Logo for novels

ケリーの母(2)

小池に送られてホテルに戻ったケリーは、ホテルの冷蔵庫に入っていたウイスキーを飲んだが、なかなか寝付けなかった。そして、オーストラリアで一度も嫌な思いをしたことがないと言ったが、一度あった嫌な思い出が鮮明によみがえってきた。

それは、ケリーが小学校2年生の時だった。母と二人でスーパーマーケットに行ったとき、身なりのいい日本人の親子を見かけた。30代くらいのくらいの母親と3歳くらいの女の子だった。母親が女の子に話している言葉で、日本人だと分かった。女の子がハンカチを落としたのに気がついたケリーの母親が、「すみません。これ落とされましたよ」と、日本語で話しかけた。するとお母さん風の女は、にっこり笑って「まあ、すみません」と、ケリーの母親からハンカチを受け取り、「日本の方ですか?」と聞いた。

ケリーの母親は久しぶりに日本語が使えるのが嬉しかったのか、「そうなんですよ」とニコニコしながら答えているところに、ケリーが「ママ、これ買って」と、チョコレートの袋を母親に渡した。ケリーの顔を見たとたん、その見知らぬ女は急に表情を固くして、言った。

「こちらの人と結婚しているんですか?」

「そうです」

「それじゃあ、あなた戦争花嫁?」

その言い方には、人を見下したような響きがあった。

ケリーの母親の顔色がさっと変わり、

「それが、どうかしたんですか」と、挑戦的な声色に変わった。

「別に、どうもしません。ハンカチありがとうございました。じゃあ、さよなら」と言うとその女は子供の手をひっぱってさっさと行ってしまった。女の子が突然の母親の変貌に驚いたように、不思議そうに何度もケリーたちのほうを振り向いてみた。

その二人の後姿を見送りながら、ケリーの母親は悔しさで唇をかみ締めていた。

その時から、母親は日本人と会っても、自分から話しかけるようなことはしなくなった。

 

大学の講演がすんだ翌日、ケリーは呉の町に向かった。東京から呉に行くには、新幹線で広島駅まで出て、呉線に乗り換えればいいが、ケリーを出迎えに広島駅まで行くという連絡を、母親の従姉の孫から受け、広島駅までの切符を買った。いつもは乗り物の中でも、コンピュータを使ったり、研究論文を読んだりと、ケリーは寸時を惜しんで研究に没頭するのだが、その日は、新幹線の窓から見える外の風景を見て楽しんだ。車窓から見える景色は、都会の高層ビルの風景が去ると、田んぼが見え、その田んぼの向こうは山また山で、広大な平原のあるオーストラリアとは違った風景に見入っていた。広島駅近くになると、トンネルが多くなり、余り外の風景を楽しむことができなかった。そして新幹線が広島が近づくにつれて、ケリーの頭に、あの4歳の時の、悲しい思い出がよみがえってきた。

ケリーが4歳の時、両親は離婚してしまった。母が亡くなる前に聞いたところによると、日本にいたときのケリーの父親、ジェラルドは、母にとって、とても頼もしい人だったそうだ。日本人が戦後の食べ物の欠乏にあえいでいるなか、チョコレートやビスケットなどふんだんにケリーの母親、美佐子に貢いでくれたそうだ。「私は食べ物につられたのかもしれない」と母は苦笑いした。美佐子の家族は皆ジェラルドとの結婚に猛反対をした。外国の兵士と結婚するなんて、売春婦くらいのものだと皆が思っていたような時代だったから、呉の名士だった父親は烈火のごとく怒り、親子の縁を切るとまで言った。そんな反対を押し切って結婚したのだが、オーストラリアに行くと、頼もしかったジェラルドは、ただの失業者となり、生活苦にあえぐことになった。美佐子も働こうと思っても、日本人に対する偏見は強く、その上英語がそれほど得意でないため仕事はみつからなかった。そのため夫婦の間で喧嘩が絶えなくなり、とうとう離婚することになったのだ。離婚をしたあとは、食べていけなくなった。そこで、美佐子はケリーを連れて、日本に帰ることにしたのだ。ところが、美佐子が実家に帰って玄関から入ろうとすると、血相を変えた父親が飛び出してきて、「この恥さらし奴が!」と言うなり、美佐子の頬を平手で殴りつけた。そして、立て続けに何度も往復ビンタをくわせた。その時の美佐子の父親の顔は真っ赤になっていて、ケリーには赤鬼のように見え、恐怖に身がすくんだ。美佐子は黙って父親の暴行に耐えた。嵐のようなこの暴行に耐えれば、きっと許してもらえると信じたからだろう。ところが予想に反して、父親は美佐子とケリーを玄関から追い出すと、玄関の鍵を閉めてしまった。行き場のなくなった美佐子は、しばらく玄関の外で呆然としてつったっていたが、気を取り直して、玄関をたたき続けた。「お父さん、ごめんなさい。中に入れてください!」しかし、誰も玄関の戸を開ける者はいなかった。家の者は父親の怒りに触れるのを恐れていたからだろう。美佐子はしばらく玄関をたたきつけていたが、それにも疲れ果て、玄関の側にしゃがみこむと、しくしく子供のように泣き始めた。その一部始終を側で見ていたケリーは、ともかく心細く、恐怖で声もでなくなっていた。美佐子を救ったのは、美佐子の従姉の清子だった。騒動を聞いて駆けつけてきた清子は、うずくまって泣いている美佐子の肩を抱いて、

「美佐ちゃん。今日は、うちに泊まりんさい」と言ってくれた。そしてその晩清子のところに泊めさせてもらったものの、そこに長居もできないため、また船でオーストラリアに戻ってきた。ケリーが日本に来たがらなかった理由は、祖父のあの母親に対する仕打ちを見て、日本人全体が自分たちに対して敵愾心をもっているように思えたからだ。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

ケリーの母(1)

ここは、とある日本の有名大学の講堂。その中で、聴衆の拍手を受けているのは、ケリー・ホワイトだった。ケリーはオーストラリア人で、ノーベル物理学賞候補にものぼっているとうわさされる著名な物理学者である。日本の大学から以前にも講演の依頼が何回かあったのだが、どういうものか断り続け、今日が日本で行われた最初の講演だった。その講演が終わったのだ。聴衆の熱狂的な拍手から、ケリーは講演が成功したことを肌で感じた。そして聴衆の拍手に、何度も「サンキュー」と繰り返し、控え室に引っ込んだ。控え室には、ケリーを招待した理学部の教授、小池不二男が待っていた。

「先生、お疲れ様です。講演は大成功に終わりました。ありがとうございました。今から学長や理学部長と、お食事の席を用意していますから、車のほうにどうぞ」

と誘われ、ケリーは、そのまま料亭に向かった。

 ケリー達が到着すると、料亭の50代と思える着物のよく似合ううりざね顔の美人の女将が、ケリーたちを迎えてくれた。

ケリーたちが案内された座敷には、すでに学長と理学部長は来ており、「やあ、よく来てくださいました」と、ケリーを床の間を背にした上座に座らせた。挨拶がすむと、すぐにお酒をすすめられた。学長も理学部長も、挨拶程度の英語はできたが、それ以上の会話になると、オーストラリアの大学にも留学したこともある小池教授の通訳が必要だった。

「先生は、隠れ蓑を作られているそうですね」学長が、興味深そうに、聞いた。

「僕も、子供の頃、透明人間の話に興味を持っていましたが、実際にそんなことができるなんて思ってもいませんでしたなあ。僕は経済学が専門だから、物理のことはさっぱりわかりませんが、どんなにすれば透明人間になれるんですか」

小池が学長の言葉を英語に訳して言ってくれると、ケリーはニコニコしながら、答えた。

「まあ、ご存知のように、物が見えるというのは、物質に光が当たって、その反射したものが、網膜に当たって見えると認知するわけですが、光があたっても、屈折させることによって、その物質の周りを回って見えないようにすることが出来るのですが、屈折させるために、どんな物質を使えばいいか見つけるのに、やっと実験で成功することができたのです」

「それは、すごいですね」と、理学部の学長が驚嘆の声をあげた。

「まあ、まだ実用化するためには、4,5年はかかりますが」

それから、お酒が入って、学長は、最初の肩苦しい雰囲気がとれると、饒舌になっていった。

「いやあ。小池先生の話では、世界各国で講演をしていらっしゃるのに、日本の大学の講演だけは、今まで断り続けられたというのは、何かわけがあるのですか?」

そう聞かれて、ケリーは、少しどぎまぎしたようだ。

「確かに、日本には来たくなかったのですが、65歳にもなると、やっとわだかまりが解けた感じで、今回の講演のお話を受けて、思い切ってきました」

「わだかまり?先生、何か、日本人にいやなことでもされたんですか?」

一瞬皆の間で緊張感が漂い始め、学長の質問に、接待役の日本人三人は、次に出てくるケリーの言葉に、耳をそばだてた。。

「ええ、ありました」

「そんな失礼な奴がいたんですか?けしからんなあ。昔は確かに外人に対して、日本人も偏見を持っている人が多かったかもしれませんが、今でもそんな奴がいるなんて、信じられないなあ」と、学長が言った。

「確かに昔の話です。僕がまだ4歳のときでしたから」

「4歳のときの経験が、今まで焼きついていたということは、よっぽど嫌な経験だったんでしょうなあ。失礼かもしれませんが、どんな経験があったのか、聞かせてもらえませんか」

学長は、興味津々と言う顔つきで、ケリーの答えを促した。

「実は、僕の母親は日本人なんです」

「えっ!」

三人が同時に驚きの声をあげた。ケリーは東洋人の血が混じっているとは思えないくらい、アングロサクソン系の顔をしている。高い鼻。まつげの長い大きな目。肌は白く、ほりの深い顔。髪が黒いところだけが、東洋人の血を引いているためかもしれないが、それでも、にわかには信じがたいくらい、ケリーには東洋人の面影はなかった。

「その母ももう亡くなってしまいましたが…」

「そうですか」

「講演が終わったので、明日にでも母のふるさとに行ってみようと思っているんです」

「お母様のふるさとは、どちらですか?」

「広島県に呉というところがあるのですが、ご存知ですか?」

すると、今までずっと聞き手だった理学部長の井上が、勢い込んで言った。

「知っていますよ。僕も実は呉の出身なんです。もしかしたら、先生のお父様は、オーストラリアの進駐軍の兵士ではなかったのですか?第二次大戦が終わった1945年から平和条約が結ばれる1951年までは呉にはオーストラリア兵がたくさんいましたからね」

「ええ、そうなんです。母は、いわゆる戦争花嫁だったんですよ」

「へえ」

三人は意外そうな顔をして、ケリーの顔をまじまじと見た。それには、戦争花嫁のような無教養な女に、このような優秀な息子ができたのが不思議だという思いがあるのを、ケリーは感じ取っていた。この三人だけでなく、皆戦争花嫁と言うと、パンパンと呼ばれる売春婦を連想する人が余りにも多い。だから、皆戦争花嫁とレッテルを貼り付けられるのを恐れているのだ。ケリーの母親も、自分の過去を聞かれることを極端に嫌った。

「戦争花嫁と言うと、皆売春婦だったと勘違いしている人がいるようですが、母は女学校も卒業して、実家も呉では知られた家の出だったんですよ」

ケリーは苦笑いをしながら、言った。

「そうなんですか。それじゃあ、先生は日本で生まれられたんですか?」

「ええ。進駐軍は、日本人の女性と付き合うことを禁じていたそうですが、両親は恋に落ちて、結婚したんだそうです。母は少し英語ができたので、その時進駐軍の事務員として雇われていたんだそうです。それで、2歳のとき、父の国、オーストラリアに移ったんです」

「そうですかあ。戦争が終わってまもなく敵国だったところに住むというのは、先生のお母さんも先生も大変な思いをされたんでしょうなあ」と、学長が感慨深げに言った。

「僕は小さかったので、余り記憶にないのですが、ともかく当時はオーストラリア政府は白豪主義の政策を打ち出していましたから、日本人との結婚を認めないので、日本人の妻をオーストラリアに連れて帰るのは大変だったということですよ。でも、僕はオーストラリアでは、母親が日本人だからと言って、個人的にはいじめられたという経験はないんですよ。それよりも、日本人の母に対する差別は、今でも許せない気持ちなのです」

「どんなことが、あったんですか?」

初対面の人に話すには、余りにもつらい経験なのか、ケリーはそのまま口をつぐんでしまった。そして、ただ黙って自分で杯に酒を注ぎ、ぐいぐいと飲み始めた。

ケリーが黙ったことで、座敷がしらけてきた。もてなし役の三人も、どんな会話を続けていいものかとまどったようだ。、

「先生、今日は、お疲れでしょう。ありがとうございました。今晩はゆっくり休んでください」と、学長が言い、ケリーの歓迎慰労会をお開きにした。

注:この物語はフィクションです。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

飛鳥の麗人(最終回)

失意のうちに毎日を過ごしていた額田王のところに、十市皇女が自害したと言う知らせが届いたのは、壬申の乱が終わって1ヶ月後のことだった。どういう経緯で毒草を手に入れたのか定かでないが、十市皇女は毒薬をあおって血を吐いて倒れているのを侍女が見つけたのだ。

夫の死のあと、床に就くことも多く、額田王に、

「生きていくのが虚しくなりました」とよくこぼしていたが、明らかに世をはかなんでの自殺であった。

皇女の死を聞いて駆けつけた額田王は、まだ体のぬくもりの残っている皇女の体を抱きしめて号泣した。

泣くだけ泣いて気が治まったところで、十市皇女が額田王に書き残した手紙を、十市皇女の侍女から手渡された。

涙でかすんだ目で読んだ手紙には、葛野王は乳母に託したこと、そして葛野王をよろしく頼むと書かれていた。

十市皇女の葬儀で、額田王は天武天皇となった大海人皇子にあった。天武天皇に会うのは、4年ぶりのことだった。額田王は葬儀のあと、天武天皇を散歩に誘った。天武天皇はお供の者に10歩離れてくるようにと言って、ススキの生え茂る野原の小道を先に歩き出した。額田王はそのあとを黙ってついて歩き始めた。

沈黙を破ったのは、天武天皇だった。額田王のほうを振り向いて言った。

「額田、散歩に誘ったのは、そちなのに、なぜ黙っている。何か言いたいことがあるのであろう」

「大君、私は大君を恨んでおります」

そういうと、天武天皇は額田王の目を避けて言った。その横顔は悲しげであった。

「わかっておる」

「大友皇子がなくなられた後、なぜ一度も十市を見舞ってくださらなかったのです」

「なぜ?」天武天皇は額田王の顔を射るような目で見た。

「それは、十市に合わせる顔がなかったからだ。十市から大友皇子と和解してほしいと文をもらったが、その返事も書けなかった。それは、できぬことだったからだ。正直にそんなことはできぬと言えば、十市はますます傷つくだけだと思ったからだ。十市のことを全く考えなかったわけではない。そなたと同様、朕も十市の親じゃ」

天武天皇の目に光る涙を見たとき、初めて天武天皇の悲しみが、矢で心臓を突き刺すように、額田王に伝わってきた。額田王は娘の死の悲しみを同じように分かち合える人に初めて会った気がした。

「大君、十市皇女が大友皇子に嫁ぐことが決まった日のことを覚えていらっしゃいますか」

「ああ。兄上から婚姻の話があったとき、そなたは大喜びしていたな」

「ええ。天智天皇が一番期待をかけていらした大友皇子でしたから。十市皇女も大友皇子を慕っておりました。だから、これ以上のご縁はないと、天にも昇る気持ちでした。あなたさまがあんな乱など起こさなければ、今頃十市皇女は皇后になっていたことでしょう」

「そうだな。あの時は、まさかこんなことになるとは夢にも思わなかった」

そのあと、二人は並んで琵琶湖の美しい水面が太陽に照らされきらきら揺れ動くのを黙っていつまでも眺めていた。

それが、二人が交わした最後の会話であった。

額田王は十市皇女の死後、屋敷にこもって和歌を書き続けた。和歌だけが、額田王に最後に残された生きがいであった。しかし、宮廷で呼ばれることもなくなった額田王の書いた歌は、和歌集に載せられることはなかった。額田王が屋敷にこもっている間に、すでに時代は柿本人麻呂の世に移っていた。

 

参考文献

壬申の乱(松本清張)講談社

隠された帝(井沢元彦)祥伝社

文車日記「額田女王の恋」(田辺聖子)新潮社

額田女王 (井上靖)新潮文庫

茜に燃ゆ:小説額田王(黒岩重吾)中央公論新社

インターネット:

額田王:ウイキペディア

歴史の智恵:額田王の男女15人の恋物語

 

著作権所有者:久保田満里子

 

 

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

飛鳥の麗人(3)

大友皇子の予想に反して、最初少人数だった大海人皇子の軍勢は近江京に向かう途中で、どんどん地方の豪族の兵を加えて膨れ上がっていき、数万の軍になっていた。その上、朝廷方だと思われていた豪族の間で、仲間割れや裏切りも相次ぎ、勢いついた大海人皇子の軍は近江京に突入した。大友皇子は都は抜け出たものの逃げ場がなく、結局松前で首をくくって死んでしまった。

大友皇子の悲報を聞いた額田王は、十市皇女の身を案じて、すぐに十市皇女に会いに行こうとしたが、侍従から街中は今不穏な状態なので、外出をしないほうがいいと、とめられた。それで仕方なく侍従に都の様子を探らせた。

そわそわ部屋の中を歩き回って侍従の帰りを今か今かと待っていた額田王の前に、侍従があわただしく部屋に入ってかしずいたのは、3時間後であった。

「どうでした。十市皇女は、ご無事ですか?」

気が焦って聞く額田王の声は、うわずっていた。

「ご無事でございます」と言う言葉が戻ってきたとき、ほっと安堵のため息をついた。

「ああ、よかった。それで、葛野王は?」

「はい、十市皇女様と一緒に宮殿にいらっしゃるとのことです」

額田王は、今までの不安が去ると、へなへなとその場に座った。

「ただ…」

そのあと、侍従は言葉を続けた。

「朝廷にお味方された方々が、大海人皇子のご命令で、次々首をはねられている状態で、まだ処罰の決定されていない者もおり、そのご採決を待っているとのことです」

「と、言うことは、十市皇女が無事でいられるという保証はないということか」

「はい。でも、十市皇女様は、大海人皇子のご息女。よもや大海人皇子様が十市皇女様を殺めることなど、なさるはずがございません」

侍従は自信をもって言ったが、額田王は確信がもてなかった。大海人皇子一人が採決するのなら、勿論娘に危害を加えるとは思えない。しかし、大海人皇子の側にいる鸕野讚良皇女の勝気な目を思い出した額田王は、一抹の不安をおぼえた。居ても立ってもいられなくなった額田王は、自分の書く手紙など、読んではくれないかもしれないが、ともかく十市皇女と葛野王に危害を加えることだけはしないでくれと、大海人皇子に懇願の手紙をしたためた。そしてその手紙を侍従に持たせ、必ず大海人皇子にお渡しするようにきつく申し付けて、その返事を待った。

朝使いに出た侍従が戻ってきたのは、日も暮れかけた頃であった。

侍従の顔を見ると、額田王は侍従の挨拶の言葉も待たず、

「大海人皇子にお会いできたか?」と、聞いた。

「はい。大海人皇子様はお忙しそうで4時間待たされましたが、お返事を頂いてまいりました」と、侍従は恭しく両手でその手紙を差し出した。

侍従からひったくるように取って読んだその手紙には、次のようなことが書かれていた。

「懐かしい額田王、

そなたの手紙を受け取り、久しぶりにお前と過ごした日々を思い出した。

お前と十市は、私が大友皇子を死に追いやったことを恨んでいるやもしれぬが、大友皇子が天皇になったとき、まず大友皇子の政権を脅かすものとして、私の命がねらわれるのは、目に見えていた。お前も兄上のやり方をみていたであろう。ライバルになる者は容赦なく殺害していったことを。だから、やられる前に、大友皇子の政権をつぶしたのだ。

お前は十市のことを心配しているが、十市に手出しをするようなまねは決してしない。十市は私にとっても初めての大切な子なのだ。だから、安心してくれ。十市にも、そのように伝えてくれ」

大海人皇子の手紙からは、額田王と十市に対する思いやりが感じられ、額田王は壬申の乱が起こってから、初めて心安らかに眠ることができた。

翌日その手紙を持って十市皇女に会いに行った額田王は、十市皇女が夫の死の衝撃から床に就いたまま起きられなくなっていたのを知った。

寝ている十市皇女の枕元で、額田王は、大海人皇子の手紙を読んで聞かせた。これで、少しは十市皇女の気持ちが休まることを期待していたのだが、十市は上の空で聞いていた。そして、

「母上。私も大友皇子様と一緒に死にとうございました。たとえ生きながらえても、どのような未来が待っているのかと思うと、不安でなりません」と言うと、ハラハラ泣いた。

「そんな気弱なことで、どうするのです。葛野王を守れるのは、そなただけです」

額田王は、十市皇女を叱咤激励して宮殿を去ったが、十市皇女が生きる気力を失っている姿が目に焼きついて、心が痛んだ。

大海人皇子が即位し、天武天皇になってから、額田王は宮中にあがることがことがなくなった。それまで、大きな宴があれば、宮廷歌人として、必ず呼ばれていたのだが、呼ばれることもなくなった。それには皇后になった鸕野讚良皇女の意向があるのを額田王は、感じた。

著作権所有者:久保田満里子

マイカテゴリー: 一般
コメント (0)

Page: 1  |  1  

関連記事

子どもと行くメルボルン @St.Kilda Adventure Playground
通りの奥にひそむ冒険心満載の遊び場
子どもと行くメルボルン @Geelong
一味違った海水浴が楽しめる!
Q and A -洋書レビュー5/5
アカデミー賞受賞作品『Slumdog Millionaire』の
子どもと行くメルボルン @Icehouse
意外と近くで楽しめるウインタースポーツ!
子どもと行くメルボルン @Fire Services Museum of Victoria
消防について学べる!

最新記事

週末どこ行く?何をする?4月第4週
今週末のメルボルン ★4月21日(金)~4月23日(日)★
Wasshoi で秋田の銘酒爛漫フェア
4月一杯まで開催
ラッフル、オンラインにて販売開始
一等は日本往復航空券をペアで
「Easter」とは?
オーストラリア大型連休の背景は?
今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
メルボルン発!なでしこのファッションCHECK!隔週水曜更新中!