Logo for novels

私のソウルメイト(48)

月曜日の朝、デイビッドにアドバイスされたように、会社の人事課に足を運んだ。余り期待もしていなかったが、案の定、今社員募集の予定はないと言われた。浮かない顔で人事課を出たところで、社長秘書にばったり出くわした。確かアマンダと言う名前だったことを思い出した。
アマンダは私を見ると、
「お元気ですか?」と話しかけてきた。そして
「大変なんですってね。デイビッドから聞きましたよ」と言う。どうやら私の離婚をデイビッドから聞いたようだ。私は「デイビッドのおしゃべりめ」と心の中でデイビッドを罵りながら、
「ええ。週二日のパートではとても生活していけないので、今フルタイムの仕事を探しているんですが、なかなか難しいですね」と、答えた
「フルタイムの仕事が見つかったら、ここをやめるんですか?」
「ええ、本当はここでフルタイムの仕事が見つかればいいと思ったんですが、なさそうだし、他で仕事を探さなければいけないようです」とため息をついた。
「それでは、社長ががっかりされるでしょうね」と意味ありげに微笑した。
「どういう意味ですか?」と頭を傾げた私に「社長は元子さんの能力をかってらっしゃいますからね」と慌てたように付け加えた。
「そうですか。社長さんによろしくお伝えください」と言って、アマンダと別れた。
 その晩、プライベートのメールにロビンからメールが入っていて、私を驚かさせた。どうしてロビンが私のプライベートのメールアドレスを知っているのだろうかと考えたら、初めてロビンに会った時、名刺を渡したことを思い出した。はやる気持ちを抑えながらメールを開くと、次のようなメッセージが入っていた。
「親愛なるもとこ
元気ですか?しばらく会っていないけれど、どうしても話したいことがあるので、今週の土曜日の八時に一緒に食事をしませんか。 ロビン」
デートの誘いと分かり、嬉しさで顔がほてってくるのを感じた。勿論すぐに「イエス」の返事を出したのは言うまでもない。
 結局、前に会った「嵐山」で今週の土曜日の午後八時に会うことになった。前に会った時は、アーロンにもダイアナにも知られたくなく、こそこそと会ったものだが、アーロンと別れた今、ダイアナにも隠す必要がなくなったのは、嬉しいことだった。
「ダイアナ。ママね、今週の土曜日にお食事に誘われたから、あなたは自分で好きなものを作って、勝手に食べてよね」
「えっ、ママ。ボーイフレンドができたの?」
「違うわよ。ただお食事に誘われただけよ」と言いながらも顔が赤くなるのを禁じえなかった。そんな私を見て、ダイアナは面白そうに
「ママ、頑張ってね」とはっぱをかけた。

著作権所有者:久保田満里子


コメント

関連記事

South Gate

さまざまなレストランが並ぶ人気スポットの一つ。

最新記事

一と一子(6)

1945年8月15日、やっと戦争が終わった。でも、戦争が終わって.....

カレンダー

<  2020-04  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー