Logo for novels

六度の隔たり(6)

ローラは週刊誌を手にとって、イギリス王室の記事にまず目を通した。ローラはエリザベス女王を敬愛しており、週刊誌を買うのも、イギリスの王室一家の動向を知るためと言ってもいいくらいだ。客間の飾り棚には、王室のお祝い事があるたびに出る記念品の陶器を買い集めたものが、これ以上入りきらないというぐらいに並べられている。チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚を祝って売り出された二人の結婚式の写真が焼き付けられたマグカップ、エリザベス女王の即位50年を記念して売り出されたウエッジウッドの限定版の飾り皿など、所狭しとばかりに飾られている。息子のオリバーは、母親の王室贔屓をからかうのが好きである。オリバーが10歳の時だったと思うが、台所で夕ご飯を作っていたローラに向かって、居間から大声で、「ママ、ベティー・ウィンザーがテレビに出ているよ。早く、早く!」とローラを呼んだ事がある。「ベティー・ウィンザーって誰?」と聞くと、「ともかく、早くおいでよ!」とせかす。慌ててエプロンで手を拭きながら居間に行き、テレビを見るとエリザベス女王が映っていた。オリバーがエリザベス女王のことをベティーなんて平民の娘でも呼ぶように言った事に腹を立てて、ローラはつい大声で、「エリザベス女王をベティーなんていう人は一人もいないわよ」とオリバーを叱りつけた事があった。
ダイアナ妃は特にローラのお気に入りだった。だからダイアナ妃が亡くなった時は、何日も泣いた。そしてお葬式に涙を一滴も流さない王室の人たち、特にエリザベス女王に対して情のない人だと随分失望し憤慨もした。しかし、「エリザベス」と言う映画を見てエリザベス女王が伝統を守るために必死に戦ってきたことを理解すると、また女王贔屓にもどっていった。今週の週刊誌にはウイリアム皇子のスキャンダルが載っていた。軍隊のヘリコプターを無断で私用に使ったというのだ。「エリザベス女王が亡くなったら、王室はどうなるのかしら」と王室の将来を思いやって、ため息をついた。
午後4時を過ぎると、部屋が段々薄暗くなり始めた。イギリスの冬は日の出が午前9時、日の入りが4時半と日照時間が極端に短くなる。その代わりに夏になると白夜を思わせるかのように寝る時間になっても日が射していることがある。部屋の電気をつけた時、玄関の呼び鈴が鳴った。「こんな寒い日に、誰かしら?」日ごろほとんど不意の訪問客のいないローラは不審に思いながら、台所から薄暗い廊下に出て、廊下の突き当たりにあるドアを開けると、見知らぬ10歳くらいの少年が二人立っていた。
「何の用?」とローラが尋ねると、
「僕達、東小学校の生徒です。今度施設建て替えのための寄付金を集めることになったんです。このチョコレートを一つ1ポンドで買ってもらえませんか?」と言う。
「ちょっと待ってて」と言って台所に引き返したローラは、台所の棚にしまっているビスケットの缶を取り出し、その中に入れている小銭から1ポンドコインを取り出した。そのコインを少年の一人に渡すと、もう一人の少年が甘いばかりが取り得の、安っぽいチョコレートを一つ寄こした。コインを受け取ると少年たちは「ありがとう」と言って、隣の家に向かった。その日の訪問客はその少年たちだけで、また物静かな日常に戻り、ローラはいつものように、メロドラマを見て、一日が暮れた。
ケリーが帰ってきたのは午後6時を回っており、あたりはすっかり暗くなっていた。
夕食につくと、ローラは早速夏美から来た手紙の内容をケリーにかいつまんで話した。
「誰に送ったらいいと思う?私たちの知り合いで、ベンの居所をつかめるような人、誰かいないかしら?
お隣さんがヨークから来た人たちだけど、あの人たちは若いから無理ね。だれかほかに昔からヨークに住んでいる人いないかしら」
ローラが思案顔で言うと、
「ああ、そうだ。俺の甥のマーク、知っているだろ?あいつ、ヨークの銀行の支店長になったってクリスマスカードを去年よこしたんじゃなかったか?銀行だと、町の人を知る機会も多いだろうしな」
「そうね。それじゃあ、夏美に、そのベンと言う人は、どこに住んでいたのか。親や兄弟の名前はどういうのかも問い合わせたほうがいいわね」
「そうだな。そのほうが情報をつかみやすな」
「じゃあ、明日にでも手紙を書いて聞いてみるわ」
「向こうは急いでいるんじゃないか。急いでいるんだったら、今晩にでも電話してみろ」
「そうね。久しぶりに夏美の声も聞きたいし」
ということで、その晩ローラは夏美に電話した。
「夏美?私ローラよ。元気?」
ローラが電話をかけると、夏美の快活な声が返ってきた。
「まあ、ローラ、どこにいるの?」
「どこにって、勿論マンチェスターよ」
「まあ、イギリスから電話してくれているの?ありがとう。皆さん、お元気?」
「皆元気だわよ。ところで今日あなたの手紙が着いたんだけど、もう少しそのベンさんに関する情報はないの?たとえば、ご両親の名前とか、ご兄弟の名前とか」
「ああ、そうか。私では分からないから、今からジーナに聞いて、折り返し電話するわ」
「そう。そうしてちょうだい」
用件が済むとローラは慌てて電話を切った。
それから10分後、夏美から電話がかかってきた。
「今ジーナに聞いたら、ベンのお父さんの名前はアラン、お母さんの名前はジョアンナ。二人妹がいて、上の妹の名前は、エレン、下の妹の名前はクリスティンだって」
「そう、分かったわ」
「誰か、知っていそうな人、いるかしら?」
「どうなるか分からないけれど、ケリーの甥のマークが今ヨークにいるから、マークに手紙を送ってみようということになったの。ベンの親か兄弟がまだヨークにいれば、手がかりがつかめると思うのよ。ロンドンにいる友達もいるけれど、ロンドンは余りにも広すぎるから、人探しにはヨークから始めたほうがいいっていうことになったの」
「ありがとう、ローラ」
そこで、ローラがマークに宛てて依頼の手紙を書くことになった。

著作権所有者:久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(5)

その晩、家に帰った夏美はローラに出す手紙を書いた。
「親愛なるローラ
お元気ですか。我が家は皆元気です。
この度お願いがあって、手紙を書いています。
私の前夫デイビッドの母親が、ベン・マッケンジーという人に手紙を送りたいというのですが、ベンの居所が分かりません。そこで、ベンさんを探して、同封の手紙を渡して欲しいのですが、ベンについて分かっていることは、次の通りです。
1943年生まれ。
1963年ごろヨークの高級陶磁器のお店で店員をしていた。
1965年、友達とジープで世界旅行に出かけた。
それ以降元姑とは音信普通になったそうです。
ベンを見つけるために、ローラさんの知っている人の中でベンさんの消息を知っていそうな人にこの手紙を転送して欲しいのです。知人を辿っていくことによって、ベンさんを見つけたいのです。面倒なことを頼みますが、よろしくお願いします。もしも、ベンさんについてもっと情報が欲しいということがありましたら、電話かメールをしてください。電話番号は、61-3-9233-7474, メールアドレスはnatsumi.east@hotmail.com
です。
また、オーストラリアに来ることがあったら、是非我が家にとまってくださいね。
ロイド父さん、メアリーとオリバーにもよろしく。
愛をこめて
夏美より XO」

ローラ宛の手紙を書いた後、ローラからこの手紙を手渡された人を予想して、その人たちにあてても手紙を書いた。この手紙を読む人みんなが、英語を理解するかどうか、百パーセントの確信はなかったが、イギリスに送る手紙だから英語で書いたほうがいいと思って、英語で書いた。
「関係者の方へ
皆様に人探しのお手伝いをお願いしたく、手紙をしたためています。
1943年ヨーク生まれのベン・マッケンジーという人に同封の手紙を届けるためのご協力をお願い申し上げます。
マッケンジー氏について分かっていることは次の通りです。」
後は、ローラ宛に書いた手紙と同じ文面にした。
翌日、夏美は手紙とジーナのラブレターを封筒に入れてローラに送った。郵便箱に入れる時は、まわりに人がいないのを確かめた上、ぽんぽんと拍手を打って、『この手紙がベンさんのところに届きますように』と祈った。安易な神頼みをしてはいけないと思うが、自分にできることはこれくらいしかないと思ったのだ。

ところ変わって、舞台はイギリスに移る。
ローラは夫のケリーと一緒にイギリスのマンチェスター郊外の大きな2階建ての家を半分に分けた所に住んでいた。いわゆるセミディタッチド・ハウスといわれるものだ。イギリスでは日本と同じように2階建ての家が当たり前で、『ハウス』と呼ばれるのは2階建てで、平屋は「バンガロー」と呼ばれる。夏美がローラのうちに来た時は、娘も息子も家にいたのだが、二人とも独立して家から出て行き、今は老夫婦二人だけ残された。
イギリスの11月の空は曇っていて、冬が近づくに連れて風が冷たくなり、人々の心をも冷え冷えとさせる。ローラは、外に出るのがおっくうで、今日は一度も外に出ていない。通りに面している客間に座っていると、大きな窓ガラスを通して、郵便屋が来て郵便受けにゴム輪で束ねた何通かの郵便物を押し込んでいくのが見えた。ケリーが帰る前に郵便物くらいは取りに出ないと、ケリーの機嫌が悪くなるのを思い出して、首にマフラーを巻きつけて外に出た。思ったとおり、風がびゅんびゅん吹き、体が縮こまった。だから、郵便物をつかむとすぐに家の中に引き返した。そして、それを台所のテーブルに置くと、おやつの時間にしようと、電気やかんに水を入れ、電気のスイッチを入れた。台所の椅子に腰掛けて郵便物を一つ一つ見ていくと、請求書や広告に混じって大きな封筒に「イースト夏美」と書かれているのを見つけると、一体夏美が何を送ってきたのかと、少し心が躍り、すぐに封を切ってみた。
夏美の送ってくれた封筒には、夏美の手紙と共にベン・マッケンジー宛の手紙が入っていた。夏美の手紙に目を走らせたローラは、読み終わった後、一体誰に頼めばそのベン・マッケンジーなる人物が探せるか、考え込んでしまった。隣の家に住む若い夫婦は確かヨークシャーから引っ越してきたはずだが、そのベンと言う人がヨークに住んでいたのはもう40年以上も前のことだから、30代のその夫婦が生まれる前のことのようだ。ともかくケリーが帰ってきたら相談すればいいとテーブルの片隅に夏美から来た封筒を置いておいた。
それから、昨日作ったスコーンという小さな甘みのないケーキを一つ冷蔵庫から出し、電子レンジで暖めて、クリームとイチゴジャムをたっぷりとつけた。本当はダイエットをしなければいけないとは思うのだが、思うだけで、甘いものに目がないローラは、ダイエットに成功したことがない。その日も自分の予備のタイヤ、つまりタイヤがくっついたように突き出たおなかを眺めながら、好きな物を食べるのを我慢して長生きするよりは、短い人生でも好きな物を食べて生きたほうがましだと言い訳するようにつぶやいた。ティーポットにティーバッグを入れて沸いたばかりの熱々のお湯を注ぎいれた後、ティーカップにもお湯を注いで冷たいティーカップを温めた。そして、ティーカップのお湯を流しに捨てた後ミルクを少し入れ、その上から紅茶を注いだ。ミルクに紅茶を入れるほうが、紅茶にミルクをいれるよりは断然味がまろやかになると、ローラは信じている。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(4)

~~ジーナは夏美の顔をまっすぐ見て言った。
「夏美さん。私は余り知り合いに、私が未だにベンのことを思っているなんて知られたくないのよ。だから、夏美さんに頼んでいるのよ」
「そうですか。じゃあ、まあ、いいです。それじゃあ、私が知り合いの人に頼んでみることにします」
「知り合いの人に頼むって、誰か心当たりがあるの?」
「ええ、まあ。お母さん、『六度の隔たり』って聞いたことありますか?」
「『六度の隔たり』?何のこと?」
「私もきのうテレビを見て初めて知ったことなんですが、直接知っている人を一度の隔たり、その知人の知人とは2度の隔たりと考えていけば、6度の隔たりを辿っていくと、結局世界中の人とつながっているということなんです。だから、それが本当なら、私の知人の知人の知人というふうに、辿っていけば、ベンさんにその手紙を届けられるのではないかと思うんです。もし、届かなかったら、結局お母さんとベンさんは縁がなかったということになると思うんです。どう思いますか?」
ジーナは夏美の奇抜なアイデアに口をあんぐりと開けた。そして、しばらく考えた後
「本当に、そんなことで、ベンがみつかるかしらねえ」と懐疑的に言った。
「お母さん、こんなことを言っては、お母さんの気持ちに水をさすようで悪いんですが、
先日読んだ新聞に載っていましたよ。探偵事務所に昔の恋人を探して欲しいという依頼がよくあるけれど、それで、ハッピーエンドに終わったことは少ないって。たいてい相手にはパートナーがいて、昔の恋人には関心が全然ないことが多いんだそうです。なかにはしつこくつきまとうと警察に訴えてやるといきまく人もいるそうですよ。だからたとえベンさんが見つかってお母さんのラブレターを渡したとしても、ベンさんが喜んでくれるという保証は全然ないんですよ。それでもお母さんは、ベンさんを探し出して、手紙を渡して欲しいんですか」
「勿論、ベンだって変わっているだろうし、彼が結婚していないなんて考えられないから、昔のよりをもどそうという気はないよ。ただ、私の気持ちを伝えたいだけ。私の手紙を読んで、会ってくれるって言うことになれば、嬉しいのはうれしいけれど、私も高望みしないわ。ともかくベンに私の気持ちを死ぬ前に伝えたいって思っているだけなの」
「そうですか。じゃあ、私、イギリスに知り合いがいるので、その人に頼んでみます」「そうしてくれると、うれしいわ」
70歳を前にしては肌もつやがあり若ぶりに見えるジーナだったが、それにしても、この時のジーナの目の輝きは、10代の恋する乙女と変わらなかった。
家に帰る道々、夏美は心の中で、高校時代にホームステイしたイギリスのマンチェスターのホストファミリーにあたってみようと考えていた。
夏美が高校時代ホームステイした家族は、40代の夫婦と15歳の女の子と12歳の男の子の4人家族だった。ホームステイしている時から、子供たちにはあまり親しみをもてなかったが、ホストマザーのローラーは気さくな人で、夏美の色々な悩みにを親身になって聞いてくれ、15年経った今でもクリスマスカードのやりとりをしている。ローラは夏美をホームステイさせる時まで日本人と接したことがなかったのだそうだ。だから、初めて出された夕食のことを思い出すと今でも笑えてくる。日本人は何でも箸で食べると信じ込んでいたローラは、シチューに箸をつけて出してくれたのだ。その家では誰も箸を使ったことがないようで、夏美のためにわざわざ特別に買ってきたようだった。しかしさすがに夏美にもシチューを箸では食べられない。
おそるおそる、つたない英語で
「すみません。スプーン、頂けませんか?」と言うと、ローラはびっくりした顔をして
「あら、日本人は何でも箸で食べるんじゃなかったの?」と言う。
どう答えたらいいかなと頭の中で英語の文を組み立てた後、「普通箸を使いますが、シチューやスープは箸ではいただけません」と一言一言区切りながら言って、スプーンをもらった。
イギリスでジーナの初恋の人探しを頼めるような知り合いといえば、ローラくらいしか思いつかなかった。
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

六度の隔たり(3)

~~夏美に気のない返事をしたあとテレビに目を戻したギャリーにつられて、夏美もテレビに目を向けた。
番組が始まったばかりで、「六度の隔たり」と題されていた。『六度の隔たり』なんて、どういう意味なのかしらと思ったら、解説者が六度の隔たりの説明をし始めた。
「世界中の人は六度の隔たりでつながっているという人がいます。直接知っている人は1度の隔たり、その知人の知人とは2度の隔たり、知人の知人の知人とは3度の隔たりと数えていくと、6人目の知人を加えると、世界中の人とつながっているという理論です。本当にそうなのでしょうか?今日はその実験をした人のお話をお伝えします。」
そして番組では、大学の研究者が全く面識もなく遠い国の人に渡った手紙が、実際に彼の元に戻ってくるかと言う実験が報道された。そして、番組は、ちゃんと届いたというハッピーエンドで終わっていた。
「『六度の隔たり』か」そうつぶやくと、夏美にひらめくものがあった。
「これだわ!」
夏美の意外に大きな声にギャリーはびくっとして
「なんだ。急に大きな声をだして。何が分かったと言うんだ?」
「まず私が知り合いの人にベンを探してくれるように頼むの。そしてその知り合いがその人の知り合いに頼むというふうにしていけば、きっとこのラブレター、ベンに届けられると思うんだけど」
ギャリーはそれを聞いて笑い出した。
「そんなに簡単に人が見つかれば、探偵事務所もいらないだろうし、CIAもいらないだろ」
「それはそうだけど。やってみる価値はあるんじゃない。ジーナにそうしてもいいか聞いてみるわ。ベンが男だから、女よりは見つけやすいだろうし」
「どうして?」
「だって、女の人は結婚してしまうと苗字が変わってしまうから、そうなったらもうお手上げよ」
「そうだね。君みたいに、前の夫の苗字を名乗る人もいることだしね」
からかい気味に言われても、夏美はギャリーにそう言われると胸がちくりと痛む。
「でも、あなたが同意してくれたから、前の夫の…」と言いかけると、
「別に僕はどうとも思っていないんだから、そんなにむきになるなよ」といなされた。
「私、思うんだけど、ラブレターが届かなかったら、それもそういう運命だったんじゃないかな」
「へえ、君が運命論者だなんて知らなかったな」
茶化されて夏美はムッとした。
翌日の夕方、夏美は会社からの帰り道、いつものようにトムを学校の時間外託児所に迎えに行き、二人で前の晩に作ったケーキを持ってジーナのうちを訪ねた。会社にジーナから、退院してもよいといわれたので、家に帰ると連絡があったのだ。
病院から帰ったばかりのジーナは、ベッドに横たわっていると思われたので、呼び鈴を鳴らさずに、預かっていた鍵を使って家の中に入った。すると、案の定ジーナはベッドに横たわっていたが、トムを見ると顔を綻ばせた。
「トム、よく来たね」と、トムを抱いてキスした。夏美は起き上がろうとするジーナをおしとどめて、
「ジーナ。起きないで。何か食べたいものない?」と、聞いた。
「いえ、食欲は全くなくってね」
「でも、何か食べないと、体によくないわ。スープぐらいは飲めるでしょ?私、スープを作りますから、トムと話していてください」と、夏美は台所に向かった。冷蔵庫を開けると、ほとんど空っぽで、ミルクとパンぐらいしかなかった。
「ちょっと、買い物してきますからね。何か買って来て欲しい物、ない?」
「すまないね。でも、何も欲しい物はないよ」と言う。
トムとジーナを家に残して急いで近くのスーパーに買い物に行って食べ物を仕入れ、スープ等作りおきの出来る夕食を作り終えると、もう7時になっていた。
「もう7時だけど、ギャリーが家で待っているんじゃないの?」
ジーナは遠慮がちに聞いた。
「大丈夫ですよ。ギャリーは今晩は出張でいないんです。私たちの分も作ったので、一緒に食べましょ」
「そう。すまないね」
トムには居間でテレビを見させながら晩御飯を食べさせ、夏美はベッドの上に起き上がってスープを食べているジーナに向かって、話を切り出した。
「ねえ、ジーナ。夕べ、どうすればベンさんを探せるか色々考えたんだけど、知り合いの人を辿っていけばみつかるんじゃないかと、思うんです。お母さんからイギリスにまだ住んでいる知り合いの人に手紙を送って頼んだら、どうですか」
そう言うと、ジーナは、困ったような顔になった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!