Logo for novels

ヒーラー(22)

~~私は、ミョンヒとの別れを悲しんでいる時間もなかった。すぐにリー医師に、顔をミイラのように目と口と鼻の穴だけを開けた形で包帯を顔中に巻きつけられた。そして車椅子に乗せられ、リー医師のクリニックに連れられていった。クリニックにたどり着く間も、誰かに見破られないかとヒヤヒヤしたが、幸いにも誰にも見咎められることもなかった。手術室では、どこからともなく現われた看護師に包帯を取られた。
「どんな整形をするんですか?」と聞いたが、彼らの不思議そうな顔を見て、彼らに日本語が通じないことを思い出した。野上がいないか手術室を見回したが、彼女の姿は見えなかった。英語に切り替えて聞いたが、リー医師からも看護師からも何の反応も得られなかった。全面的に見知らぬ医師に頼って、別人のような顔になるのは不安であった。しかし、私には選択肢がないことを思い出した。まな板の上の鯉。そんな気持ちになった。どれくらい痛いのだろうか?痛みがひくまでどのくらいかかるのだろうか?どんな顔になるのだろうか?はっと皆が振り返るような美人になるのかな?悩んでも仕方がないことなので、できるだけ楽観的になるために、どんな美人になるか想像して楽しむことにした。そうするうちに手を消毒したらしいリー医師が現われ、私は全身麻酔を打たれて、意識を失っていった。
意識がなくなるというのは不思議な現象だ。意識がなくなっている間、自分だけが時間を失っている。目が覚めたときには、顔にヒリヒリとした痛みを感じた。痛みの感触からすると、目と鼻の手術をしたようだ。そっと手で顔に触ってみた。顔には包帯を巻きつけられていた。
しばらくすると、野上が病室に来た。
「お目覚めですか?痛くありませんか?」
「ひりひりするわ」
「そうですか。痛みがひどくて耐えられないようになったら、リー先生を呼びますから、おっしゃってください」
野上が結構気がきく人間のようなので、私は少し安心した。
「包帯が取れるまで、どのくらいかかるんですか?」
「一ヶ月くらいだということです」
「一ヶ月も!」
私は何となく手術さえすめばすぐに出国できるような気になっていたが、この何にもない病室に一ヶ月も閉じ込められているのかと思うと、気が重くなった。
「その間、私がお世話するように、言われていますから」
野上は気の毒そうな顔をしながら言った。
「ありがとう。私は韓国語はさっぱりだから、よろしくね。野上さんは日本語が上手だけれど、どこで習ったのですか?」
急に野上の顔がこわばって、
「私の個人的なことはお答えできません」と答えた。
「じゃあ、北朝鮮の事情は聞いてもいいのかしら」
「それも、困ります」
「じゃあ、結局、何も聞いてはいけないって訳ね」私はすねるように言ってみた。
「申し訳ありません」
野上は本当に申し訳なさそうな顔をしながら言った。
これから一ヶ月天井を眺めながらの生活を考えると憂鬱になってため息がでたが、私は急に気を紛らわせるのにいいことを思いついた。
「韓国語を教えるのは、いいんでしょ?」
野上の顔はぱっと輝いて
「ええ、それはできます」と嬉しそうに言った。
私は次の日から、野上に韓国語を習い始めた。まずハングルを習ったほうがいいと野上はいい、ハングルを習い始めた。ハングルはなかなかシステマティックに出来ている。子音と母音の組み合わせで字ができている。日本語だとかなを習うのは簡単だとは言え、46字覚えなければいけないが、ハングルは基本的な子音の14個と基本的な母音の10個さえ覚えれば、すべての音はその組み合わせで表せるので、ハングルを覚えるのに一週間もかからなかった。2週間目には簡単な慣用語句を、3週間目には簡単な文型を習い、1ヶ月いる間に簡単な会話ができるまでになっていた。英語を勉強したときと大違いだ。それも韓国語と日本語の共通点が多いためだろう。「市民」とか「約束」はアクセントの置き方が違うだけで、韓国語でも「シミン」「ヤクソク」と言うのだ。
昼間は韓国語の勉強で気がまぎれたものの、夜になって一人でベッドに横たわっていると、ジョンのことが恋しくなり、どうしてこんなことになってしまったのか自分でも納得がいかず、枕を涙でぬらしながら寝入る毎日が続いた。
殺されるのが恐ろしく病室を一歩も出ないで過ごす生活は、刑務所暮らしと同じだった。毎日日課のように野上にキム・チュンサンの容態を聞いたが、ニュースには全く報じられておらず、国民は彼が病気なのさえも知らされていないと聞き、驚いた。ニュースがないと言うことは彼が死んだわけではないのは確かだった。長く感じられた一ヶ月がたち、ある日病室に立ち寄ったリー医師から
「明日包帯をとってみましょう」といわれた時は、嬉しさで思わずリー医師に抱きつき、リー医師を驚かせてしまった。その晩はどんな顔になっているか色々想像して興奮し、目がさえて眠られなかった。
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(21)

もうこれ以上近づいたら、突き刺されてしまうと思ったときだった。突然後ろのほうで「バーン」と銃声のようなものが聞こえた。とたんにサックを突き刺していた音がやみ、その銃声のほうに向かって走っていく数人のドタバタと言う足音が聞こえた。荷台を検査していた兵士たちが、銃声のするほうに向かったのに違いない。それを機に、またトラックが動き始めた。「助かった」と思うと、気が抜けた。寒い季節なのにもかかわらず、汗で顔がびっしょりになっていた。
それからトラックがまた走り始めて1時間ぐらい経った所で、トラックが停まった。また検問にでもひっかかったのかと、どきりとしたが、ミョンヒの声が聞こえ、やっと目的地に着いたことを知った。運転手の男に運ばれて、私は建物の中に入ったようだった。床に下ろされサックの紐が解かれ、やっとサックから出て立ち上がった私は、ミョンヒの姿を見て、安心したと思うと、とたんにトイレに行きたくなって、ミョンヒにトイレの場所を聞いて、トイレに駆け込んだ。そんな私の姿がおかしかったのか、ミョンヒのクスクスという笑いが私の後から聞こえてきた。
トイレの外にはミョンヒが待っていた。
「検問に引っかかった時は、生きた心地がしなかったわ」と言うと
「私たち、あなたの乗せられたトラックのあとをつけていたんだけれど、私もあの時ばかりは、どうしていいか分からなかったわ。でも幸いなことにあの近くに拳銃気違いの従兄弟が住んでいたのを思いだして、いとこに電話して、銃を撃ってもらったのよ」
「その従兄弟の人、トラブルに巻き込まれなければいいけれど」私は心配になって言った。
「大丈夫よ。彼は軍の上層部の人間だから、とがめだてを受けることはないわ。それに私が暴漢に襲われたから、威嚇のために銃を撃ってって頼んだだけだから」
それでも浮かぬ顔をしている私にミョンヒはいたずらっ子のような笑いを顔に浮かべて、
「大丈夫よ。彼は昔から私が好きで、私の言うことなら何でも聞いてくれる人だから」と言った。
「ここは、どこ?」
「ここで、整形外科医のリー先生と会うことになっているんですよ」と言うと、廊下を私たちの方に向かってくる人影が見えた。光が逆光になっていて、顔は見えないが、ほっそりした男だということだけは分かった。
ミョンヒはその人影に向かって歩いていくと、
「リー先生。急にご無理なことをお願いして申し訳ありません」
「この人ですか、整形したいと言うのは?」と、リー先生とよばれた男は、
私の顔を品定めするように、観察する目を私に投げかけながら言った。
「そうなんです。それから、先生、この手術のことはくれぐれも口外しないで頂きたいのです。よろしくお願いします」
そう言うと、ミョンヒはリー医師に何やら分厚い封筒を手渡した。きっと現金なのだろう。こんなにまでしてかばってくれるミョンヒに心から感謝せずにはいられなかった。
「分かりました」と言うと、リー医師は封筒を当然のように、その封筒を受け取った。
「これから、うちのクリニックに来ていただかなくては、いけないんですが、事情が事情だけに、このままお連れすることもできないので、顔を包帯で巻こうかと思います。うちには顔の整形のために顔中を包帯で巻いた患者は珍しくないので、目立つこともないでしょう」
ミョンヒは感心したように
「それはいいですね。よろしくお願いします」ともう一度リー医師に頭を下げると、今度は私に向かって
「私はこれで。グッドラック!」と言った。
また見知らぬ男についていくことになった私は不安になって、ミョンヒに言った。
「また手術が終わった後、迎えに来てくれるんでしょ?」
「残念だけど、今日でもうお互いに会わないほうがいいと思うんです。私と一緒だと、せっかくあなたが顔かたちを変えても、危ないわ。だから、これからは野上を頼ってください」
「それじゃあ、もう、あなたとは会えないってこと?」不安で胸が押しつぶされそうになった。
「無事、オーストラリアに帰れるよう、祈っています」と言うと、ミョンヒは私の肩を抱きしめた。
「あなたも」と言うと、ミョンヒは
「私は大丈夫ですよ。血を分けた兄が、私に危害を加えるなんて考えられませんから」と弱弱しく微笑んだ。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(20)

ギイーとドアが開くと、25歳ぐらいの美しい女性の顔が見えた。男ではないことが分かった時は、ふうっと思わず、安堵の溜息を漏らした。
女は長い髪を後ろに束ね、清楚な感じを漂わせていた。彼女は礼儀正しくドアを閉めると、ドアの前に立ち、我々に向かって丁寧にお辞儀をして、
「野上由紀子と申します」と日本語で言った。
「日本人なの?」思わず、思いがけないときに日本語を聞いて、私は感嘆の声をあげた。
それには野上が答えず、ミョンヒが答えた。
「母の送ってくれたあなたのエスコートよ」と私に向かって言うと、何やら深刻そうな顔をして彼女と小声で、話し始めた。韓国語だったので私には何のことか分からなかった。一通り話が終わったところで、ミョンヒは私に言った。
「洋子さん。あなたは顔の整形をした方がいいわ。もう洋子さんの顔写真は国中に広まっているわ」
私は思わずミョンヒの顔を見た。
「整形?」
「ええ。どうしてそんなに驚いた顔をしているの?」
「だって、整形なんかしたら、自分が自分でなくなるような気がして、いやだわ」
「日本では整形する人いないの?北朝鮮では、整形をするほどのお金を持っている人は少ないからあまりしないけれど、韓国では親が子供の誕生日祝いに整形手術の費用を出すことが多いってきいたけど」
私は初めて聞くことで、唖然としてしまった。
ミョンヒは、
「今から、内密に整形をしてくれる医者を探さなくてはね」と、誰に頼めばいいのか、考え始めたようだった。そんなミョンヒを見て、私は不安に陥ってしまった。整形をするってどんな整形を考えているのかしら。美人に整形してもらえるなら、この際やむ終えないと我慢して整形を受けるか、そんなことを私は馬鹿みたいに考えていた。しばらく黙って考え込んでいたミョンヒは、やおら携帯を取り出し、誰かと電話で話し始めた。
私は野上が私のエスコートを承知してくれたのかどうかが心配になってきた。幸い野上は日本語が分かるようだ。
「あなたが私の国外逃亡に力を貸してくれる人ですね。私は韓国語は全然話せないので、心配で仕方がないんです。あなただけが頼りなので、よろしくお願いします」と言って、頭をさげた。
野上は力なく微笑んで、
「こちらこそ、よろしくお願いします」と言った。そこにはかすかにやりたくもない仕事を言い付かったという気持ちがほのかに感じられた。それも仕方のないことだと思った。誰が好き好んで、見ず知らずの外国人を助けるために命を投げ捨てる気になるだろうか。上からの命令だから仕方がないのだろう。それでも引き受けてくれただけで、感謝すべきなのかもしれない。
電話を切ったミョンヒは、私に向かって
「ここには手術をする設備がないから、今から出かけるわ。でも、このままの状態ではすぐに見つかってしまうから、洋子さんには悪いけれど、ジャガイモを入れる麻袋に入ってもらうわ。トラックに他の野菜と一緒に運んでもらえば、ばれずにすむわ」と言った。
そういえば、日本で拉致された人たちはサックの中に入れられたという話を思い出した。
確かにサックに入れると人目にもつかず、運びやすいだろう。ミョンヒが部屋の中にあった電話を取り上げ、なにやら言うと、すぐに案内人の女が手にサックを持って現われた。サックを受け取ると、ミョンヒは私に向かって
「それでは、サックをかぶせますから、しゃがんで手足を縮めてください」と言うので、私は言われた通りにした。すると、頭からサックをかぶされて、私は胎児のようなかっこうをしたままの状態で、サックの口が閉められた。そのサックを野上が私の足のほうをもち、案内人の女が私の頭のところを抱えるようにして、えっちらおっちら階段を登っていった。私はそれほど太ってはいないが、それでも50キロ近くあるので、女の細腕で抱えるのは重労働であろうと思われる。階段の上にたどり着くと、サックは床に下ろされ、二人は一休憩して、また家の外にまで運び出された。それから、なにやらトラックが停まる音が聞こえ、私はトラックの荷台に積まれた。ねぎやジャガイモのにおいがぷんぷんするので、トラックには野菜が積み込まれていることが想像できた。私はミョンヒや野上の声が聞こえなくなったので不安に陥ったが、サックから出るわけにもいかず、トラックが走り始めた後は、荷台で揺られるままに静かに転がっていた。30分も走った頃であろうか。トラックが停まった。そして、なにやら男の声がして、運転手がトラックから降りた。目的地に到着したのかと思ったら、そうではなかった。がやがや3,4人ばかりの男の声がしたかと思うと、トラックの後ろが開けられ、突然ぐさっという音がした。私は、その音の意味を理解すると同時に恐怖が背筋を走った。サックを鋭い槍のようなもので突き刺している音だ。また、ぐさっと音がした。その音は前よりも近くで聞こえた。だんだん自分のいるサックにその音は近づいて来る。ザクッ、ザック。頭はパニック状態に陥った。しかし、ここで大声を上げたら、それこそもうおしまいだ。声をあげないように歯を食いしばった。ザクッ、ザクッ。私の隣にあるサックが突き刺されている。もうダメだ!
 

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ヒーラー(19)

ミョンヒと二人でソファーに並んで腰をかけたが、私はジョンのことが思い出され、突然ジョンの身が危ないのではないかと、不安に襲われた。
「ミョンヒ。夫のジョンと連絡を取りたいんだけど、だめかしら?」恐る恐る聞いた。
「やめたほうがいいわ。あなたの居場所がすぐに探知されてしまうわ」一瞥のもとに言われると、返す言葉もなかった。
ここの居場所だって、いつキム達に踏み込まれるか分からない。そう思うと、待っているのが苦痛で、イライラし始めた。それを見て、ミョンヒが私の気を紛らわせるようにと、キム・チュンサンの話を始めた。
「おじさまが突然脳梗塞で倒れられて、今北朝鮮は混乱しているの。おじさまが後継者を指名されていれば、問題も少ないのでしょうが、まだはっきりとして後継者はいないの。おじさまには4人のお子様がいて、長男のソジンさんはどちらかといえば、ミーハー的なところがあって、おじさまは、国家の統率者として、ふさわしくないと思われているようなの」
そういえば、私もキム・チュンサンの長男が東京で偽装パスポート所持で逮捕された事件を新聞で読んだことを思い出した。
「次男のミニョン様は、気のお優しい方なので、これまた一国を率いることは無理とおかんがえのようなのです」
「じゃあ、三男か四男が候補と言うわけ?」
「一番下のお子様は女なので、四男はいないのですが、三男のサンヒョクさんが一番おじさまに性格が似ているので、サンヒョクさんを後継者に指名したいようですが、何しろまだ25歳なので、おじさまは躊躇されているようです」
「そうなんですか」
「常時7人のかかりつけの医者がおじさま一家の健康管理をしているのですが、今度のような非常事態が起こると、フランスから専門医が呼ばれるのです。このたびは、その専門医からも手の打ちようがないと言われ、側近の者たちは心を痛めていたのです。そんなおり、私が洋子さんのことを兄に話したものですから、兄は最後の手段とばかりに洋子さんを拉致するようなことをしてしまったのでしょう。こんなことになるのなら、洋子さんのことを話さなければよかったのにと、悔やまれて仕方ありません。本当にすみませんでした」
ミョンヒはそう言うと、深く頭を下げた。ミョンヒにそうまで言われると、ミョンヒに対するわだかまりもスーッと消えてしまった。とにかく、今はミョンヒを頼る以外、生きるすべはなかった。
ミョンヒに「もういいのよ、気にしなくて」と言った。そうすると、ミョンヒは安堵したような顔になり、二人並んでソファーに腰掛けた。
ミョンヒは部屋にあるテレビをつけた。おりからニュースをやっているようで、いつかオーストラリアのテレビニュースでも紹介されたチマチョゴリを着て髪を後ろに束ねた女性のアナウンサーがいつものように怒りをぶつけるようにニュースを読み上げていた。どうしていつもあんなに怒った顔をしてニュースを読み上げるのか、奇妙に感じたものだが、韓国語のわからない私には字幕もないので何を言っているのかさっぱり分からなかった。しかし突然私の写真が画面に出てきた時には、心臓が止まるかと思うくらい気が動転してしまった。
「ミョンヒ、何て言っているの?」
見るとミョンヒの顔が蒼白になっていたが、目はそのまま画面に吸い付いたように離れず、私の質問もきこえないふうだった。
画面が変わって他のニュースに移ったときに初めてミョンヒは私の顔を見て、
「困ったことになったわ。あなたは指名手配されてしまったわ」
「と、いうことは、私はもうオーストラリアに帰れないということ?」と私は聞いた。このままジョンにも日本にいる両親にも会えないで、昔拉致された日本人と同様に、この地で朽ち果てるのかと想像すると、涙がぽろぽろこぼれてきた。その時誰かの足音が聞こえた。その足音が、我々の待ち望んでいる女性のものなのか、あるいはキムの部下のものなのか、どちらともとれず、ミョンヒと顔を見合わせた。涙はとまったものの緊張で胸が波打ち始めた。思わず立ち上がって、助けを求めるように、ミョンヒの手を強く握った。ミョンヒの手も汗でぬれていた。
著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

ゴールドラッシュの面影を残すメルボルン市庁舎
MELBOURNE建物図鑑
子どもと行くメルボルン @Bollygum Park
絵本の世界へ✩
子どもと行くメルボルン @無料映画上映会
領事館で楽しいひとときを♪
第32回「友達ですら…」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
メルボルン空港ガイド 国際線到着編
両替は?荷物預かりサービスって…? 便利なメルボルン空港

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!