Logo for novels

オーストラリアの大学生諸君(4)

ミッシェルに電話すると、きのうお葬式に行ってきたということだった。「お別れをしようと思ったけれど、頭は銃で吹き飛んでいて、お葬式で顔を見ることができなかったの」と、また泣いた。

他の仲間と連絡をとると皆試験が終わっていたので、ミッシェルを慰めるために、皆でミッシェルを誘ってクイーンズランドに行こうと言うことで話がまとまった。ミッシェルも同意したので、エミリーのマツダ323で、皆で交代して運転をしていくことになった。どこかに泊まりたかったが、どの宿泊施設も満室で予約がとれなかったので、テントで寝ることにしてテントを持っていった。行きはエミリーがほとんど運転したのだが、ひやひやすることがしばしばあった。前を走るトラックを追い越そうと右の車線に入ったら、大きなトラックが向かってきており、ほとんど衝突するのではないかと悲鳴を上げた瞬間、エミリーがうまくハンドルを切って元の車線に戻ることができた時は、命が縮む思いだった。オーストラリアの大都市を結ぶ高速道路はどこまでもまっすぐなので、眠気を催す。ところどころ、「眠気はあなたの命取り。眠くなったら、休め」という標識が立っている。エミリーの目がとろんとしてきたとき、ドッキリした。そこで私が交代したのだが、結局ゴールドコーストに行くのに2日かかった。シドニーに1泊したのだが、幸いにもリズの親戚がシドニーにあったので、無理を言って、客間に寝袋を広げて皆で雑魚寝させてもらった。ミッシェルは当然のことながら、ずーっと口数少なく、考え込むことが多かった。時には涙顔になったが、皆でわいわいいつものように言ってミッシェルを無視した。それがミッシェルに対する思いやりだと、私たちは思ったのだ。

ゴールドコーストの海は青というより、緑と白の絵の具を混ぜ合わせたような明るい海だった。冬とはいえ日差しは暖かく、夏服でも十分歩ける。ただ海の水は冷たく、ボディスーツを着てサーフィンをしている若者はいたが、海で泳ぐ人影はなかった。砂浜は、ビーチボールをしたり、砂遊びをしたり日光浴をしたりする人で溢れていた。

砂浜に沿ってある商店街でアイスクリームを買った後、私たちは砂浜に行った。日焼け止めの薬をたっぷり塗って、サングラスをかけて明るい太陽を眺めながら、アイスクリームを食べた。アイスクリームを食べた後は、砂浜に寝そべった。砂浜の砂はさらさらしており、その感触が気持ちよい。ミッシェルには悪いと思うが、幸せな気持ちだった。

リズとエミリーがトイレに行った時、旅行に出て初めて二人になった。

「ミッシェル、もうフランクのことはあきらめなさい。あんたにはもっといいボーイフレンドができるわよ。まだ若いんだし。フランクとたとえあのまま一緒になったて、あんたが幸せになれたとは思わないよ」と、初めて自分の思っていることをミッシェルに言ってみた。

「ケイト、あの人が死んでからずっと考えていたんだけれど、結局私は彼には全然愛されていなかったことに気づいたの。警察が、彼が銃をどこで手に入れたか調べたら、一ヶ月前に射撃クラブに入って、銃購入の許可証をもらって、買ったってことが分かったんだって。もう一ヶ月も前から、今度のことを計画していたんじゃないかって。彼の無理心中の原因は、息子に対する愛からというより、別れた奥さんに対する面当てじゃないかと思い始めたの。だって、息子を本当に愛していたら、殺せないと思うもの。そう考えていくと、彼は奥さんに対する思いを捨て切れなったんじゃないかと思うの。そう思うと悔しくて仕方ないの」と、はらはらと涙を流した。

「ミッシェルは、彼のどんなところに惹かれたの?」

「そうね。いつもさびしそうな感じだったから、あの人を幸せにしてあげたいと思ったのよ。私なら、彼を幸せにしてあげられるって。でも、それは傲慢な考えだったかもね。結局は、あの人の心の中には別れた奥さんしかいなかったのよ」

エミリーとリズが戻ってきたところで、ミッシェルとの会話が途切れた。その後、フランクについて話すこともなく、ゴールドコーストでの一週間は終わってしまった。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

オーストラリアの大学生諸君(3)

「今さっき警察から電話があって、彼が息子を銃で撃ち殺して、その後その銃を自分の口にくわえて引き金を引いて、自殺したって言われたの。」

私は、びっくりしてしまって、しばらく声が出なかった。ようやく気が静まったところで聞いた。

「どうしてそんなことになったの?」

「警察の話では、今日裁判所から奥さんが子供を連れてアメリカに行く許可がでたそうで、息子に会えなくなる事を悲観して無理心中をはかったんじゃないかって言うの」

「そんな・・・」私はミッシェルをどう慰めてよいか分からなかった。

「彼が死んだってこともショックだけれど、彼がそれほどまでに息子のことを愛していたのかと思うと、私は彼にとって何だったのかと考えてしまう。自殺をする前に、ちょっとでも私のことを思い出してはくれなかったのかって。それほど、私は彼にとって、何の意味ももたない存在だったのかと思うと、悲しいの」

ミッシェルはまた新たな涙で顔をぐしゃぐしゃにした。

私はミッシェルがそんなにまでフランクのことを好きだったのかと思うと、彼女があわれに思えてならなかった。

その晩はミッシェルのうちに泊まって、ミッシェルを慰めることに一生懸命だった。

翌朝、9時に目が覚めると、俄然私は最後の哲学に試験のことを思い出して、あわてた。何しろ、何の勉強もし始めていない。ミッシェルはまだ寝ていたが、私はミッシェルを起こさないように、静かにベッドから抜け出し、置手紙をして、ミッシェルのうちをでて、家に帰った。

家に帰って、哲学のテキストを開いても、何も頭に入ってこない。これは大変だ。レッドブルがうちにあることを思い出した。これを飲めば徹夜でもできると友達が言っていた。「まあ、子供用のスピード(麻薬の一種)みたいなものね」とその友達は言っていた。がんばらなければ。何しろ過去の試験問題がないのだから、全部覚えなければいけない。レッドブルを飲んでから、眠気がとれ、俄然頭がさえて、不思議なことに集中力が出て、すぐに読んだことが頭の中に入ってきた。これはいい。この調子で徹夜すれば、何とかなるだろう。眠くなるたびにレッドブルを飲んで、その晩は徹夜した。朝は食欲がなかったので何も食べないで8時にうちを出た。試験は9時から始まる。

8時45分には試験会場になっている展覧会場についた。展覧会場は世界遺産になっている立派な建物なのだが、何しろ広いので、まず自分の席がどこかを貼り紙を見て探さなければいけない。貼り紙の前には学生が群がっていたが、9時前までには調べることができた。9時に会場のドアが開いて、皆吸い込まれるようにドアの中に消えていく。私もその流れにのって広い会場に入った。中に入るとだだっ広い会場には机が限りなく並べてある。天井が高いためか会場の中は暖房が利いていないようで、寒い。メルボルンの冬は厳しくはないとは言え、オーバーなしではすごせない。席に着くと学生証を机の右上に置き、鉛筆と消しゴムだけを出し、後はハンドバックに入れて足元に置いた。試験監督のアナウンスが聞こえた。「今から15分間試験問題を読んでもいいです。しかしまだ解答を書いてはいけません。鉛筆は持たないでください」と指示が出た。

第一問は「社会構築主義とは何か、説明せよ。」とあった。第二問は「人間が善なる存在になるには神の存在が不可欠かどうか、自分の考えを述べよ」とある。他の問題も読んでいくと、勉強したことばかりだ。しめた。これでこの試験もなんなくこなしていけるとゆとりがもてた。9時15分になると、試験監督のおじさんの「始め」と言う声がマイクを通して聞こえ、私はすばやく鉛筆を取って答案用紙に向かった。試験時間は2時間。その2時間は、ともかく書いて書いて書きまくった。「やめ」と言う試験官の号令が聞こえると、私は鉛筆を置いたが、2時間書きまくったため、指が痛かった。それから席を立ってもよいとの試験官のアナウンスが聞こえると、皆いっせいに席を立って出口に向かった。皆これが最後の試験だったようで、あちらこちらで楽しそうな笑い声が聞こえた。私も試験が無事に済み、ほっとした。これから家に帰って寝れる。寝た後、ミッシェルに電話しよう。ミッシェルのうちを出た後、彼女と話していないので、気がとがめている。うちに帰ってベッドに倒れこんだら、案の定ぐっすりねてしまった。なにしろ30時間寝ていなかったのだから。目を覚ましたのが、翌日の朝の6時だった。18時間寝たということになる。起きたら、すっきりした気分だった。試験の前は頭ははっきりしているようなのだが、夢の中にいるような変な感じだった。

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

オーストラリアの大学生諸君(2)

試験勉強のため、6月はおでかけはできるだけ控えることにした。でも毎日朝から晩まで机の前にかじりついているのも疲れる。勿論バイトはそのまま続けているのだが、金曜日の夜だけは友達と羽をのばすことにした。いつもの高校からの仲良し4人組で安いカフェテリアに集まって人のうわさ話に花を咲かせ、それからナイトクラブに行って、ワインを飲み、踊り狂うという過ごし方。これは高校からあまりパターンが変わっていない。今晩は仲間の一人、リズにボーイフレンドができたというので、話が盛り上がった。
「ねえ、ねえ。どんな彼?今度会わせてよ」とエミリーがリズにねだっている。
「まあね。マークって言うだけれど、かっこいいんだ。バンドでベースを弾いてるんだ」
「へえ、どこで会ったの?」
「クラブでだよ。そこでバンドの演奏をしていたので、演奏が終わった後声かけたら、意気投合しちゃってさあ。その日は朝帰り」
「へえ~。やるじゃん。今度そのクラブに一緒に行って紹介してよ」
「うん。いいよ。ところで、ミッシェル、あんたの方は、どうなってんのよ」
「う~ん。私の彼はさあ、子供がいるからね、ちょっと難しいよ。別れた奥さんには未練はないみたいだけど、子供は手放したくないみたいで、今どちらが養育するかで、奥さんと裁判中なんだよ。普通はその子、お母さんと暮らしているんだけど、2週間に一回は彼が面倒を見ることになっているからね。その子、私を目の敵にしているみたい。私の言うこと、ちっとも聞かないんだもの。彼が見ていないところで私をにらみつけたり、いたずらしたりでいやになっちゃうよ」「そんな人と付き合うの、やめなよ」と私が言うと、ミシェルは暗い顔になって、
「そうは言ってもね、あたし、彼のことを好きなんだ」と言う。
「それじゃあ、仕方ないね。その子を手なずけなければ」と私は言った。
こんなたわいもない会話をしていたのだが、後で大変なことが起こった。

それは文化研究の試験が終わって、後哲学の試験だけがあるという日だった。だから正確に言うと6月23日の夜になる。哲学の試験の準備を始めようかと思っていた矢先に、ミッシェルから電話がかかってきた。電話の向こうのミッシェルはヒステリック気味だった。一体なんで夜遅くミッシェルが電話してきたのか理解するのに時間がかかった。

「ミッシェル、ちょっと落ち着いて話してよ」

泣きじゃくっているミッシェルを電話を通してなだめすかすのは大変だった。

「彼が、彼が、死んじゃった」と言うのが聞き取れた。

「彼って、あんたが付き合っているフランクのこと?」

「そうよ。彼が死んじゃったのよ」

「今うちにいるの?だったら今からそちらに行くから待ってて。」

とるものもとりあえず、ハンドバックを片手にうちを飛び出して、ミッシェルのうちに向かった。うちの玄関のドアを閉めるとき、ママが「こんな時間にどこ行くの?」と言っているのが聞こえたが、無視した。

ミッシェルのうちは電車で2駅のところにあり、私のうちから遠くない。でも、夜9時を過ぎていたから、電車の本数は極端に少なくて、ミッシェルのうちに行くのに40分もかかった。

 ミッシェルは両親と一緒に暮しているのだが、両親は先週から夫婦二人で2週間イギリスに遊びに行ってしまって、うちにはミッシェルしかいなかった。

「どうしたっていうの?」と言うと、ミッシェルは泣きじゃくり始めた。私はミッシェルの肩を抱いて、彼女が泣き止むまで待った。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

漁村となったメルボルン
クラウン・コンプレックスTVコマーシャル撮影
第49回「シャイなんだから」
好評ドーリーの4コマ漫画、今週のお題は?
オーストラリア政府観光局「私のイチオシ」キャンペーン
航空券がもらえるかも?!
かつての財務省『Old Treasury Building』
MELBOURNE建物図鑑
子供公園 ボタニック公園内
ロイヤル植物園にあるこども公園は、家族の憩いの場だ!!

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!