Logo for novels

前世療法(4)

 正二の見た奇妙な夢というのは、靄の中に一人のほっそりした少女が立っているというものだった。うす暗くて顔は輪郭くらいしかわからない。何だか心細げで、思わず抱きしめたくなったが、正二が近づいていくと忽然と目の前から消えてしまった。いつもなら、夢を見てもすぐに忘れることが多いのに、この夢は鮮烈に正二の記憶に焼き付いた。夢の中の少女は一体、誰だろう?キムでないことだけは確かだった。そう思うと、その少女の正体を無性に知りたくなった。

 そんな時だった。母親から、前世療法のワークショップの話を聞いたのは。正二の母親、千秋は、目に見えない世界に対して興味を持っていたため、正二は幼い頃からいろんな不思議な話を千秋に聞かされせていた。

「茶碗に入れたご飯を二つ用意して、一つに向かっては『バカたれ』など、罵詈雑言をなげかけ、もう一つに対しては、『きれいだね』『愛しているよ』と賛辞の言葉を投げかけ続けたら、罵詈雑言を投げかけられたご飯は、賛辞の言葉を投げかけられたご飯より、早く腐るのよ。だから、憎悪も愛情も相手に及ぼす力って、すごいのよ」と言われたこともあったし、「水からの伝言」(注)と言う、氷の結晶の写真集を見せられたこともあった。いろんな美しい音楽を聞かせたり、優しい言葉をかけたりした時の水を氷らせてできた結晶は美しく、罵詈雑言や不協和音を聞かせた結晶は、形が崩れているという写真集だった。だから、普通の人が「そんな非科学的な」と非難めいたことをいうことでも、正二には当たり前のこととして受け止められた。

「前世療法のワークショップがあるって知り合いからメールが来たけれど、キムと婚約もしたことだし、キムとは前世、どんなつながりがあったか、調べてみるのも面白いかもしれないわよ」と、言われた時、ワークショップに参加すれば、あの少女のことが分かるかもしれないと思った。

 正二は、夢で見た少女の話は照れくさくて千秋には言えなかったが、ワークショップで手がかりがつかめれば、今の自分のもやもやとした気分も晴れるだろうと、千秋に参加を申し込んでもらった。前世療法のワークショップのことは、キムには何も言わなかった。きっと彼女のことだから好奇心丸出しで、正二についてくると言うのが目に見えていたからだ。しかし、これはキムと関係のない自分一人の問題なのだと思った。

 

(注)江本勝著 『水からの伝言』

 

著作権所有者:久保田満里子

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

前世療法(3)

 第二章        正二

 正二は、キムとの待ち合わせ場所に足を速めた。7時に会う約束が、すでに7時を2分過ぎてしまっている。携帯に連絡したほうがいいかなとも思ったが、待ち合わせ場所まで5分もかからないからと、連絡をしなかった。すると、携帯が鳴り響き、立ち止まって携帯を見るとキムからのSMSだった。ちらっと携帯を見た後、返事をしないで、小走りになって、待ち合わせ場所のパブに向かったた。パブのドアを開けると、たくさんの人でにぎわっていて、中全体は見通せない。人をかき分け中に入ると、ふてくされた顔で座っているキムを見つけた。

「やあ、遅れてごめん」と、キムの隣の席に腰を下ろすと、

「なによ。メッセージ、送ったのに。返事もくれないなんて、」とむくれ顔のキムに、

「もう近くに来ていたから、メッセージに答えるよりも、少しでも早く来た方がいいと思ったんだよ」と、正二は答えた。

「それよりもさ、おなかがすいたよ。早く、何か食べようよ」と言うと、キムも少し気を取り直したようで、「うん」と頷いた。

 正二は、キムと付き合い始めて1年になる。キムは、歯医者の受付嬢をしていて、正二が毎年行く歯医者で初めて会った。第一印象はかわいい子だなと思った。茶色い柔らかな髪が肩までかかり、彼女が話すたびにゆさゆさ揺れたのが、心に残った。そして、その一週間後、キムとばったりショッピングセンターであった。その時、キムの方からお茶に誘って来た。こんなに積極的に女の子からアプローチされるのは初めてだったので、正二は戸惑ったが、すぐに同意して、キムが案内してくれたカフェに入った。

「私、キムって言うの。よろしくね」と言って握手のために手を差し出した。その手を握って正二も

「僕は正二、よろしく」と答えた。

 それから、お互いの仕事や趣味のことを話した。二人ともロックが好きだと分かって、次にロックコンサートに一緒に行く約束をした。それをかわぎりに、映画、ハイキングとデートを重ねて、二人が他人でなくなったのは、その正二の誕生日の日だった。その日、二人でコンサートに行き、コンサートの興奮が冷めかねて、正二がキムを自分の住処に誘ったのだ。こういうこともあるかもしれないという期待感は正二にあったので、出かける前に部屋の掃除をしておいた。いつもなら起きたらそのままにして、くしゃくしゃに丸められたままの掛布団もきれいにベッドメイキングをして、シーツもやり替えておいた。

 その半年後にキムの方から結婚しないかと話があった。キムは、正二がなかなかプロポーズをしないので、業を煮やしたようである。正二は、積極的に彼女と絶対結婚したいという願望はわかなかったが、他に心を動かされる女性もいなかったので、「うん、いいよ」と、深く考えもせずに答えた。正二のその返事を待っていたかのように、キムは「善は急げと言うから、今から婚約指輪を買いに行きましょうよ」とねだり、その日すぐにキムに引っ張られて宝石店に行った。

 店員が見せてくれる指輪を見ては、キムは「あら、これ素敵!」「これも、いいわね」「いや、こっちのほうが私に似合うかしら?」とさんざん迷ったあげく、千ドルの小さいけれど他の指輪よりは一段とキラキラ輝いて見えるダイヤモンドを買った。キムの指のサイズに合わせるために一週間必要だと言われ、手付金を払い1週間後に受け取りに行くことになった。店から出た後ルンルン気分のキムから、

「婚約のパーティーはどうする?」と聞かれ、その時になって正二は初めて結婚の重みに気づいた。これから、婚約のパーティーをしなくてはいけないし、結婚式もしなければいけない。子供が生まれたら、自分の給料だけで暮らしていかなくなるかもしれない。突然これから起こるであろう現実に目覚めさせられた気がして、正二はキムほど結婚に対して心が浮かれる気にはなれなかった。

 そして、その晩、正二は奇妙な夢を見た。

 

著作権所有者:久保田満里子

 

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

Victoria Monsoon News
GippslandのMaffraで酪農場体験
ロイヤル・アーケード
オーストラリア・ナショナル・トラストでもあるアーケードは必見!
MEL漫 〜メルボルンまんが道〜 シリーズ3の第2弾登場!
MEL漫 今回は漫画少なめ!でもどんどん行こう〜!!
Victoria Monsoon News
夏休みにはBendigoへ日帰り
84-86 / 87days -Back to VIC-
3カ月でオーストラリアを1周する方法

最新記事

Grampions
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?6月第4週
今週末のメルボルン ★6月23日(金)~6月25日(日)
Bitcoinの大立者 アンドレアス・アントノポロス氏メルボルンでトークショー
名著 Mastering Bitcoin の著者
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
part1 初めまして
週末どこ行く?何をする?6月第3週
今週末のメルボルン ★6月16日(金)~6月18日(日)