Logo for novels

もしもあの時(9)

リチャードは、愛人だったジェームズが生きていた最後の日の様子を次のように語った.
「あの日は、友達の誕生日の祝いをするためにあの公園の近くのレストランに行ったんです。10時頃パーティーはお開きになって、あの公園を通って、駅に向かっていたのですが、途中でポサムがゴミ箱をあさってパンを拾いだしてかじっていたのを見つけて、その可愛らしさに二人で見とれていたんです。そしたら突然どこからともなく二人の男が現れて、僕らに向かって血相を変えて走って来るのが目に入りました。その時、ホモ嫌いの男達が僕たちに襲いかかってきたのだと恐怖を感じ、反射的に逃げ始めました.途中で二手に分かれて逃げたんです。その方がいいと思って。僕の方はどうにか逃げ切れたのですが、、」そこまで言うと、リチャードは声をつまらせ、下を向いた.
「その後、ジェームズ氏の様子を見に行ったのですか?」と、検察官が聞いた。
「いいえ、こわくてその公園には引き返しませんでした。ジェームズは僕より先に帰っているかも知れないと思って、うちに帰ったんです。でも、いくら待っても帰ってこなかったんです。一晩中寝ずに待っていたんですが。まさか殺されたなんて思いもしませんでした」と声を震わせながら言った。うつむいた彼の肩の震えから、リチャードが泣いていることが窺えた。
「それからどうしたんですか?」
リチャードは呼吸を整えて、続けた。
「明け方を待って、警察に行きました。そこで、もしかしたらセント・ビンセント病院の前で死んでいた男ではないかと言われ、遺体の確認をさせられました。随分殴られたようで、顔が腫れ上がっていて、すぐにはジェームズだと確認できませんでした」そして泣き崩れた.
リチャードの深い悲しみは法廷にいる全員に伝わって来た。ポールもケビンも、リチャードの顔をまともに見ることが出来ず、うなだれた。
次に法廷に呼ばれたのは、あの女であった。ポールもケビンもその時初めてあの女がキャシー・レイモンドと言う名前だということを知った。事件の時は取り乱していたあの女は、今日は髪をアップにまとめ黒いスーツとハイヒールで身を包み、別人のように見えた。女はポールが刑事から聞いたことを繰り返して言った。そして、「まさか殺人事件になるなんて思いもしませんでした。本当に亡くなった方には、申し訳ないと思っています。でも私は決して、あの人達に、レイピストをやっつけてほしいなんて言いませんでした。私がけしかけた訳じゃないんです」と、自己弁護した時は、ポールははらわたが煮えくり返った。あの女があんな嘘をつかなければ、自分は殺人犯にならずにすんだのに。
その後、ケビンが呼ばれた。ポールとケビンは、この事件の後、疎遠になってしまっていた。お互いにこの事件の日のことを思い出すのがつらくて、避けるようになっていたのだ。
ケビンは、あの日のことを淡々と述べた。あの女に会ったときのこと。それからポールと一緒に公園を走り回って、リチャードとジェームズを見かけたこと。二人が逃げ出したので、てっきりレイピストだと思ったこと。リチャードを追ったケビンは、リチャードに逃げ切られ、引き返したときは、ポールの足下でジェームズがぐったりしていたこと。そして二人ともパニックに陥って、二人で病院の入り口までジェームズを運び、そのままタクシーでうちに逃げ帰ったこと等。あの女の話を聞いた所で、すぐに警察に連絡すれば良かったのに、しなかったことが悔やまれてならないと付け加えた。そして二人とも、少しレイピストを懲らしめてやろうと思っただけで、殺意はなかったとも言った。
 ポールの番が来た。あの日起こったことを振り返り、検察官と弁護士の質問にできるだけ冷静になって答えた。ポールが犯人だと分かっているので、どんな刑が科せられるかだけが論点となっていた。弁護士は、あの日はポールが普通の精神状態ではなかったことを強調しようとした。ひいきのチームが負けて気分がむしゃくしゃしていたこと。そしてもっとも悪いのは、あの嘘つき女であり、ポールはただ正義の熱血漢で、それが行きがかりじょう、不幸な結果になったと述べた。彼の正義感の強さを証言するために、ポールとケビンのフットボールのコーチだったジャック、そして大学時代のクラスメートだったピーター、そして会社の同僚だったフランクが証人台に立ち、ポールがいかに好青年だったかを証言してくれた。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしもあの時(8)

事件の3ヶ月後に、裁判が開かれることになった。弁護人を依頼されたスティーブは、ポールがいかに好青年であったかを陪審員にアピールすることに焦点をあてて弁護をすると言った。ポールはそのため高校時代の恩師や同級生、大学の教官、フットボールチームの仲間、会社の同僚と、ポールに好意的な人物の名前のリストを作るように言われた。リストに挙げられた名前の数は20数名にものぼった。リストの中には昔つき合ったリズもいたし、高校の時のフットボールのコーチもいた。そのリストを基に、人物保証をしてくれそうな知人、友人の選択をし、電話で法廷で証言をしてくれるかどうか問い合わせた。
真っ先に電話したのは高校時代のガールフレンドだったリズだった。ポールがぽつぽつと事情を話し、「今度の裁判で人物保証をしてほしいんだけれど」と言うと、しばらく沈黙が流れた。そして、「悪いけど、今私婚約中なの。あなたとつきあっていたことを余り彼に知られたくないの」と、断られた。ショックだった。確かに別れてしまったが、憎んで別れたわけではなかった。ポールがあまりにもフットボールに熱中してデートをおろそかにしがちだったのに業を煮やしたリズから、フットボールをとるか自分をとるかと迫られた時、即座に返事をしなかったのが別れた原因だった。だから、嫌いになって別れた訳ではなかったので、人物保証くらいはしてくれると思っていたのだ。確かに犯罪者には関わりたくはないと言う心理は分からなくもないが、自分が窮地に陥っているときは手を差し伸べてくれることを期待していたのだ。
最初の依頼の電話は失望に終わったが、その後電話したフットボールのコーチのジャクとフットボール仲間だったピーター、それに会社の同僚のフランクからは快諾を得、スティーブの考えていた3人の人物保証人確保は、それほど難航しなかった。
裁判が始まった日、スーツに身を固めたポールは半年ぶりにケビンに会った。ケビンもこの事件で苦悩したのだろう。顔がやつれていた。「やあ」とお互いに言った後、目をそらせた。何を話したらいいのか、分からなかったのだ。
陪審員の席には男4人女8人が座っていた。
「全員起立!」と言われ、立ち上がると、頭にモーツアルトのような長いウエーブのかかった白髪のカツラをかぶり、黒いガウンを着た裁判官達が法廷に入って来た。裁判官が全員席についたところで、「着席」と言われ、座った。
事件の概要が説明され、初めの証人として、被害者のパートナー、リチャード・ジョーンズが法廷の証人席に立った。やせほそった背の高い30代半ばの男だった.
リチャードが聖書に手を置いて真実を語ると宣誓した後、裁判長が名前と住所、そして職業を確認した。その時初めてリチャードは町工場の工員だということを知った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしもあの時(7)

二日後、警察から出頭するように連絡があった。何か進展があったらしい。取調室に入れられると、写真を見せられた。
「あんたが、公園で会ったというのは、この女かね?」
写真を手にとってみると、少し赤みがかった髪、長い睫のなかなか魅力のある顔の女が写っていた。あの時は髪が乱れていたし、泣き顔だったので、顔だけを見ると、あの時の女だとは確信を持っていえなかったが、ほっそりとした体つきは、あの夜会った女のようであった。
「暗闇だったので、100パーセントこの女だとは言いきれませんが、この女だと思います」と写真を返しながら言った。
「この女のレイピストは捕まらずじまいなんですか?」と聞くた。女さえ見つかれば、本当にレイピストが捕まるのも時間の問題だろうと思った。しかしポールのこの質問に、取り調べの刑事が皮肉な笑いを浮かべた。
「この女はレイプされてはいないんだよ」
「えっ?どういうことですか?」
「レイプされたというのは、この女の作り話なんだよ」
一瞬、何を言われたのか、理解に苦しんだ.
「作り話?どうしてこの女が作り話なんかしたんです?あの時、この女は泣いていたし、服も乱れていたし、、、」
「どうして嘘をついたか、我々も理解に苦しむのだが、、、。なんでも、あの日、恋人と大げんかして、あの公園の近くで恋人の車を降りて、あの公園に行ったんだそうだ。恋人が自分のことを気遣って車を降りて追いかけてくれると期待したのに、そのまま走り去ったのに腹を立てて、レイプされたと言えば、恋人が自分を置き去りにしたのを後悔するに違いないと思ったのだそうだ。それで、一世一代の大芝居をうったんだってさ。それに君たちがやすやすと引っ掛けられたって訳さ」
「そんな、、、」後に続く言葉はなかった。あの女の嘘を真に受けて、自分は殺人まで犯してしまったのだ。女に対する憎しみが胸の中でふつふつとこみ上げて来て、刑事の顔をまともに見ることができなくなり、うつむいて握った拳を固く握りしめた。
刑事は、そんなポールの気持ちを無視して言った。
「ともかく、あの女の証言がとれて、一応事件の全貌が分かったので、裁判までには、そんなに時間はかからないだろう」
「あの女に会わせてもらえませんか?」
「どうしてだ?」
「このままでは、気が済みません」
「またあの女を殴るつもりかね。そしてまた傷害で起訴されたいのかね。やめとけ、やめとけ」
刑事の言う通りだった。あの女の嘘を真に受けた自分を恨むしかなかった。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

もしも、あの時(6)

 あの夜のことをひとつひとつ思い出しながら話したが、悪夢を再現するようにつらかった。
「あの男達は俺たちを見ると、血相を変えて逃げ出したので、てっきりレイピストだと思ったんです。あの男達が逃げ出さなかったら、僕らだって、追っかけて、殴ったりはしませんよ。ともかく、あの時レイプをされた女を見つけてください。そうすれば、僕が言っていることが本当だとわかるはずですから」自己弁護をするのに必死だった。
「どんな女だったんだ?」
薄暗い公園の街灯の下で2、3分しか見ていない顔を思い出すのは、並大抵のことではなかった。
「細面で、茶色の長いウエーブのかかった髪をしていて、年は25歳ぐらいでした。黒いパーティー用の足首まである長いドレスを着ていましたが、胸元はひきちぎられたようで、破れていましたよ。」
「白人だったのか?」
「そうです。」
「背の高さは?」
「170センチぐらいだと思います」
「その女はやせていたのかね?」
「いえ、特にやせたという感じではありませんでした。そうかといって太ってもいませんでした」
取り調べが終わると、留置所に入れられた。狭い留置所の中にいると、自分が犯罪者になったことがじわじわと実感としてしみ込んで来た。ケビンの取り調べはどうなっているだろう。
その夜8時頃にもなっていただろうか。見張りの警官が部屋の鍵を開けてくれると、弁護人のスティーブがドアの外に立っていた。
「ご両親が保釈金を積んでくれたから、一旦うちに帰ってもいいことになったよ」と言った。
担当の警官からこれから三日に一度警察に報告しにくると言う条件で保釈を認められたことが伝えられた。国外逃亡をふせぐため、パスポートは没収すると言われた。警察署の玄関に行くと両親が待っていた。
 ジーナはポールの肩を抱いて「帰りましょ。」とだけ言った.
 ケビンのことが気がかりだった。「ケビンはどうしたんだ?」と聞くと、スティーブが、「直接被害者に暴行を加えた訳じゃないから、取り調べがすんだらすぐ返されたよ」と教えてくれた。そうだ、ケビンと自分は全く立場が違うのだ。ケビンのことを心配するより、自分のことを心配した方がよさそうだった。
 ポールはうちに帰ると、そのまま自分の部屋にこもった。両親には申し訳なくて何と言ったら良いのかわからなかったのだ。それから誰とも口をきかないままぼんやりテレビの画面を眺めて暮らした。ケビンからも何の連絡もなかった。銀行には休暇願いを出したが、平社員のポールは、銀行にとっていつでも取り替えのきく存在だったと見え、二日後には解雇状が届いた。オーストラリアの会社ってそんなものだと知ってはいた。父親は社長から部下を解雇するように言われ、悩んでいたことがあったっけ。その部下には2度ほど勧告が出されていたが、朝出勤して来た部下に、机を片付け、会社から配給された車の鍵を渡し、即刻退社するように言った日の晩は、父はうちで酒をしたたか飲んで、酔っていた。ポールは解雇状を手に取って、自分の将来の道がたたれたことを思い知った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

チャンネル9 朝のワイドショーでお馴染み。
トウデイ TODAYの素顔
プリンセス橋
メルボルンの名橋と云えば、プリンセス橋。その由来は?
Victoria Monsoon News
ゴールドフィールド中心の街、Castlemaine
コレ何?問十九
サザンクロス駅で見かけたこの標識…『Coach』って…バッグ?
子どもと行くメルボルン @Port Open Day, Williamstown
無料ボートツアー第2弾!

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!