Japan In Melbourne
動くGO豪メルボルン
Logo for novels

サンドラの誓い(最終回)

その週末、サンドラは久しぶりにアランの母親のモーリーンに会いに行った。アランが亡くなってから、ほとんど会うこともなくなっていたので、突然のサンドラの訪問にモーリーンは驚いたようだった。

「まあ、サンドラ、久しぶりね。入って頂戴」

「ええ、お久しぶりですね」

モーリーンは、サンドラを抱きしめ、暖かく迎えてくれた。

「今日は、アランの命日でも、誕生日でもないはずだけれど、何かあったの?いい人ができて、結婚でもするって報告かしら?」

モーリーンは、笑顔を浮かべて言った。

「いいえ。残念ながら、まだそんな報告ができるほど元気になっては、いません」

「もしもアランのことで、なかなかいい人が見つからないのなら、そんなこと気にしなくていいのよ。アランだって、あなたが一人でいるより、誰かと一緒になってくれるほうが、心が休まるはずよ」

「ええ、モーリーン、ありがとう。実は、先日アランが死ぬ原因になった男と会ったんです」

「えっ?見つかったの?」

「見つかったわけではなく、車に轢かれて私の病院に来たんです。ちょうど私が当直だったので、その男を治療するはめに陥ったのですが」

「ええ、そうなの。それは、つらかったでしょうねえ」

モーリーンは、どこまでも善意の人なのに、サンドラは驚かされた。普通なら、そんな男は治療する必要はないと言うだろうに。善意のかたまりのようなところは、本当にアランと似ている。

「本当に、その男の顔を見たとき、治療をするのを放棄したくなりました」

「それで、放棄したの?」

モーリーンの声には、放棄をすることに対する非難じみた響きがあった。

「いいえ。でも、どうしてアランのような未来のある素晴らしい人が死に、飲んだくれのホームレスのような中年男が助かるのか、私には納得いかない気持ちでいっぱいでした」

そう言うと、サンドラは、その時の気持ちを思い出したようで、下唇をかんだ。

「でも、その男に娘がいて、娘にとってはかけがえのない父親だと知ったとき、その男の命がアランの命と同じくらい大切だと、気がつかされたんです。その時の気持ちを、あなたに話したくて来たんです」

「そうなの。ありがとう、来てくれて。あなたがアランを今でも愛していてくれることには感謝しているわ。でも、きっとアランは、あなたがその男を許せた気持ちになってくれたことを、とっても誇りに思っているに違いないわ」

モーリーンはサンドラの手を握って言った。

サンドラは、モーリーンに会いに来てよかったと、つくづく思った。そして、モーリーンの言うように、アランがあの男に対する憎しみから解放されたことを喜んでくれていると、確信した。そしてサンドラは、自分に誓った。これからどんな患者とでくわすか分からないが、どんな患者に対しても全力を尽くして治療にあたると。

                  完

 

著作権所有者:久保田満里子

関連記事

最新記事

2016 Gestalt The Fugue

こんにちは。   よく聞かれる質問にどんなワインが好きです.....

カレンダー

< 2018-02 >
     1 2 3
4 5 6 7 8 910
11121314151617
18192021222324
25262728   

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー