Logo for novels

透明人間(4)

里香の不安は現実のものとなった。今日は姿が見えるかしらと、毎朝目が覚めるとすぐにスコットの寝ているほうを見るのだが、スコットの姿が見えない日が続き、スコットも里香も、あせりを感じ始めた。スコットが透明人間になってから、一週間が経ち、それが2週間になり、一ヶ月もたつと、二人の焦りは、絶望となってきた。この一ヶ月、スコットは誰とも会うことができず、結局は一ヶ月学校を休み、辞職せざるを得ない状況に立たされた。

「透明人間でも、できる仕事って何だろう?」スコットの問いに、里香は考えてみた。

「魔術師のアシスタントなんかできるんじゃない?宙に物を浮かせるとか、物を移動させるとか」

「そんなの、普通の魔術師でも、透明人間の手を借りなくてもやっているよ」

ため息交じりのスコットの声が戻ってきた。

「じゃあ、スパイ?透明人間ってスパイにもってこいじゃない。姿が見えないのだから、盗聴することなんて朝飯前でしょ」

「スパイねえ」

スコットはスパイになるのは気が進まないようで、気のない返事がもどってきた。

「そうだ!」

急にスコットが大きな声をあげた。何かいいアイデアが浮かんだようである。

「カジノで一儲けできるかもしれないぞ」

「どうやって?」

「ポーカーをするときに、他の人の手を見て、君に知らせるからさ、それで賭けるか賭けないか判断すれば、大もうけできるぞ」

「それって、私がポーカーをするって言う意味?」

「勿論そうだよ。ほかに誰がいるんだ?」

「そんないかさまをやって、ばれたときは、どうするの?全面的に私に罪がかかってくるってことじゃない。袋たたきにされるのが、落ちだわ。そんなのごめんよ」

「オーストラリアのカジノって、やくざがやっているわけじゃないから、袋たたきにはされないよ」

「ともかく、そんな危険なことをするのは、ごめんです」

なかなか二人の話はまとまらない。

結局、よく小説にでてくるように、スパイになるってことで話が落ち着いた。

「でも、スパイって、ばれたら殺されることもあるって覚悟しなくちゃいけないんだろ?」といつまでも渋っていたスコットを、里香が説得したのだ。

「じゃあ、何をする気なの?」

スコットは、カジノのいかさまで危険なことをするのはいやだと言っておきながら、自分には命が危険になる仕事をしろという里香の言い分は身勝手だとは怒ったものの、ほかにスコットができそうな仕事は思いあたらず、里香の質問には答えられなかった。

オーストラリアの諜報機関と言えば、ASIOと呼ばれる機関だが、アメリカのCIAとかFBIなどのように、怖いとかカッコいいとか、そういうイメージはまったくなく、影の薄い存在だ。ASIOのウエブサイトを見ると、採用されたら首都のキャンベラで6ヶ月のトレーニングのあと、どこに赴任されるか分からないと書かれていた。スコットの場合は特殊な事情なので、直接交渉をする必要がある。ともかくASIOに直接行って、交渉してみようということになった。里香も付き添いで一緒にキャンベラに行こうと思ったが、里香が一緒に行っても、なんのメリットもない。スコットが透明人間になって行けば、航空費だって浮く。厳しい経済状況なので、お金を節約するため、里香はメルボルンに残ることになった。

里香はスコットを空港まで見送り、スコットをおろしてからすぐに家に帰ってきた。その晩、スコットから「採用されたよ」と、嬉しそうな声で電話がかかってきた。「それじゃあ、6ヶ月のトレーニングがキャンベラであるのなら、私もキャンベラに引越ししたほうがいいわね」と言うと、「それが、僕には特殊な任務が与えられることになって、どこかに赴任されるのは、そんなに時間がかからないということから、里香はそのままメルボルンで待っていてくれよ」

「じゃあ、単身赴任ということになるの」

里香は予想もしていなかった展開に戸惑った。

「そうなるね。3ヶ月後に3週間休暇をくれるって言ってるから、3ヵ月後には帰ってくるから心配しなくていいよ」

あんなにスパイはいやだと言っていたスコットなのに、電話で聞く声は別人のように、張り切っているように聞こえた。きっとASIOで、おだてられたに違いない。

「3ヶ月も待たなければいけないの?」

「給料は、二人の口座に振り込んでくれるって言うから、君は食べるのに困らないはずだ」

里香の経済的なことを心配してくれるのはありがたかったが、スコットが3ヶ月も家にいなくなるのは、里香としては、心細くて仕方なかった。

「どこにいるかだけでも、知らせてよ。心細くて仕方ないわ」と言うと、

「それが、赴任先は誰にも言ってはいけない規則になっているんだよ」

「それじゃあ、私が死んでも、知らせることができないってわけ?」

里香の声がとんがってきた。

「そんな時は、ASIOに連絡してくれれば、ASIOから僕に伝達してくれるよ」

結局、今度は里香のほうがスコットに説得される形になって、スコットがASIOに任務を与えられて、どこかに行ってしまうことになった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

透明人間(3)

お面を売っている店は、すぐに見つかった。

店の中に入ると、いろんなお面が陳列されていた。ドラキュラやスパイダーマンなど、映画やテレビで出てくるキャラクターのお面が多かった。きっと仮装パーティーなどのときにつけていくのだろう。普通の顔をしたお面というのは意外に少なかった。里香が見ていると、里香の手を誰かがひっぱる。スコットだ。スコットに引っ張られて里香の手がとまったところには、ハンサムな男のお面があった。トムクルーズに似ている。スコットがこのお面を気に入ったようだが、サイズが合うかどうか分からない。お面を持って、試着室に入ろうとすると、店員に呼び止められた。

「お面を試されるのでしたら、ここに鏡がありますから、ここの鏡でみてください」といわれた。確かにお面を試すのに、試着室に入るのはおかしい。でも店員の前でスコットに試させたら、それこそお面が宙に浮いて、店員が腰を抜かすのは間違いない。

とっさに里香は、目の前にある、衣装を手に取り、「これを試着したいの。いいでしょ?」と言って、試着室に入った。店員は何となく里香が万引きをするのではないかと疑っているようである。確かに女王陛下の代理たるヘイドン総督の奥さんが万引きをすることもあるくらいだから、里香のように普通の20代のアジア人の女が万引きするのを疑う気も分からなくはない。

 試着室のカーテンを閉めると、狭い空間にいるせいか、スコットの体温がそばで感じられる。小声で、「スコット、ちょっとかぶってみなさいよ」と言うと、お面が里香の手を離れ、里香の頭の上に浮かんだ。スコットは里香の頭の丈だけ背が高いのだ。すると、「ちょうどいいみたい」と、耳元でスコットの声がした。

まだなんだか疑っているような店員から、お面を買い、店を出ると、里香は少しほっとした。透明人間と買い物に来るだけで、こんなに気を使うなんて、今まで想像したことがなかった。

家に帰ると、すぐにスコットがお面をつけてみた。目が細くて、頬骨が張っていて、ハンサムとはいえないスコットの顔が、眉毛が太く、精悍な感じの男らしい顔に変身した。スコットは、このお面が気に入ったようで、長い間鏡の前に立って眺めていた。

その翌日からスコットは外出するときは、そのお面をかぶり、コートを着て手袋をして外出するようになった。スコットが外出した後、、里香のアパートの一階に住んでいるパトリシアというアパートの住民の動向に異常に関心を持っている70代のおばあさんが、里香を訪ねてきた。

呼び鈴に、玄関のドアを開けた里香は、パトリシアが外にたたずんでいるので、何事かと思った。

「里香、あなたご主人と離婚したの?」

「え?そんなことありませんけど…」

「じゃあ、今さっきあなたのアパートから出て行った男の人は誰なの?」

そういわれて里香がパトリシアが誤解をしていることに気づいたが、どう説明すればいいか分からず、ぐっと詰まってしまった。

「まあ、離婚をして、新しいボーイフレンドを作るのは、あなたの自由だけどね、もしまだ離婚していないのなら、新しいボーイフレンドを家に引き入れるのは、やめなさいよ」と、いかにも自分は正義の人で、不道徳な人間は我慢がならないというふうに言った。

大きなお世話よといいたいところだが、余り変なうわさを広められたら迷惑だと思い、里香はしおらしく、

「うちはうまくいっていますから、ご心配なく。何か問題が起こったら、パトリシアさんに相談しますから、そのときはよろしくお願いします」と言った。

パトリシアは里香の殊勝な態度に気を取り直したようで、

「いつでも相談にのってあげるわよ」と嬉しそうに言って、帰って行った。

パトリシアが帰っていく後姿を見ながら、里香はスコットがお面をつけなければいけない状態がいつまで続くのかしらと、不安に襲われた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

透明人間(2)

スコットは透明人間になっても、おなかはすくようで、朝ごはんをいつものように食べた。一緒に朝ごはんを食べながら、

「お医者さんに行って、相談してみたほうがいいんじゃないかしら」と、里香は言ってみたものの、お医者さんだって、透明人間なんて診察できないだろうし、これが一種の病気なのかどうかさえ、分からないだろう。

「透明人間に関する情報を収集しなければ」というと、スコットはすぐにインターネットで透明人間に関する情報を集め始めた。

ウイキペディアを見ると、次のような情報が載っていた。

 

「透明人間は体が全く見えず、その体を透かして向こう側の景色を見ることができる。そこにいてもわからないが、感触では確認できる。SFや怪奇小説などで繰り返し用いられているテーマである。その特殊性から悪役として登場する事が多いが、主人公や正義の味方として活躍する作品もある。透明であることを隠すため、包帯で顔をぐるぐる巻きにし、しばしば目にはサングラスをかけているというのが、もっとも典型的な姿である。H.G.ウエルズの透明人間は、薬を飲んで透明になった。また、タバコを吸えば、煙が気管を通るのが見えたという。これは、どうやら肉体が変化して空気と屈折率が等しくなった状態であると推測される。しかし肉体が完全に透明になると、眼球の水晶体や網膜なども透明となる。理論上は眼から入る光が網膜上に像を結ぶことが不可能になるため、透明人間は視覚が全く無いと考察されている。それを考慮してか作中では透明になった後、鏡で姿を確認したところ目があった部分に虹色の「物体」が浮かんでいるとされている。もっとも、可視波長で透明であっても、体温がある限り熱の輻射があるため、赤外線で観測すれば透明人間というより、「人型の発光体」として写ることになる。不可視化する技法として現実に研究されているのは、体表面での反射を工夫し存在感を隠す光学迷彩という手法である。近年、アメリカ軍が未来の軍隊に装備させるためにナノテクノロジーを応用した透明になる兵隊服をマサチューセッツ工科大学(MIT)に依頼した。2003年に東京大学において、背後の風景を投射することで光学迷彩を実現するコートを発表した」

 

スコットは、透明人間なんて、架空のことだと思っていた考えが、ウィペディアを読  んで、びっくりしてしまった。

「里香、これ、読んでごらんよ。透明人間にするコートを東京大学で開発したんだって。知っていた?」

 里香はスコットに進められてウイキぺディアを読んで、隠れ蓑のようなコートが発明されているなんて 初めて知って、スコット同様驚いた。確かに軍事的には透明なほうが有利に決まっている。敵が透明だと、標的が定まらないだろう。

「ねえ、透明人間って、スパイになると随分有利だと思わない?盗聴なんて、自由にできるんじゃない?」

スコットは、少しむくれたようで、

「他人事だと思って面白がるのは、やめてくれよ。これからずっと透明人間になっていたら、教師の仕事を続けられなくて、収入の道が絶たれる訳だから、君が仕事にいかなくっちゃいけなくなるんだぞ」と脅かすように言った。

里香もそう言われると、ちょっとスコットをからかいすぎたかなと反省した。

「ごめんなさい。でも実際問題として、当分透明人間の状態が続くとなると、あなたに毎日私の化粧を使われては化粧代がかかって仕方ないから、お面を買ったほうがいいわね」

「お面?」

「そう、よく映画撮影なんかで使われているやつ。よくできていると思わない?あんなのがあれば、いちいちお化粧したり、包帯を巻いたりしなくてすむでしょ?」

「そうだなあ」

スコットは化粧をすることに抵抗もあったので、すぐに里香の提案に賛成した。

そこで、お面を買いに二人で出かけることにしたものの、スコットがどんな格好をすべきかで、里香とスコットの間に議論が起こった。スコットは鏡で自分の姿を眺めて、「こんな格好じゃでかけられないよ」と言い出したからだ。結局、透明人間のままでいくことにした。サングラスをはずし、かつらを脱ぎ、服を脱ぎ、化粧を落とすと、スコットの体は完全に消えてしまった。駅までの運転は里香がした。運転席に誰も見えないのに車が動くというのは、誰かに見られたら大騒動になるだろうということは容易に想像できる。スリラー小説で無人の霊柩車が走っているという場面があったことを里香は思い出した。想像するだけで、鳥肌が立った。

 駅を降りて、改札口を通るとき、里香は自分の切符だけを買った。姿が見えないスコットの切符まで買う必要がないと思ったからだ。

電車に乗るとラッシュアワーを過ぎていたせいか、比較的空席があったので、スコットがどこにいるのか分からないまま、里香はドアのそばの席に腰をかけた。乗って二つ目の駅を電車が出発したあと、コートを着た、大柄な検査官が二人、乗客の切符を調べるために車両に入ってきた。一瞬、里香はギクッとなったが、スコットは誰にも見えないので、大丈夫だと自分に言い聞かせた。

 検査官が里香の前に立ちはだかって「切符を見せてください」と言うので、里香は切符を出して渡した。検査官が切符の日付を確認した後、里香に切符を渡そうとすると、切符が検査官の手から、まるで風に吹かれたように、飛んで行った。それを見て、里香はドッキリした。スコットのいたずらだとすぐに分かったからだ。検査官は、飛んで行く切符を見て、びっくりしたようだ。口を開けて、ぽかんとして、飛んでいく切符を見ている。里香は慌てて、空中に浮き上がった切符を、つかんだ。実際にはスコットの手からひったくったのだが。里香は検査官にスコットのやったことを悟られまいと、にっこりと検査官に笑いかけた。検査官は不思議そうな顔をしながらも、次の乗客に移って行った。里香は、ほっとすると共に、スコットを蹴っ飛ばしてやりたいくらい猛烈に腹を立てたが、どこにいるか見えないスコットを蹴飛ばすわけにもいかず、自分の怒りを抑え、むっつりと座っているほかなかった。

電車を降り、周りに人がいなくなったところで、

「どうして、あんなことをしたのよ」と怒った声で言うと、スコットの声がそばで聞こえた。

「切符を取り上げたときの、検査官の顔を見たか?びっくりしていたよな」と言い、愉快そうに笑った。

里香はとてもじゃないけれど、一緒に笑う気分になれず、

「私、ずっと見つからないかと冷や冷やしていたのよ」と、文句を言った。その後、スコットの「ごめん」というささやくような声が聞こえたが、大して反省しているようには聞こえなかった。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

透明人間(1)

 朝、目覚まし時計の音で起こされた里香は、隣に寝ている夫のスコットのほうを見て、びっくり仰天して、ベッドから転がり落ちてしまった。落ちた時に、肩をベッドサイドテーブルの角でぶつけ、余りの痛さに「いたたた!」と言いながら、肩をさすった。すると、「大丈夫か?」と夫の声が聞こえ、声がするほうを見ると、誰もいない。里香がびっくりした原因は、夫の側の布団は夫の体で盛り上がって見えるのに、頭がなかったからである。おっかなびっくり、「スコット、そこにいるの?」とささやくように聞く里香に、「変なことを言うなよ。勿論僕はここにいるじゃないか」ととりたてて慌てた様子もない夫の声が返ってくる。そろりそろりとスコットの声のするほうに手を伸ばしすと、スコットの毛深い腕の感触が手に伝わってきた。でも、見えない。

「もしかしたら、スコット、あなた透明人間になったの?」

里香の問いに、ケタケタとスコットの笑い声が聞こえた。

「僕が透明人間になったって?馬鹿なことを言うなよ」

そういうと布団がめくれたのだが、里香にはスコットの姿が見えない。どうやら布団から出たようなのだけは、分かる。

「スコット。あなた、本当に透明人間になったみたいよ。私にはあなたの姿がちっとも見えないんだもの。私の言うことを信じられないのだったら、自分で風呂場の鏡を見たら?」

それからしばらくすると、風呂場のほうからスコットの叫び声がした。

「Oh, No」

どうやらスコットも自分が透明人間になっていることに気がついたようである。

「僕の体、どうなっちゃったんだろう」

里香の頭も、混乱していて、スコットの質問には答えられない。

きのう、何か変なものを食べたんじゃないかしら等とつまらぬことを考えたが、きのうは、スコットはいつものように、里香と同じものを食べたから、食べ物が原因ではなさそうだ。何かの薬を飲んで透明人間になったという小説も読んだことがあるような気がするが、スコットは夕べ変な薬も飲んではいない。

「どうすれば、いいんだ」

そのスコットの質問に、里香は慌てふためいた。

「今日、そんな姿では、とてもじゃないけど、あなた、学校に行けないわよ」

スコットは高校で数学を教えているのだ。透明人間が学校に行けば、大騒ぎになるだけだ。

「今日は、ともかく休んで、様子をみましょうよ」

里香は、それくらいの提案しか出来なかった。何しろスコットの姿が見えないので、どこにいるのかも分からないのだが、風呂場で放心した状態でいるようだ。

「ともかく、あなたが裸でいたら、どこにいるのか分からないから、服だけでも着てよ」

そういうと、洋服ダンスの引き出しが、スーッと開く。そして、引き出しの中のパンツや靴下が出て来るのが見える。そして、パンツをはいているのか、パンツだけが宙に浮いて見える。そしてソックスがはかれる。パンツが宙に浮き、ソックスが床について見えるのが、なんとなく滑稽である。そして、ワイシャツが着られ、ズボンがはかれた。これで、どこにスコットがいるのかは分かる。しかし首から上と手が見えないのは、なんとも不気味である。

「スコット、すごく変だわ。何とか顔や手も見えればいいんだけれど。どうすればいいかしら」

そう言っているうちに、里香は透明人間って包帯を体中に巻きつけて、サングラスをかけているのを思いだした。あいにく家には包帯は置いていない。どうすればいいんだろうと考えていくうちに里香の頭にひらめくものがあった。里香は鏡台から自分の化粧道具を出すと、スコットに言った。

「ここに、座って、このファンデーションを顔に塗ってよ」と、ファンデーションを鏡台の上に置いた。

スコットが抗議をするのではないかという里香の思惑に反して、スコットは黙ってファンデーションを塗り始めた。するとまず、右の頬が現れた。そして左の頬。鼻、おでこ、あご。どんどん塗られて、顔の輪郭ができあがっていく。やっとファンデーションを塗り終わった後で、里香は口紅を鏡台の上に置き、

「口紅もつけてよ」と里香が言うと、

「冗談じゃない」とスコットは抗議をしたが、確かに唇が透明なのは余り見られたものではない。しぶしぶスコットは、口紅をつけた。その後、里香の持っているかつらをかぶせると、女装したスコットになり、里香は思わず、ぷっと笑った。ただ目だけがまだ空洞となって、透明であるのが不気味である。スコットにサングラスをかけさせると、鼻が高いので、なかなかの美人に見える。最初のショック状態が収まると、次に心配になってきたのは、仕事のことである。

「まさか、お化粧して学校に行くわけには行かないでしょうから、今日は休んだほうがいいんじゃない」

スコットも、まさか化粧姿で、外出することは考えていなかったらしく、

「今日は休むよ」と、里香の提案に同意した。

そう決まると、すぐに「僕、今日頭が痛いので、休ませていただきます」とスコットは自分で学校に電話した。日本だったら、他の人に病欠の連絡を頼まないと、すぐに仮病だと分かるので、本人が電話することはないのだろうが、オーストラリアでは余り気にしないようだ。Sickyなんてずる休みをするときに使う用語まであり、日本の仮病という言葉のような後ろめたさがない。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

投稿!メルボルン珍百景 23枚目
駐車、、してもいいですか??
第8回 「Yes or No?」
毎週木曜日のお楽しみ!ドーリーの4コマ漫画 第8回
KIRIN恵み6本が当たる!!! めるめるMEL漫!
狙え!イチオシ!年末年始スペシャル!
MEL漫 次回がラスト!!! 投票は18日からです!
MEL漫 ドッキドキの前回結果発表〜♪
天使彫像 ビラランマール公園 
ビラランマール公園のパブリックアート!!

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!