Logo for novels

ハンギングロックの謎:後藤の失踪(最終回)

メルボルンに帰る道のり、狩野は、後藤の所在を聡子や香川に伝えたものかどうか考えた。そして、結論を出した。黙っておこうと。後藤の所在を知ったところで聡子や香川に何の利益をもたらすわけではもない。かえって、怒りを増すだけだろう。人間一人がこの世の中で消えてしまうことは周囲の人に大変な痛手をもたらすことだ。それなのに、残された人たちの悲しみを無視できる後藤に狩野は怒りを感じた。

狩野が後藤に会って、半年の月日が流れた。山火事の被害を受けた人々もテント生活に終止符を打って、皆、家を建て直したり、他の土地に移って行ったりした。

狩野は、月日が経つに連れて、後藤に対する怒りも薄らいでいった。そんなある日、新聞の小さな記事に狩野の目が引き寄せられた。

「飲酒運転をした行方不明者

5年前、ハンギング・ロックで行方不明になっていた元メンジーズ大学準教授、後藤啓介氏が飲酒運転をして電信柱にぶつけ、足の骨などを折るなどして、エリザベス女王病院に運ばれた。生命には別状ない模様」

これを読んだとき、狩野は酒好きの後藤らしいことをしたものだと苦笑した。いつか、したたか飲んだ後藤が車の運転をして家に帰ろうとしたので諌めたら、「大丈夫、大丈夫。僕はいくら飲んでも酔わないんだから」と狩野の止めるのも聞かずに、そのまま車を運転して帰ったことがあった。その記事を読んだ後、病院に見舞いに行こうか行くまいか、随分迷った。しかし本当は迷う必要なんてなかった。大学に行くと待ち構えていたように香川が新聞片手に狩野の研究室に現われた。

「狩野さん。この記事読んだ?後藤さんは生きていたみたいよ」と言って、狩野に新聞記事を見せた。

何も知らない香川は本当に驚いていた。

「エリザベス病院に入院しているそうだから、クラスが終わったら、会いにいきましょ。そして、どうして今まで消えていたのか聞きましょうよ」

香川に引っ張られるように狩野は、病院に行った。

狩野が香川の後ろに隠れるようにして後藤の病室に入ると、足を包帯で巻いてつるされている後藤がベッドに横たわって、ぼんやりとテレビを見ているのが見えた。

後藤は香川と狩野の姿を認めると、いたずらっ子がいたずらの現場をとりおさえられたようなバツの悪そうな顔をした。

「後藤さん。やっぱり、後藤さんだったのね。行方が知れなくなって死んだのかと思って、随分心配したのに。今まで何していたの?」

香川は咳き込むように、聞いた。後藤がおもむろに口を開きかけたとき、病室のドアがノックもされずに乱暴に開けられた。ドアの向こうには、聡子がいた。聡子の後ろには聡子よりも背が頭分高い弘と祐一が立っていた。聡子は後藤の事故を心配して駆けつけたというよりは、旦那の浮気の現場を取り押さえたような、ものすごい顔つきをしていた。その聡子の剣幕に押された感じで、香川は慌てて後藤に別れを告げて、病室を出た。香川と狩野が病室を出るのと入れ替わりに、聡子達が病室に入って行った。

病院の長い廊下を歩きながら、香川は狩野に小声で言った。

「後藤さん、あの調子じゃ随分しぼられそうね」

「仕方ありませんわ。突然蒸発して無責任なことをしたんだから、聡子さんにしぼられるの、当たり前ですよ」

つっけんどんに言う狩野の様子を見て、香川はクスッと笑った。

「狩野さんは、やっぱり後藤さんが好きだったのね」

狩野は驚いて香川の顔を見た。

「私が?後藤さんを?まさか!」

怒ったように言ったが、香川と別れて自分の車に乗った狩野は心の中でつぶやいていた。

「私が後藤さんを好き?そうかもしれない。だから、キングレークの避難所で会った時、あれほど腹がたったのかもしれない」

後藤とミッシェルがどうなったのか、行方が知れた今、メルボルンに戻って来るつもりなのか、本当は聞きたいことがいっぱいあったはずなのに、素直に聞けなかったのは、自分とかけ離れた人生を歩み始めた後藤に対するわだかまりが捨てきれなかったからだと、狩野は初めて気づいた。

 

皆様、今回をもって「ハンギングロックの謎」を終了させていただきます。次回より「ヒーラー」を連載いたします。洋子の冒険物語です。お楽しみに!

著作権所有者:久保田満里子

 

関連記事

最新記事

べんとー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

墓巡り(最終回)

 僕が怖がっているのを知って、その女の人の声は悲しそうに言った。.....

カレンダー

<  2020-02  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー