Logo for novels

百済の王子(40)

第八章 その後のセーラ

 セーラは、あの飛鳥村の道を、月の明かりをたよりにテクテクと歩いた。7世紀の世界に迷い込んでしまった、あのタイムスリップした場所へと向かった。

そして、ついに、あの不思議な道に出たのだ。ともかく、歩いて歩いて、足が棒のようになって、一歩の足を踏み出すのもつらくなるまで歩いて、膝から崩れ落ちてしまった。そして、あたりを見回すと、何だか様子がおかしいことに気づいた。遠くに見える家々に明かりがついていたのだ。飛鳥の時代には、明かりをともすために使う漁油は高価なもので、豪族の家でしか、使えない。21世紀の時代に戻ったのではないかと、期待に胸を膨らませて、セーラは明かりの見える方向をめがけて、またゆっくりと足を引きずるようにして歩き始めた。21世紀の時代に戻りたい。ママとパパに会いたい。望郷の念が段々高まってきた。明かりの見えるところまで行かないうちに、突然道路に迷い出た。道路は舗装されていた。ついに私は21世紀に戻ったのだと思うと、セーラは涙がこぼれはじめた。が、突然、ブブーと車のホーンを鳴らす音が後ろから聞こえ驚いて後ろを見ると、車のヘッドライトが光っていて、まるで猛獣の目玉のようにすごいスピードで近づいているのが見えた。慌てて、道端に飛びのくと、その車はそのまま風を残して去ってしまった。ママとパパに連絡するためには、ともかく誰かと話さなければと、道の側の畑の向こう側に見える家に向かった。今は何時ごろなのだろうかと、セーラは思った。夜通し歩いて行き着いたところなのだから、もう朝なのだろうということくらいしか見当がつかなかった。

やっと明かりのついた家の前にたどり着くと、セーラは玄関の呼び鈴を鳴らした。鳴らしてしばらくして、「はーい、どなたですか?」と女の声がして、やっとドアが開けられ、40代の主婦らしい女がドアから顔を覗けた。その女は、セーラを見ると、驚いた顔をした。

「あなたは?」と聞いた。その女の声を耳の遠くに聞きながら、セーラは気を失ってしまった。今までの緊張感から急に解放されたためだろう。

次にセーラが目を覚ました時は、白い天井が見えた。しばらく、ここはどこだろうと考えていると、「気がつかれましたか?」と、可愛い女性の声がした。見ると、看護師だった。

「ここはどこですか?」

「奈良市立病院です。先生を呼んできますね」と、看護師が部屋を出て行こうとするのを呼び止めた。

「今年は何年ですか?」

看護師はそれを聞くとへんな顔をして答えた。

「2015年ですけど…」

それを聞くと、セーラは心安らかになった。浦島次郎のように、自分の生きていた時代をとっくに過ぎていたら、どうすればいいのか途方にくれてしまっただろう。2015年ならパパもママも生きている。そうだ、パパとママに連絡しなくっちゃと、セーラは一瞬のうちに考えた。

「パパに連絡してもらえませんか?」

「勿論です。今先生を呼んできますからね」と言って、看護師は急ぎ足で部屋を出て行った。するとものの5分もしないうちに、30代くらいの医者が看護師を従えて、部屋に入ってきた。

「気がついたようですね」と、医者から言われて、

「ええ」と言うと、

「あなたは一週間もこん睡状態に入っていたんですよ。今日が何月何日か分かりますか?」と聞かれ、セーラは首を横に振って、「分かりません」と答えると、医者の顔が曇った。

「今日は4月20日ですよ」と、言われ、自分がタイムスリップした時間は全く今の時間と加算されていないのに気がついた。あれは、夢だったのだろうかと、セーラの頭は混乱した。

「この病院に来たとき、何かのイベントにでも参加していたのですか?」と聞かれ、

「はあ?」と不思議な顔をしてセーラは医者を見たら、医者が

「まるで天女のような衣装を着ていましたからね」と、言うので、思わず笑いがこみあげてきた。セーラは自分が額田王にはじめてあった時も、額田王が仮装しているのだと思ったのだが、今度は自分がそう思われる番になったのかと、笑えてきたのだ。

「何か、おかしいことを言いましたか?」と医者が少し気分を害したようだったので、あわてて

「いいえ。ちょっと思い出したことがありましたので」と、言ったものの、なんと説明をすればいいのか、困ってしまった。そして、イベントに参加したと言うのが、一番皆の納得がいく説明だと気がついて、

「先生のおっしゃるとおり、イベントに参加して帰りに道に迷ってしまったんです」と、答えた。すると、医者も看護師も納得したような顔をして、

「そうですか」と言って、それ以上セーラを問い詰めなかった。

それから、オーストラリアの両親に連絡をとってもらい、両親がオーストラリアから飛んできた。

母親は病室のベッドで横たわっているセーラを見ると、黙って抱きしめた。そして、

「あなたがトムとのことで悲観して、自殺でもしたのかと思って心配していたのよ」と、セーラの耳元でささやいた。セーラはその時初めて、トムとの失恋で日本に来たことを思い出した。飛鳥にいたときトムのことをすっかり忘れてしまっていたので、久しぶりに聞くトムと言う名前もなんだか知らない人の名前のように思えた。

「ママ、トムとのことは、すっかり忘れたわ。安心して」と答えた。その後、「他に好きな人ができたから」と、心の中でつぶやいた。

セーラは飛鳥の時代の生活を誰にも話すことができなかった。話したところで、誰も信じないだろう。

両親から、

「なんで、あんな格好していたの?」とか「あんたの持ち物はどうしたの?」と聞かれても、持ち物は盗まれたとしかいいようがなかった。両親がクレジットカードをキャンセルしてくれたが、あのクレジットカードが使われることは決してないのだがと苦笑した。スーツケースは、ホテルにそのままあったので、衣服などはそのまま残っていた。一番大変だったのは、パスポートを紛失したので、オーストラリアの領事館に連絡して、再発行してもらうのに、また一週間待たなければいけなかったことだった。だからセーラが無事オーストラリアに戻ることができたのは、それから2週間後であった。父親は、仕事があるからと先に帰ってしまった。

母親と乗った飛行機がメルボルン空港に近づくと、セーラの目がうるんだ。懐かしいメルボルン。緑色の木々。蛇のようにくねった高速道路。整然と立っている家々。「やはり、自分の故郷が一番」と、思って空港の建物を出ると、咳き込んだ。飛鳥の空気と比べて、余りにも空気が汚れているのだと気づいた。

メルボルンに戻ってから、また以前の生活が戻ってきた。朝目覚ましで起きて、歯を磨いて、洗顔石鹸をつけて顔を洗う。今まで自動的にしていた行為が、新鮮なことに思えた。飛鳥では、体を洗う事だってめったになかった。なんて不潔な生活をしていたのかと、今になって思うが、あの世界では皆がそうだったから、当たり前のことだった。時折、フラッシュバックのように、豊璋のことが思い出され、豊璋にもう会えないのだと思うと、胸が締め付けられた。しかし、その回数が段々減ってきたある日、セーラは突然、何も食べられなくなった。食べ物のにおいをかぐだけで、吐きそうになるのだ。どうやら食あたりのようだが、すぐに治るだろうと思った。しかし、3日たっても同じ状態だった。4日目に医者に行って、思わぬことを言い渡された。

「おめでたですね。妊娠3ヶ月です」

セーラを取り巻く状況を知らない医者は、喜ばしそうにセーラに告げたが、セーラは信じられなかった。 豊璋と過ごした16年もの間、妊娠しなかったのに、今頃になって妊娠するなんて。一瞬頭が真っ白になった。その後頭に浮かんできたことは、 豊璋との子供を生むべきか、それとも堕胎すべきかと言う選択である。オーストラリアでシングルマザーとして生きるのは、日本に比べると楽だろう。シングルマザーに対する偏見は日本ほど強くないし、社会保障も行き届いている。しかし、それでも一人で子供を育てる自信が、セーラにはなかった。

著作権所有者 久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(39)

豊璋が福信を殺したというニュースはたちまちのうちに新羅に伝わった。新羅は、今こそ、百済の復興軍を滅亡させるチャンスとばかり州柔に進軍しようとした。 豊璋は、福信を切った瞬間から、このことを予期していた。だから、味方の軍を集めて、新羅の攻撃を恐れないようにと、兵を励ました。

「倭国の救援隊の将軍、廬原君臣が兵を何万人も率いて海を越えて来ている。その軍はまもなく到着することだろう。だから安心するが良い。私は自らこの救援軍を迎えに白村に行くつもりである」

そう言うと、百済軍の兵士から、「百済万歳!」と歓声がわきあがった。

豊璋が白村に下りたのは、8月13日のことだった。その4日後、新羅軍が、豊璋のいなくなった王城を包囲した。

唐軍も水軍と食糧船、合計170隻を率いて、白村に向かった。唐軍の将の中に、 豊璋の異母兄で、 豊璋の代わりに太子として立てられていた扶余隆も加わっていた。 豊璋の異母兄が、百済が滅亡した後、唐の高宗の臣下となって、 豊璋と敵対することになったのは、運命の皮肉と言うよりほかはない。

白村で倭軍を迎えた豊璋は、これで唐、新羅連合軍に勝てる望みができたと、内心ほっとした。船の数だけでも倭軍は優勢だった。唐の軍は170艘なのに対して、倭軍は350艘もある。

すぐに豊璋は、倭軍と百済の将軍を集めて作戦会議を開いた。

「われらが先に攻めれば、敵は恐れをなしてにげていくだろう。敵軍に突っ込んで行くことにした。何しろ、船の数だけでも、我軍のほうが優勢だ」と豊璋が言うと、倭軍の武将、朴市田来津も豊璋の意見に賛同して、先手を打つことに決定した。

最初に倭国と唐の船の合戦がおこったのは、8月27日のことだった。

倭軍は守りを固めていた唐軍の陣に、船を進めて行った。何百と言う船が進むさまは、壮大であった。それに対して唐軍は、倭軍が自分達の陣に深く入ってきたのを見計らって、左右から火をつけた矢を射り始めた。船を挟み撃ちしたのである。左右から飛んでくる火の矢のために、炎上する船も出始め、慌てふためいた百済、倭連合軍は、「退却しろ!」との豊璋の命令で、船先を変えようとした。ところが、船を乗り入れたときには満潮だった白村江は、潮が引いたあと、川底が泥沼に化していて、へさきを変えようにも変えることができなくなった。そのため、倭軍は逃げ場をうしなってしまった。逃げ惑う者、川に飛び込み溺死する者、敵の剣の前に倒れるもの、矢に射られて倒れる者と続出した。船が燃えて煙が空高くみなぎり、海水は敗れた者の血で真っ赤にそまり、、地獄絵を見るような有様となった。豊璋の側に、白村江の潮の満ち干きに関する知識を持っている者がいなかったための、大きな誤算であった。

絶望的な状態になった中、突撃に賛同した倭軍の将、朴市田来津は、天を仰いで、「負けてなるものか!」と誓い、歯を食いしばって、来る敵、来る敵を切り倒して勇敢に戦っていった。しかし、数十人を倒したところで、力尽きて、倒れてしまった。朴市の倒れるのを見た豊璋は、もう勝ち目のないことを知り、「逃げよう」と、腹心の部下を三人連れて、まだ被害を受けていない船に飛び乗って、高句麗に逃げて行った。

3年も続いた百済復興軍の抵抗が、ついに終わりを遂げたのである。

著作権所有者 久保田満里子

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(38)

 豊璋が百済に帰国したことに勇気付けられたのか、百済の復興軍は勢いをまして、百済王の宮殿のあった都城を奪還するために、都城を包囲した。都城を守っていた唐の将軍、劉仁願は、多勢に無勢になって、篭城をしいられるはめになり、すぐに唐の高宗に、このことを知らせた。高宗は、すぐに劉仁軌に兵をつけて援軍を送った。それと同時に新羅軍にも援軍を出すように、命じた。
その頃、福信は、熊津江口に二つの柵を設けさせて、劉仁軌の軍と新羅軍を都城に行かせまいと、防衛にあたった。しかし、今までとは違い、この時の劉仁軌の軍と新羅軍の連合は、結束が強く、福信の率いる軍は戦いに敗れ、撤退を余儀なくされた。福信の軍が退却した後は、百済軍の兵士の屍がいたるところにあり、福信はこの戦いで一万人もの兵士を失ってしまった。退却した福信の軍は、任存城に引き上げた。新羅の軍は、都城の安全を確保したのを確認して、ひきあげていった。一方唐軍のほうは、劉仁願と、劉仁軌が合流し、兵を休ませたため、一旦休戦となった。その間、唐軍は、自分達だけでは都城を守る自信がなく、新羅の援軍を再び要請した。
新羅王の金春秋は、将軍金欽に命じて唐軍の救援に向かわせたが古洒で福信に迎撃されて、敗れて、葛嶺道から逃げ帰って、再び出撃することはなかった。福信は金欽の軍を敗退させたあと、道チンと兵の指揮体制をどうするかで対立した。百済軍を指揮する者が二人もいると混乱を起こすから、これから自分が総指揮をとると福信が道チンに言い渡したのだ。道チンは、それに反発して、
「我らは王様の家臣として同じように戦っているもの。どうして私がお前の命令を受けなければいけないのだ。私は王様の命令にしか従わん」と、顔を真っ赤にして怒った。
「その王様は、私が日本からお呼びしたのだ。王様の信任を全面的に得ている私が軍の総指揮をとるのは当然のことであろう」と、言うと、道チンは
「さては、お前は百済をのっとるつもりなのだな」と、剣をふりかざそうとしたところを傍らにいた福信の部下に、ばっさり切られてしまった。道チンに従っていた兵士達は血相を変えて、福信に襲い掛かろうとした。福信は、
「お前達は、道チンの部下なのか?それとも百済王の臣下なのか?我らの戦いの目的は百済復興にあることを忘れるな。これから私の支配下に入るのが嫌な者はここから去っていけ。しかし、百済の復興を願うのなら、我の元で一緒に戦おうではないか」と、彼らを説得しに掛かった。道チンの部下達の顔に迷いが見られ、悪態をつきながら、軍を去っていく者もいたが、ほとんどの者は、福信に忠誠を誓った。彼らは、福信を信頼しているわけではなかったが、軍を去った後行くべきところがなかったのである。
 豊璋は、福信の言葉に反発して軍を去った道チンの部下から、道チンが福信に殺されたことを聞き、顔色を失った。どうして、福信は仲間の道チンを殺してしまったのだろうか?権力を一手に収めるためではないか?そうとしか、思えなかった。だからと言って、福信を今咎めたてれば、それは敵軍の思う壺となる。これ以上の内部分裂は避けるべきだと判断した 豊璋は、福信を責めるのはやめようと、噴き上がりそうになる怒りをいったんおさえた。しかし、福信に対する不信感が、この時初めて芽生えた。
道チンがいなくなった後戦況は変わってきて、 豊璋が到着した当初優勢だった百済軍が、どんどん負け始めた。
「唐軍によって、支羅城が陥落しました」
「大山柵が陥落しました」
「沙井柵が陥落しました」
と来る知らせ、来る知らせが全部敗戦の知らせだった。
百済軍は新羅の兵糧の通路をさえぎっていたのだが、新羅と仁軌が一緒になって、関所としていた百済の城を攻略して、新羅の兵糧が唐軍に運ばれるようになり、唐軍の勢いは盛りかえしていった。
劉仁軌の要請で唐の孫仁師の指揮する援軍が、仁軌の軍と合流したのも、百済軍にとって、痛手だった。
百済の陣営では、不穏な空気が流れていた。負け戦に続いて、どうも王様と福信将軍の仲がうまくいっていないようだといううわさが、兵士の間で流れ始めた。
 福信が、「国の政はすべて王様にゆだねます」と誓っていたのに、豊璋の許可も得ずに兵士を動かし始めたのだ。文句を言おうにも、最近は、福信は「病に陥りました」と言って、 豊璋のところに顔を見せなくなった。豊璋の心には、道チンの死によって芽生えた福信に対する不信感が、どんどん膨れ上がっていた。
「自分をないがしろにして、兵隊達に勝手に命令をだしている。病と偽って、我の顔も見に来ぬ。けしからん!」と、憤りを感じていた。そんなおりに、倭国に豊璋を迎えに来た佐平貴智が、 豊璋に驚くべきことを告げた。
「王様。どうやら福信は王様がお見舞いにいらしたときに、王様を待ち構えて、暗殺しようと、企んでいるようです」
 豊璋は、うすうす福信は謀反をたくらんでいるのではないかと心の中で思っていたので、すぐに福信を成敗しなければならぬと、決断した。
「福信を成敗しに行く!」と 豊璋は佐平貴智以下数名の腕の立つ信頼できる部下を連れて、福信が病に伏せているという周留城内にある窟室に向かった。
福信は、王が突然訪れるとは思ってもいなかったので、血相を変えた王が、剣を抜いた部下を連れて現れたときには驚いた。
「この者を引きずり出せ!」という 豊璋の命令で、福信は洞窟から引っ張り出され、掌をやりで打ち抜かれ、あいた穴に皮ひもが通されて、後ろでに縛られた。福信は苦痛で顔をゆがめ、うめき声をあげた。
自分の前にいる福信を、このまま殺してもいいものかどうか、 豊璋に迷いが生じた。それというのも、福信ほど武人として優秀な将軍は百済軍にはいない。彼を殺せば、敵軍を喜ばせるだけだ。しかし、このままほっておくと、敵にやられる前に、この男に自分が殺される。どうすればいいか。自分一人では、決めかねて、一緒に来た部下達の意見を聞いた。
「福信は王である私を暗殺しようとした。この者を斬るべきであろうか?」
 豊璋の問いかけに、すぐに達率徳執得が答えた。
「この謀反人を、許してはいけません」
これを聞いた福信は、憎憎しげに執得をにらむと、つばをはきかけ、
「この腐った犬のようにガンコな奴め」と、ののしった。
 豊璋はそれを見て、たとえここで福信を許したとしても、害にはなっても得るものはないと判断し、
「この者の首を切り、塩漬けにせよ」と、命じた。
死刑はすぐに実行された。福信の首が飛び、血吹雪が散った。これによって、 豊璋は右腕をなくしたことになる。後は頼りになるのは、外国からの援軍である。倭国にすぐに兵を送ってほしいと遣使を送り、高句麗にも助けを求めた。高句麗と百済は、もとをたどれば、建国者が兄弟だったということもあって、新羅に対してよりは、親密感があった。百済は、高句麗を開国した朱豪(チュモン)の妻のソソノ王妃の連れ子によって、建国された国である。豊璋は、敵が押し寄せる前に援軍が来るのを祈るような気持ちで待った。

著作権所有者 久保田満里子
 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

百済の王子(37)

   豊璋が百済に到着したのは662年5月のことだった。船が百済に近づくにしたがって、 豊璋の気持ちは高揚していった。船着場に近づくと、すでに連絡を受けていたのか、福信と福信の部下達の姿が見えた。岸に降り立つと、福信以下兵士達が皆土下座をして 豊璋を出迎えた。
「王様、よくぞ、戻ってきてくださいました。王様が戻られたとなれば、皆の心は一つとなって敵と戦うことができます」と、福信は感激の涙を流した。
 豊璋は、百済復興軍は、福信以外にも道探(どうちん)などがいたはずなのに、出迎え者の中に道深の姿は見えないのを不思議に思った。
「道ちんは、いないのか?」と 豊璋が聞くと、福信は顔をあげ、
「道ちんは、周留城にいて、警護に務めています」と、答えた。
福信は、安曇比羅夫の姿を、 豊璋の後ろに認めると、立って、安曇に近づき、言った。
「安曇殿、またお会いできて、うれしゅうございます。この度の援軍、まことにかたじけない」
「我が大君より、矢10万隻、糸五百斤、綿千斤、布千端、なめし革千張、籾三千石を送るように言われ、持ってきましたぞ」と安曇が言うと、福信は感激の余り、涙を流して、
「かたじけない」と言って、安曇の手を取って握り締めた。これまで物資の調達に困っていたのだろう、福信の部下達も、ひざまづいたまま、頭をたれて、涙した。
 豊璋は、それから、福信に伴われて、復興軍の拠点となっている周留城に向かった。
周留城に到着すると、道チンが出迎えてくれた。そして、すぐに家臣を集めて、王の即位式が行われた。
福信は、
「これより、国のまつりごとは、王様にゆだねます」と 豊璋に誓った。
ここで、 豊璋の支配する百済の首都をどこにするかについて、議論が起こった。それというのも、州柔は、倭国からの援軍をも食べさせるために、食糧不足に陥ったのだ。 豊璋と福信は、食糧難を解決するために、州柔から避城に都を移す必要があるということで、意見が一致した。作戦会議で、 豊璋達は、「州柔は、田畑から遠く、土地もやせているので、農業には適せず、食べ物が手に入りにくい地だ。だから戦闘が続けば、民達は飢え死にしてしまう。民の飢え死にを避けるためには、農耕のできる避城に首都を移す必要がある。避城は、水も豊富でかんがい施設も整っているので、農耕に適している。だから、食糧の豊富な避城に都を移す必要があると思う」と言った。それに対して、倭人の軍将たち狭井連、朴市田来津が反対の声をあげた。
朴市田来津は、
「避城と敵の間の距離は余りにも近く、一夜で行けます。もし、何かあれば、後で後悔してもしかたありません。そんなにたやすく攻撃されるところに都を移せば、飢える前に、われわれが滅ぼされましょう。今敵が襲ってこないのは、州柔は山が険しく、防備しやすいからです。山が高く、谷が水で溢れていれば、守り易く、敵も攻めにくいのです。もし避城に移れば、守ることが難しくなるでしょう」と、主張したが、長期戦を予測している 豊璋達は耳を貸さなかった。そして百済の軍は、避城に移動した。
移動がすむと、福信は、
「 豊璋様が百済王として即位され、倭国よりお戻りになった。今こそ、百済の国を復興するためにたちが上がるのだと、皆の者に触れて回れ!」と、伝令を各地に送った。
そのあと、西の地から、北の地から、福信と道チンの呼びかけに呼応して、志願兵がどんどん集まってきた。
勢いづいた福信は、
「今こそ、江東の地を取り返すときです」と 豊璋に進言して、集まった兵を連れて、熊津に向かった。熊津には、唐軍が千人駐屯しており、福信達の軍に応戦したが、大敗し、唐軍で生き残った者は一人もいなかった。 豊璋は、全勝の報告を受けて、心が躍った。
「福信、よくやった」
福信と組めば、百済を復興するのも夢ではないと、 豊璋は確信した。
しかしながら、負けた唐軍もそのまま引き下がらなかった。すぐに新羅に援軍を送るように要請したのだ。それを知った 豊璋は、
「新羅が襲ってくる!」と、周留城の守りを固くさせ、固唾を飲んで、新羅の攻撃を待った。しかし、実際に現れた敵を見ると、その数の少なさに、拍子抜けした。新羅は唐軍の要請を受けて援軍を送ろうとしたが、折り悪く、疫病が蔓延してその対応に追われていた。そのため、送った兵の数はたった500人だったのだ。
少人数の敵だと分かると、 豊璋達は、守るよりも攻めるほうを選び、周留城から兵を送り出して、新羅軍を蹴散らした。新羅軍は多くの戦死者を出して、退却した。
「百済の復興軍が、唐軍も新羅軍も蹴散らした」というニュースはたちまち百済全土に広がり、一旦降伏していた南部の城の者達が一斉に唐・新羅連合軍に反旗を翻した。
「王様、南の城もわが軍につきましたぞ」と、福信からの報告を聞くたび、 豊璋は、「でかした!」と叫び、福信に杯を渡し、酒をふるまった。
今のところ、 豊璋が戦場に出て行くことはないが、いずれは戦場にでなければいけないだろうと思うと、城の中で無為に過ごす気にはなれず、福信が兵士を連れて出陣した後は、臣下を相手に弓や剣の練習をした。生きるか死ぬかの状況にさらされている今、セーラのことを思い出すことはほとんどなくなった。ただ時折、月を眺めると、
「私の家族は今の月を見てはいないのです」と言ったセーラの悲しげな言葉が思い出された。セーラの行方がいまだに分からないところを見ると、もう自分のいた未来の世界に帰って行ったのかも知れない。もしそうだとしたら、月にさえも接点がないと言う事になる。月を眺めるとき、セーラとは何もつながりが無くなったのかと思うと、恋しさに、息苦しくなった。

著作権所有者:久保田満里子

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

7 / 7days -Tasmania-
3カ月でオーストラリアを1周する方法 【タスマニア編】
Victoria Monsoon News
East Gippslandのリゾート地
MELアーティストの"卵"が集うギャラリー
『Sleep & Wake』展示会、6月3日まで開催中
53-56 / 87days -ただいま!-
3カ月でオーストラリアを1周する方法
子どもと行くメルボルン @Fitzroy Gardens
カメラを持って出掛けたい♪

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!