Logo for novels

私のソウルメイト(51)

 
翌日から土曜日の食事のメニューをどうしようかと、家中の料理の本を引っ張り出して暇があれば眺め、悩んだ。しかし金曜日の夜、結局はすき焼きなどという超簡単な料理にすることに決めた。初めて作る料理は、自信がなかったからだ。土曜日の朝は日本食料品店に行ってすき焼きの材料を仕入れ、五時には準備も整い、七時に来るロビンを待った。エミリーは六時半にはワインを片手に現われた。
 七時になり、そわそわし始めたが、その五分後、ロビンは花束とワインを持って玄関先に現れた。ロビンはヨーロッパ風に私の両頬にキスすると、持ってきた花束とワインを渡してくれた。そして、居間にいたダイアナとエミリーに「初めまして」とにこやかに握手の手を差し伸べた。それから皆居間のソファーに座ったが、ぎこちない空気が流れた。初めて会うのだから、無理もない。
「ロビンさん、何していらっしゃるの?」エミリーが最初に口を切った。
ロビンは苦笑いしながら、
「何だか、警察の取調べを受けているみたいだな」と言い、
「貿易会社に勤めているよ」と答えた。
「どんな商品を扱っているの?」と、今度はダイアナが、目を輝かせながら聞いた。
「農産物から機械、おもちゃ、まあ、何でも取り扱っているよ。君たちは何しているの?」
やっと、会話がスムーズに流れ始め、ほっとした。
 ワイン片手にチーズやハムなどのおつまみを食べ、食堂に移って食事を始めた頃にはアルコールがまわってきたせいか、笑い声も聞こえてくるようになった。
「ロビンさん、ママをどう思いますか?」と酔いの回ったダイアナがロビンに質問を投げかけたときは、ドキッとした。
「いや、素敵な人だと思ったよ。君は素敵なお母さんを持って幸せだよ」と私の顔を見ながら答えたのを聞き、くすぐったい感じがした。
 社交の場では、政治と宗教の話はするなと言われているが、ダイアナは全くそのルールを無視して、オーストラリアのアフガニスタン戦争介入反対の議論をし始め、私をはらはらさせたが、ロビンはダイアナの意見を興味深そうに聞き、ダイアナに同意したのは幸いであった。
 あっと言う間に十一時を回っており、ロビンが帰るというので、彼の車までついて行って見送った。
「いい娘さんたちだね」と言ってくれ、また両頬にお別れのキスをして帰っていった。ダイアナとエミリーも彼を気に入ったようだった。
「あの人なら、ママが再婚すると言っても、反対しないわ」とダイアナは言った。
 私はそれから堂々とロビンとデートをし始めた。会社で会うことはなかったが、毎日メールをやりとりをした。そして週末、忙しい仕事の合間をぬって、ドライブに出かけたり、映画や食事を共にした。私たちの仲は急速に接近した。デートの時、一緒に手をつないで歩けるのが嬉しかった。私は彼の分厚い手のぬくもりを感じて幸せな気分に浸った。そして二週間経った日、初めてロビンの家で夜を共にした。私は彼の暖かい胸を枕にして眠る幸せをかみ締めた。それにもましてうれしかったのは、アーロンと違って彼は私の言うことを真面目に受け止めてくれるので、どんなことでも話すことができることだった。私たちは会うたびに話すことがありすぎて、話がつきなかった。ロビンの生い立ち、そして私の生い立ち。二人は今までの空白の時間を取り戻すために夢中だったのだ。ロビンは前にも聞いていた通り、両親はもうこの世の人ではなく、キャロリンという姉が一人いたが、アメリカ人と結婚してアメリカに住んでいて、会うことはほとんどないと言うことだった。日本の友人から姑、小姑の悩みをきかされることがあるが、そういう面では、アーロンと結婚した時も感じたことだが、オーストラリアでは配偶者の親類縁者に悩まされることはなかったのはラッキーだというほかない。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(50)

「そうですか。でも、前におっしゃいましたよね。過去世で縁があったからって、それがどうしたっていうんだって」
「そうですね。あの時は、あなたも既婚者だったし、面倒なことに巻き込まれたくなかったので、ああ言ったのですが、あの退行催眠の後、僕はあなたが言うようにあなたは僕のソウルメイトなんだと確信したんです。確信したけれど、連絡をとらなかったのは、あなたを離婚させたりするようなことはしたくなかったからなんです。どちらが悪いにしろ、離婚と言うのは、どちらも傷つきますからね。でも、あなたが一人になったと聞いて、どうしても今の僕の気持ちを伝えなければいけないと思ったんです」
 私は胸がつまってしまった。ロビンがそんなふうに自分を愛していてくれているとは、思いもしなかった。自分の思いを打ち明けた時ロビンから拒絶され、それで、私たちの縁は切れたのだと思っていた。
「ありがとう。私はあなたに会ってから、一日たりともあなたのことを思わない日はなかったわ。だから、あなたのことをソウルメイトだと思ったの。あなたも私のことをソウルメイトとして認めてくれて、本当に嬉しいわ」とだけ言って、慌ててハンドバックからハンカチを取り出し、目頭を押さえた。
 私達は、その晩は手に手を取り合って、レストランを出た。彼の手は暖かく、彼の体のエネルギーが手を伝わってくるのを感じた。私の細胞のひとつひとつが喜びの声をあげていた。夜空を見ると星が一杯見え、いつもより美しく見えた。私は私にも新しい人生が送れる日が来たことを知った。私の車まで見送ってくれたロビンに、私は次の週の土曜日にうちに食事に誘った。どうしてもダイアナとエミリーを彼に会わせたかったからだ。過去世では血のつながった親子でありながら、一度も親子としての名乗りを上げることができなかった三人をどうしても引き合わせたかったのだ。ロビンは嬉しそうに「勿論、行くよ。では、また来週」と言って、私の車が見えなくなるまで、手を振りながら見送ってくれた。
私が家に帰ると、ダイアナが寝ないで待っていた。
「どうだった?」と顔を覗き込んで聞くダイアナに、私の頬がゆるんだ。
「来週の土曜日、お食事に招待したわ。あなたとエミリーを引き合わせたいと思っているんだけど、大丈夫でしょ?」
と言うと、怪訝そうな顔をして
「どうして私とエミリーを彼に紹介したいの?」と聞いた。
無理もない。私はダイアナに私達の過去世の話をしたことがなかっのだ。
「実はね、ママ、退行催眠を受けたことがあるの」
「退行催眠?それ、なに?」
「催眠で昔の出来事を思い出すことよ」
「へえ。でも、どうして退行催眠を受けたの?」
「自分の過去世が知りたかったのよ」
「過去世?」
「仏教ではね、人間は何度も生まれてくるって信じられているんだけど、前の人生のことを知りたかったのよ。」
「ふうん。面白そうね。それで、どんなことが、分かったの?」
「前の人生で、あなたとエミリーは双子の姉妹だったのよ。そして、ロビンが貴方たちのお父さんだったの」
「へえ!」ダイアナは驚きの声をあげた。
「それじゃあ、ママは前の人生では、ロビンと結婚していたの?」
「まあ、それが複雑な事情で、アーロンと結婚したんだけどね」
「じゃあ、不倫したってわけ?」
「人聞きの悪いこと言わないでよ。その人生ではね、ママとロビンは身分が違いすぎて一緒になれなかったのよ」
「そうなの」とダイアナはニヤニヤした。
「それを聞いたら、私もロビンに会いたくなったわ。エミリーにも話しておくわ」

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(49)

京子にもロビンから誘いがあったことを話すと、大喜びしてくれた。
「よかったじゃない。アーロンも勝手に女を作って出て行ったんだから、あなただって、素敵な人に出会って幸せになる権利があるわよ。アーロンが出て行った後、あなたの落ち込みようがひどいので、実は心配していたのよ」
「でも、これでロビンとの仲が発展するという保証はないから、ぬか喜びにならなければいいんだけど」
「あなたって、本当に心配性ねえ。うまくいくわよ」と京子に太鼓判を押されると、何となく事態が良いほうに向かうように思えてくるから不思議である。
土曜日の朝、京子はうちに来て、
「これ、私からのプレゼントよ」と、紙袋を渡した。
「何、これ?」と言いながら中を見ると、高級そうなドレスが入っていた。
「きょうは、ばっちりきめていかなくてはね」と京子は言い、
「早く、着てみて。サイズが合わなかったら、取替えに行かなくちゃいけないから」と私をせきたてた。
 ドレスを着て鏡の前に立つと、柔らかに体の線をかもしだした水色のドレスが、私の黒い髪に合って、我ながら美しく見えた。照れくさそうに、「馬子にも衣装ね」と言うと、ダイアナが見に来て、「わあ、ママ、素敵」と感嘆の声を上げた。
私は七時半に京子とダイアナから「頑張ってね」と声援を受けて、家を後にした。まるで、戦場に行く兵士のように、気持ちが高揚していた。
「嵐山」に行くと、ロビンが先に来て待っていた。
「今日は、お誘いありがとうございます」と挨拶しながら握手をすると、
「さあ、座ってください」と席から立って、私の椅子を引いて座らせてくれた。
「離婚されたんだそうですね」と、私のワイングラスに赤ワインを注ぎながら言った。
「そうなんです。主人は好きな女の人を作って、家を出て行きましたわ」
答える私は自嘲気味になっていた。
「前に、君は僕たちはソウルメイトだったって言いましたよね」
「ええ」
「実はあの後、僕は君の事が気になって仕方なくなったんですよ。自分でもおかしいくらいに、仕事の合間に君のことを考えていた。だから、実は僕も退行催眠をやってくれる精神科医を探して、退行催眠をかけてもらったんです」
私は驚いて、じっと彼の目を見た。
「で、どんなことが、分かりました?」
「あなたの言ったとおり、日本の侍の時代に、農民として生きていた時代をまず最初に見ました。その時は、僕は女で、あなたの妻でした。その時の僕はあなたをとても愛して尊敬していたんです。あなたが直訴をするために村を出た後、僕は毎日泣いて暮らしましたよ。あなたが出て一週間後に、あなたが打ち首になったというニュースが村に伝わってきたんですが、その時のショックは今でも思い出すと泣けてくるんです」と言うロビンの目は涙で潤っていた。
「それから、イギリスでの人生。僕は、君がどうして急に僕の目の前から消えて、他の男と結婚したのか分からず、君に対して憤りを感じていたんですよ。黙っていなくなるなんて、許せなかったのです。ましてや、僕達の間に子供がいたなんて、思いもしませんでしたよ。子供がいると分かったのは、父の臨終の時です。死期を感じた父があなたが妊娠したので、屋敷から追い払ったことを教えてくれたのです。父はそのことで、心が咎めていたのだそうです。その子は、父にとっては孫に当たるのですからね。その時の僕は違う人と結婚していたし、子供の時ならいざ知らず、大人になっていましたから、階級性の厳しいイギリスの社会で、メイドの君と結婚できないことも分かっていたので、子供がいると知っても、どうしようもなかったのです。でも、死ぬまで君に対して悪いことをしたと、気が咎めていました。その時もう一つ分かったことは、その時結婚した相手が、僕の交通事故で死んだ妻だったんですよ」

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

天使彫像 ビラランマール公園 
ビラランマール公園のパブリックアート!!
投稿!メルボルン珍百景 18枚目
今一番オススメしないLane
子どもと行くメルボルン @Herring Island
アートの島へ✩
子どもと行くメルボルン @River Rink, Fed Square
期間限定!アイススケート!!
子どもと行くメルボルン @Edinburgh Gardens
秋、ピクニックの行き先に♪

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!