Logo for novels

私のソウルメイト(39)

「ええ、そうです。私は夫のいる身で、夫に対して不満があるわけでもないのに、毎日毎日あなたのことを考えない日はなかったのです。どうして私はこんなにあなたに惹かれるのだろうと不思議でならなかったのです」
「なんだか、その理由が分かったという口ぶりだけど、その理由が分かったの?」
「ええ、分かったのです。でも、こんなことを言うと、あなたはきっと私が気が狂っているのだと思われるでしょう」
ロビンは好奇心を起こしたようだ。
「へえ。それは是非聞いてみたいな」
「笑わないでくださいね」
「君が真剣だと言う事が分かるから、笑わないよ」
「ロビンさんは、ソウルメイトって、信じますか?」
「ソウルメイト?」
「ええ。運命の人です」
「それはどうかなあ。僕は死んだ妻が僕の運命の人だと思ったけれど、あっさり死んじゃったしね」
「そうですか」
「で、君は僕が君のソウルメイトだと言いたいの?」
「そうです」
私はロビンの目をじっと見て答えた。ロビンは私の強い眼差しに少しうろたえたようで、視線をはずした。
「僕も、君を見た時から、気の合いそうな人だなと、好意を持っていたけれど、ソウルメイトだといわれると、おい、ちょっと待てくれよって言いたくなるね」
ここで、注文した品が運ばれてきて、話が中断した。
私は次に何と言ったらいいのか、言葉に詰って次の言葉を捜しながら、黙々と前菜として出された刺身を食べた。少しレモンとしょうがをたらしてあるようで、しょうゆとわさびだけの伝統的な刺身とはちょっと一味違うようであった。
次に口を切ったのは刺身を食べ終えたロビンだった。
「で、何を根拠にそんなことを思ったのかね」
「退行催眠ってご存知ですか?」
「退行催眠?それは催眠の一種?」
「ええ、そうです。だんだん年を逆戻りさせる催眠なんです」
「へえ、おもしろそうだな」
「実はブライアン・ワイスというアメリカの精神科医の話を読んで、退行催眠を受けることにしたんです」
そして、私はブライアン・ワイスの本の内容を説明した。
「過去世ねえ」
「信じます?」
「分からないねえ」
「そうですよね。私だって今でも全くの思い違いをしているのではないかと思うことがあるのですから、初めて聞く人にとっては、違和感を感じるのは当たり前ですよね」
「それで、君の過去世に僕がでてきたの?」
私は黙って、大きくうなずいた。
「で、君と僕は、どういう関係だったの?」
「私が見たのは二つの過去世だけなんですが」
「そんなに過去世っていくつもあるものなの?」
「そうみたいです。最初に見た過去世ではイギリスに住んでいて、あなたは大きな領主の息子で、私はそこで働いていたメイドだったんです」
ロビンはニヤッとした。
「そこで私達は恋に落ちて、私はあなたの子供を身ごもってしまうのです」
ロビンの目が驚きで見開いた。
「そこで、あなたのお父様は私を友人の領主のところで働く馬の飼育係の男と無理やり結婚させて、二人の仲を引き裂いたのです」
「それじゃあ、君は僕を恨んでいるだろうな」と、ロビンは苦笑いをした。
それにつられて私も笑った。
「その時、双子の子供が生まれたのですが、一人が今の私の娘で、もう一人は娘の恋人だったんです」
「ふうん」と、ロビンは感慨深げに言った。
「それでは、その過去世では、君は今の君のご主人とはどんな関係だったの?」
「それは、私と無理やり結婚させられた馬の飼育係の男だったのです」
「それじゃあ、君の今のご主人がソウルメイトだっていうことも言えるね」
「そうです。だから私もその過去世を見ただけの時は、あなたとの縁はそれほど深くなかったと思ったのです。でも、もう一つの過去世では、ちょっと違っていました」
ロビンは段々好奇心が募ってきたようで、身を乗り出して聞き始めた。
「その過去世では私たちは昔の日本に住んでいました。侍が支配していたころの日本です」
「僕は侍だったの?」
私は苦笑いをして答えた。
「いいえ。私は男の百姓で、あなたは私の妻だったのです」
この話はロビンには意外だった様で、しばらく黙っていた。
「それで、今のご主人とはどういう関係だったの?」
「主人は、私の父親でした」
「ふうん」
ロビンは下を向いて、考え込んだ。
二人は、次に運ばれてきた和え物を箸でつっつきながら、しばらく黙っていた。
そして、やっとロビンは口を開いた。
「もし君と僕がソウルメイトだったとして、君は僕に何をしてほしいの?」
私も実はその質問には答えられなかった。一体私はロビンに何をしてほしいのだろう?
「実は私にも、分からないのです。あなたと一緒にいれたら、どんなに嬉しいことだろうと思う反面、今のアーロンとの結婚生活を壊したくもないのです」
「欲張りなんだな」とロビンは苦笑いをした。
「ただ、二つの過去世では、いつもあなたを恋しいと思いながら死んでいったんです。だから今生でも、あなたを恋しいと思いながら死ぬのはつらいので、今あなたに私の気持ちを伝えなければと思ったのです。そしてあなたの気持ちを聞いておきたかったのです」
私は今まで彼に伝えたかったことを全部伝え、さわやかな気持ちになったが、今度はロビンの方が考え込んでしまっていた。
「僕は、君が僕に好意をもっていてくれることは気づいていたけれど、そこまで僕を慕ってくれるとは思わなかったよ。それに正直、僕は君に対して、そんなに強い思いはもっていないよ。ただ、傍にいて、ほっとする人だとは思っているけれど」
「私も、そうだろうと思っていました。あなたが私が思うほどには私のことを思うことはないだろうって。でも、これで私の気持ちはすっきりしました。今生では、あなたとは余り縁がないと言うことが分かって。いつもあなたは私のことをどう思っているのだろうかと考え続けていましたから」
「僕は妻子を交通事故で亡くして、余りのショックで、人を愛することが怖くなったんだよ。だから、僕の全エネルギーを仕事につぎ込んで、仕事が僕の生きがいになったんだ。去年母をなくして、仕事中毒がますますひどくなったようだ」
ロビンはそういってワイングラスを口に運んだ。
メインコースも終わり、最後に違った形と色の3つの小さなケーキがのった皿が運ばれてきた。ケーキを口に入れると、甘さが口の中を広がって溶けていく。その感触を楽しみながら、黙々とケーキを食べ終わった。ロビンもまた黙ったままだった。
ウエイトレスに「会計をお願いします」と言うと、ロビンが慌てたように
「今日は僕がごちそうするよ」と言ってくれた。
「それではお言葉に甘えて、ご馳走になります。また今日は、お時間を取っていただいてありがとうございました」
ぴょこんとお辞儀をすると、私はテーブルから立ち上がった。
ロビンはどう答えたらいいか分からない風で「じゃあ、また」と言った。
ロビンを残してレストランを出ると、夜の冷たい空気が顔に当たった。夜の街はもう人通りもなく、自分のハイヒールのコツコツという音だけがさびしく響いて聞こえた。私の頬から涙が流れ落ち出した。悲しい気持ちと同時に、「これで、もう彼のことを悩まなくてもいいんだ」と言うすっきりした気持ちもした。しかしすっきりしたと思うことによって心の痛みを軽くしようとする、けなげな努力をしている自分を感じた。
 車の運転席に座った私は涙をぬぐい、「これでよかったのよ」と声に出して言い、車のエンジンをかけてうちに向かった。

著作権所有者:久保田満里子


マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(38)

 京子のアパートに帰る道々、これはロビンと会って話し合うなんていう状況ではなくなってきたなと、思い始めた。案の定京子は
「もとこさん、悪いけど、私明日はあなたとロビンが会うのに、お付き合いできないわ」と言い始めた。彼女の言うことはもっともである。
「うん。こういう状況だと、あなたも人のことに構っている場合ではないもんね。私はロビンのことは自分の問題だから、自分で解決するから心配しないで」と言ったものの、心細さはぬぐいきれなかった。
「ケビンのことは調査報告書が来たところで対策を練りましょ。大丈夫よ。心配しないで」と言うと、
「あいつの弱みをこちらもつかめればいいんだけど」と心もとなさそうだった。
そして
「明日は私、アパートに泊まる気だったけど、もうその気がしなくなっちゃったわ。アパートの合鍵、貸してあげるから、明日の晩は自由に使って」と言って、合鍵を貸してくれた。
 その日は京子を私の車でうちに送っていった。
 私はその晩京子がアパートに泊まらないのなら、金曜日はロビンに会った後、自分のうちに帰ったほうがいいような気がしてきた。アーロンも出張でうちにいないし、ダイアナもエミリーのうちに泊まるようなことを言っていた。京子がうちにいることにしたのなら、ダイアナに京子が私と一緒でないことはすぐばれてしまう。だが、ダイアナにはうちにいたと言っても、わからないのだから、どちらでもいいような気もする。まあ、その場で決めればいいと、くよくよ思い悩むことはやめた。
 金曜日が来て、朝からそわそわしてしまった。アーロンもダイアナも出かけた後、今晩着て行く服の物色を始めた。鏡の前で色々な服を出しては、顔に当ててみて、慎重に選んだ。結局黒い膝下までの丈のワンピースを着て胸元をきらきら光るネックレスをつけることにした。これに黒いショールを羽織れば、結構シックに見える。
 8時の待ち合わせの時間に15分も早くついたので、車の中で15分CDを聞いて、時間をつぶした。8時きっかりに駐車場を出て、「すき焼きハウス」に行くと、ロビンは先に来ていた。
 「すみません。おくれっちゃって」と頭を下げながら行くと
「いや、僕も今来たところだよ。何を飲む?」と聞かれた。
「今日は車で来たので、ジュースにしておきます」と言うと
「僕も車で来たけど、ワインが飲みたいな。そうだ。日本で飲んだ酒、結構おいしかったから、日本酒にしようかな」と言って、通りかかったウエイトレスに注文した。ここはさすがに高級日本料理店だけあって、ウエイトレスは皆着物を着ている。私がよく行く「みっちゃん」は、中国人の経営で、ウエートレスも中国人ばかりなのだが、ここのウエートレスは皆日本人のようであった。
「僕は日本料理のことは分からないけど、このシェフのお勧めコースというのでいいかな」と言うので、「勿論それで結構です」と言うと、それを二人分注文してくれた。日本酒が運ばれてきて、二人で乾杯をした。
ロビンはお酒を一気に飲んで、おちょこをテーブルの上に置くと、
「君の話ってなんだい?」と聞いてきた。
私は素面でこんな話をするのは、ためらわれたが、このチャンスを逃したら、もう2度とロビンに自分の思いを伝える機会はないと思い、思い切って言った。
「実は、私はあなたを初めて見た時から、あなたの存在が気になって仕方なかったんです」
ロビンがどう反応するか、恐ろしく、下を向いて言ったが、その後意を決して顔を上げると、ロビンがニコニコしているのを見て、ほっと安心をした。
「それは、光栄だね」と言ってくれた。
「失礼ですが、ロビンさんは、一度も結婚されたことはないのですか?」
ロビンの目が急に宙に浮いた。悪いことを聞いてしまったかなと後悔の念が沸き起こってきたとき
「一度結婚したことがあるよ」と言う答えが戻ってきた。
「そうですか。離婚されたんですか?」
オーストラリアでは3組に1組が離婚をすると言われているので、当然の質問だった。
「いや、そうじゃない。子供も二人いたけれど、交通事故でいっぺんに家族を失ったんだ」
私は一瞬息を呑んでしまった。
「いや、君に同情してもらう必要はないよ」とロビンは言った。
私は彼のこういう優しい気遣いに心を惹かれたのだと、改めて思った。
「なんと言ってよいのか分かりません」素直な気持ちを言った。
「それで、君は僕が好きだというために、僕を呼び出したの?」
また優しい目に戻ったロビンが聞いてきた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

私のソウルメイト(37)

 アパートに着くと、京子が待ちかねたように、すぐに部屋に迎え入れてくれた。そのただ事ならぬ様子に、私はソファーに腰を下ろす前に何かあったのかと聞いた。
 すると、寝室に引っ込んだ京子は、手にA4サイズの大きな封筒を持って戻ってきて、黙って私の方に差し出した。私も黙って受け取って、中身を出してみた。見ると、A4大の写真が入っていた。それにはしわくちゃになったシーツのうえに寝ている一糸もまとわぬ京子が写っていた。京子はほっそりしていて余分な肉はついていないが、余り女らしいカーブはなく、中性的な感じだが、それでも、一目で情事のあとと分かる写真は、エロティックに見えた。
「一体、どういうこと?」と言う私に、京子は屈辱で怒りを抑えきれない声で
「ケビンの奴、私を脅迫してきたのよ」と答えた。
「ちょっと、事情が飲み込めないわ。もっと詳しく説明してくれない」
「今朝、郵便受けにこれが入っていたのよ。私個人に対する郵便物はみな私書箱にいくことになっているから、誰かがわざわざ私の郵便受けに入れたんだと分かったんだけど、封筒にこの写真と脅迫状が入っていたのよ。10万ドルよこせ、さもないとこの写真をお前の亭主に送りつけてやるっていう文面だったわ」
「この写真、いつ撮られたの?それにどうしてケビンがロベルトのことを知っているの?あなたぺらぺらあの男に自分のことしゃべったの?」
「まさか、そんなことする訳ないじゃない。きっと探偵かなんか使って調べたんじゃない?こんな写真いつ撮られたかさっぱり記憶にないんだけれど、ケビンとベッドインした日、私も酔っていたから、うつらうつらしたようだから、きっとその時撮られたんだと思うわ」
「で、10万ドル渡す気?」
「それを思案しているところなの。今の私には10万ドルくらい、なんとでもなるから」
私はきっぱりとした声で
「それは、やめなさいよ。こんな人、一回だけで脅迫をやめると思う?あなたがお金を出せると分かったら、一回ではすまないわよ」
「じゃあ、どうすればいいと思う?」
京子は涙声になっていた。
私もどうこたえて言いか分からず、部屋の中を、檻に入れられた熊のように、ぐるぐる歩き始めた。
「ねえ、あなたはケビンについてどんなことを知っているの?」
「独身で銀行勤めで、そしてこのアパートの住民ってことくらい」
「向こうは随分あなたについて調べているようだから、こちらもケビンのことを調べたらどう?向こうだって、何か弱みを持っているかもしれないわ。もしかしたら、脅迫するのはあなたが初めてではないってことも考えられるわ」
「そうね。あんなハンサムな人が、私のようなおばさんに興味をもつなんてちょっと不思議だったんだけど、やっぱり罠だったのね」
「情報を多く持っているほうが勝ちよ」
いつもは京子に主導権を握られている私も、このときばかりは京子のために一肌ぬがなければいけない気持ちになっていた。
「向こうは、期限付きでお金を請求してきているの?」
「1週間後って言ってきているわ」
「それじゃあ、急がなくちゃ。イエローページ、貸して。探偵事務所を探してみるわ」
京子が手渡してくれたイエローページを見ると、この近くだけでも12軒ある。「どれがいいのか分からないけれど、最初に名前が載っている『メルボルン探偵事務所』と言うのに、電話してみようか?」と京子に聞くと、
「私も探偵事務所なんて今までお世話になったことないから、どれがいいのか分からないから、どこでもいいわ」と、元気なく答える。
「じゃあ、ここに電話してみましょ」と、私はすぐに自分の携帯を使って電話した。
「至急、人物調査をしていただきたいのですが、できますか?」
「そうですか。調べていただきたいのは、その人物の財政状況と交際相手、行動範囲などをお願いしたいのですが、遅くとも4日ぐらいで調査報告をいただきたいのですが、できます?経費はどのくらいになりますか?はあ、日当300ドルプラス実費ですね。それじゃあ、1000ドルくらい見積もっておけばいいわけですね。分かりました。それじゃあ、今からそちらに伺います」
私は、探偵事務所の所在地を聞いて、電話を切った。
「さあ、すぐ行って見ましょうよ」と、ぼんやりしている京子をせっついて、「メルボルン探偵事務所」を二人で訪ねていった。
探偵事務所はビルの2階にあり、よく見なければ見落としそうな小さな所だった。
「メルボルン探偵事務所」とガラスに書いてある字を確かめて、そのガラス戸を押して中に入った。私たちを迎えてくれたのは、背が低い、がっちりした感じの坊主頭をした40代くらいの白人の男だった。柔道の黒帯を持っていそうな雰囲気の男だった。
 男は、私たち二人を使い古した、余りきれいだとはいえないような接待用のソファーに座らせると、
「どんなご依頼でしょうか?」と単刀直入に聞いてきた。
「人物調査をお願いしたいのですが」
「調査してほしい人の名前は?」
「ケビン・スミスです」
「住所は?」
「3の500のフリンダーズ・レーン、メルボルンです」
「職業はご存知ですか?」
「ビクトリア銀行のファイナンシャル・アドバイサーだと聞いていますが、本当かどうか分かりません」
「どんなことをお知りになりたいのですか?」
「彼の財政状況、行動範囲、交際相手を主に調べてほしいのですが、そのほか奇妙だと思われる行動があったら報告してほしいのですが」
「つまり、尾行をしてほしいということですか?」
「そうです」
「尾行だと、一人ではできないので、二人分の日当を払っていただかなければいけませんが、それでもいいですか?」
「かまいません」
考えてみれば、まるで私が依頼人のように探偵事務所の職員と話しており、京子は私の傍で黙って私たちの会話を聞いているだけだった。借りてきた猫みたいに、おとなしい京子を見るのは、私にとって初めてだった。
「京子さん、何かほかにつけ加えること、ある?」と京子に向かって聞くと、
「それだけだと思うわ」と京子はこの事務所に入って初めて力なく答えた。
「それじゃあ、来週の月曜日には報告書をお送りします」と言われ、探偵事務所を後にした。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

+1 day - Tasmania - 旅客機を目の当りに出来るスポット
超ローカルな情報を追記
ダンデノン丘陵
7月のクリスマスを五感で味わう!!!!!
第47回「挨拶の行く末」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
子どもと行くメルボルン@BUNDOORA PARK
メルボルン最高峰で見つけたサイコーな公園!
子どもと行くメルボルン @Alice's Wonderland
屋内の人気スポット✩

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!