Logo for novels

EMR(22)

「警察だ。誰かいないのか?」
理沙は、その声を聞いて、「助かった!」と安堵の喜びに満たされた。しかし、その喜びもつかの間だった。
「誰もいないのかな?外から鍵がかかっているぞ」と言う声が聞こえたが、その後警官たちの足音が遠ざかっていき始めた。
「いいえ、私がいます!」と大声で叫びたくても、さるぐつわをされているので声が出ない。必死になって、ドアに向かおうと思うのだが、手足を縛られているので、思うように動けない。肩と膝を使って、這うようにドアに向かってゆっくり動き始めたが、床がコンクリートなので、肩も膝も床にこすれて痛い。しかし早くドアに向かわなければ、せっかく来てくれた警官が帰ってしまう。そうなれば、もう誰も助けに来ないことが目に見えている。ここで、警官に自分が中にいることを知らせなければ、ここで飢え死にするか、また戻ってきたムハマドに殺される。そう思うと、こすれた肩や膝から血がにじみ始めるのを感じたが、肩や膝の痛みもこらえて必死になって這った。ドアにたどり着くと、進行方向を変えて、両足をドアに向かって思い切りふり上げて、蹴った。「ドーン」と言う音がした。もう一度、ドアを蹴った。
「私がいることに気づいて!」と念じながら。
 それを聞いた警官が戻ってきてくれたらしい。かけ足で戻って来る足音がして、ドアの前で止まったかと思うと、
「誰かいるんだな。今からドアを蹴っ飛ばすから、すこしドアから離れてくれ」と言う声がした。
 理沙は、慌ててドアから這うようにして離れた。すると、ドアがバーンという音とともに開き、外からの光が流れ込み、ドアの前に立った人がシルエットになって見えた。その人影の「理沙か?」と言う声を聞いて、その人影がマークだと分かった。
 サルぐつわをされて答えようにも答えられない理沙を、小屋につけられた電灯が照り出した。
「大丈夫か?」と慌てて駆け寄ったマークと、マークについてきた制服の警官が、理沙の手足の紐をとき、さるぐつわもはずしてくれた。縛り付けられていた手首と足首が赤く腫れ上がり、肩と膝はコンクリートの床にこすられてすりむけて血がにじみ、ヒリヒリした。
 マークから、「尾行なんて、大胆なことをしたものですね。殺されなかったからいいようなものの」と言われたが、本当に馬鹿なことをしたと後悔していたので、理沙は緊張していた気持ちから解き放たれワッと泣き出した。
「ともかく、病院に行きましょう」と言われ、制服の警官が運転するパトカーに乗せられ、病院に連れて行かれた。幸いにも、肩と膝の擦り傷と口の中が切れていたこと以外治療するところもなく、入院することもなかった。
 病院で治療を受けた後治療室を出ると、マークが待っていて、詳しい事情を聞かれた。理沙は尾行して見つかり、監禁されたことを詳しく説明したが、ムハマドはどこにいったかという肝心なことは、何も答えられなかった。事情聴取が終わったところで、今度は理沙がマークに聞いた。
「どうして、あの小屋にいることが分かったんですか?」
「君がムハマドがリリーデールで下りたというから、リリーデールにムハマドの知り合いはいないか調べてみたんだ。すると、ムハマドにはアバスという弟が一人いて、その弟はリリーデールの市役所に庭師として雇われていることが分かったんだ。そこで、ムハマドは弟に会いに行ったのかもしれないと思って、市役所に僕と制服の警官と二人で行ったんだが、弟まで早引きしていたんだよ。市役所の人に、駅の近くにアバスが行きそうなところはないかと聞いたら、庭仕事に使う用具を入れた小屋があるっていうじゃないか。もしかしたらと思って、あの小屋に行ってみたら、君がいたって言うわけさ」
 パトカーでマンションに送られた理沙は、マンションに帰りつくと疲れがどっと出て、その晩はベッドに倒れこみ、コンコンと眠ってしまった。
 目が覚めたら、日曜日の朝になっていた。うずく手首を見たとたん、きのうのことが思い出され、恐怖で身がすくんだ。あの時マークが来てくれていなかったら、私の死体が林の中にでも埋められて、永久に誰にも見つけられなかったかもしれない。
 理沙は母親の声が聞きたくなって受話器を取り上げたが、きのうの出来事を話すと、母親を心配させるだけだと気づいて、受話器を元に戻した。すると、受話器を置いたとたん、呼び鈴が鳴り響いた。電話に出ると、ハリーからだった。
「きのうは、結局どうなったんだ?」
 何も知らないハリーの声が、のどかに聞こえた。
 理沙がありのままを話すと、
「なんて無謀なことをするんだ。君って勇敢と言うか、馬鹿と言うか・・・」
「馬鹿って言うことはないでしょ。でも、携帯が取られたし、現金も取られたし、殴られるしで、散々な目にあったわ」
「EMRも取られたの?」
「いいえ。ムハマドには何か分からなかったみたい。だから無事よ。私の手元にあるわ」
「それは、よかった」とハリーの安堵する声が聞こえた。
「それで、捜査のほうは、すすんでいるのだろうか?」ハリーが心配そうに聞いた。
「きのう聞いたところでは、何の進展もなかったみたいだわ。ムハマドもムハマドの弟のアバスも、どこかに雲隠れしたみたいよ」
「決行日は明日に迫っているのに、そんなことじゃあ、自爆テロを防止できないじゃないか」
「それは、そうだけど、そんなことは警察に任せればいいと言ったのは誰でしたっけ?」
 ハリーの苦笑いする声が聞こえた。
「まあ、僕達で協力できることがあれば、協力したいと思っただけさ」
「じゃあ、また今夜のニュースを楽しみにしていましょ」と理沙は電話を切った。
 理沙は昨日の出来事を順を追って思い出していたが、何かすっきりしないものがある。それが何なのか、よく分からない。
「ハリーと私が協力できるってことは、他人の心を読むことぐらいね」と独り言を言ったが、その時、突然心の奥底で引っかかったことは何だったのか、霧が晴れ渡ってくるように、明確に見えてきた。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(21)

「俺はあんまり気が長くないんだ。痛い目に遭いたくなかったら、正直に答えろ」
 ここまできて理沙は観念した。本当のことを言おう。そうすれば、今度の自爆テロ計画は諦めるだろう。その計画を妨害できれば、それでいいではないか。理沙は覚悟を決めると、きっとなって、ムハマドをにらんで言った。
「あなたたちの自爆テロの計画は、もう警察に知られているわ」
「何だと!」ムハマドは、目をむいて怒鳴った。
「どうして、自爆テロの計画があるなんて分かったんだ?」
「私、あなたの心が読めたもの」
「心が読めた?でたらめを言うのもほどほどにしろ」
 ムハマドは急に大声で笑い出した。
「お前には、他人の心を読める超能力があるというのか?これは面白い」
「別に、そんなものはないけれど、あなたはブシュラと言う女性が好きなんでしょ?その彼女にお別れを言えないで死んでいかなければいけないのがつらいんでしょ?」
 そういうと、ムハマドはぎょっとなったようだ。
「なんで、お前がブシュラのことを知っているんだ」
「だから言ったでしょ?あなたの心が読めたからよ」
 ムハマドは黙った。若い男は
「ムハマド。この女はでたらめを言っているんだよ。こんな女の言うことに惑わされてはだめだよ」と呆然とした面持ちで突っ立ているムハマドの肩をつかんで揺すぶった。
 すると、突然携帯の音が鳴り響いた。二人はぎょっとなって、顔を見合わせたが、ムハマドの携帯の音だと分かると、安心したように、ムハマドが電話に出た。
「ムハマド」と電話に出たムハマドは、そのまま黙って相手の言うことを聞いていたが、急に険しい顔になって、「分かった」と言うと、電話を切った。
「誰からだ?」と若い男が聞くと、ムハマドは理沙に会話の内容を聞かれたくないのかアラビア語に切り替え、若い男に何か言った。
 理沙はこんなときEMRが使えればいいのにと、床に転がっているEMRを恨めしげに横目で見た。
 二人の短い会話が終わると、若い男は、理沙のハンドバッグから転がり落ちたハンカチをとって、理沙にさるぐつわをした。そして、二人は理沙の財布の中にあったお金と携帯を取ると、急いで小屋を出て行った。
 理沙はムハマドから暴行を受ける心配はなくなったものの、一人小屋に残され、このまま飢死するのではないかと、心細くなってきた。どうして、二人が急にあたふたと小屋を出て行ったのかも謎だ。電灯を消された真っ暗な小屋の中では、物音一つ聞こえない。何とか外部と連絡取れないだろうかと懸命に考えるのだが、携帯も取られた今、それも無理なようだ。後は、マークがここを探し出してくれることを祈るだけだ。
 理沙はこれまでの人生で、こんなに一生懸命祈ったことはない。苦しいときの神頼みというやつだと、自嘲的に独り言を言った。母の顔が浮かんできた。自分が死んだら一番嘆くのは母だろうと思った。もう母には会えないのかと思うと、涙がとりとめもなく出てきた。自爆テロをしようとしている人間を尾行するなんて、なんて馬鹿なことをしたんだろうと自分の愚かさが恨めしかった。理沙と父親は、余り気が合わなかった。オーストラリアに留学したいと言った時、理沙の言うことを取り合ってくれなかった父を、母が説得してくれたことを思い出した。あの頃、理沙は学校でいじめにあい、それが原因で不登校になった。学校に行かなければと思っても、それを考えるだけで頭が痛くなった。結局一日中自分の部屋に閉じこもってコンピューターゲームをする毎日だった。これでは自分が駄目になると思い、オーストラリア留学を思いついたのだ。「日本で生きていけないような人間が、外国で生きていけると思うのか?」と父は理沙を怒り飛ばした。自分の苦しみを分かってくれなかった父が恨めしかった。
 その後は、省吾のことを思い出した。省吾とあんな形で別れてしまったのが、心苦しかった。省吾とは大学の経済のクラスで一緒になり、グループプロジェクトで同じチームになって親しくなったのだが、冗談の好きな省吾は、一緒にいると楽しい仲間だった。暗闇の中で、いろんなことが走馬灯のように思い出された。長い時間のようでもあり、案外短い時間だったのかもしれないが、突然小屋のドアをドンドンと叩く音がした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (20)


 リリーデールの駅に着くと、理沙は最後に電車を降りた。電車を下りてプラットフォームを見ると、ムハマドの姿が見えないので慌てて改札口に向かった。リッチモンド駅からリリーデール駅までだと三区間用の切符を買わなくてはいけないのだが、理沙は一区間用の切符しかもっていなかったのを思い出した。こんなところで駅員に止められてモタモタしているとムハマドの後をつけられなくなると心配したが、幸いにも駅には誰も切符を調べる者がいなかった。周りに人影がないのを確認して、改札口のバリアを体操選手が鞍馬に乗るような格好で、乗り越えた。いつか切符を持たないオーストラリア人の若者が、そうしているのを見たことがあるのでまねをしたのだが、少し気が咎めた。理沙が急いで改札口を出ると、ムハマドがリリーデール駅の繁華街とは反対の方向に向かっていくのが見えた。メルボルンの郊外は閑散としているところが多いが、ムハマドの行く道は、昼間なのに人通りもなかった。ムハマドはわき目も振らずに、舗装された道から道路脇の林に続く小さな脇道に入って行く。その脇道は舗装されてはいなかったが道脇に大きな木が並んで立っているので、尾行には絶好の場所だった。理沙は木に隠れながら、ムハマドの後をつけた。しかしムハマドの尾行に夢中になっていた理沙は、急な坂道をムハマドについて速いペースで歩いていると息苦しくなって初めて警戒心に襲われたが、時すでに遅かった。
 ムハマドが急に立ち止まり、くるりと振り返って、木の影に隠れた理沙のほうを見て、「どうして、俺をつけるんだ」と凄みをきかせた声で言った。理沙は恐怖で体がすくんで、黙ってでくの棒のように突っ立ったままだった。すると、ムハマドはすたすたと降りてきて、理沙の腕をとるやいなや、理沙を引っ張って、ぐんぐん山の奥に入った。理沙は抵抗しようにも、すごい力で引っ張られるので引きずられるようにして坂を登ることになった。すると、林の中に小さな平地があり、小屋のようなものがみえて来た。「殺される、誰か助けて!」と叫んだが、時折遠くで通る車の音が聞こえるだけで、周りには人の気配はなかった。小屋から、ムハマドより少し年下らしい若いアラブ系の男が一人出てきた。そして、その男はムハマドに何やらアラビア語で言うと、ムハマドに手を貸して、二人して理沙の両腕を抱えるようにして小屋の中に引っ張りいれた。レンガでできた小屋の中は薄暗く、床はコンクリートだった。小屋の電灯をムハマドがつけると、裸電球に、小さな車のような芝刈り機や熊手など、庭仕事に使う用具が照り出された。どうやら公園の管理をするための道具が入っている小屋のようである。二人は理沙を床の上に放り出すと、年下の男はどこからか縄紐を持ってきて、理沙を身動きさせないように両手を後ろで縛り、足首も縛った。その間にムハマドは理沙のハンドバッグを開けてひっくり返し、ハンドバッグの中味を全部床に落とした。マンションの鍵が床に落ちてチャリーンと音を立てた。鍵のほかに、携帯、財布、ハンカチにちり紙、そしてEMRが落ちたが、ムハマドはEMRには全くの関心を示さず、財布を拾い出し、財布の中身を調べ始めた。
 年下の男は、しゃがみこんで理沙の顔の前に自分の顔を近づけ、
「お前は、誰なんだ?」と聞いた。
 理沙は震える声で答えた。
「林理沙です」
「警察か?」
「とんでもない。私、ただの会社員です」
「どこに勤めている?」
「日本商事と言う会社です」
「どうして、ムハマドの後をつけてきた?」
「ムハマドさんが、深刻な顔をしていたので、自殺でもするんじゃないかと心配になって」と、理沙が口からでまかせを言うと、その男は急に大声で笑い出した。
「お前さんはいつもそんなに人のことを心配して、後をつけるのか?」
 そんなことははなっから信じないという様子で、理沙を小馬鹿にしたように言った。
 ムハマドは理沙の財布の中から運転免許証を見つけ、「確かに林理沙って言う名前なんだな」と免許証の写真と理沙の顔を見比べながら言った。
「どうして俺の後をつけたのか、教えてもらいたいな。俺は女に対して手荒な真似はしたくないんだが」と、正直に答えなければ痛い目にあうぞということをにおわせながら、理沙の顔をにらみつけた。
 理沙の顔はまっさおになり、唇がぶるぶる震え出した。
「そういえば、お前はきのう、むさくるしい感じの男と店に来たが、あれは探りを入れるためだったのか?あの男は警官か?」
「いえ。あの人は東オーストラリア大学の研究員です」
「研究員?そんな奴がどうして俺のことを探りに来たんだ?」
「そんな、探るなんて・・・」
 いきなり平手打ちが飛んできて理沙の右頬を打った。痛みが頭のてっぺんにまで響いて、理沙は思わずのけぞった。口の中が切れたのか、鉛のような血の味が口全体に広がっていった。(続く)

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR(19)

息を切らせながら駅の改札口から駆け込むと、いくつもあるプラットフォームを眺めた。幸いにもラッシュアワーでないので、人もまばらである。右端から左端に視線を動かしていくと、左端のほうに、ムハマドの姿が視界に入った。彼のいるのは理沙のいるところから二つ向こうのプラットフォームになる。慌てて地下道の階段を駆け下り、彼のいる三番プラットフォームの階段を駆け上がると、ムハマドは、幸いにもまだいた。何だか落ち着かない様子で、あたりをきょろきょろと見ている。誰か追っ手が来ないかと警戒しているようである。プラットフォームには、何も視界を遮るものもない。隠れるところのないのを悟った理沙は、堂々とムハマドにアプローチするほうが得策だと判断した。きのう会ったばかりなのに下手に知らぬ顔をすれば、それこそ変に思われるだろう。
「こんにちは。確か『ジーンズ・オンリー』のムハマドさんでしたよね」
 理沙に背後から話しかけられたムハマドは一瞬ぎょっとなったようだが、振り向いて、声の主が昨日の客だと分かると、何とか驚きを押し隠すように、平静を装って言った。
「確か、あなたはきのう僕の店に来た人でしたよね」
「ええ。今日はお店はお休みですか?」
「いえ、開いていますよ」
「そうですか。どこかにおでかけですか?」
「ええ、まあ」とムハマドは言葉を濁した。
 理沙はムハマドが正直に行き先を教えてくれるとは思えなかったので、それ以上は追求しないことにした。ムハマドは明らかに理沙が話しかけてくることを迷惑がっている様子が見えたので、それ以上どんな話をしていいのか分からず、二人の間にぎこちない沈黙が流れた。だから、電車が来た時は理沙は内心ほっとした。ムハマドが電車に乗り込むのに続いて理沙も同じ車両に乗ったが、ムハマドから離れて立った。ムハマドがどこで下りるのか分からないので不安だったが、メルボルンの電車の切符が区間制になっていて、特定の駅で降りなくてもいいので助かる。ともかくムハマドがどこに行くか突き止めようと、理沙は思い始めた。
 しばらく電車に乗っていると、ムハマドの携帯が鳴り、ムハマドは電話相手とアラビア語で話し始めた。何を言っているのか分からない。EMRを取り出して、会話を聞きたいとは思ったが、ムハマドに近づくのをためらっているうちに、ムハマドは携帯を切った。ムハマドは、それから黙って電車の窓に目をやった。地下にもぐった電車の暗い窓にムハマドの不機嫌そうな顔が映った。あの電話はきっと何かよくない知らせだったのだろう。
 電車は終点のフリンダース駅に着いて、理沙もムハマドも電車を下りた。理沙はムハマドの背中を見ながら後を追った。すると、ムハマドは他のプラットフォームに下りていき、そこからまた他の電車に乗るようだった。今更尾行をやめるのは、惜しい。そのまま同じプラットフォームに行き、ムハマドから離れて立った。
 ムハマドは理沙のことを気にする風もなく、次に来たリリーデール行きの電車に乗った。ムハマドは八両ある電車の前から三両目に乗ったが、理沙は一番後ろの車両に乗った。この電車は車両から車両に移れない仕組みになっているので、電車が停まる度に、理沙はプラットフォームを覗かなければいけなかった。その代わり、ムハマドのほうには、理沙のすることが見えない。電車に乗って一時間ぐらい経った頃、電車の中にある掲示板が、次は終点リリーデールとでたところで、ムハマドがリリーデールで下りることが分かった。そこで、理沙は夕べマーク警部から渡された名刺を取り出し、マークに携帯をかけた。携帯はすぐにつながり、「マーク・クロフォード」とマークが出たところで、理沙は、手短に今までのいきさつを言った。それを聞くと、マークは
「実は、こちらの刑事が二人、今朝ムハマドに事情聴取をしようと出かけたのですが、店主の話では何者かからその少し前に電話がかかってきて、母親が急病で倒れたので休みをくれと言って、慌てて店を出たというんですよ。これは逃げられたと思ったので、急いでムハマドの住んでいるマンションにその刑事を行かせて今張り込ませているところですが、なかなか姿を現さないようなので、勘付いて逃げられたのかと思っていたんですよ」
「で、ムハマドはリリーデールに住んでいるんですか?」
「いえ、彼が住んでいるのは、グレンフェリーですよ。でも、リリーデールに彼と関係する人物が住んでいるかどうか調べてみます。無理して尾行しないでくださいよ。相手は自爆テロを起こそうとしている人間ですからね。何をされるか分かりませんよ」
 後になって、理沙はマークの忠告を聞けばよかったのにと、大いに後悔することになるのだが、自爆テロを防止できるかも知れないという興奮で、その時は、マークの忠告も耳に入らなかった。


著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

EMR (18)

一体どうなっているのだろうかと、また不安になってきた。土曜日の朝は『ジーンズ・オンリー』は開いているはずだ。またまたあの店に行って、あの男を監視したほうがいいのではないかと言う思いが頭にもたげかけた。いやいや、自分は警察に通報したのだから、あとは警察に任せればいいんだとも思う。そんな思いが交錯する中、朝ごはんをすませたところに、ハリーから電話がかかってきた。
「きのうは、お疲れ様」
「いえ。今朝からニュースを聞いているんですが、あの男が逮捕されたというニュースはまだ報道されませんね」
「そうだね」
「どうしてなんでしょう。私、また警察に任せていて大丈夫かしらと心配になってきたんですよ」
「まあ、警察も、もしかしたらあの男の背後の組織も探りたいだろうから、報道をしないのかもしれないよ。そんなに、君が自分の起こした事件のように、心配することないよ」
「もしも、もしもですよ、テロ爆破がそのまま実行されたとして、どこが標的になるんでしょうかねえ」
「そんなことを心配しているの?」
「ええ、心配ですよ」
「そうだなあ、州議事堂とか、メルボルン・セントラル駅とか、メルボルン空港とか。そうそう、この間はオーストラリア陸軍の基地を狙った計画が暴露されたよね。そういう所も狙われるだろうなあ」
「メルボルン・セントラル駅でやられたら、たまりませんよね。あそこは地下に駅があるから逃げ場はないし・・・」
「まあ、オーストラリアの警察を信じろよ」
「そうですね。あれだけの情報を与えたんですから、きっとあの男を逮捕して、取調べはしたでしょうからね」
 そこまで言うと、ハリーは急に笑い出した。
「君って、心配性なんだなあ。そんなに心配なら、あの店に行って、あの男を監視したら?」
「そうですね。家にいても不安で仕方ないから、それじゃあ行ってみます」
「えっ?本当に行くの?」
「ええ、だって今朝から落ち着かない気持ちだったけど、あなたにそう言われると、行ってみる気になりました」
「いや、僕は本気でそう言ったつもりじゃないんだけど」
「いえ、いいんです」
「馬鹿なまねは、しないだろうね?」
「馬鹿なまねって?」
「相手に監視するのを悟られて、危険な目にあうとか」
「そんなこと、しませんよ」
「じゃあ、気をつけて。何かあったら、また連絡してくれ」
 ハリーと話した後、理沙は「ジーンズ・オンリー」に出かけてみた。
  理沙が外からチラッと『ジーンズ・オンリー』の中を覗くと、ムハマドが客と話しているのが見えた。警察はまだムハマドを逮捕してはいないようだ。
 理沙は「ジーンズ・オンリー」には入らず、昨日行ったカフェに行き、紅茶にたっぷりのミルクと砂糖、そしてシナモンが入ったチャイを注文した。きのうはコーヒーを飲みすぎたので、胃の調子がおかしい。だから今日はチャイを注文したのだ。カップから流れるシナモンの香りを楽しみながらチャイを飲んでいると、急に慌しくムハマドが出てきて、ほとんど走るように、駅のほうに向かって行った。何事が起こったのかとあっけに取られていると、ムハマドが店を出て五分もしないうちに、店の前に黒い車が止まり、中から二人の男が出てくると、店に急ぎ足で入って行った。そしてすぐに二人の男は慌てて店から出て来ると、車に飛び乗り、走り去った。もしかしたら、あの二人の男は警察官で、ムハマドはそれに勘付いて逃げたのではないかと理沙は思った。ムハマドを追っていけばよかったと後悔した。しかしムハマドはリッチモンド駅のほうに向かっていたから、もしも電車を利用してどこかに行くつもりなら、電車はまだ来ていないかもしれない。まだムハマドは駅にいる可能性もあることに気づいて、理沙は慌ててテーブルにチャイの代金を置くやいなや、リッチモンド駅に向かって走り始めた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Victoria Monsoon News
ワインとアンティークの街Kynetonをご紹介
子どもと行くメルボルン @Brimbank Park Playscape
自然が豊富で新しいプレイグランド☆
戦争記念館
オーストラリアの過去を深く知る
子どもと行くメルボルン @Plenty Gorge Park
カンガルーがいる公園♪
子どもと行くメルボルン @Edinburgh Gardens
秋、ピクニックの行き先に♪

最新記事

JAPANESE UNDERGROUND MUSIC EVENT WEEK
世界最高峰の日本人アーティストを迎えて
週末どこ行く?何をする?7月第5週
今週末のメルボルン ★7月28日(金)~7月30日(日)
オペラハウスで日本体験イベント 入場無料
無料で料理の鉄人に会える...かも
料理の鉄人 オペラハウスに勢ぞろい
蘇えるがいい! アイアンシェフ
週末どこ行く?何をする?7月第4週
今週末のメルボルン ★7月21日(金)~7月23日(日)