家の前にホンダシビックのシルバー色の車が止まった。車の中からは50代とも思われる女が出てきたが、ツーラックの住人にしては、着ている物が少しお粗末だった。青いセーターに黒いスラックスをはいているその女は、すぐにロビンの家の中に消えていった。その女はロビンの家族の一員なのかと考えてみたが、どうも納得いかなかった。そして2時間後、その女は、家から出てきて、ホンダシビックに乗り、走り去った。着ていた物から推測すると、その女はロビンの雇った家政婦のように思われた。ツーラックの大邸宅に住む人ともなれば、奥さんが毎日家の掃除をすることは考えられない。私のそんなに金持ちでない中流階級の友人だって、家政婦を雇って、週に1回掃除に来てもらっている。このまま一日家を監視しているのも無駄に思われ、また出直すことにした。今度は2時過ぎから4時半ごろ観察してみよう。学校が終わる頃だから、ロビンに子供がいれば、その頃家に帰るところを見られるだろう。そう思って、その日はたいした収穫もなく退散した。監視の結果は、当然のことながら、京子に報告した。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(9)

ホテルのカフェテリアに行くと、京子が先に来て待っていた。
席に着くと、まずシャンパンが運ばれてきた。
二人で乾杯をして飲んだシャンパンはおいしかった。それを飲み終わる頃、三段のお皿と、ウエッジウッドのきれいなティーカップが来た。お皿にはサンドイッチ、スコーン、そして小さな色鮮やかなデコレーションのついた小さなケーキがのっていた。見ているだけでおなかがいっぱいになりそうだった。
最初に二人ともケーキを賞味することに熱中した。二人とももうおなか一杯で何も食べられなくなった時、私は思い切ってロビンに対する恋心を京子に打ち明けた。
京子は「その人独身なの?」と聞いたが、私ははっきり答えられなかった。
「あなた、馬鹿じゃない。それが一番大切なことだわよ。彼についてどんなことを知っているの?」と言った。
彼についてほとんど知らないと言うと、
「それじゃあ、一緒に調べてみましょうよ。面白いじゃない」と言い始めた。
私たちはホテルの従業員に電話帳を借りて調べてみた。「r.gourley」は結構珍しい名前だと思ったが、15も出てきた。もしロビンが電話番号を掲載しないように電話会社に頼んでいれば、電話帳を調べても無駄なのだが、他に方法を思いつかなった。そこで、住所を見て、お金持ちが住みそうな郊外に住んでいる人を選び出すことにした。
「この人は、ツーラックよ。それじゃあ、この人には星印をつけておくわね。」
「この人は、ダンデノング。これはアウトね。」
私より京子のほうが熱中し始めた。京子は可能性のありそうな人物の電話番号を5つ書き出して、私に見せて言った。
「さあ、これから電話かけてみなきゃいけないけれど、夜かけないとうちにいないわね。あなたにマンション探しなどを手伝ってもらったお礼がしたいと思っていたんだけど、ちょうどよかったわ。今度豪華ホテルに一泊してみましょうよ。そのホテルから電話すれば、相手にどこから電話をかけたか、知られずにすむわ。」
私は京子の計画に舌を巻いてしまった。私一人では、そんなことを思いつきもしないだろうし、たとえ思いついたにしても、それを実行する勇気がなかっただろう。
 早速次の週の火曜日、私たちは家族に二人でドライズデールにある日本風の旅館に一泊してくるからと言って、でかけた。急に旅行するなんていったものだから、アーロンは変な顔をしたが、
「ちょうど、来週の火水は仕事が入っていないのよ。京子もたまたまパートのない日だし。私の仕事っていつあきができるか分からないから、あきができたときに行こうって話になったの。」と言ったら、それ以上追求してこなかった。
二人は勿論ドライズデールなどに行かず、メルボルン市内にあるヒルトンホテルに向かった。ちょうどホテルのチェックインが始まる午後2時にホテルにつき、マネージャー自らが案内してくれた部屋はホテルのスイートだった。京子が予約してくれていたのだ。シャンデリアがある豪華な部屋は、ピンク色と茶色と黒の混じった大理石の床に、ふかふかのカーペットが敷いてあり、明るかった。いくつもの部屋があり、ベッドも皆キングサイズだった。私はマネージャーが部屋をでていくと、すぐにベッドに這い上がって、大の字になって寝てみた。
「わあー、気持ちいい!」
京子はそんな私を見て、「気に入ってもらってよかったわ」と笑った。
「それよりも、今晩どうするか、作戦をねらなくちゃ」というので、すぐにここに泊まる目的を思い出した。
「5人しかリストに載っていないけど、必ずしもこの5人のうちの一人だとは限らないわね。まあ、そのときはそのときで次の作戦をねればいいけれど。相手は私のことを知らないから、私が電話して、ロビンを電話口に出してもらうわ。そしたら、相手の声を聞いてみて。それで、相手があなたの好きなロビンかどうか分かるわ」
「ありがとう。そうしてもらえると、助かるわ」
私は少しでも彼の情報を得られるのかと思うと期待に胸がわくわくしてきた。
「相手の住所がわかったら、その家を監視して、家族構成なんかを探るのよ。いい?」
京子は緊張した顔の私に向かって、子供に言い聞かせるようにいった。いつもはそんな言い方をされると反発を感じるところだが、その日は’素直に私は黙ってうなずいた。
夜が来るまで時間があった。壁にかかっている大きなプラズマテレビで、ケーブルテレビの映画を見ると、もう外は夕暮れだった。
「このホテルのレストラン、フランス料理で有名なのよ。予約を取っているから食べに行きましょうよ」
私は苦笑いをしながら、
「あーあ、食事の相手がロビンだったら言うことがないんだけど、あなたが相手ではロマンチックな気持ちにはなれないわね」とため息混じりに言った。
フランス料理は、素晴らしかった。イセエビのクリーム煮は、特においしかった。
8時半に部屋に戻ると、すぐに電話をかける準備にとりかかった。

著作権所有者:久保田満里子’



マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

33-34 / 87days -ブルーム-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
子どもと行くメルボルン @CHILDREN'S GALLERY
博物館内にある、子ども用スペース!
第3回「ペコリ」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画
子どもと行くメルボルン @Eltham Lower Park
ミニ機関車に乗れます☆
Victoria Monsoon News
High Country~Great Alpine Road~V

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)