Logo for novels

六度の隔たり(22)

~~ジーナは自分の気持ちを見定める機会もないまま、ベンが仮釈放される日を迎えた。その間、面会日になると心が落ち着かなくて、行こうか行くまいかと迷うのだが、結局は行かなかった。
その日の朝、キースから電話があった。午後7時に街中にあるパブで出所祝いをするので、そのパブに来てくれと言うことだった。刑務所までは自分が出迎えるということなので、ほっとした。
7時にパブに行くと、キースとベンは先に来てジーナを待っていた。薄暗いパブの奥の小さな木のテーブルに二人は陣取っていた。ジーナが近づくとキースが「やあ、よく来てくれましたね」と立って握手をし、「飲み物は何がいいですか?」と聞くので、「ビールがほしいわ」と言うと、すぐにカウンターにビールを注文しに行ってくれた。
キースが去った後、椅子に座りながら、ジーナはベンに出所祝いに持ってきたシャンパンを渡した。
「出所、おめでとう。これ出所祝い」
「ありがとう」と言うと、ベンは素直にシャンパンを受け取った。
「どう、出所した気分は?」
「まだ実感がないな。ニーナが死んだ後、暗い穴倉で暮らしていたような気分だったけれど、こんな世界もあったのかと不思議な気がするよ」
「こんな世界って?」
「皆が酒を飲みおしゃべりし、笑っている世界」
「あなただって、そんな世界にかつては生きていたのでしょ?」
「そうなんだよな。キースから言われたよ。いつまでも過去を引きずって惨めな思いをしてもニーナは喜ばないって」
「そうね。そんなにニーナの死があなたにとって苦痛だったのなら、あなたも一緒に死ねばよかったのよ」
ジーナは思ったことをはっきり言った。刑務所にいた時のあの惨めなベンは生きる屍だったとジーナは思った。
「ニーナは僕が注射しようとしたとき、何と言ったか、知っている?」
ジーナは首を横に振った。
「あなたは、私の分まで生きてって言ったんだ」
「だから、死ななかったの?」
その時、キースがビールジョッキを三つ持って戻ってきた。
「さあ、乾杯しようよ」と二人にジョッキを渡し、「乾杯!」と大きな声で言って、二人のジョッキにあてると、カチンと威勢の良い音がした。
ジーナは一口ビールを飲んでジョッキを置いたが、ベンもキースも一気に飲んだ。
飲んだ後、二人とも唇に白い泡をつけていた。ジーナは何となくそれがおかしくて笑った。
「ジーナさん、やっと笑ってくれましたね」
キースは嬉しそうに言った。
ビールを飲んで気分が軽くなったのか、ベンが言った。
「ジーナはね、昔からお酒には強かったよ」
ジーナは、そう言われても腹が立つどころか、嬉しくなった。ベンは私のことを覚えていてくれのだ。
「へえ。それじゃあ、今日は三人で飲み比べましょうよ」とキースが言い始めた。
その晩のベンは、刑務所で見たベンとは別人のように、よくしゃべり、上機嫌だった。
キースとジーナはかわるがわる、今度は私のおごりと、カウンターにワインやウイスキーを注文しに行き、最後には一体何杯飲んだか分からなくなっていた。酔ったジーナとベンは昔の思い出話をし始め、キースは聞き役に回った。
「そういえば、友達のサンディーの結婚式に一緒に呼ばれたときのこと、覚えている」
「ああ、あの時は、君は白と黒のサンダルを片方ずつ履いて結婚式に行ったんだよな」とベンは思い出し笑いをした。
「あなたが遅れるって急かすからよ。だから慌てて家を出たんだけれど、結婚式場でどうも歩くとき足の長さが違ってぎったんばったんするような気がして足元を見たら、違ったサンダルの片方ずつを履いていることに気づいて、顔から火が噴出すように恥ずかしかったわ」
ジーナはベンとの間にできていた45年間の壁が崩れ去るのを感じ、最後には思い出話をしながら、ベンの肩を叩いて笑い転げるまでになっていた。気づいたらパブの閉店時間になっていた。三人とも運転できる状態ではなかったので、タクシーで帰ろうということになり、一台のタクシーに乗った。そこまでは覚えているが、その後ジーナは頭が朦朧としてきて、眠気に襲われた。
 

著作権所有者:久保田満里子

関連記事

Melbourne Central

Cityのショップング・モールとしても とても人気

最新記事

墓場の散策(1)

僕が墓場を散策をするのが趣味だと言うと、たいていの人が驚いた顔を.....

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

カレンダー

<  2019-11  >
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー