Logo for novels

行方不明(23)

アルバムを閉じてふと箱の隅を見ると、絵巻物のようにくるめられた茶けた紙があった。それを開いて見ると、学校の全生徒と全職員が載っている大きな写真だった。その写真の上のほうに、メルボルン西高校創立百周年記念と書いてあった。300名ばかりの人物が写されており、一人ひとり豆粒のようで、トニーやジョンを探すのも大変そうだった。虫眼鏡を持ってきて、一人ひとり調べていった。5分くらい一生懸命見ていくと頭が痛くなって、やめようかと思った時に、トニーが見つかった。しかめ面をして前をまっすぐ見ている。その隣にははにかんだようなジョンがいた。先生たちは前に座っているはずだから、前列に椅子に座っている人たちを調べた。一度見たが分からなかった。目が痛くなったので一休憩して、もう一度見ていった。やっとグレッグが見つかった。一度見たとき分からなかったはずだ。その頃のグレッグは太鼓腹で太っていたのである。

 静子のこの発見に身震いをした。このことをすぐにエリック刑事にしらせるべきかどうか考えた。しかしたとえグレッグがミスター残酷だとしても、どうしてトニーの家を犯行に使えたのだろう。色々な疑問が頭をもたげかけたが、トニーがグレッグに殺された可能性が高いとなれば、静子は自分がグレッグに近づくのは危険だと感じ、明日エリック刑事に連絡しようと決心したとき、電話がかかってきた。電話の相手がグレッグだと分かったとき、静子は思わず声が上ずった。

「ああ、グレッグさん。先日はお葬式にいらしてくだっさって、ありがとうございます。」

「いえ、まさか教え子があんな死に方をするなんて思いもよりませんでしたよ。ところで、警察の捜査はすすんでいますか?」

思わず胸がドキッとした。

「いいえ、殺されてから随分日にちがたっているので、捜査は難航しているようです」

「そうですか。実は先日ジョンやトニーとクラスメイトだった男に会って、奇妙なことを聞いたので、捜査のお役に立たないかなと思ったんですが」

「それじゃあ、担当のエリック刑事に連絡していただけませんか」

「いや、刑事さんに会って話す前に、奥さんはどう思われるか、奥さんのご意見を聞いて、警察に行こうかなと思うんですが。捜査に関係のないことだったら、警察の手をわずらわせるのも、気がひけますからね」

「でも、、」

「それじゃあ、今からお迎えに行きますから、一緒にどこかで夕飯を食べながら、話しましょう。」
静子に有無を言わせないように言い方だった。

電話が切れた後、静子は恐怖で身がすくんだ。震える手でエリック刑事の携帯電話番号を入れた。呼び鈴が聞こえるが、誰も出てこない。メッセージバンクにメッセージを入れて切った。
「静子です。トニーの殺害犯人だと思われる人から電話がかかってきました。今からうちにくると言っています。助けてください」

急いでメッセージをいれたと思ったら、呼び鈴が鳴った。もう来たのだ。

ドアを開けるなと心の声が言っている。その場にたたずんでいると、呼び鈴がしばらく鳴っていたが、それも止まり、静かになった。

コメント

関連記事

最新記事

じーぴー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

べんとー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

カレンダー

<  2020-02  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

2008年よりメルボルンを舞台にした小説の執筆を始める。2009年7月よりヴィクトリア日本クラブのニュースレターにも短編を発表している。 2012年3月「短編小説集 オーストラリア メルボルン発」をブイツーソリューション、星雲社より出版。amazon.co.jpで、好評発売中。

記事一覧

マイカテゴリー